ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

2019.0412 好きな言葉

私の好きな言葉
「世の中で最も危険な思想は、悪じゃなく、正義だ。悪には罪悪感という歯止めがあるが、正義には歯止めなんかない。だからいくらでも暴走する。過去に起きた戦争や大量虐殺も、たいていの場合、それが正義だと信じた連中の暴走が起こしたものだ」

裁判で学んだ言葉でもある。
正義とは、一体何なのか?といつもいつも自問自答していた。

ほう?

トランプ氏 韓米同盟を誇示=亀裂の懸念払拭

政治 2019.04.12 06:01
【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領は11日(米東部時間)、ホワイトハウスで開かれた韓米首脳会談で、「われわれの関係が(今より)よかった時期はない」と親密な同盟関係を誇示した。
会談する韓米首脳=11日、ワシントン(聯合ニュース)
会談する韓米首脳=11日、ワシントン(聯合ニュース)
 トランプ氏は「われわれ2人は個人的に非常に親しい」とし、「今後も両国関係は長く持続する」と述べた。
 北朝鮮の非核化方式を巡る韓米間の隔たりで、一部から提起されている韓米同盟の亀裂への懸念を払拭したことになる。
会談する韓米首脳=(聯合ニュース)
csi@yna.co.kr

開くトラックバック(0)

(* ̄- ̄)ふ〜ん

福島など8県産水産物禁輸 WTO上訴審が韓国勝訴の判断

韓日関係 2019.04.12 00:27
【ジュネーブ聯合ニュース】東京電力福島第1原発事故を受け韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止しているのは不当だとして、日本政府が世界貿易機関(WTO)に提訴した問題で、紛争処理手続きの「最終審」に当たる上級委員会は11日、事実上韓国勝訴の判断を示した。
WTOの上級委員会は韓国勝訴の判断を示した(コラージュ)=(聯合ニュース)
WTOの上級委員会は韓国勝訴の判断を示した(コラージュ)=(聯合ニュース)
 一審に当たるWTOの紛争処理小委員会(パネル)は昨年2月、韓国の禁輸措置が協定違反に当たると判断し、是正を勧告した。これを受け、韓国政府は同4月に上級委員会に上訴していた。
 上級委は紛争処理小委の判断を廃棄し、韓国側の措置は不当な差別ではなく、不当な貿易制限でもないとした。
 上級委の判断を受け、2013年9月に取った福島など8県産の水産物輸入禁止措置は維持される見通しだ。
kimchiboxs@yna.co.kr

開くトラックバック(0)

(* ̄- ̄)ふ〜ん

金正恩氏 国務委員長に再推戴=最高人民会議で

社会・文化 2019.04.12 06:40
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央放送は12日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が11日の最高人民会議で国務委員長に再び推戴(当選)されたと報じた。
金正恩氏=(聯合ニュース)
金正恩氏=(聯合ニュース)
 また、慈江道当委員会の金在龍(キム・ジェリョン)委員長が、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相の後任に任命された。朴氏は10日の党中央委員会総会で、党副委員長に選出されている。首相と党副委員長を兼任した例がないため、首相交代の可能性が取りざたされていた。 
 最高人民会議は憲法改正などの立法権を持ち、国家予算や決算報告の承認、内閣の活動報告のほか、人事や組織改編も発表される。
csi@yna.co.kr

開くトラックバック(0)

ほうほう。

女子サッカーの東京五輪2次予選、ベトナムが3戦全勝で最終予選進出

2019/04/11 12:08 JST配信
(C) VFF
(C) VFF 写真の拡大
Slide Show Image
 女子サッカーの東京オリンピック2次予選グループBは4月9日に最終節が行われ、マイ・ドゥック・チュン監督率いるベトナム女子代表(通称ゴールデンガールズ)がヨルダン女子代表に2-0で快勝した。ベトナムはこれで3戦全勝での最終予選進出が決まった。

 ここまで2連勝のベトナムは、引き分け以上で最終予選進出が決まる試合。ベトナムのマイ・ドゥック・チュン監督は、格下ヨルダン相手でもメンバーを落とすことなく、ほぼベストメンバーをスタメンに送り込んだ。一方のヨルダンも有終の美を飾るべく、積極的に攻め込んできたため、ベトナムは前半守りの時間が長くなり、スコアレスで折り返した。

 後半に入ると、ベトナムが主導権を握って反撃開始。65分に期待の若手MFグエン・ティ・バンのゴールで先制すると、67分には点取り屋のフイン・ニューが3試合連続のゴールを決めて追加点。その後もベトナムが攻め続けたが、更なるゴールを奪うことは出来ず、試合はこのまま2-0でホイッスル。世代交代の過渡期にあるベトナムだったが、見事に目標としていた3連勝での最終予選進出を果たした。

 続いて行われた同組の最終試合では、開催国ウズベキスタン女子代表が香港女子代表に5-1で大勝。予選突破の可能性が絶たれた中での試合だったが、双方持てる力を出し尽くした好ゲームだった。同日に2次予選の試合は全て終了。A組1位ミャンマー、B組1位ベトナム、C組1位台湾が最終予選行きを決めた。

 なお、東京オリンピック最終予選は2020年初めに行われる。オーストラリア、北朝鮮、韓国、中国、タイは、第1シードで最終予選からの出場となる。最終予選は2組に分かれて1回総当たり戦を実施し、各組上位2チームがプレーオフに進出。このプレーオフの勝者2チームが五輪行きのチケットを手にする。なお、なでしこジャパン(日本)は五輪開催国のため予選免除。

 2次予選のベトナム女子代表の成績は以下の通り。

初戦:ベトナム 2-1 ウズベキスタン
2戦目:ベトナム 2-1 香港
3戦目:ベトナム 2-0 ヨルダン

1位:ベトナム 3勝0敗0分 勝ち点9 得失点差+4
2位:ウズベキスタン 2勝1敗0分 勝ち点6 得失点差+5
3位:ヨルダン 0勝2敗1分 勝ち点1 得失点差-4
4位:ヨルダン 0勝2敗1分 勝ち点1 得失点差-5

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事