ここから本文です
博物館訪問家・ひでのブログ
最近はなにもやる気が起きん…

書庫全体表示


7月16日(日)、愛知県名古屋市にて第33回詰将棋全国大会が行われ、133名の詰将棋愛好家が一堂に会して親睦を深めた。

今回は、日本中が注目するプロ棋士の藤井聡太四段が参加された。
そのために多数の報道陣が押し寄せたり、大会中は参加者にSNSへの書き込みの自粛を要請するなど、例年と違った展開も見られたが、大会自体は大成功に終わったようだ。

なお、大会へは藤井四段のほかに、谷川浩司九段、北浜健介八段、船江恒平六段、宮田敦史六段ら多数のプロ棋士も参加。
藤井四段と宮田六段には、詰将棋解答選手権の優勝実績などから、詰将棋の普及に貢献する人に贈られる門脇芳雄賞が授与された。

藤井聡太氏がこの催し(詰将棋全国大会)に参加するのは初めてではない。

今を去ること5年前、長野県松本市で行われた大会で、当時まだ9歳だった藤井少年が参加され、こともあろうに、名だたる大人たちを相手に、解答競争(対戦詰将棋)のイベントで何と優勝してしまったのだ。
これには参加者たちも驚いたに違いない。(その時の記事

今回の解答競争のイベント(全員参加)でも、藤井四段は見事優勝。
全30問の詰将棋を、わずか15分で解けという企画で、その内訳は
3手詰 10問
5手詰 10問
1〜5手詰 10問(ただし不詰め作品もあり)
というもの。
初手のみを解答し、正解は3点、誤解はマイナス1点。無解は0点。

藤井四段はここで、90点満点の問題で86点という高得点で優勝。
ちなみに2位は82点の宮田六段だった。(谷川九段は56点だったそうだが、それでも133人中8位の好成績である。)

優勝した藤井四段のコメントは
「3手詰の最後の問題で見事に引っかかってしまいまして。いややられました」
とのことだ。

ここで参考までに、筆者が三年前に参加した東京での詰将棋全国大会での解答競争での得点を書いておくと、30点満点で何と3点という体たらくだった。
いかにこの問題が難しいか、ということが伝わるだろうか?

ちなみに、最低点は報道陣の方のマイナス8点だったらしい。



さて。
そうなると、あの藤井四段が唯一間違えた3手詰とはいかなる問題か、ということに興味がわいてくる。

実はそれを紹介している記事があった。(それがこれ。朝日新聞の記事

リンク先をいちいち開くのも面倒くさいだろうから、図面を転記してみよう。

イメージ 1

今回はこの問題を解説してみる。

まず、盤面を見て、詰将棋に慣れてない人は「うわー!」と驚くに違いない。盤面いっぱいに駒が散らばっている図など、あまり馴染みがないだろうから。

この局面、よく見ると、王将が二枚ある。(厳密には「王将」と「玉将」だが)
普通、詰将棋というのは、詰め方の方の王将は盤上に存在しない。

こういう、詰め方の玉も盤面にある詰将棋を双玉(そうぎょく)問題という。
王手をした時に、相手の受けた手が、詰め方の王に対する王手となっている「逆王手」になるーーそういう手筋を扱った問題なのだ。

問題図を今一度見ていただこう。

持ち駒はないので、王手をするには、63の飛車か58の角を動かして空き王手をする以外にない。

では試しに、初手93飛成と、相手の銀を取ってみよう。
85に角がいるので、立派な王手である。

これに対し、85飛車(または85金)と取ってくるのは、同角となって、角と香の両王手になり詰んでしまう。

となると、合駒をするよりない。

63歩は、同竜と取られて詰んでしまう。
したがって74歩と打つ。逆王手である。

詰方はこれを同角と取れない。
95に飛車がいるので、この角は動けないからだ。

王手を回避するためには84玉と逃げるよりないが、これは詰将棋なので相手の王に対して王手を続けなければいけないのだ。
よって93飛成は失敗である。

では83飛成はどうか?
これも同じように74歩と打たれ、同竜と取る手は相手玉への王手ではないので、やはりこれも失敗である。

実は初手、83飛車不成が妙手だ。
こうすると、二手目74歩を相手は打つことができない。
何故ならこれは打歩詰の禁手だからである。

イメージ 2

詰め方の玉がどこにも逃げ場がないのがお分かりいただけるだろうか?
86金とか65香、66金、93銀などの配置は、この玉の逃げ場をなくすために配置されたものである。なおかつ、合駒を歩だけに限定させるため、それ以外の駒を全て盤面に配置させる必要があるのだ。

この83飛不成に対し、85飛や85金と角を取るのは、前述のように同角と取って両王手の詰みだ。

3手で詰むが、先手には駒(飛車または金)が余ってしまう。
詰将棋では、正解手順では駒が余らない筈。したがってこれは、どうやら作意順ではなさそうだ……。

実は83飛不成に対しては、74桂と跳ねて受ける手がある。
しかしこれは逆王手ではないので、63飛成として詰んでいる。

したがってこの詰将棋は、
83飛不成、74桂、63飛成まで3手詰
が正解ーーとなる。


………とまあ、これで終われば平和なのだが、事態はそんな単純ではない。
そもそもこれが正解なら、かの藤井聡太氏が間違えるはずがないのだ。

そう、「83飛不成以下の3手詰」というのは、何と偽作意順だったのだ!


盤面の駒をよく勘定しよう。

飛車2枚、角2枚、金4枚、銀4枚、桂4枚、香3枚…。

なんと、香車だけ1枚足りないのだ。

つまり、後手の持駒は、歩だけではなく、香もあったのだ。

朝日新聞の記事の図面には、玉方の持ち駒をわざわざ親切に「香歩十四」などと書いてあるが、詰将棋の世界では通常、玉方の持駒は記載しない。
特別な場合を除いて、盤面と攻方の持駒を除くすべての駒が玉方の持駒になることは暗黙の了解だからだ。

つまりこれは、玉方の持駒を「歩だけ」に勘違いさせようという、いわばひっかけ問題なのである。

では、香が持駒に加わると、後手の応手は何が違うのか?

初手83飛不成としようが93飛成としようが、2手目74香とされ、詰方はこの王手を振りほどくことができない。初手に飛車を動かす手では詰まないのだ。

ゆえに初手は58にいる角を動かすよりない。

試しに、36角と金を取ってみてはどうか?

これには、香合をする一手だが、例えば54香などと受けられて詰まない。

イメージ 3

金という強力な駒があっても、後手玉が全然詰まないのをご確認願いたい。

相手に香を使わせたので、「今度こそは打歩詰になる!」と、そこで83飛不成としても、今度は85飛(または金)と取られてしまう。
最初の図では、これを同角と両王手で取ることができたから合駒をするよりなかったのだ。

仮に初手36角ではなく67角右としても同じことで、以下56、83飛生、85飛、同角、同金…となって、先手玉への王手を振り払うことができずに失敗である。
(2手目56に打つのが大事で、ここ54香などだと、今度は34角と出て詰んでしまう)

では、この図は詰まないのか?


いや。本作は、実はちゃんと3手で詰むのである。


【正解】
49角、58(54〜57)香、16角まで3手詰。

イメージ 4


初手、角を49に引くのが見えにくい。

その狙いは、5筋に香合を強要して持駒を歩のみとさせ、16角と王手した時に、合駒をできなくする狙いである。(43歩は同角成で無意味だし、25歩は二歩で打てない。)

上記の詰め上がり図で、受け方に合駒ができず、詰みあがっていることをご確認願いたい。

※この局面では、25香や43歩といった玉方に着手可能な手があり、将棋における「詰み」の局面とは言えない。しかし、詰将棋の世界では、これらの合駒は、ただ取られるだけで本質的な意味のない「無駄合」とみなされ、こうした局面を「詰め上がり」としているのである。

ただし、2手目の香合の位置は、54〜58までどこでも良い。いわば非限定である。
3手詰めで2手目の応手が非限定というのは、作品としては致命的な欠陥で、仮にこの作品が専門誌に投稿されても、入選することはないだろう。そのくらいのキズといっていい。

しかし本作は、初手のみを当てるという、解答競争というアトラクションに出題される問題だから、そんな瑕疵は不問なのである。



以上、藤井四段が間違えたという3手詰め作品を解説してみた。

詰将棋、というと、新聞や雑誌の載っている5手や7手詰めの類を想像する方が多いと思うが、このようにマニアの世界では、非常に難解なパズル的作品を多く扱っている、ということが分かって頂けたかと思う。

逆に言うと、こうした思考の遊びこそが詰将棋の醍醐味と言えるだろう。




※本記事では、偽作意手順を「83飛不成まで1手詰」と書いていましたが、実際は「83飛不成、74桂、63飛成まで3手詰」が正しかったので、加筆修正しました。m(__)m

この記事に

  • 今見返したら、初手83飛車生には74桂という応手がありますね。そこで63飛成で詰みますが。
    あとで記事を訂正します。

    [ みんけんひで ]

    2017/7/28(金) 午前 10:20

    返信する
  • > みんけんひでさん

    こんばんは♪
    今朝、初めてコメントを頂いた、かずです(^-^)
    大変興味深く拝読しました。本当に詰将棋も奥が深いですね!!

    ただひとつだけ気になったことがありましたので、申し上げます。藤井聡太の〈聡〉の字が〈総〉と誤っていましたm(__)m

    悪しからず

    [ lov***** ]

    2017/8/1(火) 午後 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    > lov*****さん
    どうもありがとうございます。

    とりあえずこのページは直したと思います。

    とりあえず「恥太」と間違えなくてよかった。(嘘)

    [ みんけんひで ]

    2017/8/2(水) 午前 3:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事