不妊治療病院の院長 福田愛作のブログ

IVF大阪クリニックは不妊治療専門クリニックです。「心と身体を癒す医療」をテーマとしています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

凍結保存後の精巣から精子回収し妊娠成功(サル)と題した新聞報道がありました。

その要旨は、以下のようなものです。 
 がん生殖に新たな光です。まだ精子をつくれない若いサルの精巣を凍結保存し、一定の期間保存したのちに同じサルに移植して、また一定期間後に精巣から取り出し、子どもを誕生させることに、米国などの研究チームが成功したと発表しました。小児がんの治療で不妊になる危険性のある男児が、将来自分の子を得られるようにする技術、すなわち妊孕性温存につながる技術になる可能性があります。同じサルに移植し、子どもが誕生したのは世界初ということで、この成果は22日に米科学誌サイエンスに掲載されるということです。
 これまで、どちらかと言えば女性の卵子や卵巣組織の冷凍保存が妊孕性温存の手段として注目されていました。今回は精巣です。男性においても、がんの化学療法や放射線治療などで、精子の元になる細胞が影響を受け、不妊になる可能性の高いことは知られています。
 このチームは、まだ精子をつくれない若いアカゲザル5匹の片方の精巣を取り、小さく切り分けて凍結保存。5〜7カ月後に元のサルの陰のうや背中の皮下に移植しました。8〜12カ月後に手術により精巣の一部を取り出し、その移植片から生きた精子を取り出しました。人の治療で行われる精巣精子顕微授精と同じ方法です。今回は、一度凍結された幼い精巣(凍結された時点では精子の生成は開始していませんでした)を移植して、その後に発育した精巣から、精子を取り出し138個の卵子と顕微授精を行いました。発育した受精卵(胚)11個をメス6匹の子宮に戻し2018年4月に、健康なメスのサル1匹が生まれたということです。このチームは、人間に応用できる可能性をさぐりつつ、安全性の検証のためさらなる研究が必要としているそうです。

 私たちもがん生殖に力を入れ、がん治療前に卵子や精子、そして受精卵の凍結保存による妊孕性温存治療を実施しています。男性の場合、精子凍結なので比較的簡単なように思われると思います。確かに、成人男性であれば、ある程度の体力が残っていれば、そんなに難しいことではありません。
 問題はお子さんの場合です。小児期のお子さんでは、自分で精子をとることができなかったり、まだ精子が生成される以前であることもあります。そのような場合に、精巣を凍結保存できれば、がん治療が終わった後に、また同じ人の体内に移植することができます。ただ、その精巣組織ががん細胞で汚染されていないかなどの問題はありますが、将来楽しみな治療法だと思います。乞うご期待です。

 IVF大阪クリニックでは、5月25日(土曜日)午後4時から、当クリニック近隣の医療機関のがん専門医のドクターにお集まりいただき、がん治療と妊孕性温存に関するセミナーを開きます。より多くのがん治療の専門家にも「がんと聞けば妊孕性」と考えていただけるように、との思いから開催します。
 これは医療関係者の皆様だけの会合ですので、申し訳ありませんが、一般の方は参加できません。ご希望があれば、患者様のためにも、このようなセミナーを開催したいと思います。 

この記事に

開く コメント(0)

 特別養子縁組を仲介する大阪市のNPO法人について「大阪市が19日に縁組のあっせん事業を許可しないと決定した」という報道をテレビで観ました。その理由は、営利を目的にし、子どもの実親の生活費を養親希望者に負担させる点などが法に反し、事業を適正に行う能力がないと判断したとのことです。民間あっせん事業が許可制になって以降、不許可の事例が明らかになるのは初めてとのことです。
 このNPO法人は2014年に活動を開始し、子どもを育てられない親と、子どもを望む夫婦をネット上の専用アプリで仲介し、今までに53件をあっせんしているといいます。
 2018年4月施行の「養子縁組あっせん法」は、民間事業者が養親希望者から徴収できる費用を定めている。出産費用や子どもを託すまでの養育費、面談時の交通費などの実費は認められ、実親の生活費は対象外であり、営利目的のあっせんも認めないとされている。
 法の施行で、従来は自治体への届け出制だったあっせん事業は自治体の許可制に変更された経緯があります。大阪市が同NPOについて審査した結果、実親が養子に出すのをやめた場合は生活費の返金を求め、撤回を難しくさせている点や、許可を得ずに各地の「支部」が事業をしている点、など問題点を指摘すると共に、現時点では様々の部分で改善される見込みがないと判断したようです。
 同NPOは19日以降、事業が行えない状態だと言います。利用中の養親希望者や実親は、居住地の児童相談所などが引き継ぐということです。


 特別養子縁組は、不妊治療でお子様が授からなかったご夫婦にとっては、非常に良い制度だと思います。どこの世界でもそうですが、当然、この制度を悪用する業者が出て来てもおかしくはありません。ただ、もしこの業者からお子様を得られた方があるとすれば、お子様に罪はありませんので、実子として今まで通りに可愛がっていただきたいと思います。折角の、良い法律ですから、業者の方も、良心的にこの法律を運用していただきたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

3月18日に福岡市において第14回日本レーザーリプロダクション学会が開かれました。
今回のテーマが「統合医療の中心にレーザーを」とされました。体外受精の生みの親のエドワーズ博士がノーベル生理学・医学賞を受賞されたのが2010年ですが、昨年2018年にレーザーの革新的応用について3名の学者がノーベル物理学賞を授与されました。この応用の中には眼のレーシック手術を可能とした技術も含まれています。今回の講演者のお一人は、この受賞者の博士と一緒にお仕事をされていた、理化学研究所の先生で、レーザーの基礎について講義をしていただきました。
 この日本レーザーリプロダクション学会というのは、私が理事長をしている学会です。この学会の始まりのもとは、形成外科医である大城先生が、他の目的でレーザー治療をしていた閉経直後の患者さんに、不正出血が始まった、ということに端を発します。そこで大城先生はがんを疑い、大学の同級生であり、不妊症の権威である、産婦人科医の井上正人先生に患者様を紹介したところ「月経が再開している」との驚きの事実を知りました。そこで大城先生と井上先生で共同研究をされたところ、レーザーには妊孕力(妊娠する力)を強化する効果のあることが分かりました。そこで大城先生が設立されたのが、レーザーの生殖医療に関する効果を考えることを目的とした学会、日本レーザーリプロダクション学会です。
 私はこの学会の第5回の会長を大阪で開催させて頂きました。これを機に、不妊症を知らない形成外科医より、不妊症専門医の方が学会理事長にふさわしいということで、私が理事長に指名され、現在まで続けております。今紹介させていただいたように、レーザー、特に我々がおこなっている低出力レーザーには不思議な力があるようです。この治療のことをLLLT(Low-reactive Laser Treatment)といいますが、まだまだ未知の分野が多く、現在でも多くの不妊クリニックで治療に使われると共に、精力的に研究がおこなわれています。今後より多くの研究成果が出てくることを期待しています。

■日本レーザーリプロダクション学会
http://jaslar.jp/index.html

この記事に

開く コメント(0)

 胚移植の時に子宮内膜が厚くならなくて困っている。このような問題に悩む患者様をみることがあります。この原因としては、過去の妊娠や他の疾患により子宮内操作を受けたことが多いと考えられます。その代表的な例が、流産や中絶のための子宮内容除去術です。妊娠初期に流産や中絶をする場合、子宮内容をきれいに排出するために、子宮内掻把術という手術がおこなわれます。この手術では、通常スプーンのような器具で子宮の内容を掻き出す、もしくは、こそげ出す、という形を取ります。内容物が一部残ると出血が持続しますので、きれいにすべてを取り除く必要があります。まさに、メロンやスイカを食べる時にスプーンで実をこそぎ取るときのような感じです。あまり深く取ると、壁を傷つけ、次の内膜が育ちにくくなります。ですから、きれいに取ってなおかつ何も残さないという、名人芸のような技術を必要とします。
 そのような名人芸を使わなくて済むようにと、電動ポンプを使う自動吸引法が使われるようになりましたが、今度は吸引力が強すぎて、内膜を根こそぎはがしてしまう、すなわち剥がし過ぎるということが起こってきました。
 そこで、厚生労働省研究班が妊娠初期の中絶手術約10万件で検証したところ、掻把法(電動ポンプ吸引を含む)より近年開発されたプラスチック製のチューブ(太さ5〜12ミリ)を用いた手動吸引法の方が、安全性が高いことが明らかになりました。世界保健機関(WHO)も「掻把法は時代遅れ」として、この新しい吸引法を推奨しています。

 当院でもこの情報に基づき、現在はこの新しいプラスチック製チューブを用いた手動吸引法で流産手術を行っています。
 ある研究では、不妊患者310人を調べた結果、掻爬法を受けた回数が多い人ほど、子宮内膜が薄くなることが明らかとなっています。次の妊娠を望む女性は、吸引法が望ましいと言われています。この吸引法は、手術後の出血や痛みも少ないと言われています。
 掻把法とこの手動吸引法を経験した患者さんの話として、この手動吸引法で手術を受けて驚いたということです。掻把法では麻酔から覚めた後、下腹部の痛みが続いたが、「吸引による痛みは、ほぼなかった」ということでした。

 以上のような理由で、流産手術を受ける場合も、可能であればこのような手動吸引による手術をしてくれる施設で受けましょう。手術後の痛みや出血が少ないばかりでなく、後々の妊娠に対する懸念が少なくて済みます。まだ出産を考えられないような場合には、妊娠中絶を受ける必要がないよう十分に避妊に注意することも、将来の妊娠出産に備えて大切だと考えます。どうしても妊娠中絶が必要な場合には、十分に信頼のおける産婦人科医に相談しましょう。

この記事に

開く コメント(0)

ニーバーの祈り

"ラインホールド・ニーバーの祈り"をご存知でしょうか。先のブログでおはなしした「日本・がん生殖医療学会」で小児がん患者についてお話をされた演者が引用されていました。あまりにも含蓄のある格言で感激するとともに、心に突き刺さるものがありました。

The Serenity Prayerと言い、以下に英語の原文を記載します。

God, give us grace to accept with serenity the things that cannot be changed,
Courage to change the things which should be changed,
and the Wisdom to distinguish the one from the other.

邦訳を3つ紹介します。

主よ、変えられないものを受け入れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、
そしてその両者を見分ける英知を我に与え給え。

神よ、私に変えることのできないものは、それを素直に受け容れるような心の平穏を!
変えることのできるものは、それを変える勇気を!
そして変えられるものと変えられないものとを、見分ける知恵を私にお与えください。

父よ、私に変えねばならないものを変える勇気を、どうしようもないものを受け入れる静穏を、
そして、それらを見分ける洞察力を与えて下さい。

そのほかにも、同様の格言がいくつかあるようです。

 太陽の下にある全ての病は、 治療法があるか、治療法が無いかだ。
もし1つでもあったなら、それを探しなさい。
もし何も無かったなら、それは気にしないこと。

 困難が我々を襲った時、治療法があったなら、 落ち込まないといけない何の理由があるだろうか。
もし助けになるものが何もないなら 落ち込むことが何の役に立つだろうか。

 私もこの格言を聞き、はっとする気持ちになるとともに、何か心が安らぐのを、憶えました。

この記事に

開く コメント(0)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事