湘南情熱オヤジ血風録

熱いオヤジ遠藤久憲が、今感じていること、感動したことを、鎌倉からお伝えします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


昨日は石巻ボランティでつながった仲間&その友人9人で、景信山→陣場山登山へ。
昼食後雨降ったが、登山後は麓の温泉行ったり楽しかった!

が、事件は帰りの電車でおこった。
18時25分発に間に合うよう、中央線・藤野駅へ温泉旅館の車で送ってもらった。
ところが、9人中わたしと、この登山主催者のGENKIさんだけが、18時25分発の電車に乗り遅れたのだ。
なぜ?


藤野駅乗り過ごしの真相…。


楽しい登山を終了して、藤野駅へ。

改札を入って跨線橋を渡ろうとすると、山の上にラブレターが!

「おお、山に書いたラブレターだね!」とか、テンションUP。


電車到着の間に、写真に撮りたい。

GENKIさんと2人で、
「こういう遠いところ撮るには、やっぱり一眼だね」
我々2人は自慢の一眼で、山に書いたラブレターをねらった。

電車の時刻が近づいているのは分かっていた。
電車入線の音。

「電車来た!あっ、でも反対の電車だ」

ハコさんのよく通る声が聞こえた。
反対だってと、わたしとGENKIさんは更に何枚か撮影。


「いや〜、いい写真が撮れたね」

とニコニコ顔でホームへ下る2人。

うん、ホームに誰もいないぞ。まさか…。
わたしとGENKIさんは顔を見合わせた。

電車は行っていた。
仲間たちの姿はなかった…。
次の電車までは30分近く。



暇なので2人でトイレに行った。

改札入場前に話をした駅員さんに声をかけられた。

「乗れなかったの?」
「はい。ラブレターに見とれて」
駅員さんの妙にやさしい笑顔が印象的だった…。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事