ここから本文です
博物館訪問家・ひでのブログ
最近は謎解きイベントにはまっています。

書庫全体表示

問題の解説


7月20日に出した問題。すっかり解説を忘れていました。




問題1 (※問題図再掲)

イメージ 1

【解説】

一番上の4つの絵は春夏秋冬を意味します。
左は木と魚。
つまり、漢字のつくりとへんの組み合わせ。

椿(つばき)、榎(えのき)、楸(ひさぎ)、柊(ひいらぎ)
鰆(さわら)、鰍(かじか)、鮗(このしろ)

①②③④を読むと、答えは「キサラギ」となります。



問題2 (※問題図再掲)

イメージ 2


【解説】
この中で哺乳類は、牛、豹、象、鼠、豚、猫です。
これをSからGまで、五十音順につなげるとこうなります。

イメージ 3

「うみつけてとけ」という文章が出てきました。
これはどういう意味でしょうか?

実はこれらの漢字は、「海」という字がつくと別の生き物に変化するのです。

そこで漢字に海をつけて同様に哺乳類を五十音順に読むとこうなります。

イメージ 4

牛はウミウシに、鼠はナマコに、猫はウミネコと、哺乳類ではなくなりました。

あらたに浮かび上がった文字、「おとひめ」が正解です。



……と、ここで終われば何事もなかったのですが、この問題をある謎解き投稿サイトに投稿したところ、さっそく回答者からクレームが付きました。

海牛は「カイギュウ」とも読み、マナティを含むジュゴン目の動物の総称であると。

ステラーカイギュウという絶滅した動物については知っていましたが、総称までは気が回りませんでした。

とはいえ、問題文では「哺乳類」としか言っていないので、これを無視するわけにいきません。

問題自体を削除することも考えましたが、すでに多くの人が回答していることもあり、何とか修正できないか……。

牛を馬に変える「海馬」は、タツノオトシゴ以外にトドともアシカとも読めてしまうので駄目。

そこでひねり出したのが鹿でした。

海鹿はウミシカで、アメフラシの異称。またはヒジキと呼んで海藻になります。(修正図)

イメージ 5


なお、海鹿という名字を「アシカ」と読むそうですが、これは生き物のアシカではないのでOKと判断しました。

※アシカの漢字表記 海驢・葦鹿・海馬


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事