ここから本文です
赤帽大阪 キューブトランスポートの…こんなん出ました〜!
大阪から全国へ引越し、配送。 詳しくはホームページをご覧下さい。

書庫全体表示

サーフヤエン

大阪、奈良と仕事をこなし、明日の事を考えていました。
”明日、予定が空いてるんだよな…””春イカに行きたいな~。”

急きょ、クラブキザクラ関西の岩●さんとヤエン釣行してきました。

22:30に和歌山の吉備SAで待ち合わせ、白浜の地磯コミゾレへ。
1投、2投でアタリ無し。
しばらくするとリールが”ジー ジー”。こりゃウツボだわ。この後、\140-のアジが数匹ウツボの餌食。

明け方まで頑張りましたが”ボー”でした。
このままこのポイントでは期待できないので移動を決断。

で、メヅ浜へ。ここの時点で11:30。
イメージ 1

ここでもアタリ無いよね〜。
14:00を少しまわった頃、リールに異変が…。
ジッ…ジッ…………ジッ…????
はじめはラインが藻に絡んで引き出されてると思い込んでました。この日は浮き藻が一面にあったので…。
ロッドを手に聞いてみると”グイーーーン”、間違いなくアオリイカです。

ラインに絡んだ藻を岩●さんに外して貰いながら寄せにかかります。
15メートル以内に引き寄せ、ヤエン投入。ラインの張り具合で到達を確認し、イッキにアワセ。1.7号の竿がしなります。
波打ち際にズリ上げ、ハンドランディグ!

イメージ 2

イメージ 4


で、いつものごとく墨無しアオリイカ”にして持ち帰り。
イメージ 3

さあ、この後ですが地獄のアタリ待ち状態。待てど暮らせど藻が絡むだけ。
日が暮れてきました。ゴールデンタイムの到来です。
イメージ 5

岩●さんの背中が寂しい…哀愁…。
イメージ 6

このまま何も起こらず、2人は夜道を帰るのでした。
おしまい。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事