ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

(* ̄- ̄)ふ〜ん

独占!リクシル潮田、「瀬戸辞任」の裏側を語る

「瀬戸氏は3年間、経営をしていなかった」

「社長と会長が話しているときに、(辞めると話したことは)冗談です、はありえない」と話すリクシルの潮田洋一郎会長兼CEO(撮影:梅谷秀司)
インタビューに応じた潮田洋一郎会長兼CEO(最高経営責任者)に追い詰められた様子は微塵もなかった。
機関投資家らによるCEOとCOO(最高執行責任者)の解任要求、前社長兼CEOの瀬戸欣哉氏からは株主提案――。ガバナンス問題をめぐってLIXILグループ(以下リクシル)が揺れている。
リクシルは4月9日、昨年10月に起きた瀬戸氏のCEO辞任の経緯に関する弁護士の調査報告書の全文(17ページ、一部は機密事項として省略)を公表した。2月に発表された要旨(8ページ)からは、指名委員会のメンバーでもあった潮田氏の誤解を招く言動から瀬戸氏の辞任に至ったと読めるが、全文の内容はそれとは少し違うニュアンスだった。
要旨によると、以前から潮田氏と瀬戸氏の間に経営をめぐる深刻な意見対立があった。そして、瀬戸氏が地位に執着するつもりはない趣旨で辞意を口にしたことがあったが、潮田氏が指名委員会に対して瀬戸氏が辞任する意思があるように説明し、瀬戸氏に対しては指名委員会の総意なので辞任するように促したことなどを事実認定した。
一方、調査報告書の全文では、業績不振なのに瀬戸氏が十分な施策を講じていないと危機感を持った潮田氏が交代に踏み切ったことや、人事案の決議に瀬戸氏は反対したが、決議を取る前に「潮田さんがやられるのであれば、引き継ぎできるようにベストなトライをします」という趣旨の発言があったことなど明らかになった。また、今回の人事でガバナンスを利かせた議論ができていなかった原因の一つとして、社外取締役を含めた多くの取締役に「潮田氏に対するある種の遠慮があった」と指摘している。
昨年のトップ交代から現在に至るまで、潮田氏はどのように考えているのか。以下は潮田氏への独占インタビューだ。(「週刊東洋経済プラス」では有料会員向けに1万字全文インタビューを掲載しています

瀬戸氏の解任決議は有効だ

――このタイミングで報告書の全文開示に踏み切った理由は何か?
(機関投資家など)大株主から詳しい説明を聞きたいと言われており、4月9日に臨時取締役を開いて全会一致で公表を決めた。
この全文にもあるように結論は明確で、「決議の有効性に疑義を差し挟むべき瑕疵が存在したとは認められない」とある。CEO及び代表執行役の選任、解任はあくまで取締役会の権限と責任において行われるもので、(人事の決議は)有効だということ。
――報告書には、潮田さんが指名委員に対し、瀬戸氏が辞任する意思があるような誤解を与える言動をした旨が書かれている。
社長と会長が話しているときに、あれ(辞めると話したこと)は冗談ですっていうのは、ありえないですよね? 私は本当だと思った。
また、全文で「10月26日の指名委員会の終盤において、瀬戸氏の辞任の意思の有無を改めて確認する必要があると考え、その結果、潮田氏が早急に瀬戸氏の意思確認を行うこととなった」とある。
つまりリコンファーム(再確認)しなさいとなっている。瀬戸さんが(辞めると)言っちゃったから、(私が)言質をとって、「もう決まり」と言ったわけではない。その意味においてミスリードしたわけではない。また、取締役会の前の段階で瀬戸氏が「きれいに辞める方法」(2019年3月末までリクシル社長に留任し、同年6月の提示株主総会まで取締役に留任すること)まで合意されている。
潮田洋一郎(うしおだ・よういちろう)/1953年、トーヨーサッシ創業者である潮田健次郎氏の長男として生まれる。1977年にトーヨーサッシ入社、1980年同社取締役就任。2001年、INAXトステム・ホールディングス(現・LIXILグループ)発足に伴い、同社副社長に就任。2006年〜2011年、代表取締役会長兼CEO。特命執行役を経て、2018年11月に代表執行役。(撮影:梅谷秀司)
――全文には、旧トステム創業家である潮田氏に対する遠慮があったと書かれている。
リクシルは(指名委員会等設置会社として)日本でもっとも先端的なコーポレートガバナンスになっている。実は、私の親父(旧トステム創業者の故・潮田健次郎氏。トステムを業界最大手に育て上げた)の時代はそうじゃなかった。取締役会で反対を言える人がいなかった。
ガバナンスというのは経営者を辞めさせること。「辞めたら」という人がいるから、トップはアクセルを踏める。自分に対して反論を言う人がいないと、怖くてアクセルが踏めなくなる。現に、(前々社長の)藤森氏、瀬戸氏を交代させている。(ガバナンスの)設計としては、おおむね意図通りに進んできた。
――しかし、機関投資家はガバナンスの観点から、瀬戸氏を辞任させた手続きがよくないとして、潮田氏と現社長兼COOの山梨広一氏の解任を求めて臨時総会の開催を要求している。
あの(2月25日に開示した要旨の)報告書をみると、そう見えるのは大変申し訳ない。(臨時総会を請求した機関投資家が)言っているのは、意思決定のプロセスが強引で、ウソに基づいて行われて、ミスリードされたという話。だが、全文の報告書を読めば、一方的にミスリードされていないことがわかる。投資家の見方も変わってくるのではないか。

瀬戸氏は「良い経営者」だったのか

――6月の定時株主総会に向け、瀬戸氏が自分自身を含む8人を取締役に選任する人事案を示した。
それはこれから取締役会か指名委員会が論議する内容なので、よくわからない。1つだけ言えるとすれば、この(瀬戸氏が社長在任中の)株価を見れば、瀬戸氏が含まれるのは、どういうことなのかなと思う。
潮田氏は、事前に用意していた株価チャートを持ち出し、瀬戸社長時代の株価が日経平均株価を下回ることを強調した(記者撮影)
結局、問題が多かったと思っている人が多いから、今回の結論に至った。もし、まったく問題がなくて、良い経営者だと思っているのであれば、誰も(瀬戸氏辞任の人事案に)賛成しない。
――瀬戸氏の経営の何がまずかったのか。
彼の話はいつも同じ。品種を減らして、工場の生産性をあげれば、3〜5年後に20億円の効果が出ますという。でも、論議している規模は何百億円の話だ。
イタリアの建材子会社の売却についても、アメリカの国防上の懸念があってダメかもしれないという話は、1年も前からあった。子会社の社長に話を聞くと、本当は(赤字の要因となった)アメリカの工事現場の改善をやるべきだったのに、(瀬戸氏は)売却の資料づくりばかりやらせていたという。結局、瀬戸氏は(社長就任から)3年間なんら経営していなかったということだ。
――潮田氏と瀬戸氏の間の意見対立とは、リクシルをMBO(経営陣による買収)して上場廃止し、シンガポールへ本社を移転することだったという報道がある。
企業価値を上げるのは、持ち株会社の取締役の責務。この(株価の)状況だから、私が1年間、特命執行役に戻って、何ができるかをすべて列挙した。(旧トステム系のホームセンターで2017年に上場した)LIXILビバのような子会社上場、MBOもそうだ。その中でどれが一番、株主に対して評価を得られるか、徹底的に議論した。
瀬戸氏との間で、見解の相違はあったと語る(撮影:梅谷秀司)
議論は(特命担当である)私のプロジェクトでやっただけで、取締役会ではやっていない。(本社を)シンガポール、香港(に移転する)とか、MBOとかは数ある中のひとつだ。議論した内容について、2〜3カ月に1回、瀬戸氏を交えて話をしてきた。だが、彼はその話に全然乗ってくれない。こういう状況(株価)だよと言っても、「法的にどうだ」とか「税金がかかる」とか枝葉末節な話をする。税金を払ってもいいから10年先、20年先のことを考えなければいけないのではないか。そういった意味での見解の相違はあった。

株主に新しい中期計画を判断してもらう

――従来は瀬戸氏が持ち株会社と事業会社リクシルのCEOを兼務していた。辞任後、社外取締役である山梨氏が事業会社のCEOに就いた理由は。
昨年10月の交代会見でも言ったが、私は持ち株会社と事業会社の経営者を分けるべきだという立場だ。だから、事業会社を統括する人がいる。その適任が山梨氏。彼は頭のいい人で、マッキンゼーやイオンでの経験がある。
藤森氏や瀬戸氏のように1人が全部の事業の意思決定するような、すべてを賭けてイチかバチかというのはやめて、従来のように、持ち株会社は事業会社やブランドごとに権限を与え、責任取るやり方に戻そうという議論が指名委員会であった。
昨年9月から次の経営者のアセスメントとして、指名委員会の5人が主要子会社や事業の統括者を7〜8人インタビューしている。今の人材ならここまでできるなという認識が指名委員の間で共有されており、その状況に山梨氏が(事業会社のトップとして)乗るなら、今より良くなるだろうという確信がある。
――例年だと、3月下旬に指名委員会が定時株主総会の人事案を公表するが、今年はまだ出ていない。
5月の連休明けの決算あたりに発表するらしいが、私は指名委員会の委員じゃないからわからない。
――今後の経営計画はどうなるのか?
連休明けの5月13日に決算発表を予定している。その時に2020年3月期の見通しと、(今後)3〜5年(間)の新しい計画を発表する。その内容によって(瀬戸氏の経営案と比較して、どちらを選任するか)株主に判断してもらう。

開くトラックバック(0)

やっぱりねー

PSGのオーナー会社が英2部クラブを買収? アストン・ヴィラらが標的か

4/12(金) 13:12配信  

SOCCER KING


PSGのオーナー会社が英2部クラブを買収? アストン・ヴィラらが標的か
PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏 [写真]=Getty Images
 パリ・サンジェルマンのオーナーを務めるカタール・スポーツ・インベストメント(以下QSI)がイングランド2部チャンピオンシップのクラブの買収を試みている模様だ。11日にイギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 2011年よりパリ・サンジェルマンを保有しているQSIは、その圧倒的な財力で、瞬く間にクラブを欧州屈指の強豪へと成長させた。

 QSIは同社の資産の拡大と新たなビッグリーグへの挑戦にとって、イングランドのクラブが最適かどうかを検討しているようだ。同社にとって理想的なのは、潜在的かつ確固たるファン層を持つクラブであり、アストン・ヴィラ、ノッティンガム・フォレスト、クイーンズ・パーク・レンジャーズを買収のターゲットとして調査しているようだ。

 中国企業『福星国際』に買収され、昨シーズンのチャンピオンシップを圧倒的な強さで優勝、昇格1年目の今シーズンのプレミアリーグでも台風の目となっているウルヴァーハンプトン・ワンダラーズという前例があるだけに、この野心的な試みは大きな可能性を秘めていると言える。

 なおUEFA(欧州サッカー連盟)は同一オーナーによるUEFA主催の大会参加を禁じており、仮に買収されたクラブが成功しそれらの大会に出場する場合、今シーズンのヨーロッパリーグ・グループステージで同一グループ内で対戦した『レッドブル』グループのライプツィヒとザルツブルクのように、異なる経営母体による運営をすることになる。






相手見てやろうな。

バルサFWメッシ、流血騒動の波紋拡大 「血まみれの鼻」の“元凶”を英紙が連続写真検証

4/12(金) 12:20配信  

Football ZONE web


CLユナイテッド戦で相手DFスモーリングの右腕が顔面を直撃し、目上と鼻を負傷

バルサFWメッシ、流血騒動の波紋拡大 「血まみれの鼻」の“元凶”を英紙が連続写真検証
バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】
 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間10日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの第1戦(1-0)で相手選手に顔面を叩かれて流血するアクシデントに見舞われた。治療後にピッチへ戻り、フル出場を果たしたが、その波紋は広がり、英メディアも「血まみれの鼻」と報じている。

【写真】「血まみれにされた」と英紙着目 バルセロナFWメッシ、ユナイテッドDFスモーリングの“野蛮なチャージ”で顔面から流血

 敵地オールド・トラッフォードに乗り込んだバルセロナは、守備に重きを置く3バックシステムを導入してきたユナイテッドに対し、早々に先手を奪う。前半12分、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの浮き球のスルーパスに抜け出したメッシがペナルティーエリア左でボールをキープすると、左足でファーサイドにクロスを供給。スペースに走り込んだウルグアイ代表FWルイス・スアレスが頭で合わせたシュートが相手DFルーク・ショーに当たり、そのままゴール左隅へと流れ込んだ。

 オウンゴールで貴重なアウェーゴールを手にしたが、前半29分にメッシをアクシデントが襲った。自陣に下がってきたメッシがハイボールを処理しようとしたところ、背後から相手DFクリス・スモーリングに猛烈なチャージを見舞われる。接触した際に相手の右手が顔面を直撃。その後プレーは切られたが、顔を抑えながら倒れ込んでいたメッシは出血が止まらず、切れた左目上や鼻に応急処置を施すことになった。

 英紙「デイリー・メール」は、メッシとスモーリングの接触シーンを連続写真で検証。スモーリングが競り合いで飛んだ際、右腕を“誤って”動かしたことでメッシの顔面を直撃したとして、「血まみれの鼻が残された」と記している。脳震とうの症状もなく、プレーに復帰を果せたが、メッシ離脱となればバルセロナにとっては死活問題だけに、しばらく流血騒動の論争は続くかもしれない。

Football ZONE web編集部






Football ZONE web編集部

油断は禁物です!

EL準々決勝で先勝もアーセナル指揮官は余裕見せず「まだ五分五分。彼らはホームで強い」

4/12(金) 12:20配信  

フットボールチャンネル

EL準々決勝で先勝もアーセナル指揮官は余裕見せず「まだ五分五分。彼らはホームで強い」
ウナイ・エメリ監督【写真:Getty Images】
【アーセナル 2-0 ナポリ EL準々決勝1stレグ】
 
 現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグの試合が行われ、アーセナルはナポリと対戦し2-0の勝利をおさめた。しかし、アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督にうかれた様子はないと、11日に英メディア『BBC』が報じている。

【写真】アーセナルからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 試合開始して15分、ゴール前のパス回しからアーロン・ラムジーが先制点を決めた。続く25分には、前線でボールを奪ったルーカス・トレイラがシュートを放つと、ナポリのカリドゥ・クリバリに当たってボールの軌道が変わり、そのままゴールに吸い込まれて追加点。リードを守り切ったアーセナルが2-0の勝利をおさめている。

 エメリ監督は試合後「1stレグで良い結果を残すことは非常に重要だった。我々は勝利に値した。しかし、2ndレグは非常に厳しい戦いになると思っている。彼らはホームで非常に強い。勝利を目指すが、彼らをリスペクトする部分も多くある。まだ五分五分だ。我々の挑戦はアウェイでも闘争心を維持すること。ホームを離れると、精神を失うこともあるからね」と語り、次戦に向けて気を引き締めている。2ndレグは現地時間18日にナポリのホームで行われる予定だ。

フットボールチャンネル編集部







フットボールチャンネル編集部

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事