ここから本文です
レゴシティのブログ
レゴやプラレールなど趣味のページです

成田空港に行きました

先週のことですが、用があって久しぶりに成田空港へ行きました。成田空港を訪れるのは10年ぶりくらいです。成田エクスプレスで行ったのですが、NEXの乗車記録はまた後日お伝えします。本日は第1ターミナルの展望デッキで撮影した飛行機をご紹介です。



イメージ 1
目の前に早速飛行機が!AirCalinのA330ですね。ニューカレドニアのヌーメアへ行く便です。


イメージ 2
離陸して行くガルーダインドネシアのB777。清涼感のある尾翼のデザインが素敵です。


イメージ 3

イメージ 4
JALとANAのB787。ひと昔前まではジャンボ王国だった成田も、現在は双発機が主流です。特にB787は数が多いですね〜。


イメージ 5
こちらはタイ航空のB777。同じ機種でも重量が違う為、離陸する距離が違うのが楽しいです。


イメージ 6
KLMのB777。お見送りの方が多くいました。


イメージ 7
こちらは国内線。バニラエアーのA320。


イメージ 8
見ていて一番テンションが上がったのがアエロフロートのA330。アエロフロートって今はIL-82とかTu-154とか自国の旅客機は外国へあまり飛ばさなくなったのでしょうか。ロシアの旅客機は西側の機体と違った魅力があって好きなのですが・・・。


イメージ 9
鮮やかなデザインのB787。これはスクートの機体。シンガポールのチャンギへ向かう便です。


イメージ 10
スカンジナビアのA340。私が一番好きな旅客機です。細身のボディに4発のエンジン。すごく素敵な飛行機ですよね〜。


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
貨物機もたくさん見ることができまいた。ANAカーゴ、UPS、DHL、NCA、フェデックスなど。NCAは今や貴重なB747ジャンボですね。

私が訪れたのはお昼時の時間ですが、たくさんの飛行機を見ることができました。さすがは日本の玄関、成田空港ですね。夕方になればさらに到着機も増え、アメリカへ行く便なども見られて楽しいのでしょうね。別の機会に訪れてみたいなぁと思いました。


この記事に

開くトラックバック(0)

昨日の続きです。


イメージ 1
本線だけ出なくヤードにも素晴らしい車両がたくさん!!これは見ていて飽きないですね。


イメージ 2
人気抜群の新幹線たち。どれも東海道新幹線で活躍した車両ばかりです。


イメージ 3

イメージ 4
個人的に気に入ったのは300系。どなたの作品かは存じ上げませんが、あの難しい鉄仮面の前面部をよく表現されたなぁと関心してしまいました。



イメージ 5

イメージ 6
もう一つ驚いたのが、E1系MAX。作られている方いらしたんですね〜。大胆な表現方法ですが雰囲気をしっかり捉えております。素晴らしい!!



イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
本当に様々な列車を見ることができました。こうして他の方の作品を見るのはとても勉強になりますし、良い刺激になります。何よりこれだけ沢山の車両が集まると賑やかで楽しいです。今年も良い経験をさせて頂きました。設営等運営して頂いたスタッフの皆様、お疲れ様でした。


=おわり=

この記事に

開くトラックバック(0)

JAMの様子をお届けします。今年のテーマは東海道線。歴史もありますし、有名な車両が多く走り抜けた、日本を代表する路線ですね。



イメージ 1
メインとなる巨大な駅舎。このディティール、密度、完成度、どれをとっても素晴らしい駅舎です。この駅舎を界に左右で東海道線の東エリア(東京寄り)と西エリア(大阪寄り)に別れるすごいレイアウトです。


イメージ 2

イメージ 3
西側エリアにはサッカースタジアムや欧州風の美しい建物が!車もたくさん走っていて賑やかです。


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
西側エリアでは151系や長大編成の貨物なとが走行。そしてなぜか丸ノ内線も!!


イメージ 7
拙作のEF60と関山様の20系客車。往年のブルートレインのよう!この編成は5月に行われた立川でも実現しましたね。



イメージ 8

イメージ 9
東側エリアでは東横イン(もはや名物!?)と巨大なお城が!!実に完成度の高い建物です。



イメージ 19
そんな東側エリアを長大編成で駆け抜けるE233系。表現するとなると難しい車両ですが、とても良い雰囲気です。しかもグリーン車付き、E231系との連結。リアルです!


イメージ 10
私の113系も走行。普段家で見ると6両編成は長く大きく見えますが、これだけ巨大なレイアウトの中では小さく見えてしまうから不思議です。巨大なレイアウトの底力ですね。


イメージ 11
185系もデビューです。踊り子のヘッドマークをつけて元気に走行できました。


イメージ 12

イメージ 13
ヤードも凄いことに!ここは田町!?東海道線で活躍した車両がずらりと並びます。


イメージ 14
以外にも人気のある215系。ダブルデッカーの通勤型車両というのが唯一無二の個性を放っていますね。


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
スカ色の113系もデビューです。撮影する場所、角度によって都会的から田舎風まで様々な風景を演出してくれる、素晴らしいレイアウトです。



イメージ 18
関山様のEF58に牽引されるサロンエクスプレス東京。この組み合わせは本当に良いですね!!



=つづく=

この記事に

開くトラックバック(0)

LEGO #2555

今回はレゴベルビルシリーズから#2555Beach Swingをご紹介します。



イメージ 1

イメージ 2
#2555は1998年に発売されたセットですが、箱の隅にシェルのマークがあるようにプロモーションセットだったと思われます。ベルビルシリーズはイマイチ日本では売れ行きが良くなかったシリーズですが、ファンはいるようで絶版となった今では一部のセットが高値で取引されているようです。この#2555はオークションで購入しましたが、シェルのプロモーションセットということでそんなに流通量は多くないと思います。しかしながら以外にも1000円以下で落札することができました。



イメージ 3
全58ピースと小さいセットですが、ベルビルシリーズにしか入っていないパーツやヤシの木、イルカ等なかなか良いパーツが入っています。



イメージ 4
気になるパーツを紹介します。まず土台である12×12のコーナーブロック。色はライトイエロー。またクロームシルバーのボール付きスタッドタイル(これは付属するセットが少ないレア物です)、青のお皿、大きめの猫などなど珍しいパーツがたくさん入っています。



イメージ 5
こちらはイルカとタオル。タオルはもちろん布製です。こんな物のレゴなんですね。タオルパーツはベルビルシリーズでは珍しくない物ですが、他のセットでは付属していないので、珍しいと言えます。



イメージ 6
そしてブランコのパーツ。このセットのメインとも言えるパーツです。正直ベルビルサイズなのでこのままではあまり使い道がないようにも思えますが・・・。


イメージ 7
アーチの部分は建物のゲートに使ったり、ちょっと大きめの街灯なんかにも使えそうです。


イメージ 8
椅子の部分は・・・、大きな鉄棒とか?あるいは物干しとか?



イメージ 9
そして使い道がもっとも難しいのがベルビルフィグ(大きさ的にもはやミニフィグではありませんね)。90年代に出ていたテクニックのフィグとほぼ同じサイズなので、テクニックシリーズになら合うかもしれません。


ベルビルと言うと大きくてあまり可愛くないフィグばかりに目が行きがちですが、意外とこのシリーズでしか手に入らないレアパーツや、面白いパーツなんかがあって楽しいです。ただ現状では流通量が多くないので、入手するのが難しいのが難点ですね〜。


この記事に

開くトラックバック(0)

レゴニンジャゴー #70608

8月のニンジャゴー新作紹介、第2弾は「#70608島の吊り橋」です。



イメージ 1

イメージ 2
吊り橋の表現が面白いセットです。ミニフィグも4体付属しています。



イメージ 3

イメージ 4
2つの島とそれを繋ぐ吊り橋。島の間には川が流れ、崖下にはガイコツも・・・。吊り橋はキャタピラのパーツと、ロープパーツ、T字バーの組み合わせです。実物のゆらゆらした感じが出ていてとても良いですね。



イメージ 5

イメージ 6
こちらは檻。クリップパーツとバーによる組み立てですが、これもなかなか良い雰囲気です。



イメージ 7
ミニフィグはガイコツを含めて4体が付属。右から2番目の敵キャラっぽい奴は4等流の剣の使い手。


イメージ 8
名前は分かりませんが主人公!?なのかな。ヘアーパーツがいい感じ。他に流用できそうです。



イメージ 9
4等流と言えばやはりグリーバス将軍でしょう。4等流vs4等流!激しい戦いが始まった・・・。吊り橋の上だと緊迫した戦いの様子が出ますね。ちょっとしたジオラマにも最適なセットではないでしょうか。


この記事に

開くトラックバック(0)

今年も東京ビッグサイトで行われたJAM(国際模型コンベンション)に参加してきました。今年のテーマは「東海道」。


イメージ 2

イメージ 1
今年もたくさんの車両が参加しています。19日(土)、20日(日)も開催しています(私は本日のみの参加でした)。詳細はまた後日お伝えしたいと思います。


この記事に

開くトラックバック(0)

ピックアブリック

昨日の事ですが、所用があり東京駅に行きました。そこでちょっと時間があったので、東京駅キャラクターストリートにあるレゴストアに立ち寄りました。ご存知の方も多いと思いますが、先月下旬にリニューアルしたのです。それまでのレゴストアは品揃えもあまり良くなく、正直不満でしたが・・・。


イメージ 1
今回のリニューアルでピックアブリックが追加され、ようやくレゴストアらしくなりました。相変わらず店舗面積は狭いですが、東京駅のキャラクターストリートということもあり、大掛かりな店舗は難しいでしょう。さてどんなブロックがあるか非常に楽しみでしたが、運良くちょうど私が欲しかったパーツが多くあり大満足でした。車のキャノピーやターンテーブル、スタッドブロック、緑の基本ブロックとどれも我が家で不足していたパーツが沢山ありました。ですから目一杯詰めてきました。


イメージ 2
さらに嬉しいことにキャンペーン中でミニキットをもらえました。ルーレットを回して針が止まった箇所のシリーズ(他にはフレンズやニンジャゴーがありました)のミニキットがもらえます。正直シティシリーズが欲しかったので、ちょっと力を加減してルーレットを回してしまいました。

私にとって東京駅はパラダイス!洗練された都会の雰囲気。撮り鉄もできるし、美味しい食事も食べられるし、さらにはレゴも買える!!今後東京駅へ出かけること多くなりそうです(^O^)


この記事に

開くトラックバック(0)

制作を進めていた横須賀線の113系が完成しました!!



イメージ 1
動力はPFで、サロを含む6両編成としました。基本的な構造は以前作成した湘南色の113系とほぼ同じとなっています。


イメージ 2
パンタグラフ付きの車両は2両あります。モハ112でしょうかね。


イメージ 3
サロ(グリーン車)は2両。まずは通常タイプのサロ(サロ110 1000番台)。貴重な2×2トレイン窓を使用しています。


イメージ 4
こちらはもう一つのサロ。この編成の見所とも言える魅惑のサロです。窓が違うのが分かるでしょうか?他のブロガーさんに教えて頂いたサロ113の300番代です。これは特急形である485系や183系のサロから改造・編入された車両なのです。その為通常のサロとは窓や定員、トイレの配置などが違い異彩を放っていたそうです。


イメージ 5
この300番代のサロの特徴の一つとして、屋根の高さが違うというのがあります。よってレゴでも実車同様、たの車両よりも1プレート分低くしました。


イメージ 6
また特急形からの転用ということで定員数が少なく、座席もかなりゆとりがあったのが特徴です。シートピッチが広く同じグリーン車でも更にゆとりがあるので乗り心地は良さそうですが、座席が減ってしまいラッシュ時等に着席率が下がり、利用者からは不評だったそうです。難しいものですね・・・。ということでレゴの車内も広々使用としました(シート間は3ポッチ)。楽々本が読める!?(1000番台の方は座席が4つでシート間は2ポッチです)。



イメージ 7
ということで無事完成したスカ色の113系。早く湘南色の113系と並べて走らせてみたいですね!!


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事