ここから本文です
昭和にタイムスリップ!

書庫全体表示

今回は昭和30年代(詳しい年式が判明せず・・・)の
東急くろがね工業のノーバ1500です。
 
先ずは東急くろがね工業株式会社とは?
 
1957年 日本内燃機製造がオオタ自動車工業を吸収合併して
       日本自動車工業となる
1959年 日本自動車工業から東急くろがね工業に改称
1960年 軽4輪トラック「くろがねベビー」発売
1962年 倒産。自動車製造より撤退
1963年 日産キャブライト用エンジンの下請け生産開始
1964年 東急機関工業へ移りかわる
1970年 日産自動車に全株を譲渡して「日産工機」に名称変更
倒産に至った経緯は「日本内燃機製造」でググったら詳しい事が分かります。
ノーバ1500は1959年に発売が開始されたようです。
 
 
カタログの表紙です。モノクロのイラストです。
迫力ある4灯式ヘッドランプが印象的です。
 
イメージ 1
 
2トン積みのシングル・ピックアップです。
 
イメージ 2
 
○デラックスなコマーシャルカー
 
ノーバは、国産初のエアサスペンションを採用したトラックです。
 
イメージ 9
 
○合理的なダッシュボード
 
イメージ 10
 
ツートーンカラのボデーですが、モノクロなので何色か判りませんね。
 
イメージ 11
 
ノーバの精密なイラストとは対照的に、背景の工場は手を抜いています(笑)
 
イメージ 12
 
○乗用車そのままの‘‘ノーバ‘‘で楽しいレクリェーション
 
イメージ 13
 
○乗用車をしのぐデラックスな運転席
 
イメージ 14
 
3人掛けシートなら、中央に座るのは女性がお約束。
真上から見たアングルは珍しいかも。
 
イメージ 15
 
後部の窓は引き戸でしょうか?振り返った男性が開けているように見えます。
 
イメージ 16
 
エンジンと4灯式ヘッドランプ。
 
イメージ 3
 
エンジンは、E-15型と呼ばれる、水冷直列4気筒 OHV
1500ccで62馬力 最高速度は100km/hでした。
 
イメージ 4
 
従来より2倍明るく・・・トラックでは最初の4灯式ヘッドライト。
 
イメージ 5
 
ノーバの透視図とエアサスペンションの説明。
 
イメージ 6
 
定められた車高を下まわると空気が補充され、逆に車高を上回ると
空気が放出される仕組みのようです。
 
イメージ 7
 
裏表紙は仕様書。
 
イメージ 8
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは。

    この時代に、エアサスを取り入れているとは驚きです。

    ラム

    2013/4/24(水) 午後 1:58

    返信する
  • Λさん。 こんにちは

    ネットで調べていると当時世界初とか・・・。
    ビックリしますよね。
    メーカーの方針が迷走中の出来事みたいです。

    [ 館長 ]

    2013/4/24(水) 午後 2:35

    返信する
  • アバター

    館長さん、(^_^)/おはよー
    うーん、凄い。貴重な資料ですね。(-^〇^-)

    まこちゃん

    2013/4/27(土) 午前 9:16

    返信する
  • まこちゃん。 おはようございます

    くろがねのトラック先進の技術でしたね
    商用車のカタログも面白いでしょう

    [ 館長 ]

    2013/4/27(土) 午前 10:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事