ここから本文です
赤帽大阪 キューブトランスポートの…こんなん出ました〜!
大阪から全国へ引越し、配送。 詳しくはホームページをご覧下さい。

書庫全体表示

上野渡船さんへ行ってまいりましたぁ~。
前線の影響で白浜から南は船止めがほとんど。前日、船長に電話。“明日アシカ乗れそう?”と聞くと“今日は昼で撤収したけど明日はいけるで”とうれしい返事。久しぶりに単独で練習できるとあって張り切って一路、和歌山県大引へ。
上野渡船さん、到着!
イメージ 1
 
早朝4時前、渡船屋駐車場は人でごった返していました。支度を終え、いざ乗船。全員乗れるの?心配なほど釣り人の行列。
イメージ 2
 
1隻はアシカ行き。もう1隻はヒジキ行き。今日はヒジキが人気です。風裏で釣果出てるみたいだし…。でも私はアシカへ
 
沖磯アシカに向かうもウネリで船が前に進みにくい状態。アシカに到着するも波が駆け上がり、親は危険な状態。子はかろうじてセーフか。 
“子に乗るか~?”と船長。 まだ潮が上げてくるので遠慮しま~す。やはり他の人も手を上げません。他の渡船店の客は乗ってましたが…。
 
“オオクラ”も大勢降りて私は断念。
 
予定を変更し“ビシャゴ”へ。おおいけるやん。準備を急ぎます。
イメージ 3
 
全層で釣り開始。ラインが走り合わせを入れると竿を叩く感触。お約束のバリコです。ここからしばらくはバリコの猛攻。全部30センチ未満。
イメージ 4
沖で仕掛けを入れると、アジに交じって本命のこやつが…。
お父さんはどこに居るのかな?風が強くなってきて白波も立ってきました。撒き餌の投入がノーコンピッチャー状態!
イメージ 5
 
結局、子グレ多数。イサキ30㎝、メジカ、カワハギ等々。練習もイマイチ。こんなんだから試合で勝てないのね~。お風呂に入りながら一人反省会。
いつもの御坊市“宝の湯”さんへ。
イメージ 6
さあここからヤエンのアジを仕入れる為、一路“みなべ”へ車を走らせます。御坊市のフィッシングオーシャンも昨年閉まり、広川の紀ノ国屋も無くなりました。で、南部の釣太郎へ。
釣太郎のアジは良いものが揃っています。青アジは混じっていません。月夜を狙う方には青アジを売ってくれます。赤と青の違いはこちら
 
上野渡船さんで仮眠後、出船。2日目はのんびりヤエン。
題して”海を眺めてリフレッシュ釣行”
で、”ケムリ”に渡礁
イメージ 7
 
ヤエンの竿を2本出し、エギングも欲張ってみます。
見えイカをフッキング。秋イカ独特のサイズです。
イメージ 9
さあ、ヤエンの準備完了でアタリを待ちます。手持ち攻撃釣法はせず、”置き竿のんびり楽ちん釣法”で心身ともにリフレッシュ!
アタリは、春の親イカの場合、糸が引き出されドラグが鳴るのですが、子イカはパワーが無い為、糸が出ず鳴りません。軟らかい竿で穂先が海面に刺さるのを待ちます。エサのアジにぶら下がった状態になります。エサが大きすぎる?
イメージ 8
 
アジの生命反応が無くなり、グーっと穂先が下がってきた。
イメージ 11
イカが乗り、ヤエンを投入。上がってきてもまだアジを放しません。
釣られた事を解って無い?
イメージ 10
 
今日は7杯だけでしたが夕飯のおかずとビールのあてには十分。
家族はイカのお土産が一番と言います。
イメージ 12
 
大変リフレッシュできました。明日はお仕事のご注文を頂いております。
赤帽キューブトランスポートは明日朝より全開走行です。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事