ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫全体表示

(* ̄- ̄)ふ〜ん

AAA浦田直也の泥酔逮捕が他人事ではない理由

会見に非難殺到、酒で暴力を振るう人のリスク

謝罪する「AAA」の浦田直也リーダー(中央)=4月21日夜、東京都内(写真:時事通信)
4月20日夜、芸能界に激震が走りました。女性に暴行したとして、エイベックス所属の男女6人組グループ・AAA(トリプルエー)のリーダー、浦田直也さんが女性への暴行容疑で逮捕されてしまったのです。AAAは7年連続で紅白歌合戦に出演したほか、ドームツアーを行うほどの人気グループだけにダメージは甚大。
翌21日夕方に釈放された浦田さんは、すぐに謝罪会見を開き、「正直まったく記憶がない」と話しながらも、「19日午前5時ごろ、酒に酔って面識のない20代女性に声をかけ、断られたことに腹を立てて殴った」という容疑を大筋で認めました。

取り返しのつかない失敗

複数のネットメディアがその謝罪会見をライブ配信しましたが、チャット欄には「反省ゼロ」「ヘラヘラしている」「他人事みたい」などの批判的な書き込みが殺到。金髪を黒髪に染め直し、反省の言葉を繰り返し、「もうお酒は飲まない」と宣言しても取り返しのつかない失敗だったことが改めて明らかになりました。
この騒動を「『芸能人が泥酔した』というだけの話」「自分は泥酔も暴力もしない」と見ていいのでしょうか? 浦田さんの騒動はお酒を飲むビジネスパーソンなら誰しもリスクのあることであり、少なくとも「100%ない」とは言い切れないでしょう。さらに、その予防策は「記憶をなくすほど泥酔しない」という単純なものではなく、根本的な意識改革が必要なことなのです。
ここでは、酒席の多いビジネスパーソンとって他人事ではない、「お酒を飲んで暴力を振るう可能性のある人」の特徴をあげていきます。
当然ながら、お酒を飲むことが悪いわけではありません。また、健康にはもちろん配慮しなければなりませんが、記憶をなくすほど飲むことも、必ずしも悪いとは言えないでしょう。たとえば、お酒を飲んで記憶をなくしても、暴力的になる人ばかりではなく、逆に優しくなったり、涙もろくなったり、迷惑をかけまいと平静を装う人などもいます。
この違いは生まれ持った性質という先天的なものではなく、日ごろの過ごし方によって現れる後天的なものの可能性が高く、人間なら誰しも暴力的になるリスクを否定できません。「自分の内面にあるネガティブな感情が、泥酔によってコントロールできなくなり、他人に向けられてしまう」という見方が自然です。
実際、浦田さんは面識のない20代女性に「一緒に飲みに行かない?」「俺はAAAのメンバーだ。知らない?」などと声をかけ、「知らない」と断られたことに立腹して暴力を振るったと言われていますが、これが物語るのは「思っていた通りの評価を受けられないと腹を立てる」という自尊心の高さ。つまり、泥酔したことでふだんコントロールできている高い自尊心があふれ出し、それが損なわれたことで怒りの感情が芽生え、攻撃性が顔をのぞかせてしまったのでしょう。
ここでビジネスパーソンのみなさんに気をつけてほしいのは、日ごろ「思った通りの評価を受けていない」「自分は能力があるのに報われない」などの思いを胸にため込んでいないか。私はこれまで多くのビジネスパーソンと、人間関係や業務に関するコンサルを行ってきましたが、7〜8割もの人がこのような思いを抱えていました。
たとえば、お酒を飲んだときに「上司、同僚、取引先などを呼び捨てにし、酷評する」「自分の頑張りを熱弁し、理解されないことを嘆く」などの言動が多い人は、その最たるところで、なかでも「そんなの大半の人が言っているでしょ」と思っている人は要注意。その通り、「大半の人が浦田さんと同じリスクを抱えている」ということに他ならず、日ごろから意識的にそのような言動を避けたほうがいいでしょう。

組織のリーダーも攻撃性が高い

もう1つ、自尊心があふれ出し、攻撃性が顔をのぞかせるリスクが高いのは、リーダーの立場にいる人。
会社、部署、プロジェクトなどの代表や、まとめ役を務めている人は業務でのプレッシャーもあって、「自分が中心だ」「私の力で成立している」「僕がやらなきゃいけない」という思いを抱きがちですが、それこそが自尊心であり、攻撃性を宿す源。リーダーとしての役割や誇りが損なわれそうなときに泥酔しやすく、「酒席でけんかしてしまう」というケースが多いのはこういうタイプの人なのです。
たとえば、日ごろは部下ウケやハラスメントを気にして言動をコントロールできている人が、お酒が進んだことで「生意気だ」「ふざけるな」と激昂し、誹謗中傷の言葉を浴びせてしまう。あるいは、泥酔したあまり利害関係のない人まで、「俺は〇〇社の部長だぞ」などと凄んだり、性的な言動を浴びせたりしてしまう。
以前、六本木や新宿のキャバクラを取材したときに、各店のマネジャーから「立派な肩書きがある人ほど、そういう振る舞いでトラブルが多い」という話を聞きました。「警察に突き出したり、会社に抗議文を送ったりしたことがある」とも言っていただけに、泥酔は芸能人だけでなくビジネスパーソンにとっても、人生を左右する一大事となるリスクがあるのです。
さらに悲しいのは、泥酔で問題を起こす人のほとんどが、会社や関係者のバックアップで立場を得られていることを忘れているうえに、自負しているほどの力がないこと。浦田さんは「AAA」というグループ名を出していましたが、その背後には「エイベックス」という有名企業があり、これまで支えてもらったからこその立場であることを忘れていました。ビジネスパーソンも泥酔で失敗し、会社のバックアップや肩書きを失ったときに初めて自分の実力がわかるのかもしれません。
部署やプロジェクトなどの狭い世界でリーダーを務めている人は、日ごろから自尊心が高くなりやすい一方、中間管理職であるため、上司からのストレスを感じやすいところがあります。その矛盾が「思っていた以上に飲みすぎてしまった」「絶対にそんなことをする人間ではないはずなのに……」という失敗を招いてしまうのでしょう。

流暢に話すほど謝罪にならない

最後に、浦田さんの謝罪会見からビジネスパーソンが得られる学びをあげておきましょう。
それは、謝罪が目的であるにもかかわらず、あまりにも流暢に話してしまったこと。浦田さんの受け答えは、まるで事前に取り決めた想定問答を呼んでいるようなスムーズなものでした。
想定問答があったかはわかりませんが、関係者や弁護士から「隠そうとせず、正直に話したほうがいい」という謝罪会見のセオリーを教えられていたことは想像に難くありません。しかし、「正直に答える」「わからないことは『わからない』と言う」のは当然として、ここまで流暢に話してしまうと「反省していない」と思われてしまいがちです。
謝罪会見では、「こう話そう」と決めていたことでも、「質問の内容を受け止めるように耳を傾けたうえで、一語一語かみしめながら話し始める」のが基本。相手に聞いてもらうのと同時に、自分にも言い聞かせているように見せなければいけないのです。
その点、浦田さんは流暢に話しすぎたことで、謝罪の気持ちが抜け落ちているように見えてしまいました。見る側に「お酒のせいにしている」「『自分はそういう人間ではない』と言いたいのだろう」と思われてしまっては、わざわざ謝罪会見を開いた意味がありません。

「記憶にない」というフレーズはNG

さらに見逃せないのは、謝罪会見におけるNGフレーズを連呼してしまったこと。先述した通り、謝罪会見のセオリーは正直に話すことですが、「記憶にない」というフレーズだけはNGなのです。特に今回は被害者がいるだけに、他人事で責任逃れのようなこのフレーズは避けるべきであり、「私が未熟だった」「私の自覚が足りなかった」などの私を主語にした反省の言葉に置き換えるべきでした。
浦田さんの事件が発覚して以降、「以前から酒癖が悪かった」などの悪評が飛び交っています。真偽はわかりませんが、こうした悪評が後付けのようにあがり、ネット上で拡散してしまうのが現代社会の怖いところであり、ビジネスパーソンにとっても他人事ではないでしょう。お酒による失敗をきっかけに社内や業界内で悪評が広がると簡単には消せないので、未然に防いでいきたいところです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事