風景写真と福島かんたん滝めぐり

癒しの滝と風景へ!!! 福島県の滝と近隣県の滝と風景を訪ねて。

全体表示

[ リスト ]

 会津若松駅と新潟駅間を走るSL「ばんえつ物語」の今年の最後を飾るクリスマストレインが12月2日〜3日の2日間を走りました。

JRのHPより・・・・・・・SLの型番C57180は1946年生まれ。大きな動輪と細いボイラーにより優美に見えるその姿から“貴婦人”という愛称で親しまれてきました。180号機は鉄道の要衝、新津で静態保存されていましたが、市民の要望などにより1999年に動態復元。磐越西線を走る季節定期列車「SLばんえつ物語」号として復活をとげました。牽引される客車は12系を改造、木目調を多用した内装や車体の配色など、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気を漂わせています。


今年最後ということで鉄道ファンの知人と撮影に出かけてきました。

沿線全体は撮れないんでほんの一部になりますがご紹介です。

津川駅の発車です。冬は煙や蒸気が目立つようになり迫力が出ます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下クリックで大きくなります。
イメージ 1




アップで。ばんえつ物語はかわいいオコジョがキャラクターです。ヘッドマークにも採用ですね。
イメージ 2





荻野駅〜山都駅間のトンネルを出たところを。
モノトーンの世界になりました。ヘッドマークが目立ちます。
イメージ 3




有名な山都町の鉄橋を俯瞰です。残り柿を入れて。最近は柿を食べなくなったのか?それとも焼酎で渋を抜く方がいなくなってしまったのか?雪が降ると鳥たちの食べ物になっていますね。
イメージ 4




喜多方〜山都間。スタンバイした時は西日が当たって絶好の撮影タイムとなっていたんですが、本番になったら太陽が山陰に入ってしまいました。残念ですが止むを得ません。

イメージ 5


↓陽が陰ってしまいました。

イメージ 6




今回も撮影する方たちが大勢です。
カメラマンの世代は自分もそうですが意外にシニアの方たちが多いんです。
上の写真はこんなシチュエーションでした。遠くに見える雪を抱いた山は雄国山です。

イメージ 7





最後は水辺に映る「ばんえつ物語」です。後ろの山は雄国山です。
イメージ 8



2017,12

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

蒸気機関車って絵になりますよね〜
迫力満点!

最初の写真なんてプロ級ですね〜

2017/12/6(水) 午後 6:10 [ トシヒコ ] 返信する

顔アイコン

すんごい煙〜!
夏に撮りに行ったけど、なかなかここまでの迫力では撮れなかったです。。。
煙を上げるポイントがあるみたいですね。

2017/12/6(水) 午後 7:36 つる 返信する

顔アイコン

トシヒコさん、こんばんは。SLは懐かしいことと思います。今ではかなりの数が復活して全国を走っているようです。

2017/12/6(水) 午後 8:53 [ きださん ] 返信する

顔アイコン

つるさん、こんばんは。先だってつるさんが撮ったポジションは多くのカメラマンでスペースがありませんでした。煙や蒸気は気温に関係するようです。SLは冬が、雪が、モノトーンが似合いますね。

2017/12/6(水) 午後 8:58 [ きださん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事