風景写真と福島かんたん滝めぐり

癒しの滝と風景へ!!! 福島県の滝と近隣県の滝と風景を訪ねて。

全体表示

[ リスト ]

  駒止湿原は南会津町と大沼郡昭和村にまたがり、面積が約150ヘクタール、標高は1100mの高

層湿原となっています。


現在、駒止湿原に行くには、南会津町針生からは行けません。日曜日にシャトルバスが出ていますの

でそれで行くようになります。予約が必要。

3年前の豪雨で(下流の鬼怒川が氾濫した時)途中の道路が決壊し、現在工事中の為です。



昭和村からは行けますのでこちらから入っていきました。南会津側からですと、湿原の大谷地から入って

いくんですが昭和村側からですと水無谷地から入っていきます。
イメージ 1



以前に湿原に下りていく坂で滑って思いっきりしりもちをついた記憶が蘇ってきました。近くにいた7,

8人の方たちから大丈夫ですか?と心配されてしまったのです。今回は要注意です。

水無湿原です。レンゲツツジが少々、ワタスゲは終盤でしたが十分見ることができました。
イメージ 2




ワタスゲをアップで。
イメージ 3



日曜日だったこともあり、駐車場には10台ほどのクルマがありました。

湿原には大きくなったヤマドリゼンマイとワタスゲ、レンゲツツジが。
イメージ 4




さらに歩いて行くと今度は、コバイケイソウです。ちょうど見ごろで群生していました。

天気は晴天といっていいほどです。それでもカラッとしていたので気持ちのいい湿原の散歩でした。
イメージ 5




大きな雲がやってきました。コバイケイソウの白と雲の白です。
イメージ 6




さらに行くと、白樺谷地です。ここはワタスゲで真っ白になるところですが、今年はそれほどでありませ

ん。木道の途中に一坪ほどのスペースがありここで昼食です。
イメージ 7




ズミの花でしょうか?白い大きな花が咲いていました。
イメージ 8




水無谷地の入り口で見れるY字型のブナです。
イメージ 9




時間的な都合で大谷地までは行けず、ここでUターンして帰ってきました。

天気は良かったし、非日常を十分楽しんで満足してきました。



2018.6-----------------------------

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事