美味礼賛

東奔西走して戴いた魅惑の昼餉・夕餉をご紹介♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日は、品川のオイスターバーに。
タッキー、はまなみん、そしてムー兄ちゃんの面子です。
久々のオイスターバー、やっぱり寒い時期は牡蠣っすね。

まずは各々麦酒で乾杯!
あっしは一番搾り、ではなくコロナにて。
(すんまそん)
そして、ここから怒涛の牡蠣攻撃が始まるのです。

まずは、オイスタープラッターを。
4種類の盛り合わせがどどーんと出てきます。
本日は
※コフィンベイ(南オーストラリア州 オーストラリア)
これは超!濃厚〜。牡蠣のエキスがみっちりです。
※ピットウォーター(タスマニア州 オーストラリア)
これは逆にぷりっとしていて、さっぱりな感じ!
※的矢(三重)
ワインビネガーとあわせて頂きましたー、日本の繊細な味♪
※九十九島(長崎)
三重よりも大ぶりな牡蠣。ぺろりと頂きました。

そしてお店の方のお勧めもあって、こちらを
※厚岸 カキえもん(北海道)
カキえもんの名前に惹かれてはいたけど、あまりにもべたで
注文を断念していました。
でもお勧めなのもあって追加オーダー!
いやー、今回ピカイチっすね。
塩とレモンだけでも十二分に美味しいです。

このあたりで、ワインにスイッチ。
モンテス・SA カサブランカバレー (チリ)を。
すっきりした飲み漉しで、美味でございます。
牡蠣がつるっと口に入っていって、
ワインがするっと喉を通り抜けていって。
あぁ、幸せでございます。

この後は他のおつまみを。
※ジャンボシュリンプカクテル
私は海老が苦手なので食べられなかったのですが、
本当に大ぶりの海老でしたよー。
好きな人には堪らないのでは!?
※ニューイングランド クラムチャウダー(クリーム)
※マンハッタン クラムチャウダー (トマト)
こちらは、ハーフ&ハーフで頂きます。
流石、プロが頼む一品は、かなり通ですね。
ちゃんと2種類ハーフでサーブしてくれるんですよー。
一種類ずつ食べるも良し、混ぜて食べるも良し。
美味しいでーす。
※フレンチフライ
※ワサビマッシュポテト
おつまみですね!
でも、これがまたワインが進みます。
進みすぎて、一本なくなっちゃったくらい・・・・・。
ワサビマッシュポテトは、なかなか癖になるお味。
是非ご賞味あれ!

ここで赤にチェーンジ!
アケイシア ナパヴァレー カリフォルニア
ナパのワインは、今注目格ですよね。
それに値する、飲み心地良いワインでした。

※キングクラブ炙り焼、ジンジャーブールブラン
大きな大きな蟹が登場。
上海蟹に続いて、剥くのが大変な私の天敵・・・・・・。
でも、美味しいから頑張っちゃうんだけどねー。
こちらは特別に、蟹肉を食べたあとのソースを
パスタにもしていただけちゃいましたー。
常連というか仕事先であるムー兄ちゃんと、
身内のタッキーのおかげで、美味しく調理されたのが次々出てきて
嬉しい限り。
※塩釜産マグロのレアグリル たまり醤油ソース
肉厚のマグロがどどーんと。
醤油もさっぱりで嬉しいです。
塩釜といえば、やはりまぐろ。
こんなにお腹一杯食べて、よかですか?

八時半という遅いスタートだったけれども、
終電の時間まで、たっぷり愉しませていただきました。
途中、タッキーの旦那様も合流して、
思いがけずワイワイ楽しめたのでした。
前に来たときよりも、牡蠣も他のお食事も堪能出来て
良かったわ〜!
悔いなし、っていうくらいたんまり頂いたのでした。

さて、次はブリーズベイ!?
カラオケまで満喫出来るのはいつの日か!?

今日は、お誕生祝いっこ。
同じ12月生まれのサイサイと、
お祝いに恵比寿のCA NORIに。
一丁目にあるちょっと奥まったところにあるレストランで
男性二人で切り盛りしています。

ソアベのデカンタでかんぱーい!
なかなかお値段の割には、飲み応えのあるワインです。

一皿目は「パルマの生ハムと路地の葉野菜」
野菜がてんこ盛りで、生ハムも程良い塩加減で
ワインがすすみます。

二皿目は「ガルガネッリ 鴨肉とトマトソース」
ガルガネッリとは、平たく伸ばした生地にソースが絡むように
溝を作り、くるっと巻いてペンネのような形にしたもの。
パスタはプリプリとしていて、鴨肉は味がしっかりと濃く、
美味しい一皿でした♪

三皿目は「ホロホロ鳥のロースト」
こちらのお店は炭火焼。お肉がジューシーで
とっても味付けがはっきりしていて美味。
ホロホロ鳥の卵と絡めていただきます。

ここで、サイサイより誕プレをいただきましたー。
MIKIMOTOのブックマークです。
素敵なプレゼントありがとう!
大事に使うねー。
(私はジュエリーホルダーをプレゼントです)

デザートは、私は沖縄マンゴーのソルベを。
最近マンゴーづいてるなぁ、と思いつつも
なんだかついつい選んでしまいます♪

そんなこんなで美味しいひと時。
今後もしっかり!続けましょう〜、よろしくねん☆

黒尊にて魅惑の夕餉を

たまたま予定のあったひろりんと
久々ごはんへ。
丁度良い!とばかりに、以前昼餉に立ち寄って
ブラボーだった、黒尊さんに伺う事に。

私は手取川(大吟醸)、ひろりんは烏龍茶で乾杯!
突き出しに生しらすの生姜添えが。
うーん、新鮮なしらす、美味!
明日は早いから、お酒は一杯にしようと思っていたのに
す、進んでしまう!!
次に出てきた戻り鰹のたたきもちょっと燻してあって
風味がとても豊か。
これまたお、美味しい・・・・・。
三陸の牡蠣は、ポン酢かすだちを選べます。
私はすだちで、つるっと頂きました!
ミルキーで美味しい〜(さっきから美味しいしか言ってない・・)
牡蠣の次は3種盛。
根セロリの和え物・野生の浅葱のぬた和え・菜の花のおひたし
どれも今まで食べた事の無いような食材だったり、
調理法だったり。
これまたう、美味い!
ここでお造りが。
まぐろ・真そい・真蛸など。
どれも取れたて新鮮のものが直送で、美味!
それもそのはず、こちらのお店は銀座にあるにもかかわらず
ほとんどが築地を通さず、直接買い付けをされているそうです。
だからこそ、新鮮なお魚がそのまま届くのですねー。
と、このあたりでは、既に二杯目の立山(吟醸)を。
だって、お酒が進むんだよねぇ、本当に。

それからホロホロ鳥のローストが。
これまた、息子さんはフレンチ出身なだけあって、
カナリ本格的なローストが出てきちゃいます。
淡白な和食の中に、どんと一味。
インパクト強いです。
また、黒尊コロッケも出していただきました。
これって、季節によって中身が若干異なるのですが
本日は百合根が。
香ばしくカラリと揚がっていて、美味美味♪

ここから、お寿司が!
3,4カン出てくる程度かと思いきや、
普通に一人前どどーんと出てきます。
大将の喜久夫さんの拘りの米(ササニシキ)とネタのぶつかりあい。
どれも食べずにはいられない!
ガリだって、吟味された高知のガリを直送して、
大将手づから味付けしているくらいなんですよー。
とろも美味しかったし、穴子はふっかふか!
ひらめはぷりぷりだし、サーモンも超!脂のりまくり。
お寿司だけでも大満足ですよー。
しかも、不得手なネタはちゃんと他の物に変えていただけるし
その代案の提供も素晴らしい!
(特別ねって出してくれたとろ、本当に美味しかった・・・)
あおさのりのお味噌汁も、魚のあらからちゃんと出汁を
とってあって、かなり味わい深く美味。
しかも寿司が〆じゃなくて、四万十素麺が〆なんですよー。
はっきりいって限界以上にお腹一杯。

大将もシェフもお店の方みなさん、とっても感じが良くて
しかも気遣いも抜群。
お店に居る間、たった一度も不快な気持ちにはなりませんでした。
っていうか、美味しいものがタイミングよく
次から次へと出されて、相好緩みっぱなし。

断言しましょう!
黒尊さんは、今年のあいあいの五本の指に入る名店です!!
っていうか、一番といっても過言ではないっす。
また、絶対に近々伺いまーす。
この記事を読んだ貴方!
騙されたと思って、一度足を運んでみて☆

そして、ひろりん!
お誕生日祝いという事で、すっかりとご馳走になってしまい
すんまそん〜。
最初に知っていれば、せめて一杯で我慢したものを・・・・・。
来月はバッチリあたいもお祝いするから、待ってて-☆

恒例の資生堂パーラーワインセミナーです。
本日は二泊三日の研修先から、直行にて宝塚へ!
えぇ、これの為なら研修で消耗した体に鞭打ってでも
参加致しますわよー☆

今回のテーマは「南オーストラリアのシラーズ」
J子さん、まやまや、タッキーの4名で臨みます。

だのに、
「今回のワインって、シラーズが多いね!」
「シラーズって、土地の名前?」
「オーストラリア産の葡萄なの?」
などと、大ボケの発言を飛ばしまくります。
えぇ、研修明けなので、ボケていたんです。
時差ぼけはした事無いのに、研修ボケするだなんて!
ハワイ帰りの成田から直行した時よりも、なんだか疲労が・・・・・。

でも、本日のサプラーイズ!が出された途端元気に♪
なんて綺麗な、ピンクのスパークリングワインなのでしょう!
ロゼスパークリングワイン ジェイコブズ・クリークの登場です。
色味が本当にピンクで可愛い!
なのにお味はシラーズ100%で、スッキリとしていて美味しい。
見た感じはCanCamエビちゃんなのに、飲んでみたら小雪だった!みたいな。
まだ日本に入ってきたばかりらしく、そんなに流通していないというこのお酒。
嬉しいサプライズでした♪

アミューズに
*牡蠣のフリッター*
お皿を置かれた瞬間、香ばしくけれどもちょっと柑橘系(柚子でした)の香りが立ちます。
凄く衣が薄くて、シャクっとした食感で美味美味。
この衣にも、オレンジ果汁なども入っているようです。
うーん、流石!
研修所で出た、鳥のから揚げと同じ料理とは思えない・・・・・。

ここから白ワイン、といいながらも、ロゼがじゃんじゃかお代わりが出来たので
何故だかこれを飲み続けております。
(何気に今回の一番のヒットはこれかも・・・・・)

とはいっても、ワインも7種類出てくるんですよねー。
というわけで、白が二種類!
#2003年 イエローラベル リースリング
#2003年 ゴールドラベル シャルドネ アデレードヒルズ
前者のリースリングは、オイル香で有名な種類です。
た、確かに灯油の香りが・・・・・。
飲み口も少々オイリーかもー。
後者は中々の樽香。
うーん、樽が苦手な私には、少々合わないやも。
ただ、印象が変わったのは、次のお皿が出てきてから!

*フュイテに乗せた自家製タスマニアサーモンのフュメと焼きりんごのサラダ仕立て*
これって、サラダというより、立派なお魚料理でした!
サーモンが肉厚でジューシーで、大変美味しかったです〜♪
*バラマンディのポワレ アーモンド風味のマッシュポテト添え
お魚は特注品!白身であっさりとしていて、ペロリと戴きました。
皮が香ばしく焼かれていて、良いアクセントに。

で、単独で飲むと今ひとつ、と思っていた白ワインたち。
このお食事と一緒だとなかなか合うんですよねー。
マリアージュって凄いって、思わされました。

ここから赤ワインがどどーんと4種類一度に注がれちゃいました。
#2002年 イエローラベル シラーズ
#2003年 ゴールドラベル バロッサ シラーズ
#2002年 グレイラベル シラーズ
#2000年 セントヘンリー シラーズ
ひゃー、圧巻!
この中で一番のお気に入りは、セントヘンリーでしょうか?
一番複雑な味ではあったものの、後味はスッキリしていて、
お食事にも一番合っていた模様。

*ナント産 鶉のバニラ風味 レンズ豆とキノコ添え*
うーん、うずら!ジビエ!
赤ワイン達にピッタリです。
お肉がムチムチしていて、食べ応え抜群!

#2003年 デ・ボルトリ ノーブルワン セミヨン
デザートワインの登場!
甘いけど後には引かず、胃をスッキリさせてくれる存在。

そして、デザートの登場です。
*スイートショコラのドーム仕立*
このデザートには、隠し技が!
なんと、お誕生日のお祝いメッセージ付でしたー。
特に何にもお話してなかったのに、森上さんってば
わざわざちゃんと仕込んでくれたんですねー。
この心遣いに感激です!

そして、酔った勢いで、来月と再来月の予約もバッチリ入れ
女子4名は帰路についたのでした。
騒がしい4人組で、ごめんなさーい!
(でも、トークに大盛り上がりしちゃったのだった♪)

大忘年会in岡永倶楽部

本日は、日本酒の総本山とも言える
馬喰町は岡永倶楽部にて、とある忘年会が。
色々な人脈を広めていこう!という幹事二名の思いの元
老若男女、様々な人が集ったのでした。

岡永といえば、やはり「酒」
今日のラインナップも素敵なものでした。
つらつらとですが、挙げて参りましょう!

*梅錦ビール ピルスナー*
乾杯は、ビールで。
普通ならそうなのですが、この会の場合、
乾杯前の雑談の口湿らせに、と供されたのがこのビール。
コクがあって飲みごし爽快です!

*一の蔵 すず音*
日本酒の発泡酒。
私も大好きなお酒の1つです。
日本酒ならではの米の風味も残しつつ、
発泡酒なので軽やかな味わい。
あれって、一本なんて一気飲み出来ちゃいますよね・・・・・。

*萬歳楽 加賀梅酒*
最後の〆に出てきたお酒。
ロックでどうぞ!とばかりに並べられました。
お代わり自由で、ボトルが置き去りにされたのが嬉しいっす。
甘いけど後味が残らず、すっきりとしたお味。

*華鳩 貴醸酒の生新酒 中汲にごり酒*
これは、米と「お酒」で作った凄いお酒。
酒造法ギリの存在らしく、ここで飲みきったら今年の分はお終い!
味は流石に超生々しいお酒臭い感じだけど、
何故だか後には引かない不思議な感じ。
こんなに濃ゆいにごり酒は始めてかも。

*大山 特別純米 ひやおろし*
辛口の雄雄しいお酒です。
後に残さない、軽やかなお酒♪

*春鹿 しぼりばな 純米吟醸生新酒*
春鹿らしい辛口な中にも、純吟という事でスッキリした感じ。
キンキンに辛いのではないところがお気に入り。
私は最初の一杯はこちらをチョイス。
癖の無い味わいは、一口目にはバッチリでしょう。

*若戎 義左衛門 純米吟醸 しぼりたて生酒*
かなりの辛口でしたー。
生酒なのに、ちょっと腰が軽い感じかな!?

*真澄 あらばしり 純米生吟醸酒*
あらばしりらしい味わいの中にも、真澄らしい繊細なものも
感じられて、絶妙なバランスでした。
村越店長は、これが一番のお勧めらしいですね!
なるほど、納得!

*新政 秋田流本醸造 無濾過生原酒*
辛口の中でも重低音な腰の据わった感じ。
本醸造なせいか、味わいは後に少々響く感じ。

*開華 本醸造 あらばしり 生原酒*
あらばしりの本醸造なのに、たおやかな柔らかい味わい。
開華さんらしさ満載の一本の仕上がりですね!

*小鼓 純米吟醸 しぼりたて生酒*
兵庫のお酒らしい、雄雄しい辛口。
生酒らしく、味は濃厚な感じです。

*新政 秋田流燗酒 本醸造*
普段は全くといって良いほど、燗酒は飲まないんです。
常温か、冷やして飲むっていうところ。
ただ、岡永さんみたいに、ちゃんとしたお店では
一杯は飲むようにしてます♪
でも、初対面とは思えないくらい、ここは話が盛り上がり、
すいっと燗酒も飲んでしまいました。

*富久錦 瑞福 純米大吟醸*
流石、純米大吟醸!
今日のお酒の中で、一番雑味が無く、するすると抵抗無く
飲み続けてしまったお酒です。
これは、美味しい!
っ流石お酒の本場兵庫県のお酒ですね。

*月の桂 濁り酒*
本日のサプライズとして、供されたお酒。
このお酒は記憶に新しい!

お食事も、燻たまや白子・カナッペなど、おつまみも満載。
その他にも
メジマグロと自然薯の巻物。
(マグロと自然薯の相性最高!)
大根の煮物
(大根の中央に詰め物あり、一筋縄にはいかない調理です。
キノコと大山鶏の汁
(滋味深くて、体が暖まって美味〜)
梅山豚は決まったお酒に合わせるために出てきたし、
今日はいつになくお客さんは自由に愉しんでいるから、
逆にお店の方は大丈夫かしら??

〆におろし蕎麦とチーズまで出て、最後の一口まで、
お腹もかなり満腹に!

会の途中にも、色々プレゼントタイムなどもありつつ、
大盛り上がりで最初から最後まで突っ走ったのでした。
私は燗酒セットを頂きました。
果たして家で燗酒を造るかどうか微妙ですが、
これを着に、新境地開拓の必要性あり!?

因みにこちらのお店に前回窺った時、
最後に飲んだ浦霞の「雫」というお酒が美味でした。
でも、今年仕込んだものはまた若干味は違うとの事で、
先日日本酒天国で飲んだのですが、ランクが違いすぎる!
というわけで、店長にもう一度あのお酒を飲みたいなーと
ねだったところ、ちょっとならよいですよ、との事。
はまなみちゃんを連れて、帰り際に1階のお店に立ち寄りを。
おちょこ一杯ですが、味わって飲みましたよー。
あんなに一杯飲むのに時間が掛かるだなんて、
いつもの私ならありえない〜。

でも、来年の目標はコレよ!
一、生き急がない
二、量より質を追求との事。

あの雫のスピードで飲めれば、なかなかいけるかも!?

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事