山梨アイズアカデミー活動日記

甲府市中央「考える力を伸ばす学びの場」 レゴ・作文・国語的算数・速読 お問い合わせはhttp://aizac.netへ

FLL ファーストレゴリーグ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

FLL東日本大会レポート

・・・②から続く

さて、閉会式です。
イメージ 1
すべてのチームが登壇し、審査員の皆さんから一人一人メダルを授与されました。

ロボットの点が出たチームも出なかったチームも、プレゼンで緊張してうまくいかなかったチームも、チームワークで一生懸命探究してきたプロセスこそが大切だと思います。
FLLではみんなが勝者です。


朝の開会式でもお話がありましたが、ここに集まった子供たちの中から、将来ノーベル賞をもらうような科学者がきっと出てくるんだと思います。
本当に素晴らしい大会。

■ロボット競技のトップチームは、2日あわせて以下のようになりました。(間違っていたら教えてください)
①FIRST FUJISAN+      241点
②Universal Serial Bus     210点
③FIRST FUJISAN voyager 208点
④North Japan                206点
⑤Tokyo Resistance           202点
⑥FUJ7                         174点
⑦YSFH Light side Robotics 164点
⑧beginners                      162点
⑨Space RRIK                    156点

そして、
イメージ 2
FIRST FUJISAN+

総合優勝!

FIRST FUJISANとしては、東日本大会6連覇ということになりました。
経験者が2人しかいないチームですが、よく頑張ったと思います。

イメージ 3
FIRST FUJISAN voyager

第3位入賞

そろって2月11日に行われる全国大会出場権をいただくことができました。




どうもありがとうございました。

今後とも応援よろしくお願いいたします。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

FLL東日本大会レポート


・・・①から続く

お昼近くなってFIRST FUJISAN+はロボット競技本番 第一ラウンドです。

イメージ 1
11:38
あさイチの本番練習の時間に、壁のコンディションと着陸船のミッションモデルに違いを発見して、その後対処しましたが、第一ラウンドは198点で終了。(理論上の満点は400点です)
着陸船とモジュールの周辺のミッションは調整しきれず、失敗に終わりました。

イメージ 2
12:34
FIRST FUJISAN voyagerの第一ラウンド。
2,3カ所のミッションに失敗がありましたが、ほとんどを成功させて192点。
教室でもあまり出ることが無かった得点なので、とてもよかったです。



13:38 FIRST FUJISAN+の第二ラウンド。
着陸船は成功させることができましたが、モジュール周辺のミッションがどうにもうまくいきません。第一ラウンドとほぼ同じ194点。モジュール周辺のミッションを調整して、最終ラウンドでさらに高得点を狙います。

14:02 FIRST FUJISAN voyagerの第二ラウンド。
こちらも第一ラウンドとほぼ同じ188点を獲得。

そして最終第三ラウンド。

イメージ 3
15:46 FIRST FUJISAN+
あぁ、これが失敗の原因だったのか!という部分を見つけて、やっとモジュール周辺のミッションが成功!しかし、一度再出発したことが影響して最後のミッションまであと5秒というところで試合終了。スムースに行っていればもうちょっと得点を積み増すことができたと思いますが、241点という1位の得点を獲ることができました。

16:10 FIRST FUJISAN voyager
精度の良くなかった宇宙旅行がはまって、ついに208点を獲得。
教室での練習を含めて自己最高得点だったかもしれません。
本番で出せてとてもよかったです。


イメージ 4
17時過ぎ、怒涛の一日が終わり、ピットエリアの片付け。

この部屋は普段は学食なので、ボランティアの皆さんと一緒に養生テープをはがし、机やイスを元に戻し、掃除をしてから閉会式の会場に向かいました。



つづく・・・



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

FLL東日本大会レポート

2018年12月15日・16日
IntoOrbitシーズンのFIRST LEGO League東日本大会が開催されました。
会場は東京工業大学です。

イメージ 1
FIRST LEGO League(FLL)は世界98か国で4万チームの小中学生が出場する、ロボット競技と問題解決そしてチームワークの競技会です。
今年、アイズアカデミーからは、
FIRST FUJISAN+ と
FIRST FUJISAN voyager の2チームが出場します。

メンバーは前日に甲府を出発して東京へ。
前泊のホテルの部屋では、いつものようにプレゼンテーションの練習をして本番の日を迎えました。
中には緊張して寝つけず、「夜中の2時に起きてプレゼンの原稿読んでました〜」という子も。
大会は丸一日長丁場なので、大丈夫かな?

イメージ 2
朝8時受付、すぐに各チームのピットを設営して8時40分から開会式がスタート!
70周年記念講堂は満席で、子どもたちの緊張と熱気に包まれていました。

今年の東日本大会は15日に42チーム、16日に44チーム、合計86チームが競います。


イメージ 3

開会式が終わると、どのチームも分刻みのスケジュールで、それぞれ大学構内に散っていきます。

何しろFLLという大会は、やることがとても多いのです!


ロボット競技が3回、そのための練習調整時間が3回、プレゼンテーションが3回、合間にも練習や調整、そしてピットエリアで他チームとの交流。

8月の世界共通ミッション公開以来がんばってきた成果を出そうと、どのチームも一生懸命です。

イメージ 4
本番フィールドでの練習調整時間はわずか7分。いつもの教室と違うフィールドコンディションを確かめながら、それによって起きるトラブルに対処します。

FIRST FUJISAN+の方は、実行するミッションがとても多いので、確認や調整もとても苦労します。

イメージ 5

ステージにはこの大会を支えてくださっているスポンサー各社の看板がありました。

日本大会を主催するNPO青少年科学技術振興会様はじめ、スポンサーの皆さん、大勢のボランティアの皆さんのおかげで、生徒達が素晴らしい経験をさせていただくことができます。

どうもありがとうございますm(__)m



さて、今回は両チームとも主に午前中は練習調整とプレゼンテーション本番、午後に調整を続けながらロボット競技というスケジュールでした。

イメージ 6

プレゼンテーションの本番は、大学の教室で行われます。

何か月もかけて調査研究を重ねてきたプロジェクトは、特に力が入ります。



今シーズンの世界共通テーマは「人間が宇宙で生活する時に起こる問題を発見し、独自の解決策を提案せよ!」というものです。

あまりに壮大なテーマだったので、問題を発見したり絞り込んだりするのにはとても苦労しました。

FIRST FUJISAN+は、目の見えない方々が宇宙に行くことを助けるプロジェクト、
FIRST FUJISAN voyagerは、宇宙でスナック菓子を食べるためのプロジェクトに取り組み、プレゼンテーションをしました。


つづく・・・





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

FLL東日本大会 結果速報

イメージ 1


本日、FLL東日本大会DAY2が東京工業大学で行われました。

アイズアカデミーのFLLチームは

FIRST FUJISAN +が総合優勝!

FIRST FUJISAN voyager が総合3位入賞。

揃って2月に開催される全国大会の出場権を頂くことができました。

こうして生徒たちが素晴らしい学びの機会をいただけたのも、大会を主催してくださるFIRST JAPAN の皆様、審査員の皆様、大勢のボランティアの皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

また全国大会に向けて、生徒たちもがんばると思います。
応援よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

こんにちは!

もう終わってしまったのですが、10月31日のFM富士のラジオ番組に、次世代甲府大使として、FIRST FUJISANが出演しました。

収録の時の様子が、甲府市のホームページに載っていたのでご報告です。

メンバーの生徒達、ノリノリの楽しい放送でした。
5分の予定が13分も放送してくださいました。

甲府市役所の皆さん、FM富士のみなさん、どうもありがとうございました!



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全74ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事