ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫全体表示

天皇陛下、最後のお言葉=皇居で退位礼正殿の儀

4/30(火) 14:25
時事通信


 天皇陛下の退位に伴う「退位礼正殿の儀」は30日夕、皇居・宮殿「松の間」で行われる。

 30年3カ月余り象徴として歩んだ陛下が、在位中最後のお言葉を述べられる。

 江戸時代後期の光格天皇以来、202年ぶりの退位に伴う憲政史上初の儀式で、憲法が定める天皇の国事行為として実施。皇后さまや皇太子ご夫妻ら成年皇族に加え、閣僚や衆参正副議長、最高裁長官、国会議員、都道府県知事や市町村長の代表ら約300人が参列する。

 午後5時ごろ、モーニング姿の天皇陛下が皇后さまと共に松の間に入室した後、侍従が皇位の証しとされる剣と璽(じ)=勾玉(まがたま)=、天皇の印の御璽、国の印の国璽を「案」と呼ばれる台の上に置く。

 安倍晋三首相が国民代表の辞を述べた後、陛下がお言葉を述べる。儀式は約10分間の予定。

 両陛下は引き続き宮殿内で、皇族や側近、宮内庁や皇宮警察の職員らからあいさつを受けた後、お住まいの御所で平成最後の一日を終える。

 これに先立ち、陛下は30日午前、皇居・宮中三殿で、「退位礼当日賢所大前(おおまえ)の儀」などの儀式に装束姿で臨んだ。

 剣と璽は退位礼正殿の儀の後、皇居・御所「剣璽の間」に再び戻され、5月1日午前0時の即位とともに新天皇が継承する。

 1日午前、新天皇が剣と璽などを受け継いだことを明らかにする「剣璽等承継の儀」と、即位後初めて国民代表に会う「即位後朝見の儀」が、いずれも国事行為として行われる。 














顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事