ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ほうほう。

社会保険、21年に加入率35.6%目指す

2019/04/11 16:11 JST配信
(C) baotintuc
(C) baotintuc 写真の拡大
Slide Show Image
 政府傘下ベトナム社会保険機関(VSS)は、2019年から2021年までの社会保険・失業保険加入促進計画を発表し、目標達成に向けて各省・市の社会保険機関に対策を指導した。

 計画によると、全国の労働人口に占める社会保険加入者の割合を、
◇2019年:32.3%
◇2020年:33.9%
◇2021年:35.6%
とする。

 また、全国の労働人口に占める失業保険加入者の割合を、
◇2019年:27.3%
◇2020年:28.6%
◇2021年:29.8%
とする。

 ハノイ市ホーチミン市の2大都市について、ハノイ市では2019年の社会保険加入率を53.6%とし、2021年に59.1%へと引き上げる。また、2019年の失業保険加入率を50.0%とし、2021年に54.0%へと引き上げる。

 ホーチミン市では、2019年の社会保険加入率を62.7%とし、2021年に66.9%へと引き上げる。また、2019年の失業保険加入率を60.1%とし、2021年に63.1%へと引き上げる。

 このほか、◇ソンラ省(西北部地方)、◇ハザン省(東北部地方)、◇ダクラク省(南中部高原地方)、◇ダクノン省(同)、◇ザライ省(同)、◇アンザン省(メコンデルタ地方)、◇バクリエウ省(同)、◇ドンタップ省(同)など、発展が遅れている一部地方の2019年の社会保険加入率の目標は10〜11%の低い水準に設定されている。

 なお、VSSは各省・市の社会保険機関に対して、地方の予算を拠出して社会保険に自発的に加入する人々に対する補助措置を設けることについて、人民評議会と人民委員会の意見を仰ぐなどして対策に取り組むよう指導した。

へぇー。

地場配車アプリFastGo、ハノイでヘリ相乗りサービスを開始

2019/04/12 05:14 JST配信
(C) vneconomy
(C) vneconomy 写真の拡大
Slide Show Image
 ベトナムでスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を展開する地場系テクノロジー企業ネクステックグループ(NextTech Group)は4月末にハノイ市でヘリコプター相乗りサービス「ファストスカイ(FastSky)」を開始すると発表した。

 それによると、◇ハノイ市と北部地方の遊覧サービス「スカイツアー(SkyTour)」、◇結婚写真撮影と花嫁お迎えサービス「スカイウェディング(SkyWedding)」、◇特殊救助と救急医療サービス「スカイSOS(SkySOS)」、◇顧客の要求に沿ったカスタムサービス「スカイプラス(SkyPlus)」の4種類のサービスを提供。

 同社は、ヘリコプター運行サービスを手掛けるパートナー会社と協力し、サービス実施に向けてヘリコプター10〜12機を導入する予定だという。

 同サービスは、ファストゴーのアプリを通じて4月25日から予約可能となる見通し。1人当たりの利用料は300万VND(約1万4600円)〜となる。支払いはクレジットカードでの分割払いも出来る。なお、一度に搭乗できる乗客数は最大12人となっている。

へぇー。

カントー市:ベトナム初のエビ取引所がオープン

2019/04/12 05:24 JST配信
(C) NLD
(C) NLD 写真の拡大
Slide Show Image
 持続可能性な養殖漁業のための国際協力センター(ICAFIS)は5日、メコンデルタ地方カントー市で5日、国内初となるエビの取引所をオープンした。同取引所はクーロン技術投資株式会社(CUU LONG TECHNOLOGY DEVELOPMENT AND INVESTMENT)との協力で開設したもの。

 ICAFISの副センター長を務めるディン・スアン・ラップ氏によると、同取引所は、本来の役目であるエビの売買だけでなく、売り手と買い手が互いに エビ取引に関する情報を交換し合う場にもなるという。また、取引所の公式ウェブサイトを通して、事前にエビの価格や品質などもチェックできるようにする。

(* ̄- ̄)ふ〜ん

ロシア軍駆逐艦、マニラに寄港 南シナ海の緊張背景に

  •  
ロシア軍の艦船3隻がフィリピンのマニラに寄港した/ELOISA LOPEZ/AFP/Getty Images
ロシア軍の艦船3隻がフィリピンのマニラに寄港した/ELOISA LOPEZ/AFP/Getty Images
(CNN) 国営フィリピン通信は11日までに、ロシア海軍の駆逐艦2隻と海上給油艦1隻が首都マニラの港に寄港したと報じた。
ロシア軍艦船がフィリピンのマニラ港に立ち寄ったのは今年2度目。1月初旬には3隻が平和構築、安定の追求や海上協力関係の向上や維持を図る名目で到着していた。
両国は今年7月にも海軍間の協力協定に署名する見通し。合同訓練や相互の港への寄港増加などを見込んでいる。ロシアによるこれらの動きやアジア地域における存在感の高まりは主権論争がくすぶる南シナ海における緊張の激化とも連動している。
今月8日早朝にマニラに停泊したロシア海軍駆逐艦2隻は「アドミラル・トリブツ」と「アドミラル・ビノグラドフ」。大型の対潜水艦艦船とされている。同通信によると、給油艦も大型としている。
今回の3隻の寄港は、米比間の年次の合同演習「バリカタン」が今月12日に終了する時期とも重なった。演習には兵員7500人以上が動員され、米戦闘機「F35B」も参加し、実弾演習や上陸作戦も盛り込まれた。
フィリピンが実効支配し、中国が主権を唱える南シナ海スプラトリー(南沙)諸島のパグアサ島周辺には昨年12月と今年1月、軍艦船を含む中国船数百隻が出没し、比政府が反発する事態となった。
中比は以前、南シナ海の領有権問題で厳しく対立していたが、ドゥテルテ比大統領は就任後、問題を棚上げする形で中国との経済協力拡大の方針に転じた。同時に米国との密接な関係との変質を試み、ロシアからの支援拡大も図っている。
一方で中国、ロシア両国関係の緊密化も近年目立ち、合同軍事演習などを実施している。

へぇー。

空腹の少年が万引き、警察呼ばず食べ物施す 米コンビニ店主

  •  
空腹から万引きをはたらいた少年を思いやり、コンビニ店主が食べ物を提供した/Neera Singh
空腹から万引きをはたらいた少年を思いやり、コンビニ店主が食べ物を提供した/Neera Singh
(CNN) 米オハイオ州トレドの大手コンビニ店で10代少年の万引き行為を発見した経営者が空腹が動機だったとする少年の真意をくみ取り、罪を警察に報告せず、店内の食べ物を与える寛大な処置を施す出来事がこのほどあった。
経営者のジテンドラ・シンさんはCNNの取材に、空腹のための万引きとの説明を聞いた時、偽りではない問題と考えたと説明。物を盗み、売り付けるような泥棒ではないと判断したとした。
「自らと家族の空腹を満たそうと万引きに走った少年の人生を台なしにしたくなかった」ともし、「刑務所に入れば人生に犯罪歴が残る。良い仕事などを得る機会もなくなる」と思いやった。
シンさんは「セブンーイレブン」店内の奥の事務所で働いていた際、店員が万引きの疑いがある行為を報告。監視カメラで、少年がガムやキャンディーを盗むのを確認した。
店主は少年にポケットの中身を全て出すよう求めた/WTVG
店主は少年にポケットの中身を全て出すよう求めた/WTVG
この後、店内で一部の商品の支払いをしていた少年にポケットの中身を全て出すよう求め、応じない場合、警官を呼ぶと警告。また、盗んだ理由を尋ねると、少年は自らと弟が空腹状態にあることを認めたという。
この時点で店員が緊急通報していたが、シンさんは電話を切るよう指示してもいた。
少年には、ガムやキャンディーは食べ物ではないと話し、「お腹が空いているなら私に求めろ。あげるから」ともさとしたという。食べ物を与えた後、少年を帰してもいた。
店内に居合わせた客がシンさんと少年のやりとりをフェイスブックに投稿。3700件の「いいね!」が集まるなどの反響を呼んだ。
シンさんは自らの行動がこれほど話題になったことに驚き、客足が戻り始めて来て、「いい人だね。善行を働いた」とほめられるとも話した。

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事