ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

(* ̄- ̄)ふ〜ん

「熊本地震」からまもなく3年、復興と課題は何か

熊本を忘れないことも、復興支援の1つ

Play Video
[動画を固定]
熊本地震からまもなく3年。震度7を2度観測した熊本県益城町から伝える。
上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。
熊本県内最大の仮設住宅団地、「テクノ仮設団地」。今も、272世帯648人の方が、不自由な生活を強いられている。
熊本地震では、関連死を含め270人が亡くなり、最大で18万人余りの方が避難生活を余儀なくされた。
――復興は?
震度2を2回という未曽有の地震から少しずつ復興に向かっている。地震で崩れた阿蘇大橋は、2020年度の完成を目指して新しい橋の工事が昼夜問わず続いている。現場付近で不通になっていたJR豊肥線は2020年度中に全線運転再開する見通しとなった。
熊本城も今年10月には、一般の方が被災した天守閣を近くから見られるようになるなど、明るい話題もある。
また、生活再建の面では、災害公営住宅の整備が進んだが、熊本県内全体で3割程度、益城町だけでみると1割に満たない状況。
――課題は何か?
住まいの再建が進んだことで、仮設住宅に住まわれている方が、県内全体で半数を下回った。その一方で仮住まいを余儀なくされる方が依然としている。そのような中、「いつまでも被災者のままではいけない」と、復興イベントや街づくりなどに自ら動く住民たちも出てきた。
依然、困っている被災者に手を差し伸べることはもちろん、復興への住民レベルの動きを後押しするには、引き続き熊本だけでなく全国からの関心、支援が必要。そのためにも私たちは熊本地震の被災地の今を伝え続けていく。
今回、熊本を取材して感じたことは、熊本地震は終わっていないということ。今も不安な思いや、寂しい思いをしている方は、大勢いる。そうした熊本を忘れないことが、復興支援の1つだ。

開くトラックバック(0)

ほうほう。

人殺し「耐性カンジダ菌」世界同時発生の恐怖

手を打たなければ世界で1000万人が犠牲に?

世界中で密かに同時多発的に増えている真菌の一種「カンジダ・アウリス」(写真:Melissa Golden/The New York Times)
昨年5月、ニューヨークのブルックリンにあるマウント・サイナイ病院の分院にある高齢男性が腹部の手術のために入院した。血液検査の結果、男性は最近発見されたばかりの謎の、そして危険な菌に感染していることがわかった。
この菌は「カンジダ・アウリス」という真菌の一種で、世界中でひそかに広がっている。免疫が弱った人の命を奪う。アメリカではニューヨークやニュージャージー、イリノイで最近確認され、アメリカ疾病対策センター(CDC)では「差し迫った脅威」である病原体のリストに加えられた。

細菌だけでなく、真菌も耐性菌が急増

マウント・サイナイ病院の患者は90日後に病院で死亡したが、それで終わったわけではなかった。検査したところ病室内のあらゆる場所にカンジダ・アウリスは残っており、病院は菌を根絶するために特殊な洗浄機器を使ったり、天井や床材の一部を剥がす必要に迫られた。
カンジダ・アウリスはとても頑固な菌だ。主要な抗真菌薬が効かないというのもその理由で、耐性菌の増加という非常に厄介な医療問題に新たな例が加わったといえる。
とても頑固なカンジダ・アウリス(写真:CDC)
抗生物質の登場で、かつては死に至る病だったさまざまな伝染病を治療できるようになり、人間の寿命は長くなった。だが抗生物質を使いすぎればせっかくの効果が損なわれてしまうと、公衆衛生の専門家は何十年も前から警鐘を鳴らしていた。そして近年、細菌だけでなく真菌でも同じように耐性菌が急増しているのだ。
「非常に大きな問題だ」と言うのは、ロンドン大学インペリアル・カレッジのマシュー・フィッシャー教授(真菌疫学)だ。
「治療は抗真菌剤の効果が頼りなのだから」
要するに真菌は細菌と同様に、薬に負けない自衛手段を発達させているわけだ。イギリス政府の助成で行われた研究によれば、もし耐性菌の増加を食い止めるような政策が実施されなければ、2050年には世界で1000万人が耐性菌の感染症で死亡する可能性があるという。ちなみに同年のがんによる死者はそれより少ない800万人と見込まれている。
抗生物質と抗真菌薬は人間の感染症との戦いに不可欠なものだが、抗生物質は家畜の病気予防に広く使われているし、抗真菌薬は防かび剤という形で農作物の腐敗防止に使われている。一部の専門家からは、こうした防かび剤の乱用が、薬剤耐性を持つ真菌の感染症が増える要因になった証拠があるとの指摘も出ている。
だが問題が拡大する一方で、一般の認知度は低い。理由の一端は、薬剤耐性菌による感染症の存在そのものが多くの場合、隠蔽されていることにある。原因が細菌であれ真菌であれ、耐性菌による感染症の公表には医療機関も自治体も消極的だ。そこを中心に感染症が広がっているかのように見られるのを恐れてのことだ。

いったいどこから来たのかは不明

マウント・サイナイ病院の患者が感染していたカンジダ・アウリス以外にも、薬剤耐性を持つ危険な細菌や真菌は何十種類もある。大きな脅威であるにもかかわらず、その多くが一般にはほとんど知られていない。
カンジダは病院における血流感染症の原因としては珍しくないが、主な菌種においては大きな薬剤耐性の問題は出ていない。だがCDCによれば、カンジダ・アウリスの感染症のうち90%以上で少なくとも1つの薬剤への耐性がみられ、2つ以上の薬剤への耐性がみられるものも30%に達しているという。
CDCによれば、カンジダ・アウリスに感染した患者の半数近くが90日以内に死亡する。だが薬剤耐性を持つカンジダ・アウリスがいったいどこから来たのかについては、まだ明らかになっていない。「黒い湖から出てきた化け物だ」とCDCの真菌部門の責任者であるトム・チラーは言う。「底から上がってきて、今やどこにでもいる」
2015年の後半、ロンドン大学インペリアル・カレッジの感染症の専門家であるジョハンナ・ローズのところに、切羽詰まった様子の電話がかかってきた。相手はロンドン郊外にあるロイヤル・ブロンプトン病院で、何カ月も前からカンジダ・アウリスが住み着いており、根絶できずにいるという。同病院は肺と心臓を専門としており、ヨーロッパ全域そして中東から富裕な患者が集まっている。
「どこから来たのかまったく見当がつかない。これまで聞いたこともない菌だ。とにかく野火のように広がった」と、病院側は語ったとローズは言う。ローズは菌の遺伝子プロファイルを調べて病室から根絶するのに手を貸すと約束した。
さてカンジダ・アウリスは広がっていたが、それについての情報は広がっていなかった。病院は政府には問題を知らせたものの、一般への公表は行っていなかった。
こうした耐性菌パニックは世界各地の病院で人知れず起きている。医療機関も行政も、耐性菌の発生の公表には二の足を踏む。患者(もしくは今後、医療機関を利用するかも知れない一般の人々)を怖がらせても意味はないというのがその言い分だ。

ICUを11日間にわたって閉鎖

ロイヤル・ブロンプトン病院の感染症の専門医シルク・シェレンズは、問題が発生した当初、行政にも病院にも切迫感がないことに「非常にいら立った」と言う。
「(病院の)評判を落としたくなかったのは明らかだった」とシェレンズは言う。「手術結果には関係がないことだったから」
2016年6月末には、ロイヤル・ブロンプトン病院における「進行中の50のカンジダ・アウリス感染例」についての研究がまとめられた。そして病院は驚くような手段に出た。集中治療室(ICU)を11日間にわたって閉鎖したのだ。この時も発表はなかった。
だが数日後、病院はついに新聞に対し、問題の発生を認めた。イギリスのデイリー・テレグラフ紙にはこんな見出しが躍った。「死を招く新たな耐性菌がイギリスで発生、ICUが閉鎖に」
だがこの問題は国際的にはあまり知られていないままだったが、スペインのバレンシアにある大学病院ではさらに規模の大きな集団発生が起きていた。だがロイヤル・ブロンプトン病院の時と同じく、病院側は何の発表も行わず、今に至るまで口をつぐんだままだ。
こうした対応には患者の知る権利を重視する人々から怒りの声が上がっている。「いったいなぜ、1年半も経ってから(報道で)大発生のことを知ることになるのだろう。翌日には1面トップになっていてもおかしくないのに」と、患者の権利を訴える団体ヘルス・ウォッチUSAのケビン・カバナー会長は言う。
リスクがはっきりしない中で発生を公表すれば、個人では対応のしようがないこともあり、いたずらに患者を怖がらせるだけだというのが当局者の言い分だ。「医療の側にしてみれば、こうした病原体の問題が出て、それを理解するのだって大変なのに」と、CDCの感染症調査官を務めたことのあるアンナ・ヤフィーは言う。「一般の人々にメッセージを送るなど絶対に無理だ」

アメリカでは587件の感染例

イギリスの当局者はCDCに対し、ロイヤル・ブロンプトン病院でのカンジダ・アウリスの発生について問題が収束する前に連絡した。そしてCDCは、アメリカ内の医療機関に注意喚起する必要性を理解した。2016年6月24日、CDCは全米に向けて警告を発するとともに、メールによる問い合わせ窓口を開設した。真菌対策チームの主要メンバーであるスニグダ・バラバネニは、問い合わせはポツポツと来る程度だろうと思っていた。「たぶん月に1通くらいのペースだろう」と。
ところが数週間のうちに、メールボックスはあふれんばかりになった。CDCによれば、アメリカにおけるカンジダ・アウリスの感染例はこれまでに587件が報告されている。症状は発熱や痛み、だるさといったもので、一見ありふれている。だが人が感染すると(特にすでに病気を抱えている場合は)そうしたありふれた症状が命取りになることもある。
薬剤耐性のあるカンジダ・アウリスの拡大を防ぐ対策を取る一方で、CDCはカンジダ・アウリスがどこから来たかを突き止めようとしていた。
初めてカンジダ・アウリスの感染が確認されたのは日本だ。2009年にある女性患者の耳から発見された(アウリスはラテン語で耳を意味する)。当時は大した害はないと考えられていた。感染症の原因となるが容易に治療できる、ありふれた真菌の親戚だと考えられていたからだ。
3年後、オランダのナイメーヘンの感染症の専門家ジャック・メイスらがインドの4つの病院で血流感染症になった18人の患者の分析を行ったところ、カンジダ・アウリスに感染した例が確認された。それからというもの月を追うごとに、世界の異なる場所でカンジダ・アウリスの新たな感染例が出てくるように思われた。
CDCがインドとパキスタン、ベネズエラ、南アフリカ、そして日本からのカンジダ・アウリスのサンプルの全ゲノムを比較したところ、もともとの発生源は1カ所だけではないことと、菌株も1つではないことが確認された。
ゲノムシーケンスではカンジダ・アウリスには4つの菌株があることが確認された。その違いは大きく、数千年前に枝分かれしたことがうかがえる。害のないそこらにいる菌株だったのが、なぜか同時期に世界の4カ所で薬剤耐性菌となって改めて姿を現したわけだ。

農作物への殺かび剤使いすぎが原因か

「どういう風にか、(4つの菌株は)ほぼ同時期に大きな進化を遂げたようだ。そして各地に広がり、耐性を獲得している。本当に驚くべきことだ」とバラバネニは言う。
カンジダ・アウリスに何が起きたのかについては複数の仮説がある。オランダの研究者のメイスは、農作物への殺かび剤の使いすぎが薬剤耐性真菌を生んだと考えているという。
メイスが耐性真菌に関心を持ったのは、2005年にアスペルギルスという菌に感染して死亡したオランダの63歳の患者の症例を聞いたのがきっかけだ。この菌はイトラコナゾールという代表的な抗真菌薬に耐性を持っていたが、イトラコナゾールは世界中で農作物に使われているアゾール系農薬とほぼ同じものと言っていい。
CDCのチラーは、防かび剤の乱用がカンジダ・アウリスを利したと考えている。カンジダ・アウリス自体は数千年前から存在していたが、特に攻撃的な菌ではなかった。だが防かび剤のせいでもっとありふれた種類の真菌が減り、カンジダ・アウリスが取って代わるチャンスを手にしたわけだ。
カンジダ・アウリスの出現の謎はまだ解けていない。だが当面は、それよりも重要なのは感染拡大を食い止めることだ。
(執筆:Matt Richtel記者、Andrew Jacobs記者、翻訳:村井裕美)
(c) 2018 New York Times News Service

開くトラックバック(0)

(* ̄- ̄)ふ〜ん

ファーウェイの「中の人」情報窃取疑念への回答

機器経由での盗み出しは技術的に可能なのか

世間が抱いている疑念について「中の人」へ率直に聞いてみました(撮影:印南 志帆)
通信設備の世界大手、中国のファーウェイ(華為技術)が、メディアをにぎわせている。ファーウェイの機器類から情報が窃取されているのではないか、という、いわゆるスパイウェア、バックドア疑念だ。アメリカや日本ではファーウェイ外しが進む一方、EUでは排除しないという動きになってきており、外からは何が起きているのかわかりにくい。そこで、今回、ファーウェイの中の人である、ファーウェイ・ジャパンの赤田正雄キャリアネットワークビジネス事業本部CTOをはじめとする関係者に「本当のところ」を聞いてみた。

EUで進む技術実証

坂口孝則(以下「坂口」):ファーウェイの報道が、よくも悪くも目につきます。よく、とは成長率が高く、研究開発費も多額である点。そして、悪く、とは製品に情報窃取機能があるのではないかという点。私が知りたいのは後者です。もちろん技術的に難しい話にもなるのでしょうが、わかりやすくかみ砕いて教えてください。
赤田正雄(ファーウェイ キャリアネットワークビジネスCTO、以下「赤田」):まずEUの状況をお話しします。イギリス政府はセキュリティに懸念を抱いてきました。これは今に始まったことではなく、2000年ごろからインターネットが伸びていく中で、悪意のあるなしにかかわらず「中国製品で大丈夫か」「重要インフラに使えるのか」とイギリス政府は思っていました。そこでイギリス政府と共同で2010年に設立したのが、Huawei Cyber Security Evaluation Centre(HCSEC)です。そこでソースコードをすべて公開しています。
坂口:その検証を実施するのは?
赤田:ファーウェイがやったら意味がないので、イギリス政府通信本部(GCHQ)の管理下でDV(Developed Vetting)認証、つまりイギリス政府の機密情報を扱う最高レベルの資格を持つイギリス人がやっています。すべて公開しているので、もはやイギリスでは、情報窃取機能のバックドアなんていう話は出ていません。「ソースが古いぞ」とか「冗長だぞ」といった指摘が大半です。
坂口:ソースコードの検証については一部のメディアが報じていました。ソースコードって、どこまでを指しますか? それと、イギリス政府通信本部がファームウェアまでを含めて検証できるんでしょうか。
赤田:まず対象は、イギリスの通信インフラで使用されているファーウェイ機器すべてです。ソースコードの検証はHCSEC自身と、アメリカ企業のCigitalに委託して検証をしています。サイバーセキュリティとソフトウェアエンジニアリングは違うものですから。
坂口:念のために確認しますが、イギリス政府に差し出したのは、ファームウェアを含めたすべてですか。それとも、一部は例外ですか。
赤田:イギリスに関わる機器はすべてです。さらに、これも珍しい取り組みではなく、例えばドイツでも韓国でも似たような検証、監督の仕組みがあります。さらにいくつかの国でも、実際にソースコードを全公開して検証しています。

オンタイムで検証するのが課題

坂口:疑うわけではないんですが。ファーウェイが差し出すソースコードって、どれくらいの頻度で提出するのでしょうか。例えば、当初は存在しなかった機能をアップデートで付け加えることなどができるのか、という質問です。
取材に応えた赤田氏(写真:ファーウェイ提供)
赤田:すべて渡しています。ただ、さきのイギリスでの報告書にもあったように、オンタイムで検証するのが課題にはなっています。だから優先順位を決めて、どの機器をいつ検証するのかをイギリス政府側と協議して決定しています。
坂口:ファーウェイから提示されるソースコードが、市販品に組み込まれているものと同等というのは、どうやって証明しているんですか。
赤田:バイナリイクイバレンスというんですが、試験のそれと実機のそれが一致しているかを確認します。ただご指摘のとおりで、時間がかかってしまっています。それが課題ではあります。
坂口:日本ではそれでもファーウェイが情報窃取しているんじゃないか、と懸念している人がいると思うんですよ。外国の例はわかりましたが、それでも疑念をもっているひとにたいして、どう説得なさろうとしているんですか。
赤田:多くの人は、スマートフォンなどの端末が、直接インターネットにつながった基地局を経てデータを渡しているとイメージしています。実際は、端末から基地局を通り、交換機を通り、そしてインターネットにつながります。ファーウェイが担当する基地局は、暗号化されたデータを渡す土管の役割です。そこでわれわれが、情報を盗み出すことは技術的にできません。
坂口:絶対にですか。
赤田:不可能です。技術的にできるという人はいません。通信事業者の方は理解しています。
坂口:ならば、交換機はどうでしょうか。
赤田:私たちがそこを運用・管理しているなら疑念もわかります。しかし、そこは通信事業者が運用・管理しています。私たちが入ることもできません。

インターネットの情報傍受と、基地局の話はまったく別

坂口:しかしあえていうと、ここから情報が外部に漏れていると考える人もいます。
赤田:交換機は、まだインターネットにつながる前です。バックドアといってもそもそも外部に直接つながっていない段階ですから、情報を抜くにも抜きようがありません。
坂口:わからないですけれども、スノーデン事件などの影響はあるんでしょうか。つまり、通信はいつでも傍受されているし、さらに情報は盗み見られている、という恐怖が広がっている状況です。
赤田:その影響についてはわかりません。インターネットで情報が傍受されているのと、基地局の話とは、そもそもまったく違う話です。しかし、さきほど言われたように、通常はそもそもスマホがどうやってつながっているのかも知らない人が多いし、知る必要もありません。だから誤解が広がったのかもしれません。
坂口:アメリカでは、スパイウェアやバックドアの証拠は出していません。ただ、ファーウェイからすると、ないものはないとしかいいようがない。ということは騒ぎが収まるまで待つという戦略ですか。
赤田:正確にいえば基地局に関しては証明する必要もない、ということでしょう。基地局から情報を盗むのは技術的に無理なんですから。まあ報道のトーンが変わっていくと、徐々に理解いただけると思いますよ。
なお、このインタビューのあとも、関係者が私のいろいろな疑問に答えてくれた。
曰(いわ)く、同社はこれまではビジネスだけにフォーカスし、外部とのコミュニケーションが不十分だったこと、それによって「ベールに包まれている」という印象を少なからず与えていたことで、昨年の12月からさまざまな疑念が持たれ、意図しない風評が広まったという見解だった。その経験からファーウェイは、今、積極的なコミュニケーションを心がけているという。
私の知る限りでは、ファーウェイのビジネスプロセスなどは、ボストン コンサルティング グループ、マッキンゼーなどのアメリカのコンサルティング会社に学んで構築したものである。しかし、アメリカ企業を手本にして、早い段階からグローバル基準に合わせて企業作りに取り組んできたファーウェイが、今アメリカと喧嘩しているのは皮肉だ。

中国の『国家情報法』の影響について

また、注目されている中国の『国家情報法』の影響についても、ファーウェイに単刀直入に聞いてみた。
同社の説明によると、同社が中国と日本の法律事務所にそれぞれ『国家情報法』について解析してもらったところ、中国の組織や個人が中国の情報機関に協力しなければならないという条項は海外に適用されないという結論に至ったとのことである。しかし、それは私からすれば当たり前の解釈にすぎず、このような解釈によって、ステークホルダーの懸念を完全に払拭することができるかどうかはわからない。
ただ、『国家情報法』の第8条は「国の情報活動は、法に基づいて行い、人権を尊重及び保障し、個人及び組織の合法的権利利益を守らなければならない」と定めている。これはすなわち、個人や組織に対してその合法的権益に反するような行為を強要することはしないと解釈できる。そのうえで、中国という国でどう運用されるか。ここは私見を挟まないでおこう。
しかし、改めて思ったのは、予想や伝聞ではなく、技術的な観点や事実から同社を評価していくことだろう。今回の対談の掲載によって、読者の皆様が客観的な視点で判断できるよう少しでも手助けできればと思っている。
アメリカはまだスパイウェア、バックドア等の具体的な証拠は出してきていない。同時にEUなどの各国では潮目が変わり、イギリスやドイツなどの国はファーウェイ排除を撤回し、技術的手段によりサイバーセキュリティを確保したいと公式的に発表している。今後、世界はどう動くのか。技術的な観点や事実ベースで眺めていきたい。

開くトラックバック(0)

ふんふん。

ダライ・ラマの「輪廻転生」、中国の法律順守を 中国外務省

  •  
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継を選ぶ制度について中国政府がコメント/MARIJAN MURAT/DPA/AFP/Getty Images
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継を選ぶ制度について中国政府がコメント/MARIJAN MURAT/DPA/AFP/Getty Images
(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継者を選ぶ「輪廻(りんね)転生」について、中国政府がこのほど「中国の法律に従う必要がある」との認識を示した。
中国外務省の報道官は10日、肺の感染症のため入院したダライ・ラマ14世(83)について質問され、容体については認識していないとした上で、輪廻転生には「明白なルール」があると強調した。
報道官は、「ダライ・ラマを含めて生けるブッダの輪廻転生は、中国の法規制に準拠し、宗教儀式と歴史的慣例に従わなければならない」と述べ、中国政府は国民全ての宗教の自由を尊重すると言い添えた。
ダライ・ラマは9日から入院しているが、側近は11日、ダライ・ラマが間もなく退院できる見通しだと語り、「医師に言われた通り胸の感染症があったが、抗生剤を投与され、かなり回復した」と説明した。
それでも今回の入院で、ダライ・ラマの死後、チベット仏教がどうなるのかという疑問が改めて浮上している。
ダライ・ラマ本人が自身の死後の輪廻転生を認める意向なのかどうかもはっきりせず、ここ数年は、自身が最後のダライ・ラマになる可能性をうかがわせる発言をしていた。

開くトラックバック(0)

へぇー。

往年の人気映画「グリース」、「前編」の企画が進行中

  •  
1978年の大ヒット映画「グリース」の新作企画が持ち上がっているという/Paramount
1978年の大ヒット映画「グリース」の新作企画が持ち上がっているという/Paramount
(CNN) 1978年の大ヒット映画「グリース」の前日譚を描く新作映画の企画が進んでいることが分かった。
米芸能誌ハリウッドリポーターによると、新作のタイトルは本編の挿入歌「思い出のサマー・ナイツ」の冒頭と同じ「Summer Loving」。曲の中で歌われた、主人公ダニーとサンディの出会いを描くという。
同誌によれば、本編の配給元だったパラマウント映画が、2003年のファンタジー映画「ビッグ・フィッシュ」や今年公開される実写版「アラジン」で知られるジョン・オーガスト氏に脚本を依頼した。オーガスト氏の報道担当者も、同氏が製作にかかわっていることを確認した。
新作はまだ企画段階で実現しない可能性もあるが、本編「グリース」は長年にわたって人気を維持し、82年に続編の「グリース2」が公開された。16年には米FOXがミュージカル「グリース・ライブ!」を生放送している。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事