ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫全体表示

(* ̄- ̄)ふ〜ん

メキシコに「国際結婚移住」した日本人妻の苦悩

孤独と向き合い気づいた本当の「強さ」

国際結婚でメキシコに移住した博美さん(仮名)を待ちかまえていたのは(筆者撮影)
メキシコ・グアナファト州のピピラの丘に登ると、おもちゃ箱をひっくり返したような景色を見ることができる。山肌に積みあがるカラフルな家、黄色くて丸みを帯びた教会――。ファンタジー映画が好きなら、「こんな場所に住んでみたい」と憧れるかもしれない。
実際、メキシコの中でも比較的治安が安定しているグアナファトには、日系企業が多く、駐在している日本人家族も多い。そんな街に、国際結婚後に移住という形でやってきたのが、河村博美さん(仮名・34歳)だ。

日本に留学していたメキシコ人男性と結婚

絵を描くことが好きだった博美さんは、日本でグラフィックデザイナーとして働いていた。その後、得意の英語力を生かし、留学生をサポートする仕事に転職。そこで、夫となるルイスさん(仮名・37歳)と知り合った。
恋愛感情がなかった頃から、博美さんにはなぜか「いずれこの人と一緒になる」という、奇妙な感覚があったという。ルイスさんの両親が日本に遊びに来たときも、まだ交際していなかったため会うことはなかったが、「将来お世話になるだろう」と手土産を渡していた。
やがて博美さんの予感どおり、2人の交際がスタートする。優しくて、何事にも動じない包容力のあるルイスさんとは、一緒にいて安心できた。プロポーズされたときは、うれしくて薬指の指輪をずっと眺めていたという。留学期間が終わり、ルイスさんがメキシコに帰国するタイミングで結婚。博美さんもメキシコに移住する決心をした。
「ここに来たのは、今思えば勢いですね。私はメキシコのことを何も知らなかったので、妻として、夫の国を知りたいと思いました」。博美さんには、20代の頃に1年間、ワーキングホリデーでカナダに暮らした経験がある。メキシコはスペイン語圏だが、英語ができれば何とかなるだろう。ある意味、楽観的な気持ちで、メキシコでの新生活をスタートさせた。
しかし、現実はそう甘くはなかった。
「この街に来て、あまりに英語が通じないことにビックリしました」
メキシコ政府観光局によると、グアナファト州は年間500万人以上が訪れる観光都市だが、英語が通じるのは観光地のホテルやレストランのみ。博美さんらが住む地方は、スペイン語しか通じなかった。もちろん、ルイスさんの家族との会話も、スペイン語のみだ。
家族は、遠い国からやってきた博美さんを歓迎してくれた。だからこそ、コミュニケーションが取れないことがつらかった。みんなが冗談を言って笑い合っているのに、自分だけ理解できない。その場の空気を壊さないよう、半笑いの顔をキープしたまま、黙っているしかなかった。

ストレスで何度か過呼吸にもなった

メキシコは、誕生日やクリスマスなど、ことあるごとに親戚が集まってパーティーを開く。博美さんとルイスさんの結婚式にも、多くの人が来てくれた。そこでも、主役であるはずの博美さんは、何時間も作り笑顔で座っていた。
「移住した当初は、隔週で夫の実家に帰っていたんです。それが苦痛で。でも、スペイン語ができない私が悪い。家族はみんな優しいのに、会いたくないと思うなんて悪い妻だと、自分を責めていました」。博美さんは、周りとコミュニケーションが取れず、イラつく自分に疲れていった。ストレスで何度か過呼吸にもなった。
移住して戸惑ったのは、言葉だけではない。時間にルーズなことなど、日本人との感覚の違い。そして何より、治安の悪さだ。2018年の殺人件数は3万3341件に上る。日本の同年915件の、約36倍となっている。殺人だけで1カ月に3000件近く起こっている計算となり、もはやニュースにもならない。
「メキシコに来て、よくも悪くも性格が変わりました。基本的に、他人を信じなくなった。住んでいる場所は、そこまで危険ではないんですが、警戒はつねにしています。この前も、日本人の友達の家に空き巣が入りました。たぶん、タクシーの運転手から日本人がいるって情報が漏れたのかなって。だから、タクシーに乗っても家の前までは行きません」
最初はわからないゆえに「こんなものか」で乗り切っていたことが、少しずつ違和感として積みあがっていった。そしてついに、博美さんのストレスは爆発した。
移住から半年後、「よき妻」でいることに限界を感じた博美さんは、フェイスブックにメキシコ生活のつらさをぶちまけた。今まで誰にも言えず、じっと胸の中にため込んでいた感情が、一気にあふれた。
すると、それを見たメキシコの知人や、日本の友人たちが、博美さんを気遣うメッセージを寄せてくれた。それまで、あまり親しい関係ではなかった現地の知り合いが、わざわざ会いに来てくれたこともあった。そして何より、ルイスさんが博美さんの気持ちに寄り添ってくれた。

夫がいなければとっくに帰っていた

「結婚ってこういうことかって思いました」。32歳まで独身だった博美さんには、何でも1人で考え、解決する「癖」がついていた。結婚してもその癖が抜けず、悩みごとを抱え、「自分で何とかしなきゃ」と頑張った。だが、文化や言葉の違いは、個人の力でどうにかなるものではない。出口が見えず八方ふさがりの中にいた博美さんに、ルイスさんは「もっと頼ってほしい。何でも相談して」と声をかけ続けた。
「夫がいなかったら、とっくに日本に帰っていたと思います」。博美さんは、身近に支えてくれる存在がいることに、やっと気づいた。
ルイスさんは、つねに博美さんの味方でいてくれた(筆者撮影)
このことをきっかけに、博美さんは少しずつ、家族や友人に正直な感情を見せていくようになる。「悩んでもどうにもならないことがある」と受け入れ、少し気持ちが楽になった。
自分で何か始めてみようと、スペイン語クラスに通い、メキシコの情報をネットで発信するライターの仕事を始めた。スペイン語が上達するにつれ、ルイスさんの家族とも距離が近くなっていったという。クラスでは、新しい友達もできた。夫の駐在でメキシコに住んでいる日本人女性と、国際結婚で移住してきた韓国人女性だ。現地の情報や国際結婚の悩みを、気軽に共有できる相手ができたことは、博美さんの心を軽くした。
だが、駐在員の妻たちとのランチやショッピングに頻繁に出かける生活に、やがて疑問を感じるようになる。「楽しいけど、数年で帰国する彼女たちと、ここでずっと暮らしていく私とでは、状況が違う。もっと自分自身の生活を築くべきでは、と悩むようになりました」。
博美さんの周囲には、「国際結婚で子どものいない日本人妻」という、同じ状況の友人がいない。誰に悩みを打ち明けても、どこか相手との間に薄い膜がかかっているような、モヤモヤした気持ちがぬぐえなかった。

数年ぶりにスケッチブックを開いた

何かしなきゃ、と気持ちばかりが焦った。将来について、同じ立場からアドバイスをくれる人はいない。日本だったら、受け身でいても情報は次々と入ってくる。しかしここでは、欲しい情報は自分から探しに行かなければならない。だけど、いったい私は、何がしたいんだろう? 「そもそも、なんで私はここにいるんだろう」。自分で選んで来たはずなのに、博美さんはそう自問自答するようになった。
孤独は、嫌でも自分の内面と向き合う機会となる。改めて、やりたいことを考えたときに思い出したのが、昔から好きだったデザインだ。数年ぶりにスケッチブックを開き、時間を見つけては、絵を描くようになった。
「描きながら、少しずつ、元の自分を取り戻してる感じがします」。集中してペンを走らせている間は、妻ではない「河村博美」としての自分になれる。メキシコに来て2年、この土地になじもう、よき妻になろうと努力してきた。しかし、それは誰が求めた姿だっただろう。ルイスさんからも、その家族からも、よき妻であることを求められたことは、一度もない。
「実は去年、日本で年越ししようかって話があったんです。でも、私が勝手に、メキシコのクリスマスは家族で過ごすものだから、妻として日本に戻るのはどうかと考え、帰りませんでした」。そのときも、誰に何を言われたわけでもなかった。「後から、なんで帰らなかったんだろうってすごく後悔しました」。
自分の気持ちより、よき妻としての行動を優先させてしまう博美さんに、ルイスさんは「何でも自分で決めていいんだよ」と声をかけてくれた。言われるまで、そういう感覚を忘れていた。そして2年ぶりに、博美さんは日本に帰ることを決めた。ルイスさんは仕事のため同行せず、博美さん1人で帰国し、2カ月ほど滞在する予定だ。
「一度、妻という立場から自由になって、自分がどうしたいか考えたいなって。日本に帰って、元の自分って何だったっけと思い出したい」。メキシコに来てから、環境の変化に合わせることを最優先に、流されるまま進んできた。いったん立ち止まり、これからのことを考えたい。自分だけでなく、ルイスさんにも、彼自身の気持ちと向き合ってほしかった。このままメキシコで暮らすのか、夫婦で日本の生活にチャレンジするのか。

少し離れることで、全体を客観視できる

「国際結婚って、楽しいけど、それまで予想もしなかった悩みが出てくるなって。日本に住んでみたいとか、会話に出ることはありますけど、なかなか決断できない。でも、メキシコに老後もずっと住めるかな?という不安もある。いったん、夫婦それぞれでしっかり考えて、また話し合いたいと思っています」
博美さんはいま、頭に浮かぶイメージのまま自由に絵を描いている(写真:博美さん提供)
メキシコに2年暮らした博美さんは、今、外の視点を持つことの大切さを痛感している。ずっと同じ場所にいると、悩んでいてもそれがメキシコの問題なのか、地方特有のものなのか、はたまた自分の問題なのか、見極めが難しい。少し離れることで、自分も含めた全体を客観視できる。
「どこに住むにしても、1つの場所に縛られるのは危険だなって感じています。こっちで、日本人同士のコミュニティーは大事だと思いつつ、そこにどっぷり漬かるのは避けたい。価値観が1カ所で固定されてしまうと、崩れやすくもなるから」
32歳で結婚して、いったんは人生が落ち着いたように感じた。しかし、それはゴールではなく、新たな旅の始まりにすぎなかった。「振り返ると、もう30半ばかって感じなんですが、これから死ぬまでって考えたら、まだまだ先は長いぞって。悩みは尽きないけど、メキシコに来て、だいぶ強くなりました」。
1人で頑張ることだけが「強さ」ではないと気づいた博美さんの顔は、晴れ晴れとしていた。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事