ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫時事ネタ(エンタメ)

記事検索
検索

(* ̄- ̄)ふ〜ん

「薬物依存俳優」にアメリカ人が超寛容な理由

アベンジャーズ俳優も「依存症」に苦しんだ

違法なドラッグで逮捕されても、アメリカではそれほど騒がれることはない。日本とアメリカでは、なぜこれほど温度差があるのだろか?(写真:Han Myung-Gu/WireImage/GettyImages)
ピエール瀧のコカイン所持逮捕事件が、波紋を呼び続けている。CMの放映は中止され、大河ドラマも別の役者で再撮影されるとのこと。それらをめぐって損害賠償はどうなるのかという話題も聞く。
言うまでもなく、悲しいかなハリウッドは、違法ドラッグがらみのトラブルに関して経験豊かなベテランだ。有名スターがこのような事件で逮捕された場合、アメリカではどれくらいの騒ぎになるのか?

「キャリアが終わる」ことはない

答えを先に言うなら、ほとんど騒がれない。過剰摂取(OD)で命を落とした、あるいは落としそうになったとなれば、もちろん大ニュースだ。だが、逮捕されただけならば、誰も大して驚かないというのが、実際のところなのである。
薬物使用でキャリアが落ち目になったスターも、もちろんいる。しかし、それは逮捕のせいで映画やテレビから締め出されたというより、依存症の影響で職場に迷惑をかけた結果である。遅刻や無断欠勤をする、セリフを覚えてこない、などだ。
そんな人を雇うと振り回されて大変だし、何しろ保険会社が嫌う。ハリウッドでは映画の製作プロジェクトごとに保険に入るのだが、キャストにこういう人物がいると、保険代が桁外れに高くなるのだ。
「アベンジャーズ」「アイアンマン」シリーズでおなじみのロバート・ダウニー・Jr.は、過去に薬物がらみで服役し、出所してきた後、ウディ・アレンから出演をオファーされるも、出演にあたっての高額な保険代が理由で最終的に断られた。
彼の場合は、親しい友人メル・ギブソンが、「保険代は自分の懐から出す」と、自らプロデューサーも兼任する映画『The Singing Detective(日本未公開)』に出させてくれたおかげで、復活の機会を与えられている。リンジー・ローハンも、保険が高くなりすぎて「事実上雇えない人」のハンコを押された1人だ。
1990年代末に、コカイン所持で何度か逮捕されたチャーリー・シーンは、きちんと更生しないまま、2000年代にコメディー番組「Two and a Half Men」でキャリアのピークを謳歌するも、12カ月の間に3度も依存症更生プログラムのため撮影を停止するなど、迷惑をかけ続けた。それでも製作側は我慢し続けてくれたのに、シーンが反省しないばかりか、揚げ句に番組のクリエーターの悪口を公にぶちまけたため、ついにクビになっている。
人気コメディードラマ「フレンズ」で6人いる主役の1人、チャンドラーを演じたマシュー・ペリーも、放映中、薬物依存症で更生施設に入所したり、その影響で体重が極端に増減したりしたが、番組にはそのまま出演し続けた。
ゴールデンタイムに放映される子どもも見る国民的人気番組だったが、追い出されなかったのだ。アメリカではとりあえず時間どおりに現場に来て仕事をこなせるなら回復を見守るというのが、基本的な姿勢なのだろう。番組の視聴者からも、そのことに対する異議は聞かれていない。
それでも、ペリーは、「フレンズ」のシーズンの合間に映画を撮影した折、途中で依存症が悪化して治療のためにロケ地を抜け、ロサンゼルスに戻るということをしている。それによって、製作予算にも影響が出ているはずだ。
ダウニー・Jr.も、ドラマ「アリーmy Love」出演中に薬物がらみの警察沙汰で出演を続けられなくなったことがあった。だが、そのどちらのときも、シーンが「Two and a Half Men 」を急きょクビになったときも、損害賠償はどうなるのか、などという話題は出ていない。おそらく、契約書ではあらゆる場合が想定され、対応が決められているのだろう。

薬物によって亡くなった場合どうする?

撮影中にODで死んでしまったという場合も、はたしてどうやって撮影を続けるのか、という物理的な部分の話は出ても、この人のせいで出る損失をどうするか、という話はまず聞かない。実際にそのような問題で頭を抱える人はいるのだろうが、誰かが亡くなったときにそんな話を出すのは不謹慎だという配慮と思われる。
2008年に急性薬物中毒で亡くなったヒース・レジャーの主演作『Dr. パルナサスの鏡』は、レジャーの友人だったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が代役を務めることで完成した。3人はギャラをレジャーの娘に寄付している。
フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったとき、『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』を撮影中だったが、彼の出演シーンはほとんど撮影が済んでおり、残りは脚本の書き換えで対応した。
それらの映画が公開されたとき、人々は、純粋に彼らに敬意を捧げ、才能ある人を失ったことを悲しんでいる。違法ドラッグをやるから悪いのだというような声はまるで出ないし、レジャーは死後に『ダークナイト』でオスカー助演男優賞を受賞してもいる。
リバー・フェニックス、ジョン・べルーシ、ホイットニー・ヒューストン、クリス・ファーレイなど、ハリウッドはあまりにも多くの人々をドラッグのせいで失ってきているがために、この悲しい現実を人は受け入れ、「また起きてしまったのか」と、ただやるせなさを感じるのかもしれない。
だからこそか、アメリカはまた、カムバックストーリーを非常に愛する。代表の1人は、ドリュー・バリモアだ。明るくチャーミングな彼女が、13歳で依存症更生施設に入ったことは、もはや知らない人のほうが多いかもしれないが、彼女は自分のそんな時代についての回想録も出版している。2000年代半ばに何度かヘロインほかの薬物所持で逮捕されたニコール・リッチーも、今では幸せな妻、母として、好感をもたれる存在になった。

アイアンマンを悩ます悪魔

そんな中でも、やはりいちばんはダウニー・Jr.だろう。6歳のときに依存症の父からマリフアナを教わり、若い時期をドラッグとアルコール漬けで過ごしてきた彼は、2003年にきっぱりと薬物を捨て、カリフォルニア州知事から恩赦も受けた。しかし、そうやって暗い過去とすっかりさよならできるかと思いきや、そうもいかなかった。
ロサンゼルス・レイカーズの試合を観戦するロバート・ダウニー・Jr.と長男のインディオ=2008年ロサンゼルス(写真:Noel Vasquez/GettyImages)
今度は彼の長男でミュージシャンのインディオがコカイン所持で逮捕され、治療を受けることになったのだ(2016年には、リハビリを終了したとのこと)。アイアンマンをもってしても、薬物という悪をやっつけるのは難しいのである。
悪魔はいつも、すぐ隣にいて、優しくほほ笑んでいるのだ。自分は打ち勝っても、次にわが子や友達が狙われるかもしれない。その戦いにハリウッドが打ち勝つ日は、はたして来るのだろうか。

開くトラックバック(0)

こじつけやん!

ノートルダム大聖堂火災で密かに注目 “ブラタモリの呪い”って何だ?

4/22(月) 6:00
デイリー新潮
ノートルダム大聖堂火災で密かに注目 “ブラタモリの呪い”って何だ?

ノートルダム大聖堂火災で密かに注目 “ブラタモリの呪い”って何だ?
タモリ
 4月16日朝(日本時間)、フランス・パリのノートルダム大聖堂が炎上しているのを見て衝撃を受けた人は多いだろう。年間1300万人もの観光客が訪れ、その周辺は世界遺産として有名だ。そこへ行ったことはないけれど、親しみを覚えている日本人も少なくない。ちょうど2カ月前、「ブラタモリ」(NHK総合)で、タモリたちがこの地を訪れたばかりだったからだ。

 そして「またか……」と背筋が寒くなった人も少なからずいたはずだ。人はそれを、“ブラタモリの呪い”と呼ぶ――。

 ***
 09年からレギュラー放送が始まった「ブラタモリ」。タモリ(73)が司会を務めていた「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系:82年10月4日〜14年3月31日)が放送されていた頃は、東京周辺ばかりを歩いていたが、いまや全国区、いや今年からは世界を股にかけた番組になった。

 1月12日と19日は、番組初の海外ロケとしてイタリア・ローマを、そして2月16日と23日にはパリを紹介した。

 お題は「なぜパリは“華の都”になった?」で、案内人に在仏の文筆家・森田けいこさんらを起用した。

 まず向かったのが、パリの中心を流れるセーヌ川の中洲・シテ島だった。長さ1キロ、幅300メートルほどの小さな島だが、草なぎ剛のナレーションによると「紀元前3世紀から人が暮らし始めたパリ発祥の地であり、セーヌ川を利用した水運の拠点」だったという。さらに、この“シテ”がCITYの語源とか。

 その島の中心にそびえるのが、ノートルダム大聖堂である。博識のタモリも最初はあまりに近くから見上げたために、何の建物かわからなかった。横から、正面から、きっちりと建物をとらえた映像は、ひょっとすると日本では最後の大聖堂の姿かもしれない。さすが、NHKである。

草なぎ:ここは数々の映画の舞台にもなった、パリを代表する観光名所。そしてこの場所にシテ島がパリの中心だという証拠があるんです。探してみましょう! 

 と、大聖堂の正面に埋め込まれた星印を見つける。ここがポイントゼロだという。

草なぎ:ここは18世紀に定められたフランス中の道路の基点。いわば、シテ島が中心地だという証拠なんです。パリは紀元前3世紀に歴史が始まり、それから何と2000年以上、シテ島を中心に町が発展。ヨーロッパで同じ場所を中心に2000年も発展し続けた都市は非常に珍しいんです。

 なるほど、なるほど。そして大聖堂の前で、案内役の森田さんが解説を引き継ぐ。

森田:しかし、パリでは同じ場所を中心にして発展したために、19世紀には非常に困った事態が起こることになるんですね。続いては、それがよくわかる場所へと向かいたいと思います。

 慌てて、林田理沙(20)アナが口を挟む。

林田:あっ、(ノートルダムの)中には入らない? 

 残念そうな顔で森田さんが答える。

森田:入れないんです。それはこちら(スタッフが)決めたことです! 
人気なのに不運続き

 スタッフ一同の笑い声が、森田さんの訴えに被る――。いやいや、笑っている場合じゃないぞ、NHK。ここで内部をちゃんと撮っていれば、貴重な映像となったはずだ。だが、業界関係者は、「入らなくて正解」と言うのである。

「大聖堂の内部までしっかり撮っていたら、今回の火災は尖塔や屋根だけでは済まなかったかもしれません。もちろん業界内で言われている冗談ですが、それほど『ブラタモリの呪い』は有名なんです」

 振り返れば、番組開始当初から不運が続いた。

「そもそも、レギュラー放送が始まる前年08年に作られたパイロット版『原宿(表参道)』は放送延期されています。当初は11月23日放送予定だったのですが、その直前に起きた元厚生事務次官宅連続襲撃事件の容疑者が当日に逮捕。そのため特別報道番組に差し替えられてしまい、パイロット版は結局12月に放送されました。さらに……」

●10年10月21日放送「新宿 水道編」
 鹿児島県奄美大島で記録的豪雨のため、ニュースを延長。放送時間が繰り下げられる。

●11年3月17日「渋谷」
 3月11日に発生した東日本大震災で、特別報道体制が組まれたために31日に延期。

●15年9月12日「博多〜博多誕生のカギは「高低差」にあり!?〜」
 栃木県の鬼怒川決壊による「NHKスペシャル」放送のため、翌週に延期された。

●16年4月16日「京都・嵐山〜嵐山はナゼ美しい!?〜」
 4月14日と放送当日16日に発生した熊本地震のため、「NHKスペシャル」を放送。2週間後に延期された。

●18年7月7日「関門海峡・下関〜関門海峡はなぜ“関門”? 〜」
 「平成30年7月豪雨」のためにニュースを延長。翌週に延期された。

 NHKなので、大きな事件や災害があれば、延期もある意味仕方がない。

「そうなんですけどね、ただ近年はロケで訪れた場所に災いが起こると噂されているんです。それをある夕刊紙は短い記事にしたこともある。例えば、15年6月20日に『小江戸・川越編』として埼玉県川越市が放送されていますが、その翌日に小江戸の名物である菓子屋横町で火災が発生し、11棟が焼けました。また、16年4月には熊本地震で放送が延期されたが、その直前には2週(3月19日、4月2日)にわたって『熊本編』が放送され、再放送が見送られています(編集部註・のちに視聴者からの要望で再放送が実現)。博多ロケに行き、駅前が大陥没したことも、別府温泉を放送したあとには、別府の遊園地で消毒液の取り違い事件があったり……」(同・業界関係者)

 博多の大陥没と別府の事件は、放送からずいぶん時間が経ってからのことだ。

「まあ、言ったらキリがないかもしれませんけど、今回の火災については本当に驚きました。わざわざ海外までロケに行って、放送2カ月後に、紹介した歴史的建造物が火災に遭うなんて、そうそうあることじゃありませんよ」(同・業界関係者)

 人気番組ゆえのヘンなウワサか。

週刊新潮WEB取材班

「週刊新潮」2019年4月22日 掲載
































































開くトラックバック(0)

へぇ〜

広瀬すず、戸田恵梨香が敢えて激太り!! 「デ・ニーロ・アプローチ」の危険性

エンタメ2019.04.20
     
広瀬すず、戸田恵梨香が敢えて激太り!! 「デ・ニーロ・アプローチ」の危険性の画像1
戸田恵梨香オフィシャルインスタグラムアカウントより
 2019年上半期のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(主演:広瀬すず)が今月1日から放送開始したばかりだが、早くも2019年下半期の連続テレビ小説『スカーレット』(主演:戸田恵梨香)の撮影が始まっている。
『スカーレット』は、戦後すぐの混沌とした時代から高度経済成長期までの時代を舞台に、男性社会の陶芸の世界で女流陶芸家の草分けとして歩むヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の人生を描く。
 戸田恵梨香は現在30歳だが、ドラマの序盤では15歳のときの主人公を演じることになる。主人公の人生を長いスパンで描く大河ドラマや朝ドラではよくあることではあるが、彼女はこの難題に対してある秘策を練ったようだ。
 それは、体重増加である。中学卒業を間近に控えて就職先の会社に挨拶に行く第2話の現場写真が公開されているのだが、そこに映った戸田恵梨香の姿に多くの人は驚いた。戸田はまるで別人のように太り、?もぷくぷくと丸みを帯びていたのだ。
 スレンダーなイメージを覆す姿だが、しかし、あか抜けない中学生の印象を獲得することには確実に成功している。
 朝ドラといえば『なつぞら』ヒロインの広瀬すずも役づくりのために体重を増やしているようだ。
「女性自身」(光文社)によれば、田舎の純朴で活発な女の子の印象が出るように3kg増量したという。意識して甘いものを食べるようにして体重を増やし、いまは食べ過ぎてしまうのを我慢してコントロールするのに苦労しているそうだ。
 同じアプローチは、2017年上半期の朝ドラ『ひよっこ』で主演を務めた有村架純も採用している。彼女は上京前のシーンを撮影しているときは敢えて5kg増量し、上京後のシーンでは増やした分を一気にダイエット。都会に暮らしてどんどん美しくなっていく過程を表現できるようにしたという。

デ・ニーロ・アプローチは危険!?

 このように役に合わせて体重を増減させるアプローチを、ロバート・デ・ニーロにちなんで「デ・ニーロ・アプローチ」と呼ぶ。
 ロバート・デ・ニーロは役づくりのために25kg増量したり、頭髪を抜いたりと、身体を張る手法を使ったことからこういった通称がついているのだが、現在の映画界で最も過激な「デ・ニーロ・アプローチ」の体現者はアカデミー賞俳優のクリスチャン・ベールだろう。
 クリスチャン・ベールは、『マシニスト』(2004年)にて不眠症で衰弱していくキャラクターを演じるために29kg減量し、その直後に『バットマン ビギンズ』(2005年)でバットマンを演じるため45kg増量。骨と皮だけのガリガリな体型から筋骨隆々の身体へとわずか半年でつくり変えた。

開くトラックバック(0)

俳優の中尾明慶が、21日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、2017年に未成年女性との不祥事で活動休止中の俳優・小出恵介について語る場面があった。
中尾明慶
中尾明慶
中尾は、2008年放送のTBS系ドラマ『ROOKIES』などで小出と共演。Netflixオリジナルドラマ『Jimmy 〜アホみたいなホンマの話〜』でも共演していたが、不祥事が発覚したことで小出は降板し、玉山鉄二を代役に立てて撮り直しが行われた。
この日、タイガー・ウッズ選手の「奇跡の復活劇」が取り上げられ、中尾は「日本だとどこまで受け入れてもらえるのか。今の世の中だと、ちょっと何かをしちゃった時に、救いの手を差し伸べない世の中な気がしてしまっているので」とアメリカの方が寛容だと感じている様子。
司会の東野幸治から小出の『Jimmy』降板についてコメントを求められると、「僕は彼と他のドラマでも共演していた。『ROOKIES』という作品でも一緒にやっていたので、彼のお芝居の実力はすばらしいものがある」と褒めつつ、「ただ、ここで『いつか一緒にお芝居をしたい』と言うと、そこもまた受け入れてもらえない。『そんなこと言ってるんじゃないよ』という世の中じゃないですか? 彼はそこはちゃんと反省はしなきゃいけないけど……難しい」と複雑な胸の内を明かしていた。

開くトラックバック(0)

ふんふん!

スポニチアネックス
YOSHIKI「何これ」 ディナーショーチケットが18万円超 高額転売に警鐘

YOSHIKI「何これ」 ディナーショーチケットが18万円超 高額転売に警鐘
「X JAPAN」のYOSHIKI
 X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が19日、8月に開催される自らのディナーショーのチケットが高額転売されている現状に「何これ。。転売はやめましょう」と警鐘を鳴らした。

 ディナーショーのチケットの定価は7万5600〜8万6400円。一方、インターネット上の高額転売の取引額は18万円以上にのぼるものもある。ファンの声で現状を知ったYOSHIKIは自身のツイッターで「何これ。。転売はやめましょう」と反応。ファンに高額転売しないよう呼びかけた。

 YOSHIKIのディナーショー「EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO」は8月に東京・グランドハイアット東京で全12公演を予定。未発表の新曲をはじめ、米ゴールデングローブのテーマ曲、X JAPANの「紅」「FOREVER LOVE」「ENDLESS RAIN」などが披露される予定。また、YOSHIKI自ら手がけるワインが振舞われるほか、バレエ団とのコラボやファッションショー、私物のチャリティーオークションなども計画されており、手土産もついている。

 これまでもYOSHIKIはチケットの高額転売に反対するアーティスト、団体の声明に賛同するなど、こうした問題に厳しい姿勢を貫いてきた。今回の件についてスタッフはファンに向けて「情報ありがとうございます。至急検討します」と返信している。







開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事