無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

花見の季節に、、、

 フェイスブックの方ばかりを書き込んでいたら、いつの間にかブログ更新を忘れ去っていました。4月一日ということなのでここは心機一転して再挑戦することにします。
 赤穂根島も山桜を皮切りに次々と花が咲き始めました。自家産の媛っこ地鶏を肴にここ当分は花見な毎日が続きそうです。これではお酒がいくらあっても足りそうにありません。農作業が忙しくなる前のしばしのひとときを楽しませてください。

この記事に

開く コメント(0)


 マネー経済の限界はピケティーさんに指摘されるまでもなく、資本主義社会の様々な矛盾が溢れだしているようです。そんな世界情勢から一線を画して我らが赤穂根島はスケールは最小でも壮大な実験を開始したいと思います。
 それは貨幣経済からの離脱です。とりあえずは、地域通貨としてレモンを用いますが、将来的には物々交換社会を目指したいと思います。ある意味では原始社会に戻る作業かもしれません。経済が経世済民を実現できないのならばそれに代わる方法を試行錯誤するしかないと思うのです。
 といううことで、地域通貨は島にありふれているレモンとなります。とりあえず、1レモンが日銀券の100円との等価交換です。しかし、レモンが無い場合にはそれに代わる現物で対応できます。すべての価値を現実の物質と置き換えて考えます。ただし、このシステムは赤穂根島内だけでしか通用しません。この画期的なシステムを使うことになるのは、いまのところ島の住人である2人だけですが、賛同される方は是非ご一報ください。都会に住んでいてもCSAなどの形で参加することもできるようにしたいと思います。深い霧の海に船出するようなものですが、試行錯誤でより良い方法に変えていくのがベターかと思っています。

 自給自足ができる態勢さえあれば、どんな実験でもできます。



この記事に

開く コメント(4)

新しい年に向けて


 まもなく旧正月を迎えるに当たって、新年の抱負を一つ掲げたいと思います。

人口わずか二人の極限集落の赤穂根島ですが、だからこそここから始めてみたい構想があります。それは原始集落の在り方です。本来、人間社会は如何様に形造られてきたのか、そのことを問い直す実験です。既存の社会システムを白紙に戻して地域社会とは本来どうあるべきなのか、そのことを問い直す作業です。人類が社会生活を営むための地域社会とはどういうパターンが望ましいのかあらためて考え直す機会にしたいと思います。はたしてどんな取り組みにしたらいいのでしょうか。

この記事に

開く コメント(2)

冬至には、、、

 
 このところの冷え込みで身体がかなり縮こまっていたので、冬至を迎え柚子湯と冬至南瓜を食することにしました。柚子のお風呂は人間だけですが、南瓜の方は犬も牛も鶏もみんなで一緒にいただきました。これで来年もみんな元気に過ごせることでしょう。
 
 早速御利益があったのか、翌朝のマイナスの潮に磯干狩りをするとご覧の通りの収穫がありました。今夜は赤ナマコの酢ものとサザエの壺焼きで一杯となりそうです。
 
 旬の食材の大切さをしみじみと味わいます。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 

この記事に

開く コメント(0)

鶏たちの季節

 
 美味しさ抜群の媛っこ地鶏ですが、どうやっても採算が合わないので暫くお休みでした。しかし、とうとう禁断症状が出てきたので、止む無く自給分だけを確保することにしました。8月6日の雛なので12月初めにはなんとか刺身にありつけそうです。今から口の中がむずむずしています。これまでお世話になった方には内緒でこっそり分けてあげるつもりです。
 
 純国産の採卵鶏・もみじも更新時期となり50羽の雛がやって来ました。本当にしっかりとした質の高い雛でした。150日後には美味しい卵をたくさん産んでくれることでしょう。
 
 収穫の秋からいつのまにか冬に向けて季節が移り始めています。我家の周りにも冬の使者、ジョウビタキがやって来ました。カモたちもドンドンと数を増やしています。今年はどんな冬になるのでしょうか。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

この記事に

開く コメント(2)

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事