ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫時事ネタ(アメリカ・ビジネス)

記事検索
検索

ほうほう。

ルルレモン、2019年はフットウェアでナイキ、アディダスに戦いを挑む

ルルレモン
ルルレモンの主力商品はこれまで、女性向けのヨガ・パンツやワークアウト・アイテムだった。
Facebook/Lululemon
  • ルルレモン(Lululemon)のCEO、カルバン・マクドナルド(Calvin McDonald)氏は4月24日(現地時間)、同社が2019年、フットウェア市場に参入する計画であることを発表した。
  • ルルレモンの主力商品はこれまで、女性向けのヨガ・パンツやワークアウト・アイテムだったが、市場の競争が激しさを増すにつれ、同社はカテゴリーを多様化させてきた。
  • メンズウェア事業の拡大や、アマゾンの「プライム」のような会員プログラムの導入もその一環だ。
アスレジャー市場の競争が激しさを増す中、ルルレモンはナイキ(Nike)やアディダス(Adidas)の得意分野に切り込もうとしている。
ルルレモンのCEO、カルバン・マクドナルド氏は4月24日、同ブランドが2019年にフットウェア市場に参入する計画で、新商品を試している段階だと発表した。
ルルレモンが独自のフットウェア・コレクションを立ち上げるのは、これが初めてだ。同社は以前、スニーカー・ブランドの「APL(Athletic Propulsion Labs)」と協力してスニーカーを作っていて、今もオンラインショップや一部店舗で販売されている。
マクドナルド氏は「我々はこのコラボレーションを通じて、多くを学んだ」と言い、「我々にとってユニークなチャンスを市場に見つけたと信じている」と語った。
ルルレモンはこれまで、女性向けのヨガ・パンツやワークアウト・アイテムで知られてきた。だが、競争が激しさを増すにつれ、カテゴリーを増やし、多様化させることで、業界をリードするナイキやアディダス、アンダーアーマー(Under Armour)から市場シェアを奪おうとしている。
メンズウェア事業を2020年までに10億ドル規模に成長させるという取り組みや、新たなセルフケア・コレクションの立ち上げ、カジュアル・ウェアの充実もその一環だ。ルルレモンは24日、メンズウェアの売り上げが2023年までに2倍以上になるとの見込みを示した。
世界初、360度UVブロックはなぜ生まれたか
Sponsored
世界初、360度UVブロックはなぜ生まれたか
そして、同社のこうした取り組みは効果は生んでいるようだ。ルルレモンは3月下旬、第4四半期と2018年通期の業績が好調だったと報告した。同社の為替換算調整後の既存店売り上げは前の年に比べて17%増と、史上最も好調な1年になったと、マクドナルド氏は決算発表で述べた。

へぇー。

米マクドナルドが海外の人気商品をメニューに追加、内部文書で判明

米マクドナルド、海外の人気商品をメニューに追加
米マクドナルドの今夏の新メニューには、スペインのグランドマックエクストリームベーコンバーガー、オランダのストロープワッフルマックフルーリーなど。
McDonald's
  • 米マクドナルドは、海外の人気商品をアメリカに導入する。
  • 新メニューは、スペインのグランドマックエクストリームベーコンバーガー、オランダのストロープワッフルマックフルーリーなど。チージーベーコンフライも復活する。
  • 一方、高価格で豪華な「シグネチャークラフティッド」シリーズは販売終了となる。
米マクドナルドは世界各国で大ヒットした人気商品をアメリカのメニューに追加する。
Business Insiderが入手した内部文書によると、6月はじめに同社は4品の「Worldwide Favorites(世界の人気商品)」をメニューに追加する予定。
新メニューは、スペインの「グランドマックエクストリームベーコンバーガー」、オランダの「ストロープワッフルマックフルーリー」、カナダの「トマトモッツァレラチキンサンドイッチ」、オーストラリアの「チージーベーコンフライ」。
我々はマクドナルドにコメントを求めたところ、同社広報はオランダ語で「Geen commentaar」とメールで回答した。「ノーコメント」という意味だ。
米マクドナルドは、グランドマックエクストリームとストロープワッフルマックフルーリーを2018年、南フロリダの50店舗でテストした。また同じ店舗でマレーシアの「BBQマックシェイカーフライ」と香港の「マックスパイシー チキン」もテストしたが、これらは今回の全米展開には登場しない。
フロリダでテストされたグランドマックエクストリームは、生肉のパティを使ったクォーターパウンダーで、マックベーコンソース、ベーコン、ゴーダチーズ、スライスオニオン入り。
ストロープワッフルマックフルーリーは、バニラ味のソフトなマックフルーリーで、ストロープワッフルと呼ばれるキャラメルワッフルクッキーと、キャラメルソースがかかっている。
BIツールが働き方改革に不可欠な理由
Sponsored
BIツールが働き方改革に不可欠な理由
カナダのマクドナルドで提供されているトマトモッツァレラ チキンサンドイッチ。
カナダのマクドナルドで提供されているトマトモッツァレラ チキンサンドイッチ。
McDonald's Canada
カナダで提供されているトマトモッツァレラチキンサンドイッチは、鶏胸肉にオニオン、レタス、トマト、モッツァレラチーズ、トマトハーブソース。チージーベーコンフライは、2019年初めに提供された期間限定メニューとほぼ同じ。
新しく導入されるWorldwide Favoritesは同時にマクドナルドの現行メニューに影響を与える。「シグネチャークラフティッド」シリーズは6月はじめにメニューから消える。マクドナルドは同シリーズの販売終了を認めた。
Business Insiderが入手した内部文書によると、シグネチャークラフティッドの販売終了の理由は「商品数の削減」。
「シグネチャークラフティッド シリーズで、我々は生肉パティを使ったクォーターパウンダーと、広く知られ愛されているクラシックなトッピングのさらなる楽しみ方を紹介した」と同社はプレスリリースで述べた。
「フィードバックに基づき、シグネチャークラフティッド シリーズをメニューから削除する」

さて?

テスラ以外の車を買うことはばかげている ── テスラ、2020年に100万台の「ロボ・タクシー」

テスラのイーロン・マスクCEO
テスラのイーロン・マスクCEO。
AP Photo/Jae C. Hong
  • 4月22日(現地時間)、テスライーロン・マスクCEOはテスラ車を使った自動タクシー「ロボ・タクシー」でウーバーやリフトと戦う計画を明らかにした。
  • マスク氏は「2020年に100万台のロボ・タクシーを走らせる」と述べた。
  • マスク氏によると、ロボ・タクシーはウーバーやリフトよりも極めて安価な料金になる。一方、車を提供したオーナーは年間3万ドルを稼ぐことができる。
  • 「今日、消費者が受け取るべき基本的なメッセージは、経済的に考えるとテスラ以外の車を買うことはばかげているということ」とマスク氏は述べた。
テスラは配車サービスを制覇する計画にすべてをかける。
4月22日(現地時間)、テスラのイーロン・マスクCEOはテスラ車を活用した自動タクシーでウーバーやリフトと戦う計画を明らかにした。
同氏が「ロボ・タクシー」と呼んだものは、基本的には自動運転機能を備えた、既存のテスラ車のこと。テスラ車のオーナーはただ同社のアプリを使ってネットワークに登録するだけで、自分の車をロボ・タクシーにできる。
マスク氏は「2020年に100万台のロボ・タクシーを走らせる」と述べた。
ロボ・タクシーを発表するマスクCEO
Business Insider / Screenshot
利用者は同様にテスラのアプリを使ってロボ・タクシーを呼ぶことができる ── ウーバーやリフトを呼ぶこととほぼ同じ。大きな違いは、車にドライバーがいないこと。
マスク氏は当局の規制があり、アメリカのすべての地域でこの未来的な取り組みがそのまま進められないことを認識している。だが同氏は、2020年にアメリカ国内のどこかでロボ・タクシーをスタートさせることに「極めて自信を持っている」と語った。
マスク氏はまた、ロボ・タクシーの利用料金は大幅に安くなると予測した。現在、配車サービスの平均的な料金は1マイルあたり約2〜3ドル。一方、同氏はテスラの計画では1マイルあたり0.18ドル以下になると述べた。
エンジニアが変わる。たった一つの仕掛けとは?
Sponsored
エンジニアが変わる。たった一つの仕掛けとは?
さらに、テスラ車のオーナーにとっては、大きな収入源にもなるとマスク氏は語った。同氏によると、1台あたり約3万ドル(約330万円)を稼ぐことができる。所有期間全体での収入は数十万ドル以上になる。
「今日、消費者が受け取るべき基本的なメッセージは、経済的に考えるとテスラ以外の車を買うことはばかげているということ」とマスク氏。
「車の購入は3年間、馬を所有するようなもの。つまり、あなたが馬を所有したいのであれば、それでいい。だが、期待を持って購入すべきだ」
ロボ・タクシーを発表するマスクCEO
Business Insider / Screenshot
テスラのイベント「Autonomous Day」は同社の決算発表の2日前に開催された。金融街には、イベントは第1四半期の不振を投資家の目から逸らすことが目的と言う人もいた。ロボ・タクシーの発表は3月のリフトのIPOと、5月と想定されているウーバーのIPOの間のタイミングで行われた。

ほうほう。

最も脆弱なパスワードは「123456」 英調査

  •  
「123456」や「password」をパスワードとして使用する人が多かった/Lifestyle discover/Shutterstock
「123456」や「password」をパスワードとして使用する人が多かった/Lifestyle discover/Shutterstock
(CNN Business) もし、パスワードとして「123456」を利用しているなら、そろそろ変更を考えたほうがいいかもしれない。英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)がこのほど明らかにした調査結果によれば、最も脆弱(ぜいじゃく)なパスワードが「123456」だった。
NCSCが破られた世界中のアカウントを分析し、調査結果を発表した。
これによれば、「123456」を利用していたアカウントは2320万件にのぼった。「123456789」を利用していたのは770万件。「qwerty」や「password」を使っていたアカウントはそれぞれ300万件超だった。
また、「ashley」や「michael」といった名前も利用頻度が高かった。そのほか、「daniel」や「jessica」「charlie」といった名前の頻度も高かった。
イングランド1部プレミアリーグに所属するサッカーチームでは、「リバプール(liverpool)」が、「チェルシー(chelsea)」や「アーセナル(arsenal)」、「マンチェスター・ユナイテッド(manutd)」などを抜いて最も使用頻度が高かった。
米プロフットボール(NFL)の所属チームの中で最も使われたのは、「ダラス・カウボーイズ(cowboys1)」。
曜日では「日曜日(sunday)」が最も多く利用され、月別では「8月(august)」が最も多く採用されていた。
NCSCは、アカウントが破られるリスクの低減に向けて、ランダムかつ記憶可能な単語3つを利用するよう勧めている。
以下は最も多かったパスワード上位10件
1位:123456
2位:123456789
3位:qwerty
4位:password
5位:111111
6位:12345678
7位:abc123
8位:1234567
9位:password1
10位:12345

ふんふん。

売り上げ1兆円突破、アドビがサブスク化に成功した理由。幹部が語った「データ重視経営」の核心

001
2018年のAdobe MAXで、アドビはCreative Cloud向け「Photoshop for iPad」を2019年に投入するとアナウンスした。
日本語で「フォトショする」と表現するのと同じように、英語でも「Photoshop」が動詞として成り立つくらい、写真編集ツールのスタンダードとしての地位を得ているのが、アドビのソフトウェア「Photoshop」だ。
従来の売り切り型のビジネスモデルから、サブスクリプション型(月額課金)ビジネスモデルへの大胆な移行が成功し、アドビの決算は好調だ。
10月から始まるアドビの会計年度で、2015年度に47億9600万ドルだった売り上げは、2016年度には58億5400万ドルに、2017年度には73億150万ドル、そして直近の2018年度には90億3000万ドルへと、年率20%を超える成長を続けている。創業36周年の歴史あるIT企業がこれだけの成長率を実現していることは驚異的と言っていい。
そのサブスクリプション型への移行をリードした、アドビ上級副社長 兼 デジタルメディア事業部門 事業本部長 ブライアン・ラムキン氏は、成功の秘密を、徹底的にデータに向き合う「データ重視経営」にあると説明した。

ソフトの世界で終焉を迎える「売り切り型」ビジネスモデル

shutterstock_1241582374
アドビのサンノゼオフィス。
Shutterstock
モバイルでの高速インターネットやスマホアプリの月額課金が日常的になった今では、冗談のように聞こえるかもしれないが、2010年代に入るまで、ソフトウェアは店頭やECサイトで数万円を支払って「箱で購入する」のが当たり前の光景だった。
実際、アドビも2011年以前は、クリエイターツールの「Photoshop」や「Illustrator」を単体、もしくはスイート(Adobe Creative Suite)と呼ばれる複数ツールをセットにした形でボックス売りし、これが同社のビジネスを支えていた。
002-1
アドビのソフトウェアビジネスモデルは永続型ライセンスモデルからクラウドベースのサブスクリプション型へと変革してきた。
アドビ
ところが2011年、アドビはCreative Cloudと呼ばれるサブスクリプション型の「年間契約のライセンス形態」に移行することを発表した(日本では2012年4月23日より提供を開始)。
実際にはその後、Adobe Creative Suiteも併売されていたため、いきなりサブスクリプション型に完全移行したわけではない。
しかし、ここ数年の最新版はCreative Cloudのみで提供しており、現時点ではほぼ完全にCreative Cloudへの移行を実現したと言っていい。

「イノベーション」の速度が変わってきた

003
アドビ上級副社長 兼 デジタルメディア事業部門 事業本部長 ブライアン・ラムキン氏。
なぜアドビはサブスクリプション型に移行したのか? その理由についてアドビ上級副社長 兼 デジタルメディア事業部門 事業本部長 ブライアン・ラムキン氏は、
「従来の永続型ライセンスでは、流通の関係などもあり18〜24カ月に一度、新しいフラッグシップアプリを発売する開発サイクルになります。
(つまり)仮に新機能を開発して、ユーザーにいち早く提供したいと思っていても、そのサイクルに合わせてリリースする必要があった。当時はこのタイミングで良かったのですが、今はイノベーションのスピードが加速しており、それでは十分ではありません」
と説明する。
PA133252
iPad版Photoshopの操作イメージ。PC版の機能をほぼ完全再現する意気込みの作り込みは、サブスクリプション型ビジネスだから取り組める「資本投下」のたまものだ。
撮影:伊藤有
従来のボックス売りのビジネスモデルが18〜24カ月という発売サイクルをとっていた背景には、コンピューター業界(ハードウェア)の新製品サイクルが大きく影響している。当時はパソコンも、有名な「ムーアの法則」(18〜24カ月ごとに、1つの半導体に集積できるトランジスタ数が倍になるという経済原則)に従って18〜24カ月に一度、最新モデルが登場していた。このサイクルでソフトウェアも含めてPC業界全体が回っており、これに沿って新製品を投入することは当たり前だった。
しかし、それもアドビがサブスクリプション型への移行を決めた2011年頃から大きく変わってきている。最大の要因はスマートフォンの隆盛だ。スマートフォンは一般消費者が利用する電話から、生産性を重視するオフィスワーカーやクリエイターも使うツールへと進化した。
スマートフォンではAppStoreでソフトウェアが提供され、早いところは日々、遅くとも月単位でアップデートがかかるのが当たり前だ。そうした中で、ボックス売りの18〜24カ月アップデートを続けていれば、その勢いについて行くことができなくなる。イノベーションから取り残されるということになりかねない。
エンジニアが変わる。たった一つの仕掛けとは?
Sponsored
エンジニアが変わる。たった一つの仕掛けとは?

サブスク化には社内からも「多くの反対があった」

004
2019年中にはPhotoshop for iPadを提供する計画。
だが、「この更新サイクルでは遅すぎる」というのは、今になったから言えることだ。
サブスクリプション型へ移行すると決めた当時には、ユーザー(顧客)に加え、従業員からも多くの反対にあったとラムキン氏は言う。
「誰にとっても変化を受け入れるのは難しい。毎日使っているツールが新しい形になるとしたら不満を感じるのは当然だろう。しかし同時に、実はその方々こそイノベーションを必要としていた。従って、我々はお客様に対してはこんなイノベーションができますとデモをし、コミットメントすることで理解を得ていった」
サブスクリプション型へ移行することで、ソフトウェアのバージョンアップは毎月、場合によってはもっと短いサイクルでできるようになった。この結果、ユーザーが新しい機能を利用できるようになるまでの期間が圧倒的に短くなった。
005-1
アドビのマシンラーニングベースのAI「Adobe Sensei」はCreative Cloudのアプリケーションの自動化処理などに使われている。
Adobe
そしてCreative Cloudの名前からもわかるように、サービスの基本はクラウド経由で提供するようにしたため、モバイル(スマートフォン、タブレット)にアプリケーションを提供することも容易になった。
このため、アップルのiPhone/iPadとAndroid向けのモバイルアプリを提供し、外出先ではそれらのモバイルアプリを、自宅や会社に帰ってきたらPCのデスクトップアプリをという新しい使い方が提案できるようになった。
さらに2016年にはCreative CloudにクラウドベースのAIサービス「Adobe Sensei」を導入し、PhotoshopなどCreative Cloudのアプリケーションでの定型処理をAIが自動で行う機能なども実現した。いずれもサブスクリプション型へと移行したからこそ提供できるイノベーションだ。
この決断が正しかったことはユーザー数からも明らかだ。売り切り型の時代、ユーザー数は数百万の規模だったが、今や数千万の規模へと「桁が1つ上がった」とラムキン氏は説明する。
006-1
現在エンタープライズでもCreative Cloudの契約数は増える一方。ここであげられた業界のトップ10企業の一角には、アドビが食い込んでいる。
アドビ

Experience Cloudで「従業員の評価手法」を変えるビジネス

007
3月に行われたAdobe Summitで講演するアドビCEOのシャンタヌ・ナラヤン氏。
実はこのユーザー数の大幅な増加こそが、アドビの社内、つまり従業員がCreative Cloudへの移行を支持するようになる鍵だったという。
従来の永続型ライセンスの場合には、売り上げのほとんどは新バージョンの投入時に集中する。そこに大きな山があり、そこから徐々に減っていき、次期バージョン発売時のアップグレードクーポンのバンドルで最後に少し盛り上がって終了する。これが基本的な販売サイクルだ。
この場合のKPI(Key Performance Indicator、企業などで従業員やチームが実現すべき目標となる数値のこと)に関して「従来は“アップグレード率”と“永続ライセンスの売り上げ”だけがKPIだった」とラムキン氏。
しかし、サブスクリプション型に移行すると、そのKPIは利用できない。サブスクリプション型では契約期間中であれば無償でアップグレードできるし、永続ライセンスはなくなるので、その売り上げという数値もなくなるからだ。
008
Adobe Experience Cloudでアドビが提唱しているデータ・ドリブン・オペレーティング・モデル(DDOM)。
Adobe
「ユーザーに接触するポイントすべてにKPIを設定できるDDOM(Data-Driven Operating Model)という考え方を導入した(データ重視型の評価指標に切り替えた)。
Creative Cloudに興味を持ってアドビのウェブサイトを訪問するユーザーがどこから来るのか。体験版をダウンロードしたユーザー数、その体験版から有料プランへ移行したユーザーは何パーセントなのか。もちろん、契約中のユーザーが更新した割合は何パーセントなのかなどにもKPIを設定している」(ラムキン氏)
009
Adobe Summit 2019でのデモ、従業員の端末でこうした数字が一目瞭然に確認できる。
アドビがこうしたシステムを実現できている背景には、アドビが提供するデジタルマーケティング支援ツール「Adobe Experience Cloud」を自社でも使っているという背景がある。
ラムキン氏が言うDDOMは、アドビCEOのシャンタヌ・ナラヤン氏が、3月末に行われたAdobe Summitでも多くの時間を割いて説明した、Adobe Experience Cloudの最も基本となる部分だ。データドリブン型の経営が今、アドビだけでなく多くの企業で注目されている。
このAdobe Experience CloudのDDOMを自社経営にも適用していくことで、CEOやラムキン氏のような経営幹部だけでなく、現場の担当者レベルでも、現在会社でどのようなことが起きているのか数字で一目瞭然となる。
アドビはAdobe Experience CloudをテーマにしたAdobe Summitにおいて、「企業のデジタルトランスフォーメーション」を盛んに訴えている(Adobe Summitではデジタルトランスフォーメーションで蘇った企業として米家電量販大手のベストバイのCEOなどが登壇した)。
興味深いのは、デジタルトランスフォーメーションの推進者であるアドビ自身が、(Creative Cloudのビジネスを通じて)その最大の恩恵を受けている1社だということ。そして、いまなおこの方針がアドビの快進撃を支えているのだ。

Microsoftもアドビに追随、今後も快進撃は続くか

ソフトウェアビジネスのサブスクリプション化をアドビが成功させたことは、確実に他のソフトウェアベンダーにも大きな影響を与えている。
最も有名なところでは、マイクロソフトが導入した月額課金型の「Office 365」がその代表例だろう。Microsoft Officeもボックス・ソフトウェアの代表格だったが、今では世界中で多くの企業がOffice 365への移行を決めている。
010
ARコンテンツを非エンジニアでも手軽に作れるツールProject Aeroも、2019年に投入される予定だ。
アドビも、Creative Cloudの成功をさらに次につなげるべく、新しいイノベーションの投入を矢継ぎ早に行っている。2017年はクラウド型の写真ツール「Lightroom CC」を、2018年はより幅広いユーザーに使える動画編集ツール「Premiere Rush」を、そして2019年には「Photoshop CC for iPad」やARを簡単に作れる「Project Aero」「Project Gemini」の投入を控えている。
ラムキン氏によると、サブスクリプション型、データ重視の経営とビジネスモデルへの転換を図ったことで、アドビの社内も物理的に変わっていったという。
「我々のオフィスに来ていただければわかるが、従来はクローズ型のオフィスだったのが今はオープン型になっている。また、前は“週に一回”堅苦しい会議をやっていたものだが、今は立ち話で毎日できるようになっている。それらすべてが従業員の職場体験を大きく変えることにつながっており、今は続々と次世代型のエンジニア、新しいタイプの製品マネージャ、クリエイターなどが入社してくれている」
今やアドビの従業員の意識も変わり、新世代の従業員も続々と増えているという。
「箱(の在庫を置く場所)はいらなくなったので、オフィスのスペースにはまだまだ余裕があるんだ」とラムキン氏は冗談めかして語った。アドビのビジネス転換はオフィスの様子も変えた —— 今回のまとめとして相応しい、「オチ」なのかもしれない。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事