ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

へぇー。

福岡県新宮町で小学校校長が道路に勝手に引いた「停止線」のナゾ

2019年04月23日(火)15時00分
福岡県新宮町で小学校校長が道路に勝手に引いた「停止線」のナゾ
アメリカではスクールゾーンでの厳格な速度規制がある Sergi Nunez/iStock.
<校長が児童の安全を図ったのであれば、あらためて停止線の位置を検討することが必要なのでは>
舗装道路には色々なペイントが施されることがあります。例えば、アメリカでは学校のあるゾーンでは、25マイル(時速40キロ)の厳格な速度規制がされるだけでなく、ドライバーの注意を喚起するために、路上に色々なペイントをすることがあります。
例えば、この4月20日に一斉に報じられたところでは、フロリダ州のマイアミ都市圏にあるドーラル市で、学校の前の道路の停止線のところに「SCHOOL」という白いペイントでの表示をしようとしたところ、業者が間違って「SCOHOL」とペイントしてしまったというニュースがありました。
あきれた話ですが、真面目に怒った人は少ないようで、「ヒラリアス(抱腹絶倒)」なネタという扱いでした。地元のローカルテレビがアップした動画は多数の閲覧数を獲得しましたし、その結果として全国ニュースにもなったりしました。もっとも、地元では余りの反響に驚いてすぐに補修工事がされたようです。
一方で、舗装道路のペイント問題ということでは、福岡県で起きた「校長先生が勝手に停止線を引いた」というニュースには笑えないものがあります。
福岡県新宮町にある小学校前の県道に「停止線のような白線」を勝手に引いたとして、その校長先生を県警が昨年7月に書類送検していたというのです。校長先生は8月1日に簡裁で罰金4万円の略式命令を受けたそうです。
西日本新聞によれば、校長は「県道に出る(進入路は)下り坂で、学校関係者の車や子どもの飛び出しなども考えられ、安全を第一に考えた」ようです。
調べてみたのですが、現場は、小学校から坂を下ってきた道と県道の三叉路で、県道の交差点が赤信号の時、三叉路を越えたところまで信号待ちの車が列を作ることがあるようです。ということは、校長先生の主張はこの信号待ちの列に坂を降りてきた学校関係者の車が衝突することを恐れて、県道に勝手に停止線を引いたというストーリーのようです。
しかし、このニュースには3つ不自然なところがあります。
1つ目は、校長先生の動機です。いくら下り坂で、スリップする危険があるとしても、学校関係者の車が信号待ちの列に衝突するので危険、それだけの理由で勝手に停止線を引いたりするでしょうか? 子供達が県道に飛び出したり、信号待ちの車の行列を横切る危険を考えての行動、という説明の方に説得力があります。
2つ目は、当初の報道では「この問題で学校と公安委では意見の相違があった」という記述があったのが、ほとんどの電子版ニュースでは削除されているという問題です。つまり、学校は停止線を三叉路より手前に引く(つまり校長が勝手にペイントした地点)ことを主張したが公安委員会が拒否したという事情があるようです。
この点については、現場の写真を見れば理由が浮かび上がってきます。現場の県道には、最近流行の「ハードカラー」と呼ばれるカラー舗装用材で、学校側の、つまり信号待ち行列のできる側の車線が全部赤く塗られていました。
この舗装材は、注意喚起のためのカラーリングに使用されるもので、耐久性や速乾性に優れた素材です。ですから、ラインとか帯であればまだしも、このように車線全体を塗布しますと面積も大きくなってかなり高額になります。公安委(警察)としては、予算を使ってカラーリングしたのに、さらに停止線を下げよという学校の要求を呑めば、その予算がムダになってしまうことから、学校側の主張を拒否した可能性があります。
3番目は、どうして半年以上過ぎた今回、4月に入ってから明るみに出たのかという問題です。一つの可能性は、3月までに公表されると校長人事に影響したからという事情です。仮に、上記のようなストーリー(児童の安全のため主張したが、断られた)があるのなら、校長先生の人事に影響させるのはさすがに可哀相なので、4月になってから公表したという可能性です。ちなみに、学校と公安委の確執についての報道が「消された」のは、問題の幕引きをしたいからかもしれません。
もし児童の安全が関わっているとすれば、あらためて停止線の位置を検討することが必要と思われます。仮に児童の飛び出しや、信号待ち渋滞中の横断という危険があるのであれば、高額なカラー舗装はあまり意味がないように思うからです。

ふんふん。

ADHD?と思ったら試したい「9分だけ理論」

外科志望の医学生も10分で飽きていた

孫に「AD/HD」という診断が出た場合、祖父母の立場でできること、気をつけることは?(写真:不登校新聞)
【質問】先日、小学校2年生になる孫に「注意欠如・多動症(AD/HD)」という診断が出ました。たしかに、昔から落ち着きのない子でしたし、学校でも忘れ物が多いようです。最初はあまり気にしていなかったのですが、服薬や二次障害に関する話をネットで読むにつれ、だんだん不安になってきました。祖父母の立場でできること、またどんなことに気をつければいいのでしょうか?

「多動」の子どもは、けっこういたのでは

「AD/HD」という言葉は、おじいさん・おばあさんにとっては、耳慣れない言葉かもしれませんね。
しかし、「落ち着きのない」「忘れ物が多い」ことに加え、「おしゃべり」で、買い物などにつれていくと迷子の呼び出し放送が必要になるほどの「多動」の子どもは、あなたの周囲にも、けっこういたのではないでしょうか。
誰も統計調査はしていないと思いますが、昔から医学部の学生には「AD/HD」を持つ人が多いと言われていました。私も医学部の教員をしていた時期がありますから、それはよくわかります。
当記事は不登校新聞の提供記事です
たとえば、外科志望の学生だと、手術の見学は何時間でも熱心に行なうのですが、精神医学の講義だと10分くらいで飽きて、教室から出ていってしまいます。精神科志望の学生は、その逆の行動をとります。
あなたのお孫さんは、小学2年生なのですね。だったら、9分間くらい集中できれば、読み書き・計算の勉強は、十分にできます。
もし宿題がたくさん出されたとしても、9分間だけやってもらって、達成できると誉めるのがいいでしょう。それをずっと続け、だいぶ経ってから目標を11分に伸ばしてください。
学校でも同じで、最初は9分間を目標にして褒めるのです。その時間がすぎて立ち歩いてしまうときには、教室の外にクールダウンのできる場所を予め用意しておく工夫が役立ちます。
難しい工夫ではありません。空き教室などの隅に天井からカーテンを吊り下げ、半畳くらいの空間を設けておくだけです。
子どもは、いつでもそこへ行っていいし、そこから教室へ帰って来たときには、いつも歓迎されるのです。

服薬は必要?二次障害って?

上記のような工夫なしに、「服薬」をさせるべきではありません。それは、研修を受けた医師であれば、誰もが知っていることです。急いで服薬が必要になるのは、しょっちゅう道路にとびだして、交通事故にあうような場合だけです。
それから、「二次障害」というのは、他の子どもを殴ってしまうなどの行動を指しているのでしょうか。
だとすると、それは、悪い子だと叱られ続けた結果、自分で自分のことを大切に感じられなくなった場合に生じる行動です。自分を大切にできないと、他人も大切にできなくなるからです。
そうならないためにも、あなたは、お孫さんのよい点を、たちどころに10個以上言えるようにしておいてください。
そうすれば、自然にお孫さんを誉めることが増え、お孫さんは自分を大切にできるようになります。

(* ̄- ̄)ふ〜ん

30代妻が「もう花束には喜べない」と歎くワケ

「伴侶のニーズを満たす4カ条」とは?

一般論と過去の経験にはハマらない「パートナーのニーズを満たす4カ条」を解説します(写真:PeopleImages/iStock)
「男性は手料理をふるまってもらえると嬉しい、女性は花をもらうと嬉しい」。そんな“一般論”にハマらない人は意外といるかもしれない。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「パートナーのニーズを満たす4カ条」を解説する。
前回の記事(「妻の急病で新婚旅行をキャンセル、淡々と仕事する30代夫に感じる妻のみじめさとは?」)には、たくさんの反響をいただきました。パートナーのニーズがわからず、すれ違ってしまったケースを紹介したものですが、ではどうすれば、相手のニーズを満たすことができるのか。今回はもう一歩踏み込んで考えてみたいと思います。
前回登場した結婚3年目の秋帆さん(仮名、30代)は、当初「夫には感情がない」と訴えます。

花をもらったら嬉しいって感じるのが普通?

「この人には感情ってものがないんです。私が死んだって眉一つ動かさない人なんです」
すると夫の博隆さん(仮名、30代後半、営業職)は、冷静にこう言いました。
「そんなことありません。私だって、妻が亡くなれば悲しいですし」
当記事は、AERA dot.の提供記事です
そのあとに、こうも言いました。
「でも妻の方こそ、花をあげても喜ばなくなりました」
交際当初は、誕生日などに花束を贈るととても喜んだのに、最近は変わってしまったと博隆さんは感じていました。秋帆さんは怒り交じりで言います。
「夫はそう責めるんですが、嬉しくないものは嬉しくないんです!」
私が「もちろん(嬉しくないものは、嬉しくないですよね)」と応じると、
「花をもらっても、うれしいと感じない私はおかしいんでしょうか?」
と続けます。私は「何がおかしいと思うんですか?」と訪ねます。するとこう答えました。
「夫が言うように、花をもらったら嬉しいって感じるのが普通かな、と思うんです。でも私は、切り花は花がかわいそうに感じて、心が痛むんです。交際当初はそれよりも、自分にプレゼントをくれる男性がいるということが嬉しくて舞い上がっていたのですが……」
秋帆さんには、女性は花をもらうと嬉しいという一般論が、最初は通じたように見えたけど、実は通じないのです。そこには、理由があったわけです。
一方で、「花をあげても喜ばなくなった」と言った博隆さんは、何をやっても秋帆さんとの関係がうまくいかないことに困り果てていました。一般論と過去の経験、自分だったら何をもらったら嬉しいかという考えを総動員して、できることは何でもやろうとしていたのですが、的外れになっていました。

ニーズを満たす4カ条 意外と難しいのは…

実は、パートナーのニーズを満たすためには、下の4つの条件が必要です。
<ニーズを満たすための条件>
(1)相手のニーズを満たしてあげたいというモチベーションがある
(2)相手のニーズを分かっている
(3)相手のニーズを満たす方法を分かっている
(4)相手はそれを受け取る準備ができている
このどれが阻害されてもうまくいきません。逆に言えば、どれが阻害されているのかを明確にして、その一つ一つに対処する必要があります。
付き合う前や付き合いはじめなら、(1)モチベーションと(4)受け取る準備が強くあるのが普通なので、(2)ニーズや(3)方法はわかっていなくても、たまたま自分のやり方がヒットすれば「よくわかってくれる人」となってお付き合いが深まるでしょうし、ヒットしなければ「合わない人」ということでサヨナラになるだけです。だから、問題にならないかもしれません。
(1)モチベーションは、博隆さんにはありました。意外に難題なのは(2)ニーズと(3)方法が分かるかどうかです。
カウンセリングを重ねると、秋帆さんのニーズは「自分のことを大事に思ってくれていることを実感したい」ということだと見えてきました。これは、ほとんどのカップルにおいて結婚を維持する大切なポイントです。別の言い方をすれば、愛情を感じるということと同義語なので、(2)のニーズがわからなければまずこれだろうと考えても大丈夫です。
だからと言って、「自分は秋帆さんのことを大事に思っている」と博隆さんが主張するのは、NGです。実際に博隆さんは、秋帆さんに「私のことなんかどうでもいいんでしょ?」と問い詰められて、「そんなことない」と答えています。それによって、「自分(博隆さん)は大事に思っているのに、それを分からない君(秋帆さん)が悪い」というメッセージとして相手に伝わりかねません。
一方、秋保さんからしたらいくら説得されても、実感を持てるようにはなりにくく、それどころか、この平行線は解決する気がしない、と感じてしまいかねません。
そうなると、人はどうしてもわかりやすいところだけを理解して、わかった気になってしまう傾向があります。博隆さんにとっては、明確に語られていない「自分のことを大事に思ってくれていると実感したい」という本質的なニーズより、秋帆さんの
「私がこんなに体調悪いのに、なんで平然と会社行けるの?」
というような発言のほうがわかりやすいと感じます。<妻の体調が悪い時には、会社に行かなければいい>という方法論も明快なので、そういう方向で理解してしまうのです。
つまり、こういった表面的な発言に振り回されず、「自分のことを大事に思ってくれていることを実感したい」というニーズを分かった上で、それを実感するためにどうしてほしいのかという方法も分かる必要があります。
これが、相手のニーズを満たす難しさです。

必要なことは、目標をきちんとわかること

(3)の方法ですが、現実的なことでいえば、人は自分がしてもらってうれしいことは、体験としてわかります。例えば、私は果物の皮をむいてもらえると嬉しいです。また、一般的にこういうことをしたら人は嬉しいはずだというのは知識としてあります。女性は花をもらうと嬉しいとか、男性は手料理をふるまってもらえると嬉しいとかです。問題は、これらの経験と知識が、今、目の前にいる相手に通用するとは限らないことです。
冒頭の「花束をもらっても、うれしいと感じない」という秋帆さんのケースは、まさに一般論が通じなかった例です。
まず必要なことは、しゃにむに頑張ろうとすることではなくて、目標をきちんとわかることです。そのためには、“目標がわかっていない”ということを認識することが貴重な第一歩になります。
しかし、それは双方にとって痛みを伴うことでもあります。秋帆さんからしたら、結婚までしたし、その後も一生懸命話してきたつもりなのに、こんなことも分かってもらえていなかったんだ、という現実に直面することでもあります。博隆さんからすれば、今までこんなに努力してきたのに方向違いだったんだ、という現実に直面することでもあります。
さらに、多くの場合、本人も自分のニーズが明確にわかっていることは少ないのです。秋帆さんも言葉では「自分のことを大事に思ってくれていると実感したい」とは言っていませんでした。私が秋帆さんの言葉を要約するとそうなる、ということです。現実に、ご本人が言っているのは別の言葉です。結婚前に同居していた時代には
「(私が料理したんだから)食器を洗うのぐらいやってよ!」
というようなことがしばしばあったそうです。本当に食器洗い(または他の家事も)がしてほしいだけなら、食器洗い機やお掃除ロボットを買ったり、お手伝いさんを雇えば問題は解決するはずです。それで多少は秋帆さんのストレスを緩めるかもしれません。しかし、究極のところ、博隆さんに
「じゃあ、僕のお金でお手伝いさんを雇うから、家事の僕の分担は全部お手伝いさんがやるということでいいよね?」
と言われたら、秋帆さんがすっきりするとは思えません。
つまり、食器洗いという行為をすればいいのではなく、秋帆さんは自分が大事に思われていると実感したくて、その方法として、食器洗いを手伝って大変さをシェアしてほしいということかもしれません。もしかしたら料理が苦手なのに博隆さんのために頑張っていることを認めてほしいのかもしれません。そのツボがなんなのかは、その人次第、場合によってはその時次第です。

知らなきゃもったいない!夫婦間の新事実

本人が語ってもいないことをわかるはずない、と言ってしまえば、2人の関係は今までとは変わりません。わかるように、わかるまで、興味をもって観察する、というのが必要なことです。それが、別の言葉でいえば、寄り添うということです。
 飛行場で働いている友人は、飛行機の音を聞くだけで、○○社製のなんというエンジンだ、と言い当てられます。新生児室に勤めていた知人のナースは不妊治療などで周りから待望されて生まれた子は泣き声でわかる、と言っていました。両方とも私には何がどうやったらそんなことがわかるのか想像もつきませんが、興味をもって観察するというのはそういうことだと思います。
 恋愛初期は、多くのカップルが、相手のことをそのくらいの勢いで観察していると思います。しかし、いつの間にかルーチンになってしまいがちです。飛行機のエンジン音や赤子の泣き声と同じように、興味を持たずに接していると、その奥深い面白さには気づくことができないままになってしまいます。自分が選んだパートナーの奥深い面白さに気づかないまま過ごしてしまうというのは、とてももったいないことでないでしょうか。
 花をあげても以前は喜んだのに今は喜ばないという現象から、実は妻は、切り花は花がかわいそうに感じて、心が痛むような優しい気持ちの持ち主なんだということや、それなのに交際当初はそんなことを忘れてしまうほど自分のプレゼントが嬉しかったんだ、という新事実が分かることはとても幸せなことだと思います。それを巷間よくいわれるように「愛情が減った」と思いこんでしまうのは、とてももったいないことだと思います。

へえ〜

「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」 RIZIN登板も不評のGACKT、「ボクは要らない」と解説者引退宣言

4/22(月) 19:40
J-CASTニュース
「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」 RIZIN登板も不評のGACKT、「ボクは要らない」と解説者引退宣言

「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」 RIZIN登板も不評のGACKT、「ボクは要らない」と解説者引退宣言
GACKTさん(2015年撮影)
 格闘技の祭典「RIZIN.15」のゲスト解説をつとめたミュージシャンのGACKTさんが、一夜明けた2019年4月22日インスタグラムで「今後解説席に座ることはもうない」と宣言した。

 「RIZIN.15」は21日にフジテレビ系で放送されたが、GACKTさんの解説についてインターネット上では酷評が相次いでいた。「引退宣言」を受け、ネット上ではさまざまな意見が噴出している。

■「ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

 18年大晦日に那須川天心選手対フロイド・メイウェザー・ジュニア選手戦を実現させ、格闘技ファンだけでなく一般層にまで人気が拡大しつつある総合格闘技RIZIN。4月21日に横浜アリーナで開催された「RIZIN.15」は、その那須川選手が今度は「フィリピンの英雄」マニー・パッキャオ氏の刺客、フリッツ・ビアグダン選手と激突する1戦が組まれるなど、大きな注目を集めていた。

 この一大イベントのテレビ放送でゲスト解説に招かれたのが、大の格闘技ファンとして知られるGACKTさん。だが大役を終えた翌22日のインスタグラムで吐露したのは、

  「今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない」

と、自身の「立ち位置」に戸惑っていることを伺わせるネガティブな心境だった。そして、

  「今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ。強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」

と解説から身を引くことを宣言した。
「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」

 GACKTさんが放送中に展開したトークへの評判は、必ずしも芳しいものではなかった。特に指摘が多かったのが、RENA選手対S・ジャン・フランソワ選手戦で「スタミナ」と連呼していたこと。試合前に「RENA選手はどれくらい練習してスタミナをつけてきたのかが気になります。お互いスタミナのない選手なので、勝負は思った以上に早く着くのではないか」と予想すると、1R途中では「ここら辺で決めないと、RENA選手のスタミナのことを考えると、なるべく早いラウンドでグラウンドに持っていって締めたほうが良い」と解説した。

 2R開始前にも「RENA選手もフランソワ選手もスタミナが強い選手ではないので、なるべく早い段階で試合を終わらせにくるとみえると思うんですよ」と展望。だが予想に反して試合は最終3Rに突入すると、「RENA選手は苦手なスタミナの甘さが仇になるかと思ったのですが、実際今回の試合では調整してきて、彼女はフランソワ選手よりスタミナで上回っている。相手は試合を焦っている。スタミナがないので」と両選手のスタミナに再び言及。終了間際にも「相手もグラウンドに持ち込もうにもスタミナが切れている」と指摘した。

 結局RENA選手が3-0の判定勝利に終わったが、試合後のGACKTさんは感想を聞かれ「ひいき目なしにRENA選手のスタミナがフランソワ選手を上回っていた」とやはりスタミナを最重要視していた。こうした解説にツイッターでは、

  「Gackt氏の解説が RENA戦でやたらスタミナはがないって言ってたのは少し的外れやった」
  「スタミナスタミナうるさいねん」
  「GACKTの解説いる??  スタミナしか言わないじゃん」

と不満の声が漏れることになった。

 GACKTさん特有の低く落ち着いた語り口に対しても「ボソボソで何言ってるか解らない。伝わらない解説」「喋り方が壊滅的に解説・実況に向いていない。聞き取りづらくて逆に気になってしまい映像に集中できなかった」などと快く思わない視聴者も多かったようだ。
ともに解説務めた元格闘家は...

 ただ、辛辣な意見ばかりではない。ツイッターでは、

  「GACKT氏の解説がかなり苦情殺到の御様子ですが、個人的にはかなり好きでした。 業界人ではなく、重度の格闘技ファンとしての目線での解説」
  「格闘技は全くわからない私ですが、GACKTさんの解説よく聞けてわかりやすかったです」

と前向きに受け止める声もある。

 番組でGACKTさんとともに解説をつとめた元総合格闘家の藤井恵氏はツイッターで22日、上記RENA選手の試合について

  「3R gacktさんがスタミナが切れてきたと言ってたので『スタミナ切れてきたのでRENA選手は蹴りでボディ効かせていけば良いと思います!』と言おうと思ったら時間がすぐ流れてしまった。試合はほんとにコンマ数秒で時間が流れる。解説でもっと選手の事や動きを伝えたいなと色々反省しました」

と振り返っており、GACKTさんの試合中の指摘に一部同意するような形となっている。

 GACKTさんのインスタでの「引退宣言」に対しても、ファンからは「賛否両論あると思いますが解説向きのスピードじゃないって言うけど逆に早口で言われるより聞きやすいし分かりやすくて私はGACKTさんの解説好きです」「格闘技全然わからない人でも興味を持てるような解説だと思いますよ」と継続を願う声が相次いで届いている。








































チャビを彷彿させるアルトゥール、指揮官が“成功の要因“を語る

4/23(火) 12:47配信  
SPORT.es
チャビを彷彿させるアルトゥール、指揮官が“成功の要因“を語る
アルトゥールのバルサの1年目を評価 [写真/SPORT]
FCバルセロナの監督、エルネスト・バルベルデはシウタ・エスポルティーバで行われたアラベス戦の前日記者会見でアルトゥール・メロのバルサの選手としての1年目について語った。

アルトゥール、バルサに関わる伝説達について言及「イニエスタの背番号は…」

バルベルデはこのブラジル人のパフォーマンスを称賛し、同選手が直面した変化について強調した。
バルベルデはアルトゥールの成功の要因は選手としての長所にあると説明した。
「彼はクラブ、そしてチームのスタイルに非常に合ったプレーの特徴を有している選手だ。恐らく他のチームではもっと困難を伴っていただろう。だけど、彼はここで素晴らしいシーズンを送っている」

「彼はブラジルではこんなにも多くの試合をプレーしていなかったので努力が見て取れる。そして、彼は多くの試合にプレーしてきて、代表にも入っている。それはより多くの旅を意味する」

最後にバルベルデはこのように締めくくった。
「彼のキャリアはここで急激に変化した。我々は将来的に彼に多くを期待している」

アルトゥールはブラジルのサッカー界からバルサに加入し、エルネスト・バルベルデのバルサで議論の余地のないレギュラーとなっている。

(文:SPORT)














本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事