風景写真と福島かんたん滝めぐり

癒しの滝と風景へ!!! 福島県の滝と近隣県の滝と風景を訪ねて。

全体表示

[ リスト ]

 秋田側の八幡平ビジターセンター(松尾八幡平ビジターセンターではありません)で泥火山の模型展示を行っていました。少しレクチャーしていただき、ビジターセンターの裏側へ。

そこで見れたのがこんな姿です。

イメージ 1



泥だらけの地中からガスが噴出しています。吹き上げるというよりは、地中のおならとでも言いたくなるような感じで、ボコ・ボコと吹き上げています。温度が100度近いそうです。これを泥火山というそうです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下クリックで大きくなります。
イメージ 2



さらにそこで紹介されたのが、後生掛自然研究路でした。

ここは後生掛温泉から奥につくられた散策用の道を行きます。眼下には、伝説のある熱湯の沼、湯けむりが立ってよく見えないほどです。

そして研究路の周辺のいたるところからシュー・シュー、ボコ・ボコと音が聞こえてきます。

国内最大といわれる泥火山。泥火山の連山になっています。手前の火山からは湯煙とともに泥が吹き上がります。高さは1m弱ぐらいかな。
イメージ 3



これはまるでクレーターですね。穴の大きさは2mぐらいありそうです。湯煙が立ち上っています。
イメージ 4



一番奥にあるのが大沼と名前が付いていました。名前の通り100mぐらいありそうな大きな温泉の沼です。

まるで地球創世記(見たことありませんが)の湯煙をバックに火山がいっぱいです。常に形は変わっていくそうです。
イメージ 5



富士山みたいできれいな姿の火山です。
イメージ 6



近くにある北投石で有名な玉川温泉はゴザで転がったり、ピリピリする内湯に入ってしっていました。
そこの風景ともだいぶ違いましたね。そして山形の河原毛地獄とも違いますね。

後生掛温泉も二度行ったことがあったんですが裏側にこのようなところがあったと知りませんでした。それまではただ単に温泉を楽しむばかりでした。

このようなところは今まで見たこともなかったんで、カルチャーショックですね、楽しく過ごしてきました。


   −−−2017.8−−−−−

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事