ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫時事ネタ(エンタメ)

記事検索
検索

「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も

4/23(火) 16:00
NEWS ポストセブン
「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も

「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も
2LDKで男2人暮らし(番組公式HPより)
“平成最後”の連続ドラマがいよいよ始まった。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』のヒットの後を受け、期待が高まる「日曜ドラマ」枠は、『あなたの番です』。フジテレビ伝統の「木曜劇場」には『ストロベリーナイト・サーガ』が登場。日本テレビの「新・水曜ドラマ」は『白衣の戦士!』。テレビ東京の木曜深夜「木ドラ25」枠からは『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』、同じくテレ東金曜深夜の「ドラマ24」は『きのう何食べた?』。実はこれら5作にはある共通点がある。それが「W主演」だ。舞台・ミュージカルではよく聞く「W主演」。ドラマ界でも増加の“なぜ”を追った。

【写真】西島秀俊、スーパーで野菜コーナーを見つめるプライベート姿
◇2人の組み合わせを見てほしいという思い
『白衣の戦士!』は、中条あやみ&水川あさみによるW主演。病院を舞台にしたお仕事コメディだが、そんな看護師ドラマで記憶に残る過去の作品の1つが、観月ありさ主演『ナースのお仕事』(フジテレビ系)だ。 
 同作で話題を集めたのが、観月演じる新米ナース・朝倉いずみと、その指導役である先輩看護師・尾崎翔子を演じた松下由樹の掛け合いだ。そんな新人とベテランの凸凹コンビによって成り立っていた『ナースのお仕事』も、観月の単独主演だった。
 だが今回の『白衣の戦士!』は先述の通り、中条&水川のW主演。こうした背景には、本作が2人の看護師のコンビネーションで繰り広げられることを最初から前面に打ち出そうという意図が見て取れる。つまり何をおいても彼女たちを見てほしいという制作サイドの思いの表れなのであろう。
 
 ちなみに中条は今作が「連ドラ初主演」。これをキャッチコピーにすることもできたはずだが、それよりも知名度や女優の格としては上の水川とのW主演をうたうほうが、“強い”と制作サイドが考えたのではないか。
 
◇恋愛ドラマも「W主演」としたほうが伝わりやすい
 今月5日からスタートした深夜ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。これは同性愛カップルが主人公の物語で、西島秀俊と内野聖陽がW主演を務める。こうした恋愛もので重要なのは、恋人は誰と誰なのかということ。そこで「AとBによるW主演の恋愛ドラマ」と銘打てば、恋する2人が誰なのかを即時に伝えられる。今回のドラマでは、西島と内野がカップルになるという意外性のある構図を一言で解説できるというメリットもあるだろう。
 新・日曜ドラマ『あなたの番です』のW主演は、人気絶頂の田中圭と、奇跡の51歳・原田知世の2人。彼らは夫婦役だ。こちらも「W主演」とすることで、テレビや雑誌などでPRする際、異色の組み合わせをダイレクトに表現できる。
◇幅広いファンを取り込める
 この『あなたの番です』でさらに言えるのは、2人の役者のファンを同時に取り込めるということだ。つまり田中圭のファンだけではなく、原田知世をデビュー当初から知っている同世代もターゲットにできる。
 
『ストロベリーナイト・サーガ』のW主演は二階堂ふみ、KAT-TUN・亀梨和也だ。こちらも似たような“もくろみ”が働いているだろう。二階堂のファンだけではなく、熱狂的な人が多いと言われる亀梨のファンの視聴者も獲得できるのだ。
◇“season1”との差別化を図れる
 
『ストロベリーナイト・サーガ』のルーツはかつて同じフジテレビ系で放送され、ヒットしたドラマ『ストロベリーナイト』である。
 同作で主演を務めていたのは竹内結子。警部補・姫川玲子を演じ、捜査一課殺人犯捜査第十係を率いていた。その部下の巡査部長・菊田和男を演じていたのが西島秀俊。2人によるコンビは人気を博し、劇中では2人一緒になるシーンも多かった。だが彼らが”名バディ”を組んでいたにもかかわらず、同作は「W主演」ではなかった。
 今回の『ストロベリーナイト・サーガ』も二階堂の単独主演だけでも“通り”はいいはずだが、これを二階堂&亀梨としたことは、今作ではより菊田のキャラクターを押し出そうという狙いもあるだろう。
 そんな、「season1」との違いを鮮明にする意図は、『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』でも見て取れる。このW主演は乃木坂46山下美月と、『3年A組』の逢沢博己役で名を馳せた萩原利久。昨年1月期にオンエアされた前作『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』では元乃木坂46・西野七瀬と野村周平の恋愛模様が描かれたが、こちらは西野の単独主演だった(西野はオンエア時、現役メンバー)。
◇映画界でもW主演が急増
 もちろん、これまでもW主演ドラマがなかったわけではない。例えば1988年、社会現象を巻き起こした『抱きしめたい!』(フジテレビ系)は浅野温子、浅野ゆう子のW主演。1993年の『振り返れば奴がいる』(同系)も主演は織田裕二と石黒賢だった。
 だがこれまで述べてきたように、1つのクールにこれだけ「W主演」作品が集中することが今まであっただろうか。
 テレビドラマだけではない。映画界でも「W主演」が“流行っている”。
 
 今年すでに公開されたものだけでも『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、『翔んで埼玉』二階堂ふみ&GACKT、『あの日のオルガン』戸田恵梨香&大原櫻子、『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈、『君は月夜に光り輝く』永野芽郁&北村匠海などがある。
 さらにこの先に封切られる予定、もしくは実写化が発表された「W主演」映画も、横浜流星&中尾暢樹『チア男子!!』、坂口健太郎&吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、三浦貴大&成海璃子『ゴーストマスター』、堤真一&ナインティナイン岡村隆史『決算!忠臣蔵』、松本穂香&渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』、上白石萌音&山崎紘菜『スタートアップ・ガールズ』など多数控えている。
◇突出したカリスマスターの減少も
 こうしたW主演が増えた遠因としては、例えば木村拓哉、米倉涼子、綾瀬はるか、堺雅人らのように単独主演で視聴率、あるいは興行収入が見込めるスターが少なくなっていることもあるだろう。つまり2人タッグを組むことで、力を補い合う狙いだ。今の時代、そうした孤高の存在を立てるよりも「2人」が物語を織りなす作品のほうが、親近感が持たれるのかもしれない。
 ただ結局は、単独主演でもW主演でも、大事なのはそうした”看板”より内容である。「W主演」という聞こえのいい響きを裏切らない作品を期待したいところだ。(芸能ライター・飯山みつる)











出れないな。

TOKIO・松岡昌宏、「何でお前?」とV6・井ノ原に恨み節! 『アド街』めぐり一触即発

2019/04/23 14:50
文=小沢由衣子

こんなに『アド街』愛ある芸能人、山田五郎か松岡昌宏だけでしょ!
 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)。4月21日の放送では、松岡が「大好き」だという番組『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)について語った。
 リスナーから「あるテレビ情報誌を見ていたら、イノッチ(V6・井ノ原快彦)が『「出没!アド街ック天国」にぜひ、松岡を呼びたい』と言っていましたが、オファーがあったら出ますか?」という質問を受け取った松岡は、「言っときますけども、私はですね『アド街ック天国』という番組はですね、少なくとも15年は毎回欠かさず見てるんですね、ええ。大大大ファンなんです! 『アド街』は今でも録画してるんです!」と主張。さらに「今でも俺は、井ノ原が(司会に)なったことは、ちょっと心の中でよく思ってないんですけど。何でお前がやるんだ、っていう」と、番組の大ファンである自分ではなく、井ノ原が選ばれたことに悔しい気持ちがあることも告白した。
 そして松岡は、井ノ原に「早く(番組に)出してくれよ!」とお願いしているものの、「おうおうおう……」と軽くいなされていることも暴露。さらに同番組を作っている制作会社・ハウフルスに「ずっと昔、飼ってた犬を預けてたんです。“ジャズ”という犬を」と、知られざる縁があることも明かした。
 ハウフルスは『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)、『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)などの制作も手がけており、会社は東京・麻布十番にある。松岡は「僕が住んでたマンションの近くのスーパーとかもよく使ってたんです、ロケで。で、ぶっちゃけ映りこんだこともあるぐらい」とハウフルスと“ご近所”だったため、知らずに番組に出演していた経験があるそう。
 その後、松岡は『出没!アド街ック天国』の歴史について一通り語った後、「ぜひ出たいね。どこの街で出りゃいいんだ、俺は。下町? 何か、北海道とかでも出たいけどね、札幌とかね。まぁ、麻布十番? 長いこといたから、麻布十番とか。ま、語れるのはその辺だよね、西麻布とか、うん。六本木、渋谷……」と熟考。そして「お祭り(特集)とかで浅草、上野、両国。その辺も語れるね。月島、清澄白河、門仲、八丁堀、築地……。どこでも出れるじゃん!」と自身の知識に自信を見せ、「呼んでいただけたらと思いますけどもね!」とあらためて番組にラブコールを送ったのだった。
 かなりの熱量で番組への愛を語った松岡。ぜひ『出没!アド街ック天国』に出演し、井ノ原と共演してほしいものだ。
(小沢由衣子)

楽しめるドラマ!

集団左遷!!:福山雅治の“熱い演技”に「新鮮」 三上博史の演技に「圧巻」の声も

2019年04月22日
連続ドラマ「集団左遷!!」に出演している三上博史さん(左)と福山雅治さん
連続ドラマ「集団左遷!!」に出演している三上博史さん(左)と福山雅治さん
 歌手で俳優の福山雅治さんの主演ドラマ「集団左遷!!」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が21日、放送された。廃店が決定している三友銀行蒲田支店の支店長に就任した片岡洋(福山さん)が全力疾走する姿など、作中で見せた熱い演技に、SNSでは「新鮮に感じた」「今までと真逆なイメージ」といった声が、多数上がった。
 さらに、福山さんの表情豊かな演技には「顔芸が初々しい!」「顔芸やってるようにしか見えなくて、面白い」「5分に1回、福山の顔芸が楽しめる」「コミカルな演技が面白い」といったコメントも並んだ。
 また、片岡の最大の宿敵である常務の横山輝生役の三上博史さんの演技には「圧巻の演技!」「舞台サイズの演技力」といった声なども見られた。
 ドラマは、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)が原作。廃店が決定している三友銀行蒲田支店の支店長に就任し、上層部から「頑張らなくてもいい」と命じられた片岡洋が、廃店を知らずに頑張る部下たちの姿を目の当たりにし“大逆転”に挑む……というストーリー。

へぇー。

同性愛「矯正」の恐怖を真正面から見据えた『ある少年の告白』

The Horrors of Gay Conversion Therapy
2019年4月23日(火)15時20分
ジェフリー・ブルーマー
ジャレッド(右)は大学に入り男子学生と恋に落ちる (c) 2018 UNERASED FILM, INC.
<J・エジャートン監督の『ある少年の告白』 意義あるテーマを描いた秀作か、「主張の商品化」か>
映画『ある少年の告白』は明らかにある意図を持って作られており、その意図はいいものに違いない。だから、ちょっと惜しい出来だと言うだけで、辛辣な批判と取る人もいるだろう。
原作は、同性愛者を「矯正する」施設で過ごしたガラルド・コンリーの回顧録だ。アメリカの田舎町で明るい高校生活を送るジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は、本当は男の子が好き。女の子と付き合っても、いざとなると逃げ出してしまう。父(ラッセル・クロウ)は牧師、母(ニコール・キッドマン)は優しい専業主婦だ。
だが、大学進学をきっかけに全てが変わる。ジャレッドは、親しくなった男子学生を本気で好きになる。やがてある暴力的な事件をきっかけに、両親に自らの同性愛を告白。母の運転する車で、同性愛矯正施設に連れていかれる。施設のセラピストに扮するのは、監督・脚本のジョエル・エジャートンだ。
物語はジャレッドの性の目覚め、セラピーの様子、家族のいさかいの記憶などを前後させて描いていくが、気になるのはそれが自然なリズムをつかんでいないこと。重要な意味を持つ、事件の結果も曖昧なままだ。
それでも同じテーマの多くの小説や映画に比べれば、ありきたりな演出を避けている。矯正施設を舞台にしながら80年代の青春映画のようになってしまった『ミスエデュケーション』のような例もある。
『ある少年の告白』では、ジャレッドが出会う入所者たちの痛々しい様子はフラッシュのように現れるだけ。青ざめて凍り付いた表情の少女、いつも泣き出しそうな元フットボール選手、毎日新しいあざができる少年。観客は主人公の経験するままに、施設の様子を経験していく。

これ以上の映画はできるか

施設で行われる肉体的な虐待からも目をそらさない。原作で語られる「葬式」セラピーはさらにエスカレートして、聖書で殴り合う儀式に。セラピーの被害者だけでなく、セラピーは子供のためと信じ切っている人々も重要な存在として描いているのは意義あることだろう。
皮肉な見方をすれば、賞狙いの映画とも言える。オスカー受賞歴のあるキッドマンとクロウをそろえ、主題歌はシガー・ロスのヨンシーとトロイ・シバン(出演もしている)というゲイを公言するミュージシャン2人のコラボ曲だ。
重要な問題だと主張しつつ、賞をいくつかもらおうということか。予告編は「アメリカでは7万7000人が同性愛矯正セラピーを受けている」と説明するが、この「主張の商品化」に気分が悪くなる人もいるだろう。
とはいえ同性愛の矯正について、これ以上にいい映画が今後作られるかは分からない。そのヒントは、2人の俳優の違いにありそうだ。ヘッジズの感情を抑えた演技は目が離せないが、熱を帯びる場面では役に入り切れていない。ガラスケースの中の写真に石を投げ付けたり、父親と対決したりと感情を爆発させるところでは、本物の混乱や恐れが感じられない。
その一方で、小さな役ではあるが、いつも新しいあざをつくっている入所者を演じたグザビエ・ドランは素晴らしい。一瞬の場面でさえ、まなざしにも声にも絶望が感じられ、人間が破壊されていくさまを演じ切っている。彼の中の恐怖や怒りを映画にできれば、同性愛矯正に対する人々の考え方を本当に変えられるかもしれない。
<本誌2019年04月23日号掲載>

へえ〜

米倉涼子が脅威感じる実力派若手女優「やっぱり対抗心が湧いてしまう」

2019年04月22日 21:57
芸能
米倉涼子が脅威感じる実力派若手女優「やっぱり対抗心が湧いてしまう」 女優の米倉涼子 Photo By スポニチ

 米倉涼子が脅威感じる実力派若手女優「やっぱり対抗心が湧いてしまう」
女優の米倉涼子 Photo By スポニチ
 女優の米倉涼子(43)が22日放送のTBS系「1番だけが知っているSP」(後9・00)に出演。脅威を感じる若手女優の名前を告白した。 

 意外にもSNSでエゴサーチする一面があるという米倉。以前は「芝居がうまいわけじゃない」「劣化した」など辛らつな声に傷付くこともあったが、現在は「慣れました」ときっぱり。常にプレッシャーを感じながら女優業と向き合っているという。

 そんな米倉に「脅威を感じる若手女優は?」と番組側が質問。米倉は「やっぱり、大人げなくて対抗心が湧いてしまう」と意識する存在がいることを正直に打ち明けた。

 その女優は実力派若手女優の黒木華(29)。「共演させていただいたときに 全く違う動物として見ていた。種類が違う人間だと思った」とオーラや佇まいに凄みを感じたことを明かした。

 また「絶対に勝てない俳優」としては西田敏行(71)の名を挙げた。「大河ドラマで共演させていただいたとき、初対面の顔合わせで泣いた記憶がある。(演技が)うまくて感動して」と回想していた。







本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事