ここから本文です
レゴシティのブログ
レゴや鉄道、ゲームなど趣味のページです。

銚子電鉄 でんでん酒

まずい棒と一緒に銚子電鉄のオリジナルラベルの日本酒、
“でんでん酒”を買ってみました!!




イメージ 1
デハ800形をイメージした箱に入っています。イラストがほのぼのしていて良い感じですね!!




イメージ 2
ラベルにも電車が描かれていて銚子電鉄オリジナル感が漂います。味はスッキリとしていてとても飲みやすいです。こう言ったお酒は若干甘めの物が多いですが、このお酒は辛口でスッキリとしています。お酒の味は趣向が別れるところですが、私は辛口のお酒が好きなので、このでんでん酒はとても飲みやすいと感じました。これなら料理の邪魔をせず、食中酒として飲みやすいと思います。





イメージ 3
デキ3を愛でながら一杯…、というもの良いですね。より美味しく感じます!まずい棒との相性もバツグン!!今後も定期的に頼んでみようと思います(^O^)



この記事に

開くトラックバック(0)

昨日の続きです。琵琶湖博物館を見学後、再び草津駅へ。



イメージ 1
駅前にはホテルや飲食店があり、なかなか大きな駅でした。ここから再び列車に乗って大津を目指します。




イメージ 2
大津駅も規模の大きな駅です。飲食店は色々をありますし、地元の特産品を扱ったお土産屋もあります。ここで下車したのは琵琶湖大津プリンスホテルに行くため。日帰り旅行なので、宿泊はしませんがここのレストランは眺望はとても良いらしいのでプリンスホテルで昼食を取ることにします。




イメージ 3
琵琶湖のすぐ側にそびえる高層のホテルです。大津駅からは無料のシャトルバスが出ており、10分ほどで着きます。



イメージ 4
とても綺麗で落ち着いた空間の琵琶湖大津プリンスホテルです。さすがは大手ホテルです!




イメージ 5

イメージ 6
どうですか!この眺望!素晴らしい眺めでした。こんな景色の良いところで頂く食事は最高ですね。お酒も進んで昼間から地酒をグビグビ飲んでしまいました!




イメージ 7

イメージ 8
有名なミシガン号も!次来た時はこれに乗って琵琶湖クルーズを楽しみたいですね!




イメージ 9
近江地酒。“七本槍”というお酒が美味しかったなぁ。ホテルの売店や大津駅には売っていませんでした。ネットで探してみようと思います。





イメージ 10
ホテルの隣には公園があり、人々の憩いの場となっている様です。この様にミシガン号も近くで見ることが出来ます。この後近くのお寺を見に行こうと思ったのですが、すっかり出来上がってしまったので、ゆっくり買い物をして京都に向かう事にしました。




イメージ 11

イメージ 12
普段は見る機会のない関西の車両達。京都までは221系でした。しかし関西圏の近郊列車はかなり長い距離を走りますね。米原〜京都〜大阪〜姫路などは相当距離があります。以前に米原で敦賀発の播州赤穂行きの列車を見た時は「そんなに遠いところまで行ってるの!?」と驚きました。敦賀〜播州赤穂は新快速で4時間強!しかも関東圏の近郊列車と違い、グリーン車なしですからキツそうです。グリーン車つければ良いのになぁ。





イメージ 13
さて京都駅ではちょうど金沢行きのサンダーバードが到着していました。この列車にも乗りたいですね!

京都から新幹線で帰りますが、往路の列車も相当な混雑でした。指定席はほぼ満席でした。やはり利用客が多いですね〜。


イメージ 14
米原駅ではSLびわこ号の12系客車や…


イメージ 15
鉄道総合技術研究に展示してある車両達も…。個人的にWIN350も好きですが、STAR21も好きですね。


と言うことで日帰りでしたが、琵琶湖を楽しんだ1日となりました。天気も良く、琵琶湖の素晴らしい景色を見ることが出来てとても楽しかったです。また訪れたいですね!!




=おわり=


この記事に

開くトラックバック(0)

週末の休みを利用して滋賀県にある琵琶湖博物館へ行ってきました。以前に雑誌で紹介されていて、一度行ってみたいなぁと思っていた場所です。




イメージ 1
新横浜から新幹線に乗車して京都まで向かいます。3連休中日ということもあり、車内はかなりの混雑でした。予約時には指定席も3人がけの席しか残っていなかったので、グリーン車にしました。




イメージ 2
後続には団体列車がありました。修学旅行かな?



イメージ 3
普段はこだま号ばかり乗っているので、のぞみ号のグリーンは久しぶりです。おしぼりのサービスがあるのが良いです!



イメージ 4イメージ 5
静岡くらいまでは雲が立ち込めていてどんよりした天気でしたが、浜松あたりからは天気が良くなって浜名湖も綺麗に見ることが出来ました。京都までは2時間20分。のぞみは速いですね〜。






イメージ 6
京都駅からは在来線に乗り換えて、草津まで向かいます。この車両は117系。185系にどことなく似ていますが、この車両も貴重な国鉄型車両です。私が乗車したのは比較的新しい223系という車両でした。京都〜草津は約20分ぐらいです。



イメージ 7
草津駅です。ここからバスに乗ります。草津駅から琵琶湖博物館までは約25分です。因みに路線バスは近江鉄道という会社が運行していますが、どうやら西武グループの様でバスが西武カラーだったので驚きました。




イメージ 8イメージ 9
琵琶湖のほとりにある琵琶湖博物館。多くの方が自家用車で来られている様でした。



イメージ 10
館内からは琵琶湖を一望できます。良い眺めです。



イメージ 11 イメージ 12

イメージ 13 イメージ 14

イメージ 15 イメージ 16

イメージ 17 イメージ 18
館内は広く琵琶湖の歴史や湖の仕組みなどを学べますが、最大の見所は水族展示です。琵琶湖に生息する様々な魚などを展示してあります。また展示の仕方にも工夫が施されており、見やすく自然体で魚を見ることが出来ます。もうこうなると水族館ですね!

魚というと大海原というイメージですが、淡水魚、湖に生息する魚も種類が多く面白いですね。普通の水族館ではなかなか見ることが出来ないのでより楽しいです。

この琵琶湖水族館、入館料も良心的ですから琵琶湖周辺に行かれた際には是非訪れてみると良いと思います。


この記事に

開くトラックバック(0)

以前に作った古〜い車、パナール・ルヴァッソール。今回も同じパナールの車を作ってみました。以前の記事はこちらから。




イメージ 1

イメージ 2
以前作ったモデルは屋根なしでしたが今作は屋根ありのモデル。ネットで調べてみたのですが、“ミネルバ”というモデル??間違っていたらごめんなさい。初期のモデルは前輪と後輪でホイールの大きさが異なっていましたが、このモデルは現在の車と同じ様にホイールのサイズが同じです。



イメージ 3
少し屋根が高い感じですが、これ以上低くするとミニフィグを乗せられなくなってしまいます。もう一回り小さいホイールがあればベストかもしれません。





イメージ 4
我が家のパナール達。こう言った古い車は今の車にはない、特別な魅力を持っていますね。別のモデルも作ってみたいです!



この記事に

開くトラックバック(0)

ポケモンGOプレイ日記です。一昨日からウルトラボーナスがアンロックされ、カントー地方のポケモンが出現しやすくなったり、サンダーやファイヤーがレイドバトルに出現したり、また7km卵からは日本では出現しない“ケンタロス”や“ガルーラ”“バリヤード”が生まれなどのイベントが行われています。これは貴重な機会ですから、7km卵を最優先に孵化させようと歩き回っています。




イメージ 1
そんな中フィールドリサーチを達成したらパッチールが出てきました。なかなか個性的なポケモンですよね〜。




イメージ 2
副産物!?10km卵からタツベイが孵って、アメが溜まった為コモルーをボーマンダに進化させることが出来ました。やっぱりドラゴンタイプのポケモンは良いですね!





イメージ 3
一方、野生ではラプラスが出現。全く水気のないところにラプラスが出現するのは違和感がありますが…。





イメージ 4
そして卵からガルーラが生まれました!!嬉しい〜(^O^)

初代ではポストケンタロスとして注目を集めていましたが、イマイチ強くなかったですね。ノーマルタイプで色々な技を使える点や、攻撃力が高めな点はケンタロスと似ていましたが、最大の違いは素早さでした。これがもう少し高ければポストケンタロスとしてもっと活躍できていたのではないでしょうかね〜。






イメージ 5
そして一番欲しかったケンタロスもゲット出来ました!!やったぁ〜(゚∀゚)

初代の最強ポケモン(伝説除く)。速いし、攻撃力は高いし、タイプ一致の破壊光線は超強力だし、タイプ不一致でも地震や吹雪も強烈だし。とにかくサファリゾーンに入り浸れてゲットした記憶があります。一世を風靡したポケモンですね。

ポケットモンスターは日本が発祥の地だけに、初代最強ポケモンであるケンタロスが野生で出現しないのは残念なところです。せめて日本だけは全部のポケモンが出て欲しい…、と思ってしまいます。ただ、入手しづらいから貴重であるしゲットした時の喜びも大きいので、これで良いのかもしれませんね。今回の様なボーナスを設定してくれるのはとても嬉しいですね。

残るはバリヤード。ゲットできると良いなぁ〜。



この記事に

開くトラックバック(0)

セントレアで購入したBESTOLOCKのブロックをご紹介します。このシリーズは以前にもデルタ航空のモデルを買ったことがあります。以前の記事はこちらから。




イメージ 1
全66パーツの小さなセットです。ハワイアン航空と言うとB767と言うイメージが強いので、B767モデル!?ただ以前のデルタ航空のセットと全く同じデザインで、そちらはB757(レジナンバーから判明)でした。今回はレジナンバーがないのでモデルとなった旅客機を特定するのは無理ですね。




イメージ 2
説明書とシールも付属します。シールはレゴのものよりも厚みがあり白地になっています。




イメージ 3
さて組み立てるか!と作り始めたら何と付属する2枚のウェッジプレートの向きが同じでした!!本来なら左右逆にならなければいけないのですが…。これはミスですね…(。-_-。)




イメージ 4
同じパーツですから組むとこうなってしまいます。確かこんな翼をした実験機がありましたね〜。もうこうなっては組む気も失せたのでこのまま何もなかったことにして、そっと箱に戻しました…(。-_-。)



残念でしたがせめてミニフィグだけでも出そうと思い、組み立てたのですがこちらも衝撃でした!

イメージ 5
!!!???何なんだこのロボットみたいなミニフィグはΣ(゚д゚lll)


トルソーが四角い!腕も変な感じだし、かなり粗悪なミニフィグですね。以前のデルタ航空の時とはだいぶ違います。

イメージ 6
右がデルタ航空のミニフィグ。プリントは同じようですが、明らかに違うミニフィグです。同じ会社の製品なのにこうも違うとは。やはりこう言ったコピー製品は製造が安定していないのでしょうかね。


コピー製品とは言え残念な製品でした。もうこのブロックを買うのは辞めにしようと思います…。


この記事に

開くトラックバック(0)

注文していた銚子電鉄のまずい棒が届きました!!




イメージ 1
マズイ経営状況だから、まずい棒。ぬれ煎餅に変わるヒット商品となるでしょうか?ゆる〜い感じのパッケージデザインが良いですね!うまい棒に似ていますが、味はコーンポタージュ一種類です。



イメージ 2
本家!?うまい棒と比較して見ました。食感はほぼ同じ。サクッとしていて食べやすいです。私は普段スナック菓子を食べないので、新鮮に感じました。うまい棒ですら何十年振りに食べました。一方、大きさはまずい棒の方が大きく、まずい棒を食べた後にうまい棒を食べると小さいなぁと感じました。もちろん単価が違いますから、どちらがお得という単純比較にはなりません。

まずい棒はコーンポタージュ味。優しい味でおやつとしては勿論、酒の肴にも良い感じです。まずい棒とうまい棒は似て非なる物と個人的には思いました。これから人気商品となってくれると良いですね〜。


この記事に

開くトラックバック(0)

LSE ゼンマイ式おもちゃ

部屋を整理していたらこんな物が出てきました。




イメージ 1
小田急ロマンスカーLSEのゼンマイ式おもちゃです。10年くらい前に箱根湯本駅で買った記憶があります。ゼンマイを回すとトコトコ走ります。




イメージ 2
おもちゃとは言え、なかなか特徴を捉えた良い出来栄えです。きちんと“はこね”の表示もありますし、カラーリングも良い感じです。何よりレトロな質感がとても良いです。

LSEも臨時列車での運行を残すのみ。寂しいですが、時代の流れですから致し方ありませんね。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事