ここから本文です
ajra7444.com
祝!! 200,000訪問者達成!! 2018.05.25 これからもよろしくお願いします。

書庫時事ネタ(アメリカ・ビジネス)

記事検索
検索

ふんふん。

ノートルダム大聖堂再建、アップルCEOも寄付を表明

  •  
アップルのクックCEO。ノートルダム大聖堂の再建に協力する考えを明らかにした/Justin Sullivan/Getty Images
アップルのクックCEO。ノートルダム大聖堂の再建に協力する考えを明らかにした/Justin Sullivan/Getty Images
ニューヨーク(CNN Business) 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、火災で一部が損傷したパリのノートルダム大聖堂の再建に協力する考えを明らかにした。
クックCEOはツイッターへの投稿で、アップルがノートルダム大聖堂の再建に向けた取り組みに対して寄付を行う考えを明らかにした。寄付する金額については明らかにしていない。
We are heartbroken for the French people and those around the world for whom Notre Dame is a symbol of hope. Relieved that everyone is safe. Apple will be donating to the rebuilding efforts to help restore Notre Dame’s precious heritage for future generations.🇫🇷
6,604人がこの話題について話しています
ノートルダム大聖堂の再建を資金面で援助する動きはフランスの富豪の中にもみられている。仏当局によれば、17日に金額は9億ドル(約1000億円)に達した。
LVMHグループやケリング、ロレアルといった企業を率いる実業家らは16日、計5億ユーロ(約630億円)の支援を約束した。ガス・石油大手のトタルは1億ユーロ、コンサルティング会社キャップジェミニは100万ユーロの援助を申し出ている。
マクロン大統領は5年以内に再建したいとの考えを明らかにしている。

ふんふん。

世界中にNetflixキラー続々、アメリカでは大手放送局も含め300もの配信サービス乱立

「テレビ・ラジオ放送事業者は、国民のヒーローだ。ローカルニュースを提供し、災害時の緊急放送もしている」
全米放送事業者協会(NAB)のゴードン・スミス会長が、米ネバダ州ラスベガスに集まった放送関係者をほめたたえた。4月8日に開幕した放送機器展NABショーの基調講演でのことだ。
ゴートン・スミス会長が映し出されているTV画面
放送機器展NABショーでも注目されているのは配信サービスで、「ストリーミング」の大きな文字が踊る。
撮影:津山恵子
しかし、放送事業者をたたえた講演内容とは裏腹に、ショーのフロアに一歩踏み出すと、そこは「ネット配信」関連の技術や機器の展示一色だった。放送波は使わない、つまり放送事業者とは関係がないNetflix(ネットフリックス)やAmazonのようなネット配信サービスがいかに注目されているかが一目瞭然だった。
NABショーが閉幕した直後の4月14日夜(米東部時間)には、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(GOT) 最終章」第1話が、ドラマ専門局HBOで放送された。筆者がそのドラマを見るパーティーに行くと、友人がテレビで映したのは、Huluの同時配信。若者はテレビチャンネルのHBOでドラマを見る気などさらさらないのだ。
GOTをググると、「GOTをストリーミング(ネット配信)で見る方法」というリンクが真っ先にヒットする。

放送直後にオンラインで視聴

放送機器展NABショーのAWSのエリアの様子
アメリカには300を超えるネット配信サービスがある。ウェブサービス大手アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)もNABショーに大きなブースを構えていた。
撮影:津山恵子
Netflix、Amazon Prime、Huluなどの“巨人”だけでなく、アメリカではネット配信サービスがすでに300もあるという(コンサルティング会社デロイトUSAによる)。主なものはRoku Channel、Vudu。日本のキー局に当たるネットワークテレビ最大手CBSまでがネット配信に参入し、CBS All Accessを提供している。
Netflixのようにオリジナル作品を見せる配信サービスだけでなく、ケーブルチャンネル(CNNなど)を束ねて低料金で提供するサービスもある。最近ではワークアウトストリーミングと呼ばれるPelotonのように、視聴する個人によって異なるフィットネスのプログラムを配信するものも。
アメリカでは地上波を直接受信して無料で放送を見ることが少なく、放送事業者のチャンネルを見るには、ケーブルテレビなど有料の「ペイTV」を契約しなくてはならない。しかし、ペイTVの月額は最低でも100ドル前後(テレビ+インターネット接続料金)で値上げが続いており、学生など若者は一人暮らしを始めてもペイTVを契約しない人が増えている。主要テレビ局のドラマやリアリティショーなどが、放送直後にオンラインで見られるためだ。
そこで注目されているのが、ペイTVを契約しなくてもネット経由で主なチャンネルを見られる「スキニー(限定された)バンドル」。スキニーバンドルとは、ケーブル局や限定された地上波テレビ局をネット上で再配信するサービス。
注目されているのはその価格の安さだ。衛星放送事業者Dish Networkが立ち上げたSling TVは30チャンネル超で25ドルと「価格破壊」を引き起こして話題を呼んだ。この他、Hulu+Live TV(60チャンネル+、月額45ドル)、YouTubeTV(60チャンネル+、40ドル)PlayStation Vue(55チャンネル+、45ドル)、DirecTVNow(40チャンネル+、50ドル)などがある。
新元号も!毎日4500本のニュースを生む編集部の裏側
Sponsored
新元号も!毎日4500本のニュースを生む編集部の裏側

放送業者やソーシャルメディアも参入

netflixのスタート画面
世界でNetflixへの反撃が始まっている。
sitthiphong / Shutterstock.com
世界でもNetflixの一人勝ちを阻止しようと、次々にネット配信サービスが立ち上がっている。ハリウッド・リポーター誌によると、主に放送事業者が中心となって、Netflixへの反撃を強めている。
10カ国で展開する欧州最大の放送事業者RTLグループは2019年3月、向こう3年間で4億ドルを投資し、オンライン配信サービスを強化すると発表した。投資のほとんどを、Netflixのようにオリジナル作品を製作したり、コンテンツを獲得するのに割り当てる。
英公共放送のBBCと英民間放送のITVも共同出資で、両局の番組を集めた「BritBox」を計画。フランスのメディア大手Vivendiは月額8ドル(7ユーロ)と、Netflixと同じ低料金で「Canal+Series」を展開する。
アジアでもインド、マレーシア、シンガポール、中国ですでにサービスが次々に浮上。中国のソーシャルメディア大手テンセント(騰訊)もオンライン配信に参入を発表している。
さらにアメリカのネットワークテレビ最大手CBSは、アメリカ国外でもオンライン配信を始めている。CBSは、「CBS All Access」というオンライン配信サービスをアメリカで展開するが、これをオーストラリアで開始し、同局の人気ドラマ「NCIS(邦題:NCIS ネイビー犯罪捜査班)」などを提供している。
アメリカでオンライン配信が拡大の一途を辿っているのは、
  1. 若者を中心にテレビを見るコストを下げようとする傾向
  2. オンライン配信でパーソナライズ化されたテレビ視聴が可能になる
という2つの要素が後押ししている。

配信サービスは世界で1000にも

通信大手ベライゾンの子会社ベライゾン・デジタル・メディア・サービスのアジア担当のマシュー・スタージェス氏
オンライン配信になればテレビがパーソナルテレビとなる?ベライゾン・デジタル・メディア・サービスのブースでは、個人ごとに異なる番組編成で見られるサービスを展示していた。
撮影:津山恵子
ネット配信のための回線・コンテンツの保存・セキュリティなどを請け負う大手で、NABショーに出展していた通信大手ベライゾンの子会社ベライゾン・デジタル・メディア・サービスのアジア担当、マシュー・スタージェス氏はこう指摘する。
「オンライン配信になれば、Netflixのように好きなものを好きな時に見られるだけでない。好きなジャンルのものだけをカスタマイズして見るなど、まさにテレビ=パーソナルテレビとなる」
スタージェス氏は、まだネット配信の市場が拡大していない日本に拠点を構えたい意向だ。
デロイトによると、世界にオンライン配信サービスで既存、あるいは発表レベルのものは1000に上るという。アップルも動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」を2019年秋に開始するほか、ディズニーも年内に独自サービスを始めるため、市場はさらに競争が激化する。
こうした配信業者が日本市場にも進出ことも予想され、こうした動きに日本の放送事業者も対応すべきなのは間違いない。
(文・津山恵子)

へぇー。

何かのCM? ロボット犬がトラックを牽引する、ちょっと恐ろしい動画

何かのCM? 10台の犬型ロボットがトラックを牽引する、ちょっと恐ろしい動画
大型トラックを動かすのに何台の犬型ロボットが必要?
Boston Dynamics
ボストン・ダイナミクスのロボット犬の新しい動画が公開された。今回の動画は、以前の面白い動画ほど話題になってはいないが、ロボット犬のパワーに焦点をあてている。
なんと、10台のロボット犬が大型トラックを牽引している。
恐ろしい?
でも、あまり心配しないで ── ロボット犬は近い将来、あなたの家をどこかへ持っていくわけではない。
ボストン・ダイナミクスによると、10台のロボット犬「SpotMini(スポットミニ)」は、ニュートラル状態の同社のトラックを「傾斜1度以下の上り坂」で牽引した。
確かに1ダースにも満たない台数で大きなパワーを見せつけたが、坂の傾斜はまだ1度以下、ロボットがもたらす黙示録からはほど遠い(はず)。

ほうほう。

パタゴニアのCEOが指摘…… 地球を守りたいなら「資本主義には進化が必要」

ローズ・マーカリオ氏
パタゴニアのCEO、ローズ・マーカリオ氏。
Patagonia
ローズ・マーカリオ(Rose Marcario)氏は、金銭的な利益を超えたビジョンを持つCEOだ。彼女はパタゴニアの売り上げを4倍にしただけでなく、人気ブランドを世界を変えるミッションを持つブランドへと育てた。
マーカリオ氏はBusiness Insiderの取材に対し、「お金を稼ぐこと、ビジネスを成功させること、世界に貢献することが共存できないとは思わない」と語った。
マーカリオ氏がパタゴニアに入社したのは2008年。COOやCFOとして創業者のイヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)氏をサポートしてきた。シュイナード氏は1985年、売り上げの1%を草の根の環境団体に寄付し始めるなど、同ブランドをジャケットとプルオーバー以上のものに育ててきた。そして、マーカリオ氏はパタゴニアを経営面で成功に導いただけでなく、シュイナード氏の環境ビジョンを新たなレベルへと引き上げた。
「企業は、顧客や従業員が会社に、態度を明らかにすることを期待していると気付いているはずだ」とマーカリオ氏は言う。「グレーゾーンにはもうとどまっていられない。リスクが高すぎる」と同氏は指摘した。
パタゴニアは2017年、アメリカのユタ州にあるベアーズ・イヤーズ・ナショナル・モニュメント(Bears Ears National Monument)を縮小すると決定したトランプ政権を、それは違法だとして訴えた(同社はこの訴訟の前に、ユタ州の知事がトランプ大統領に縮小を求めたとき、ユタ州ソルトレークシティーで開催されるアウトドア・リテーラー・トレード・ショーのボイコットを成功させていた)。 2018年の米中間選挙では、パタゴニアはリーバイス(Levi's)と協力し、党派に属さない「タイム・トゥ・ボート(Time to Vote)」イニシアチブを立ち上げ、投票日には賛同した400の企業が従業員に対し、休みを取ることを認めた。
最近では、アメリカの金融街やシリコンバレーで愛用されているフリースのベストを含め、同社が法人向けに販売しているカスタマイズ製品について、クライアントのミッションの一部にサステナビリティーに関する計画のある法人のみを新規に迎え入れると発表している。
こうした決定は、地球にとって良いのだから、ビジネスにとっても良いのだ。顧客と従業員は、彼らの生活の一部である企業に対し、より多くのものを求めていると、マーカリオ氏は言う。
同氏は「大企業のCEOから非上場企業のCEOまで、わたしが一緒に働いている全ての人が、変化が必要だと認識している」とし、「健全な地球、そこに生きる健全な人々を守るには、資本主義が進化する必要がある」と語った。
GAFAにできないことをーー日本の大企業が狙う市場とは
Sponsored
GAFAにできないことをーー日本の大企業が狙う市場とは
パタゴニアが非上場企業であることのメリットを認識しているマーカリオ氏だが、大企業に影響を与えたり、相談に乗ることもあるという。2009年にはウォルマート(Walmart)と提携して「サステナブル・アパレル・コアリション(Sustainable Apparel Coalition)」を立ち上げ、ナイキ(Nike)やアディダス(Adidas)といったブランドをリクルートした。パタゴニアは生産およびパッケージ廃棄物の削減や温室効果ガスの削減、リサイクル可能なペットボトルをポリエステルに変えるなど、革新的なテクノロジーの利用について、率先して取り組み、成功事例を共有してきた。
マーカリオ氏はまた、パタゴニアのフード部門「パタゴニア プロビジョンズ(Patagonia Provisions)」を再生可能な農業を研究し、広める1つの手段として使っている。
マーカリオ氏の下でパタゴニアは最も評価の高い「Bコーポレーション」の1つになった。「Bコーポレーション」は、ジェイ・コーエン・ギルバート(Jay Coen Gilbert)氏が立ち上げた非営利団体「B Lab」が認定するもので、一定の環境・社会・透明性の基準を満たしているかどうかを証明する。これが、企業に法的に自らの理想と結びつける、州レベルでの「ベネフィット・コーポレーション」法の成立につながった。マーカリオ氏は、もっと多くの上場企業がこの認定を受けることを期待している。
マーカリオ氏は、気候変動という課題を真剣に捉え、環境を考えた取り組みが会社の利益にとってもプラスになると認識している上場・非上場企業のCEOたちの連合があることに期待を寄せている。
「こうした問題は解決できると、非常に楽観的に考えている。わたし自身、問題を解決することが好きで、わたしたちはそれを実現できると感じている。そのためのツールも揃っているし、テクノロジーも持っている。アメリカにはその役に立つ、イノベーティブかつ起業家志向の最高のマインドがある」と、同氏は言う。
「わたしはそれを楽しみにしている。ただ、重要な変化を起こすためには、次の5年、10年が正念場になるだろう」

ほうほう。

"朝食をめぐる戦い"がファストフード業界で過熱! 各社幹部が明かす、その魅力とは

パネラ
Panera
  • アメリカのカフェ・ベーカリーチェーン「パネラ・ブレッド(Panera Bread)」は、新たに3種類のラップ(トルティーヤで巻いたサンドイッチ)を投入、コーヒーのオプションをアップデートし、朝食の戦略を刷新している。
  • アメリカのバーガーキングやマクドナルド、ダンキンといったチェーン店はいずれも、2019年に入って朝食を強化している。
  • 1日の初めの食事である朝食は、外食産業で成長している数少ない分野の1つだ。昼食や夕食に比べて、顧客の定着にもつながる。
ファストフード大手にとって、朝食は1日の中で最も重要な食事になりつつある。
パネラ・ブレッドは4月15日(現地時間)、朝食メニューを刷新した。
同社は新たに、ベーコン、卵、ゴーダチーズを使ったもの、チポトレチキン、卵、アボカド、ペッパーを使ったもの、卵の白身、トマト、ホウレンソウ、フェタを使った野菜のみのものと、3種類のラップを投入した。コーヒーも水出しなど新たなオプションを追加し、同社のスタンダードのコーヒーもリニューアルした。
パネラ・ブレッドのチーフ・グロース・アンド・ストラテジー・オフィサーのダン・ウィジエル(Dan Wegiel)氏は、同社は朝、利便性と質の両方を求める顧客を取り込みたいと考えていると、Business Insiderに語った。
ウィジエル氏は「利便性の観点から見れば、オプションは山ほどある」と言い、「でも、それは質とトレードオフだ」と述べた。
2019年、朝食に力を注いでいるのはパネラだけではない。
バーガーキングは月額5ドル(約560円)のコーヒーのサブスクリプション・サービスを含む「BKカフェ」を立ち上げ、コーヒー好きを取り込もうとしている。ダンキンはエスプレッソ・ベースの飲み物をさらに充実させるなどしていて、マクドナルドは10年以上ぶりに投入した新しい朝食メニューで、"ファストフード界の朝食のチャンピオン"という自らのポジションを固めようとしている。

なぜ朝食をめぐる戦いが過熱しているのか?

マクドナルド
マクドナルドの朝食メニュー「ドーナツ・スティック」
McDonald's
チェーン店が朝食にこだわる最大の理由の1つは、外食産業で依然売り上げが伸びている数少ない時間帯だからだ。アメリカでは既存店売り上げを伸ばし続けるには店舗数が多すぎるとの懸念もあるが、朝食市場にはまだ成長の余地がありそうだ。
GAFAにできないことをーー日本の大企業が狙う市場とは
Sponsored
GAFAにできないことをーー日本の大企業が狙う市場とは
バーガーキングの親会社レストラン・ブランズ・インターナショナル(Restaurant Brands International)のCEO、José Cil氏は「朝食は我々のビジネスにおいて、成長している時間帯だ」と、Business Insiderに語っている。
Cil氏は「アメリカとカナダでは、朝食の時間帯は最も伸びている時間帯の1つで、バーガーキングとしてはすでに朝食ビジネスは好調だが、今後まだまだ大きな成長のチャンスがあると考えている」と続けた。
そして、朝食が魅力的なのは、朝の顧客ロイヤルティーの高さだ。ランチやディナーには変化を求めても、朝食はパターン化し、それを守る人が多い。
パネラ・ブレッドのウィジエル氏は「他の時間帯とは比べものにならないくらい、習慣がものをいう時間帯だ…… 一度ルーティンになってしまえば、それを守りたいと思う傾向がある」という。
チェーン店はこうした貴重な顧客を取り込むために、さまざまなアプローチを取っている。
中でもデジタル注文は不可欠だ。バーガーキングは最近、新たなアプリを発表し、パネラ・ブレッドは客が自らカップにコーヒーを注ぎ、モバイル・アプリを通じて代金の支払いができる「パネラ・タップ(Panera Tap)」を試験運用している。新商品の投入にも、パネラ、マクドナルド、ダンキンが積極的だ。そして、パネラ・ブレッドが質を求める消費者を狙う一方で、他のチェーン店は、マクドナルドの1.29ドルのドーナツ・スティックやバーガーキングの5ドルのコーヒー・サブスクリプションといった商品で —— スターバックスのカプチーノよりも安いと両チェーンは自慢している —— 価格を重視する消費者を狙っている。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事