風景写真と福島かんたん滝めぐり

癒しの滝と風景へ!!! 福島県の滝と近隣県の滝と風景を訪ねて。

全体表示

[ リスト ]

「裏磐梯晩秋2017・VOL.2」と称して11月初めに晩秋の裏磐梯を歩いた時の風景です。

裏磐梯には明治時代(1888年)の磐梯山の大噴火で300以上の大小の湖沼ができたといわれています。

それまでは広大な原生林と桧原村に木地師が住んでいたぐらいでした。現在の桧原集落とは位置が違って沈んでしまいました。

噴火から130年近くたちますが、今では有数の自然景勝地として多くの人々が訪れています。



秋元湖から見た磐梯山。赤い草はミソハギの枯葉です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下クリックで大きくなります。
イメージ 1




同じ秋元湖です。11月にワカサギ漁が解禁になり、待ってましたとばかり大勢の釣りファンが訪れています。
イメージ 2




写真ファンにはおなじみの曲沢沼(まがりさわぬま)です。

午後3時ごろ来たときは大型バスが駐車していました。そして大勢のカメラマンが沼を取り囲んでいました。
4時過ぎに出直すとそれでも20人ぐらいはカメラを構えていました。

何とか隙間に入れていただき手持ちで撮った1枚です。

紅葉はすでに終わっていますが夕日に照らされ輝いています。

写真を撮る前までは風があり沼は波があったんですが、ちょうど夕方の凪になりました。
イメージ 3




ここはジュンサイ(蓴菜)沼です。お吸い物によく利用されますね。

裏磐梯はジュンサイの栽培が盛んでこのような沼がいくつもあります。

映り込みがきれいでした。
イメージ 4




曽原湖です。風があった午後でした。水面がもっと静かだとよかったですね。
イメージ 5




名もなき小さな沼です。枯れ木とともに水面の色がきれいでした。
イメージ 6




大沢沼です。湖面の波もなくきれいに晩秋を投影していました。
イメージ 7




と、よく見ると沼の中ほどで一羽の大きな鳥が羽をバサバサと広げて一人騒いでいました。
イメージ 8




最後は秋元湖に上がった十一月の満月です。

小生、月や星の撮影は不得手です。手持ちで撮った1枚です。
イメージ 9




自然の好きな方や風景写真の好きな方は、年に数回足を運ぶのもいいと思います。

一日ではとても回りきれません。

それと季節を変えるとまた違った表情を見せてくれます。


ーーーーー2017.11−−−−−

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お早うございます。秋元湖の輪kサギ釣りの船と紅葉良いですね、ナイスです!

2017/11/16(木) 午前 7:05 [ kent ] 返信する

顔アイコン

裏磐梯の新たな姿を見させていただいた気がしました。

2017/11/16(木) 午前 7:31 [ トシヒコ ] 返信する

顔アイコン

kentさん、こんばんは。中津川の遊歩道からの帰りに釣りを楽しんでいる人たちがいっぱいいました。そんな中の一枚です。

2017/11/16(木) 午後 10:22 [ きださん ] 返信する

顔アイコン

トシヒコさん、こんばんは。はい、一口に裏磐梯といっても広くて奥行きがありますね。

2017/11/16(木) 午後 10:24 [ きださん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事