湘南情熱オヤジ血風録

熱いオヤジ遠藤久憲が、今感じていること、感動したことを、鎌倉からお伝えします。

全体表示

[ リスト ]

電子bookの未来は?

昨日と今日2日続けて、ビックサイトへ行った。
目的は『東京国際ブックフェア』『電子出版EXPO』。
年に一度の本の祭典だ。

今年は本当に時代性をあらわしていて、圧倒的に電子出版EXPOへの注目率が高かった。
電子出版EXPOのゾーンは熱い。大型画面を使ったプレゼンやセッション。花を添えるコンパニオンたち。人の熱気。
一方、東京国際ブックフェアのゾーンは静か〜で、妙に落ち着いた印象。コンパニオンもいないし…。
 

今年、電子出版EXPOが熱いのは、スマートフォンの普及で、電子bookデバイスが圧倒的に広がったからだ。
我々の業界は誰もが、この成長分野での成功を競い合っている状態だ。
 
わたしは各ブースで説明を聞く度に、セッションを聞く度に、分からなくなった…。
電子bookのソルーションとしては、完成されているものがたくさんあったのだが、どのソルーションに我々のコンテンツを載せ、我々の読者のもとへ届けるのか想像できないのだ…。
 

電子bookのことを知れば知るほど、わたしのなかで広がる違和感があった。
違和感のなかで大きなことが2つ。

1)最終的に読者へ届く手段が、専用デバイスを除くと、“AppStore”や“Andoridマーケット”など限定されていること。
 →チャネルの寡占は市場の健全さを損なう。

2)“どんな読者”が“どんなディバイス”で“どんなシーン”で電子bookに接触する?そして、その読者にとって適正価格とは?
 →この辺のマーケティングが浅すぎる。読者不在。

コンテンツが必要以上にリッチだったり、機能を盛りすぎていたり、本当に読者は望んでいる?
本来出版者は読者の気持ちに対してのプロのはずなのに、どうしちゃったのかなあ?
わたしはデモで見た電子bookを、わたしがいつも相手にしている読者(OLだったり、主婦だったり)が有料購入するとは思えない。
また、今回電子book専用端末が複数でていたが、あんなもんをうちの読者が買うとはとうてい思えない。
 

せっかく可能性がある市場なのに、こんなふうに読者不在で進んでいくことに危機感を感じる。
話題だけ先行して、ビジネスとしての成功事例がほとんどないのは、最終ユーザーの気持ちに添ってないからでは…。

わたしには確信がある。
先ほどの我々の既存読者に関してだが…。

1)専用端末は買わない
2)有料コンテンツは購入しない

だから我々としては、スマートフォン向けに無料コンテンツを提供し、どうビジネスとして成立させるかを考えることになる。
 

電子book市場では、まだ勝負がついてない。
どこが、ビジネスとして、しっかり収支をとれるか、第一人者になれるか競っている。
唯一勝ち組がいるとしたら、読者へ届けるチャネルをにぎっているアップルとグーグル?それさえも違う道、探ってもいい。

要は読者に対して、最適なコンテンツを最低な方法で届けることを真摯に追求したやつが勝てるような気がする。
挑戦してみよう!

閉じる コメント(4)

顔アイコン

電子ブック・・・、未だ使ったことがないのですが、どういうシステムになっていくんでしょうね。
私が不思議なのは、本ではないのに、本のようにめくれるようにすることに拘ったりしているところです。
だったら本でいいのでは?みたいな。
私ってドライ??

2011/7/8(金) 午後 10:34 [ eco ] 返信する

顔アイコン

同感です。
結局電子Bookって本とは違うメディアだと、わたしは思います。
せっかくの新しい可能性を、既存の本にこだわっているから、新しい価値を産めない。→結果、読者に届かない。
わたしがんばります。

2011/7/10(日) 午後 11:00 aka*kaz**shona* 返信する

顔アイコン

ちょっとコメントに関して補足。
本当はパクられたくないので、言いたくないんだけど、具体例ないとわかりにくいだろうから…。

例えば、わたしは障がい者向けメディアやっているじゃないですか。
書籍を文字ベースと読み聞かせ(音声)のハイブリッドでだせないかなあ?
それこそ、電子Bookの機能生かしたら可能でしょ。

しかも、読み聞かせ(音声)は、視覚障がい者だけでなく、文字読むのはちょっと苦手という健常者の新しいマーケット開発につながるんじゃないかな?

それがイノベーションということでしょ!

2011/7/10(日) 午後 11:27 aka*kaz**shona* 返信する

顔アイコン

それはナイスアイデアです!
目が悪くなってしまったお年寄りの方も喜びそう!

そのときはぜひ私を音声として使ってください(笑)!
友人もたくさんいますので紹介します!

私の業界も大変ですが、そういう意味ではニーズが出てくるかもしれませんね〜!
しかも人の役に立てるのも嬉しいですよね!

2011/7/14(木) 午前 10:45 [ eco ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事