ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

すごいなぁ、、

米宝くじ史上3番目の7億ドル超を手にした24歳に「ついに若者が...」の声

パワーボールは、アメリカじゅうのどこのデリでも気軽に購入できる。(写真:ロイター/アフロ)
20代の働き盛り。「この先約35〜40年、気が遠くなるような年月だけど、しっかり働いていかねば」と腹を括った矢先、手元に突然800億円もの大金が降って湧いたら、あなたならどうするだろうか?
アメリカの数字選択式宝くじ「パワーボール」の抽選会が先月27日に行われた。今回の大当たりくじ(ジャックポット)は米国史上3番目の高額の7億6,800万ドル(日本円で約858億9,000万円相当)に膨らみ、その巨額の行方が話題になっていた。ジャックポットはウィスコンシン州で販売されていたことまではわかっていたが、4月23日ついにそのベールがはがされた。
7億ドル超えの巨額を手にしたのは、同州に住むマニュエル・フランコ(Manuel Franco)さん(24歳)。マニュエルさんは弁護士とともに、この日記者会見を開き、「(購入した日は)運が降ってきたような何だか不思議な気持ちがして、午後2時に仕事が終わってパワーボールをガールフレンドと買いに行った」そうだ。
「ジャックポットが出たくじがウィスコンシン州で販売されたと聞き『自分もウィスコンシン州に住んでいるぞ』と思っていた。購入した何枚かのくじをチェックしたところ、まず4ドル当たったので驚いたんだ。だって普段はその金額でさえ当たらないから。そうしたら最後のくじの番号が全部(16、20、37、44、62とパワーボールの12と)マッチして...」と、時折事前に用意したシナリオをチェックしながら、興奮冷めやらぬ様子で語った。
超高額当選者、マニュエル・フランコさんの喜びの会見。
最初は緊張していたマニュエルさんに、「微笑んでいただけますか!?」と記者からのジョークで和む様子も。
同席した弁護士の判断で、マニュエルさんの住まい、家族構成、職業、学歴は一切明かされなかったが、同州は一般的にミドルクラス層が多く、彼自身の財政状況もこれまで思わしくなかったようで、「銀行口座に1,000ドル(約10万円)でさえ貯まっていない状態だった」そうだ。
くじは1枚2ドルで販売され、マニュエルさんは10ドル分(約1,000円)を購入し、それを元手に巨額を手にした。税金などを引かれ、最終的に手元に残るのはそれでも3億2,600万ドル(日本円で約364億5,700万円相当)とみられている。
このパワーボールの賞金は4ドルからで、7ドル、100ドル、5万ドル、100万ドル...と増えていき、ジャックポットは4,000万ドルからスタートする。ジャックポットが出ない場合は次回以降に繰り越しとなる。Wikipediaによると、ジャックポットの当選確率は、なんと2億9,220万1,338分の1なんだとか。
今回は、史上3番目に高い当選額にも注目が集まったが、それ以上に、お金持ちではないごく普通の24歳の若者が一夜にして億万長者になったウィナーストーリーに感嘆の声が沸き起こっている。
パワーボールとはアメリカで一般的に、安定した老後のための一攫千金的なイメージがあるし、これまで公表されてきた高額当選者たちも、軒並み年齢は高め。マニュエルさんのようなミレニアル世代の当選者は、かなりレアなケースだ。
パワーボールとは、まさに「リタイアした人々の夢」。 パワーボールとは、まさに「リタイアした人々の夢」。
このニュースを聞いた人々の反応はさまざま。
「年寄りでもお金持ちでもない普通の若者がやっと選ばれた」(「年寄りの当選者を非難しているのではなく、若者が出てきたことでイメージが一新した気がする」と同じ人がフォロー)
「(ついに)ヒスパニック系が出てきた」と、同じ人種からの喜びの声もある(記者会見の途中では、スペイン語でのコメントも求められていた)
また、その若さゆえに今後の人生の行方を懸念する声も上がっている。「彼の人生が狂ってしまいませんように」「高額当選者が一般的に陥るようなことになりませんように」
「あぶく銭は、その使い道に要注意だね」
「遠い親戚がうじゃうじゃ出てきそうだな」「私も彼のいとこではなかったっけ!?」
「彼は24に見えないね。30過ぎに見える。数週間もしたら50代ぐらいに老けるかもしれない」
マニュエルさんは当選がわかった2日後には、すでに仕事を退職。「もう職場には戻らない」と、20代前半にして悠々自適なリタイア宣言をした。これからの人生についてはまだ何も決めていないようだが、「悪い選択をしないように。お金を使って人を助けることはしていきたい」と抱負を語った。

今季限りで引退のファン・ペルシーが引退試合を断った理由

4/24(水) 18:43配信  

ゲキサカ

今季限りで引退のファン・ペルシーが引退試合を断った理由
ロビン・ファン・ペルシーが引退試合を拒否(Getty Images)
 今季限りでの現役引退を表明しているフェイエノールトの元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(35)が、引退試合のオファーを断ったという。オランダ『フットバル・インターナショナル』が伝えている。

 アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したファン・ペルシーは、昨冬にプロキャリアをスタートさせた古巣フェイエノールトに復帰し、同10月に現役引退を表明。今季ここまで公式戦29試合で18ゴール4アシストを記録している。

 フェイエノールトは同クラブでの活躍だけでなく、オランダ代表として最多得点記録を持つ“オランダの英雄”に対して、引退試合の開催を計画。しかし、ファン・ペルシーは「クラブの振る舞いは素晴らしいものだった」と感謝しつつも、このオファーを断ったという。

「僕は『No』と伝えたよ。理由は2つあって、1つ目はその人にそれが相応しいかということ。2つ目は僕が(引退試合に向けて)6か月トレーニングをしなければいけないことだ。それにスケジュール調整や対戦相手もみつけないといけない」

 さらにファン・ペルシーは自身のポリシーについても言及。「僕はキャリアの中で700試合ほど試合に出場してきた。全ての試合に最後のつもりでアプローチすべきだと僕は思っているし、それをずっとやってきた。だから、オランダ代表でも引退試合をやらないことを選んだ。協会は何か計画しているかもしれないけど、大規模なものではない。僕にはそういうものは必要じゃない」と、持論を展開した。

 フェイエノールトは今季残り3試合。ホーム最終戦は5月12日のADOデンハーグ戦、今季最終戦は同15日のシッタート戦を予定しており、この試合がファン・ペルシーにとって現役最後の試合となる。









ふんふん。

サウジ、テロ関連で37人の死刑執行 1人ははりつけに

  •  
サウジアラビアがテロ関連で有罪となった37人の死刑を一斉に執行/YASIN AKGUL/AFP/Getty Images
サウジアラビアがテロ関連で有罪となった37人の死刑を一斉に執行/YASIN AKGUL/AFP/Getty Images
(CNN) サウジアラビアは23日までに、テロ関連の罪で有罪となった37人の死刑を国内各地で一斉に執行した。内務省が同日、国営サウジ通信(SPA)を通じて声明を出した。
声明には37人の名前が明記されている。このうち1人にははりつけの刑が適用されたという。
SPAのツイートによると、死刑囚らは過激なテロ思想に走り、治安を妨害する目的でテロ集団を結成し、混乱や抗争をあおった罪で処刑された。
サウジは世界でも死刑執行数が多いことが知られている。2016年1月にはイスラム教シーア派の高位聖職者を含む47人が、テロ関連の罪で処刑された。
同国のムハンマド皇太子は17年に実権を握って以来、活動家や聖職者、実業家、王子ら反対勢力への締め付けを強めている。

(* ̄- ̄)ふ〜ん

手錠、目隠しのパレスチナ少年をイスラエル兵士が銃撃

  •  
後ろ手に手錠をかけられ、目隠しをされた状態でイスラエル兵士から逃げようとする少年/Courtesy Mohammad Hmeid
後ろ手に手錠をかけられ、目隠しをされた状態でイスラエル兵士から逃げようとする少年/Courtesy Mohammad Hmeid
(CNN) パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のベツレヘム郊外で先週、イスラエル軍兵士がパレスチナ人の少年に発砲した場面の画像や映像が波紋を呼んでいる。少年は手錠をかけられ、目隠しをされたまま逃げようとして、兵士に両脚を撃たれた。
目撃者らによると、銃撃があったのはベツレヘム南郊のパレスチナの村に向かう道路。村では18日、交通事故で死亡した学校教師の葬儀があり、多数のパレスチナ人が参列していた。
葬儀の後、路上でパレスチナ人とイスラエル軍の部隊が衝突した。イスラエル軍によると、兵士らや通行中の車に多数の石が投げ付けられたため、部隊が鎮圧を図り、暴れていた集団のメンバー1人を拘束した。このメンバーが2度にわたって逃げ出そうとしたため、兵士らが発砲したという。
イスラエル軍によれば、この周辺では最近、イスラエル人や車に石を投げ付けたり、タイヤに放火したりする行為が相次いでいた。村の近くにはユダヤ人入植地がある。
一方、少年の父親は「息子は何もしていないのに拘束された。石を投げていないことは確かだ」と主張する。
銃撃直後、兵士は少年を拘束して手当てを施した/Mohammed Hmeid/AFP/Getty Images
銃撃直後、兵士は少年を拘束して手当てを施した/Mohammed Hmeid/AFP/Getty Images
目撃者らによると、少年は撃たれた直後に拘束され、兵士が手当てを始めた。パレスチナ人のグループが駆け寄ろうとすると、1人の兵士がそちらに銃を向け、「近寄った者は額を撃つ」と脅した。現場から搬送される少年の周りでパレスチナ人グループと部隊がもみ合い、兵士が威嚇射撃する場面の映像もある。
少年はその後、近くの病院へ運ばれた。父親によると、現在も入院中だが容体は安定している。少年の身柄はすでに解放されているという。
イスラエル軍の報道官は少年の扱いについての質問には答えず、ほかに逮捕者はいないと述べた。

ふんふん。

ミャンマー最高裁、ロイター通信記者2人の上訴を棄却

  •  
ミャンマー人の記者のワローン被告(右)とチョーソーウー被告/YE AUNG THU/AFP/Getty Images
ミャンマー人の記者のワローン被告(右)とチョーソーウー被告/YE AUNG THU/AFP/Getty Images
ミャンマー・ネピドー(CNN) ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャが殺害された事件について取材を行っていたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反の罪に問われた裁判で、ミャンマーの最高裁は23日、記者側からの上訴を棄却した。
ワローン被告(32)とチョーソーウー被告(28)は2017年12月、ラカイン州で起きたロヒンギャ殺害をめぐる調査の後、拘束されていた。両被告は、植民地時代に制定された国家機密に関する法律に違反した罪に問われた。記者2人に対しては昨年9月、禁錮7年の判決が下されていた。
記者側の弁護士によれば、両記者はこれ以上の上訴は行わない考え。その代わり、大統領からの恩赦を待つ方針だという。同弁護士は今回の判断について報道の自由にとって大きな障壁だと指摘した。
ロイター通信のチーフカウンセル、ゲイル・ゴーブ氏は声明で、2人の記者は何の罪も犯していないと指摘。「真実の報道を沈黙させるための警察によるでっち上げの犠牲者だ。我々は引き続き、可能な限り早期に彼らを解放するために出来ることを全て行う」と述べた。
2人の報道は今月、ピュリツァー賞の国際報道部門に選ばれている。

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事