ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫時事ネタ(エンタメ)

記事検索
検索

へえ〜

『TRUE DETECTIVE』スティーヴン・ドーフ、米FOXと新作ドラマ&映画のビッグディールを結ぶ

news
米HBOの刑事ドラマシリーズ『TRUE DETECTIVE』シーズン3でローランド・ウェスト捜査官を演じるスティーヴン・ドーフが、米FOXの新作ドラマ『Deputy(原題)』で主演を務めることがわかった。米TV Lineが報じている。
『Deputy』の主人公は、会議で大人しくしているよりも、ドアを蹴破る方が得意な保安官ビル・ホリスター。そんな彼がロサンゼルス郡の保安官が急死したことで、その後任に就くことに。しかし、その責務は1万人もの保安官をまとめる立場だった...というストーリー。
クリエイターを務めるのは、『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』でペンを執ったウィル・ビール。彼は、DC映画『スーサイド・スクワッド』で脚本&監督を手掛けたデヴィッド・エアーや、『ジ・アメリカンズ』のクリス・ロングとともに製作総指揮も担う。
またスティーヴンは、主演を務める映画を米eOneと製作する契約を交わした。この映画は、エアーとロングが立ち上げたプロダクション会社Cedar Park Entertainmentが手掛ける。
子役として演技を始めたスティーヴンは、ボクシング映画『パワー・オブ・ワン』や、ビートルズの初期メンバーであるスチュアート・サトクリフの生涯を描いた『バック・ビート』などに出演して、1990年代にはアイドル的な人気を博していた俳優。代表作にアクション・ホラー映画『ブレイド』、ジャック・ニコルソンと共演した『ブラッド・アンド・ワイン』などがある。
これまで主に映画界を中心に活動していたスティーヴンだが、成功を夢見るガールズグループを描く音楽ドラマ『STAR 夢の代償』で本格的にドラマ界に進出。その後シーズン3となる『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』への出演が決定。『迷宮捜査』はBS10 スターチャンネルにて5月30日(木)より放送スタートとなる。
『Deputy』でスティーヴンと共演する新キャストが決まり次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

開くトラックバック(0)

どうでもいいなあー

高須氏、太田光を批判「先輩立てない無作法な後輩」

[2019年4月17日11時50分]
高須クリニックの高須克弥院長(74)が、お笑いタレントぜんじろう(51)を呼び捨てにしたことでバトルを繰り広げている爆笑問題の太田光(53)を「先輩を立てない無作法な後輩」と批判した。
高須氏は14日のツイッターで、太田とぜんじろうがどちらが先輩か後輩かをめぐってやり合っている騒動に言及。2人の直接対決に向け「わぁ!面白そうです。ぜんじろうさん、絶対オファーをうけるべきです。先輩の意地を見せてくれたらファンになります」と、ぜんじろうに期待し、「昨日お会いしたカウス師匠も最近の若い芸人の風潮を嘆いておられました。僕は先輩の顔をつぶさないのは筋だと思います」とツイートしていた。
太田は16日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」で、「この泥仕合はもう、いいかげんにしたい」と騒動の収束を望んだが、高須氏から横やりが入ったことに「そんなにトラブルが好きかね」と苦笑。
高須氏がぜんじろうの肩を持つことについて、17年に日本武道館で開催されたピコ太郎のライブで共演した際に股間をつかんだ“無礼”が「許せなかったと思うんだよ」と推測したが、「他人が口挟む問題じゃないっていうか、別に面白がるのはいいけど、俺とぜんじろう2人の問題で、誰かに何かを言われる筋合いはないんだよ」と述べた。
高須氏は17日更新のツイッターで、太田の発言に対し「先輩を立てない無作法な後輩をたしなめるのは老人の作法です。僕はトラブルは好きではありません。筋を通しているだけです」と主張。芸人の先輩・後輩問題については「若くても芸歴の古いほうが先輩です」と私見をつづった。

開くトラックバック(0)

行こうかな。

デビュー35周年記念!初の試みとなる“劇場型”コンサートツアーを開催/藤井フミヤ インタビュー 
2019.4.17 
336 views
2018年9月から、チェッカーズでデビューして35周年、ソロデビューして25周年のアニバーサリーイヤーに突入した藤井フミヤ。ファン投票による上位100曲入りソロベストアルバムの発表や、ロックバンドを従えた全国ツアーを開催し、ファンを喜ばせた。
アニバーサリーイヤー後半となる2019年は、7月6日(土)から全国ツアー第2弾がスタート。今回のツアーのために結成した、藤井フミヤとバンド&弦カルテットによる10名の「十音楽団(toon gakudan)」で全国をまわるという。
「昨年のツアーは、お客さんと一緒に盛り上がろうというコンセプトでしたが、今年のツアーはお客さんに着席してもらい、歌を聴かせるコンサートにしたいです。会場には音響のいいコンサートホールを選んで、編成もアコースティック楽器メインで組んでいるので、歌はもちろん、楽器の演奏にも浸ってもらいたいですね」
セットリストは、膨大なレパートリーの中から、今回のアコースティックサウンドに合う楽曲が厳選される予定だ。
「ただし僕のコンサートで外せない曲というのがあって、『TRUE LOVE』や『Another Orion』を歌わないとお客さんにがっかりされちゃうから、そこはしっかり押さえます(笑)。アニバーサリーイヤーなので、チェッカーズの曲も歌うし、この夏に発売するニューアルバムの曲も披露しようと思っているし、とにかく出し惜しみせず、今の藤井フミヤを全て見せますよ!」
エンターテインメント性の高いコンサートを追求してきた彼は、さまざまな仕掛けも考えているそうだ。
「1章、2章……と、演劇のように章立てしつつ、音と音楽で全てのストーリーがつながっていくような構成を考えています。現代アートのような、聴き手にいろいろ想像してもらえる世界観を表現できたらいいですね。照明も演劇用のものを使ったりしています。事前に全てを決め込むアドリブのないコンサートは初めての試みで、あまり見たことのない新感覚のステージになると思います」
ギター1本での弾き語りやバンドライブだけでなく、近年はフルオーケストラと共演するなど、常に新しいことに挑戦し続けている。全国ツアーに関しては、デビューして35年間、ほぼ毎年、休むことなく開催しているというから驚きだ。
「ツアーをやらなかった年が1年だけありますが、そのときはツアー以上にコンサートをやったので、多分ワーカホリックなんでしょうね。でも毎日ジムに通うストイックさはないし、ボディも、喉も、メンタルも、特別なケアは何もしてないです。音楽についても、自分で曲を作って歌わないと気がすまないタイプではなく、むしろ誰かが作ってくれた曲を歌うほうが楽しいと思えたりする。なので、僕はミュージシャンではなくボーカリストであって、歌うことで人を楽しませたいんだと思います」
ボーカリストであり、エンターテイナーである藤井フミヤが、今年の夏、どんなステージを繰り広げるか注目だ。

■公演インフォメーション

『35周年記念公演 藤井フミヤ“十音楽団”』
ギター、ベース、ピアノ、パーカッション、サクソフォンに弦のカルテットを加え、藤井フミヤを含めた10人の演奏家による全国ツアー。2019年7月から16都市26公演を開催。
料金:8,000円(税込)※一部立見あり
詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

開くトラックバック(0)

ほうほう。

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章、初回視聴者数は1740万人と過去最高

  •  
初回の視聴者数は1740万人と過去最高を記録した/HBO
初回の視聴者数は1740万人と過去最高を記録した/HBO
ニューヨーク(CNN Business) 米HBOが放送している人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終シーズンの初回が放送され、視聴した人の数は1740万人と過去最高を記録したことが17日までにわかった。HBOが明らかにした。
初回は14日午後9時に放映されていた。テレビを通じて視聴した人の数は1180万人。残りは、アプリ「HBO Now」などを通じて視聴したという。
これまでの最高記録は2017年8月に放映されたシーズン7の最終話で、視聴者数は1690万人だった。14日の視聴者数はシーズン7の初回を100万人以上上回った。
ゲーム・オブ・スローンズは、ストリーミング放送やソーシャルメディアとの激しい競争が続くなか、人気テレビ番組となっている。複数の物語が同時に進行するほか、ネタバレを避けるため、スポーツ番組のように放送時間通りに視聴するのが理想的だと考えられている。

開くトラックバック(0)

ほうほう。

『ビューティフル・ボーイ』薬物依存症の青年と父の苦闘の物語

Boy Interrupted
2019年4月17日(水)13時10分
ジャック・ジョンフェルド
薬にすがる息子と彼を救おうとする父の姿が胸を揺すぶる FRANÇOIS DUHAMEL ©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
<愛するわが子が薬漬けになったら? 父子の葛藤を実体験に基づきリアルに描いた、若手演技派ティモシー・シャラメの最新作>
こんなことをしていたら死んでしまうと、自分でも分かっていた。いっそ死んだほうがいい。時にはそう思った。
覚醒剤のメタンフェタミンを常用していた20代初めには「何度も死にかけた」と、ニック・シェフは本誌に語った。薬をやめると苦しくてたまらない。死んでもいいから薬をやりたい。その一心だったという。
ニックは11歳で酒を飲み始め、その後はマリフアナとコカインも試した。でも18歳のときに初めて手を出したメタンフェタミンはそれらとは異次元だった。一気に多幸感があふれ、生まれて初めて自信を持つことができた──ニックは体験記『薬漬け』にそう書いている。
メタンフェタミンが手に入らないときはヘロインかモルヒネで代用した。使用頻度はどんどん増え、気が付けば重度の依存症に。薬のことしか考えられず、生活はメチャメチャになった。
大学を2度ドロップアウトし、8歳の弟の小遣いをくすねるようになり......過剰摂取で意識を失い、病院のベッドで目を覚ましたことも何度もある。
ニックはいま36歳。薬物を断って8年余りたつ。彼は自らの人生で最も悲惨だった日々を大スクリーンで目の当たりにすることになった。
ベルギー人のフェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督の『ビューティフル・ボーイ』は、ニックが依存症に陥っていく痛ましい過程とともに、彼を救おうとする父親の苦闘を描いている。ニックを演じるのはティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた若手の演技派だ。

回復への道は一進一退

ニックの父親でジャーナリストのデービッド・シェフ(演じるのはスティーブ・カレル)も体験記を書いており、そのタイトルがそのまま映画のタイトルになった。映画の脚本は、08年に同時刊行された父と息子の体験記の両方を下敷きにしている。
デービッドの体験記には、何度も治療施設に足を運んだこと、すがるように医師に電話をかけ、息子を思って眠れぬ夜を過ごしたことがつづられている。
シャラメがニック役のオーディションを受けたのは20歳のとき。業界関係者以外にはほとんど知られていない存在だったが、昨年9月にこの映画がトロント映画祭で初上映されたときには、既に若い女性たちのアイドルになっていた。
映画祭でシャラメと行動を共にしたニックは、その人気に驚いたと言う。「レストランの前に女の子たちがずらりと並んでいて、僕らは裏口からこっそり逃げ出した。まるでビートルズと一緒にいるようだったよ」
実は『ビューティフル・ボーイ』というタイトルは、故ジョン・レノンから「もらった」ものだ。デービッドは80年にプレイボーイ誌の仕事で、レノンと妻のオノ・ヨーコを取材した。その記事はレノンの最後のインタビューとなった。
取材の日、ジョンとヨーコはスタジオで息子のショーンのために書いた曲「ビューティフル・ボーイ」をレコーディングしていた。インタビューを掲載した雑誌が出て2日後、レノンはファンに殺された。
magc190417-boy02.jpg
実際のシェフ親子 SHAWN EHLERSーWIREIMAGE/GETTY IMAGES
ニックの問題で闘い続けている間、デービッドは音楽を聞くと抑えていた思いがあふれ出したと話す。下の2人の子供を連れてスーパーに買い物に行ったときのこと。店内に流れるエリック・クラプトンの「ティアーズ・イン・ヘブン」(転落事故のために4歳で死亡した息子への思いを歌った曲)を聞いて、「その場に立ち尽くした」という。幼い子供たちは「スーパーで突然泣きだした父親を見てうろたえていた」そうだ。
依存症からの回復プロセスは一筋縄ではいかない。「希望が見えたかと思うと失望し、失望の後には絶望が続き、そして運がよければ、また希望がほの見える」と、デービッドは言う。
そんな複雑な事情を、この作品はきちんと伝えている。例えば、治療施設から息子が逃げたとデービッドのもとに連絡が入る場面。パニックになるデービッドに医者が「回復過程では再発はつきもの」と言って聞かせる。ニックは何度も薬の誘惑に負け、デービッドはそのたびに「再発はつきもの」と自分に言い聞かせ希望を失うまいとした。「家族の理解を得るまでがひと苦労」だと、依存症専門医のスコット・ビネンフェルドは話す。「依存症は病気であり、簡単に治せるようなものではない」
なかでもメタンフェタミンは「最も依存性が強い薬物だ」という。「脳に放出されるドーパミンの量が圧倒的に多い」

明暗を分けるのは運だけ

薬物にのめり込むにつれて、ニックの人格が崩壊していくさまを、映画はリアルに描く。聡明で優しい青年だったニックは挙動不審になり、自己破壊的な行動を繰り返すようになる。
依存症患者は薬物を手に入れるためなら「嘘をついたり盗んだり何でもするが、だからと言って悪人ではない」と、ビネンフェルドはクギを刺す。
依存症も癌や糖尿病のような病気だと、デービッドが理解するには時間がかかった。それが分かってからは、息子を管理したり罰するのはやめたという。
高額の費用がかかる治療施設にニックを入れても、一進一退の状況が続いた。突破口になったのは、依存症の根底にある精神疾患が見つかったことだ。そのときニックは27歳。診断名は双極性障害と鬱病だった。
「息子は病気の苦痛を和らげるために自己治療として薬物に頼っていた」と、デービッドは言う。診断がついたおかげで、ニックは精神疾患の治療を受けられるようになった。
薬を断って8年余り。ニックはいま結婚してロサンゼルスに住み、テレビドラマの脚本家として活躍している。
「奇跡と言うしかない」と、デービッドは感慨深げだ。ただ、薬物で命を失った多くの若者たちのことを思うと胸が痛むという。「なぜ私の息子が立ち直り、多くの親たちがわが子を失うのかと聞かれたら、運だとしか言いようがない。運がよかった。ただ、それだけだ」
<本誌2019年04月16日号掲載>

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事