ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫全体表示

へぇー。

金持ちどんどん増えるサンフランシスコの実態

新興企業IPO続で、1晩で富豪が約1万人増える

新興企業のIPOなどで富豪が増え続けているカリフォルニア州のサンフランシスコでは、パーティー業界まで潤っている(写真:TK/PIXTA)
大きな富は月々の給料から得られるわけではない。新興企業が上場し、それまで絵に描いた餅にすぎなかったものが本物の金になって得られるものだ。
今年は配車サービスのウーバーやリフト、企業向けチャットツールのスラック、配送サービスのポストメイツ、画像収集管理サイトのピンタレストに、民泊仲介サイトのエアビーアンドビーが新規株式公開(IPO)を予定しており、地元のベイエリア(サンフランシスコとその周辺地域)には多額の富が流れ込んでくるはずだ。
ウーバーの時価総額は過去に1200億ドルと言われた時期もあったし、最近ではエアビーアンドビーが310億ドル、リフトが150億ドル、ピンタレストが120億ドルくらいと言われている。
IPO後の株価がどのくらいになるかは誰にもわからないが、来年には控えめに見積もっても数千億ドルもの金がこの町に流れ込み、たくさんの新しい富豪が生まれるはずだ。サンフランシスコが今以上の金満都市になるなど想像しにくいが、これは来るべき現実だ。

家族向け住宅価格は5億円を超える価格に

ついにベイエリアで快適に暮らせるほど金持ちのエリートカーストの一員になった新富豪たちは、これまで思い描いてきた夢の実現に今からいてもたってもいられない思いだろう。
車が欲しい。レストランを開業したい。もっと大きなパーティーを開きたい。それに家が欲しい――。
先日のある夜。ベイブリッジを望む部屋で不動産投資家のイベントが開かれた。会場を埋め尽くした聴衆を前に立っているのは、不動産会社コンパスのデータ分析専門家デニズ・カラマナーだ。「寝室が1室の分譲マンションで価格が100万ドル(約1億1000万円)未満の物件が今後5年のうちに出てくるだろうか?」と彼は聴衆に問いかけた。「家族向けで100万〜300万ドル(約3億3000万円)の家は出てくるだろうか?」。
答えはノーだとカラマナーは述べた。ありえない。そして新たな富豪たちの登場と、彼らに向いた新築物件がいかに少ないかというデータを示すと、その場の熱気は高まった。サンフランシスコの家族向け住宅の販売価格は平均500万ドル(約5億5000万円)まで上昇するかもしれないと彼が言うと、聴衆は息をのんだ。「すべて即金だ。こうした人たちはみんな即金で家を買う。すごいことになるだろう」と彼は言った。
今や、ベイエリアの全体が――ファイナンシャルプランナーや不動産業者のみならず、テクノロジー大手の従業員用バスの運行を妨害するデモ隊まで――その日に急いで備えようとしているようだ。
IPOで住宅業界にバブル景気が来るという見方が広がる一方で、売り手の側が市場から物件を引き上げる動きも出ている。カリフォルニア州の住宅市場は軟調で住宅販売も減少しているのに、ここでは逆だ。
「たとえ実際に行われるIPOが半分であっても、一夜にして1万人もの富豪が生まれることになる」と語るのはサザビーズの不動産エージェント、ハーマン・チャンだ。「みんな『売るのは来年までやめておこう。右も左もそこらじゅうに大富豪がいる時代が来るのだから』といった様子だ」
チャンの顧客の企業経営者リック・ライダー(61)も、何社かのIPOが行われるまでベイエリアの住宅を売りに出していることをあえて伏せておくことにした。「うちは家族向けの家ではない。いわば子どものいない共働き夫婦用の家だ」とライダーは言う。「だからIPOで潤う人たちの受けがいいかもしれない」。

住宅を買う人の約半数がソフトウェア技術者

IPOマネー争奪戦のカギを握るのは「職住接近」かもしれない。
「ミレニアル世代のIT労働者は利便性にこだわっている」というのは、クライム・リアル・エステートのクリスティーン・キム社長だ。「車に対する所有欲がないようだし、食べ物の配達がとても便利に使える時代だし、娯楽産業の近くが希望だから、サンフランシスコに残るはずだ」。
郊外にあるグーグルやフェイスブックが上場したときは、社員はベイエリアの各地に散らばっていたため、住宅市場への影響も分散された。だが、大手新興企業の多くは優遇税制のあるサンフランシスコに本社を置いている。社員たちも市内から出ないだろう、というのが不動産業者の見方だ。
2018年にサンフランシスコで販売された住居用物件は5644件で、そのうち家族向けの住居はたった2208件だった。そしてコンパスによれば、買い手の50%以上をソフトウェア技術者が占めていた。ある不動産会社の推計によれば、サンフランシスコの寝室が1つの賃貸マンションの平均賃料は1カ月3690ドルだという(別の会社は3551ドルだとしている)。
「こうした企業のIPOが一斉に行われるということは、金を手にした何千人何万人という若者が家を買おうとするということだ」と不動産業者のシェーン・レイは言う。「どうなることか」。
売り物件が減る中で急いで住宅を買い集め、大波が来るのを待とうという人々もいる。「一連のIPOの前に買わなければ、永遠に手が出なくなるのではないかという不安感があった」と言うのは新興企業オムニの創業者、トム・マクラウドだ。マクラウドは10年近く賃貸住宅に住んでいる。「結局、思い切って買うはめになった」。
企業は従業員に対し、自社の株価は右肩上がりで高くなるというイメージを植え付けている。ウーバーやエアビーアンドビーといった新興企業は創業からの10年間、従業員に対してこのイメージを堅持するよう求めてきたわけだ。そして今になって、金融機関はこの「信仰」を揺さぶろうとしている。
シトリン・キャピタルの個人資産アドバイザー、ライアン・コールによれば、彼の元には富豪予備軍の新たなクライアントが殺到している。この世代の新興企業長者たちは、自社の成長にとくに強気で、コールも怖くなるほどだという。

船を買ったりするな、といさめている

「もう少し慎重になるよう仕向けようと努力している。あまりに浮き足立っているので」とコールは言う。「業績悪化など考えてもみないのだと思う」。
株価がどう動くかは誰にもわからないとコールは注意を呼びかけている。また彼は、ウーバーのような会社はいまだに驚くほど利益が上がっていないことをクライアントに思い出させようとしている。IPOが失敗に終わるケースは決して珍しくない。グルーポンの株価は、上場時は約26ドルだったのに今では3ドルだ。スナップの株価も同じく27ドルから9ドルに下落した。
「彼らの大半は若い。評価額が延々と上がり続けるところしか見ていないから、テクノロジー株の株価の変動が激しいことを本当のところはわかっていない」とコールは言う。「それに管理職も、彼らをせっせと働かせるために、会社の前途はバラ色であるかのように言っている」。
そこでコールは、クライアントにまだ金を浪費しすぎるなと戒めている。「船を買ったりすべきではない」と彼は言う。「そういうケースも少数ながらあるんだ」。
サンフランシスコやその周辺のオークランドやバークレーの町に暮らすミレニアル世代は、左派のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(民主党、ニューヨーク州選出)のツイッターでの発言を追い、左派の政治団体の集会に参加したりしている。だが社会主義への関心があるわりに、この地域のIPOがらみのパーティー熱(パーティー業界の関係者によれば過去に例がないほど盛り上がっている)が下がることはないようだ。
ジェイ・シーガンはライブハウスの元オーナーで、今は個人のイベント向けにパフォーマーや音楽家を選び、手配するビジネスを手がけている。これまでもウーバーやエアビーアンドビー、スラック、ポストメイツやリフトをはじめとするIPO予定企業のイベントを請け負ってきたが、今は仕事の増加に備えている。
「IPOの手続きを進めている企業や関係者のために、1件のIPOにつき複数のパーティーが開かれる」とシーガンは言う。こうしたパーティーの予算は1000万ドルを軽く超えることもある。「彼らは一流のセレブを呼んで、重役のディナーテーブルの前でパフォーマンスをさせたがる。バレエのパフォーマーも人気だ」。

ハイテク企業に対する反感も再燃

最近では、テーマを決めて複数のバンドを呼ぶといったコンサートのプロデュースを自分でやりたがるクライアントも増えている。最近手がけたイベントでは、1980年代が好きなテクノロジー企業の重役のためにバングルズやティアーズ・フォー・フィアーズなどを呼んだという。
そしてもちろん、テクノロジー企業に対する反感も再び頭をもたげようとしている。
先ごろミッション地区にあるラジオ・ハバナ・ソーシャル・クラブでは、住宅の権利擁護活動家の集会が開かれた。これまでのところ、活動はありがちな流れで進んでいる。少数の人々の懐に大金が流れ込み、株を持たない大衆が結集し始める。今後は立ち退きに抗議し、開発業者と戦い、税制上の優遇措置に反対する運動を組織し、テクノロジー企業の通勤バスの前で横断幕を広げたりするのだろう。
富豪の増加で「多くの人が立ち退きを迫られることになるだろう」と、サンフランシスコ住宅権利委員会のサラ・シャバーンジマー専務理事は言う。一息置いて彼女はこう言った。「また同じことの繰り返しという感じだ」。
活動家たちは、豆のディップとチーズの皿が並んだテーブルの周りにひしめき合った。
「私たちは以前のバブル期も経験している」と、同委員会の幹部であるマリア・ザムディオは言った。「教訓も学んだ。大量の金が流入するとどうなるかはわかっている。過去には譲歩したが、今年はそのつもりはない」。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事