柳ブラ天国

岐阜からニッポンを元気に♪♪

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

イメージ 1

 セルティックMF中村俊輔の来年1月の日本復帰が完全消滅した。中村の代理人、ロベルト佃氏が英BBCに明かした。これにより、J復帰を示唆していた中村は契約期間が満了する来年6月まで残留することが決まった。
 今回、佃氏が英グラスゴーを訪れた目的は、「セルティックに対して横浜Mが(移籍市場となる)1月にオファーを出さない旨を伝えるため」。BBCによると、当初横浜Mは、中村獲得のため「300万ポンド(4億1400万円)」の予算を計上していたが、「金融危機により親会社の日産自動車がダメージを受けて頓挫した」という。

 セルティック関係者はBBCに対し、「ナカ(中村)の残留決定により、リーグ4連覇に大きく前進した」と歓迎の意向を示しているが、中村の心境は複雑だろう。

 ストラカン監督をはじめとするフロントは、「ナカから移籍したいと聞いたことがない」と繰り返しているが、中村本人が家族の意向もあって帰国を望んでいるのは現地でも周知の事実。

 チームはすでに欧州CLグループリーグで敗退、UEFA杯出場権獲得にも失敗して、今季の残り試合はすべてスコットランド国内戦。そのため、「3月にシーズン開始のJリーグ復帰には、1月の移籍が好機だったろう」(BBC)との同情論も出ている。

 ともあれ6月で契約が満了すれば、中村は晴れて移籍金ゼロでフリーとなる。欧州での実績は折り紙付きだけに、中村獲得を目指すクラブが日本を含めて複数出てくる可能性が高い。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事