湘南情熱オヤジ血風録

熱いオヤジ遠藤久憲が、今感じていること、感動したことを、鎌倉からお伝えします。

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

3カ月ぶりの石巻、人間の力はスゴい
 
先月石巻へ動物救護のボランティアへ行った。
動物救護と言っても、内容は犬の散歩だったり、犬ゲージの洗浄だったりだが…。

石巻へはゴールデンウイークにもボランティアへ行っている。
そのときの作業内容は、いわゆるドロかき。

ゴールデンウイークから3カ月経過した石巻はおどろくほど変わっていた。
GWにはドロだしできてない家もあり、家に近くには自宅から出したがれきが山積みになっていた。
今現在、石巻では自宅回りにがれきはなく、数カ所のがれき集積所に集められている。

すごいなあ人の力は。
途方もないと思ったがれきが、3カ月でこんなにも片付けられている…。
きっとボランティアの力も大きかったのだろう。
 
 
ボランティアができることがなくなってきている…

ただし、石巻を例に復興という観点からみるとまだまだだ。
石巻近くの商店街はいまだに信号が復旧してなかったし、各個店もほとんどお店を開いていない。
片付けは済んだが、次のステップには行ききれてない印象だ。

ゴールデンウイークのころは、ドロかき・がれき撤去・家財洗浄がボランティアの主作業だった。
今現在、石巻においてはこのような作業はほとんど終了して、ボランティア受け入れをかなりしぼっている。
つまり、単発で行えるボランティア作業がなくなってきている。
わたしが8月に行った動物救護センターも9月で閉鎖という話を聞いた。

ボランティア作業がなくなることそのものはいいことだ。復興しつつあるということだから…。
でも、後は行政と当事者にまかせて大丈夫なんだろうか?
それは、理想だが、個人的にはまだまだという見解だ。
 
 
東松島花火大会ヘルプで見たボランティアの未来
 
石巻動物救護センターでのボランティアの翌週、東松島市へボランティアへ行った。
内容は『東松島元気フェスタ』というお祭りのサポート。
SocialTOURという支援団体の1ボランティアとして、参加したのだが、このボランティア体験が、今後のボランティア活動の指針をしめしてくれたような気がする。

SocialTOURの代表・新城さんは5月の段階で、『東松島元気フェスタ』において、11,111発の花火を上げることを実行委員会に提案している。
しかも、花火を上げるための費用や運営もSocialTOURが責任をもつ前提で。

被災者のなかに個人寄付ベースで花火を上げるという発想があっただろうか?
当初、この花火提案は突拍子で実現性薄いものと、とらえられただろう。

でも、実際に花火は上がった。
その花火は多くの被災者へ元気・勇樹・笑顔を与えたことだろう。
そして、わたしはこの花火にボランティアの未来を見た…。
 
 
ADLとQOL
 
自宅のドロかきや、周辺のがれき撤去は、ADL(Activities of Daily Living=日常生活活動)のための前提だ。
当初ボランティアに求められいたのはADL獲得のためのお手伝いだ。
そして、そのボランティア需要は終了しつつある。
今後ADL部分を担うのは行政だったり、組織だった活動ができる団体だろう。
(ただし、福島の原発近くのエリアはまったく話が別)

花火が上がらなくても生きてはいける。
でも、花火に感動して感情をゆりうごかされることは、生きていくうえで必要なことだ。
笑いがなかったり、感情が動かない人生なんてどうよ?

ADLに対して、QOL(Quality of Life=生活の質)という言葉がある。
被災地のお祭りに花火を提供することで、QOLがアップする。
今後の個人ボランティアは被災地の人々のQOLに関与することだろう。
今後はQOLにこそ需要がある。

ADL需要が強い場面では、あまりQOL需要には気づかない。
しかし、ADLが1段落した今、必要な被災地の方々のQOLの充実。

ここで、難しいのはQOLはADLのように分かりやすくないこと。
わたしは障がい者向けCo-Co Lifeで、障がい者のQOL向上を目指したが、最初のうちは何をすることで、QOLがアップするのか分からなかった。
そして、当事者そのものが、自分のQOLアップのため、何が必要が分からないケースがある。そう、当事者だからころ見えにくいこともある…。
 
 
より被災者に寄り添って、ウオンツを見つけよう!
 
SocialTOURの新城代表が被災地の方が誰も気づかない花火打ち上げを思いつき提案したように、我々は今以上に被災者に寄り添って、被災者のウオンツを感じ入り、提案してあげる必要があるだろう。

でも、個々のウオンツを探し出すことこそ、行政や組織団体にできないことだ。
個人対個人のつきあいのなかで見つけていくものだ。
そうまさしく個人ボランティアにしかできないことなのだ。

『個人ボランティア=ドロかき』の時期は過ぎた。
ボランティア経験者の方は、今後自分ができるボランティアを、被災者目線で考えてほしい。

まだ、ボランティアをしてない人へ。
パワーボランティアの時期は終わり、より細かな助けや提案が必要な時期に入っている。
誰にでも、被災者のためにできることが、きっとある。
一歩踏み出してみよう。
そこには楽しい世界があるよ♪

ローザビアンカの謎。

イメージ 1


イメージ 2この写真何だか分かりますか?
正解は野菜。
イタリア産のナスで『ローザビアンカ』です。

昨日、シティリビングの取材で、青山ファーマーズマーケットに行きました。
そこで取材後、あんまり珍しくて購入したのがこのローザビアンカ。
普通の日本のナスの3倍くらいの大きさです。
値段は350円。


今日さっそく、購入したとき言われたとおり、オリーブオイルと塩・コショウでソテーにしていただきました。
味はハッキリ言って日本のナスと一緒。
ただ、日本のナスほど水気がないので、ベッチョとならずに食感がよいのと、何て言っても存在感があるなあ。

ところで、なんで『ローザビアンカ』という名前なんだろうか?
わたしはイタリア語よく知らないけど、ローザはローズで“薔薇”。ビアンカはワイン選びでのよく聞くけど“白”。
うん、“白薔薇”。ナスなのになぜ???


Facebookで写真アップして、誰か教えてと聞いたら、形が『ローザビアンカ』なんじゃないという答えも…。
う〜ん、確かに薔薇の花に見えなくもないが…。

『ローザビアンカ』という名前、謎である。
誰かしっている人いたら教えてください。

『Cherish』by松田聖子。

イメージ 1


AKB48の新曲『Everyday、カチューシャ』が話題になっている。
初週の売り上げが133.4万枚だって。
Mr.Childrenの『名もなき詩』を抜いて、過去最高記録だとか。

22ndシングル(8月発売予定)を歌う21名の選抜メンバーをファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」(投票期間:5/24〜6/8)の投票権付きという戦略のたまものでしょうか?
一人で5000枚も買った人がいたとか、スゴいね。
AKB48の関しては、メンバー間の競争を見える化し、ファンの心理をあおるなど、本当に売り方がうまいなあと思う。


そんなAKB48が話題の今日、松田聖子のニューアルバム『Cherish』が発売。
今朝さっそくiTunesで購入。
相変わらずの“聖子ちゃんワールド”だった。

30年以上、聖子ちゃんを聞き続けているが、飽きることないなあ。
このジャケ写もかわいいでしょ。
さびつかないこの感じ、本当にこの人は永遠じゃないかと思った。

AKB48は確かに現代のトップアイドルだろう。
でも、松田聖子はやっぱモノが違う感じだ。
30年間ファンに指示される。もうこんな人はでないだろうなあ。


先日、オリコンが行った「永遠のアイドルランキング」でもダントツの1位だった聖子ちゃん。
ちなみにランキング結果は以下の通り。

「永遠のアイドルランキングTOP10」
1松田聖子
2山口百恵
3小泉今日子
4モーニング娘。
5中森明菜
6中山美穂
7ピンク・レディー
8AKB48
9松浦亜弥
10河合奈保子
10森高千里

AKB48もランキングされているが、どれくらい今の人気を維持できるだろうか?
松田聖子という存在は、やっぱ突き抜けている。
変な言い方だがモンスターだ。


ニューアルバム『Cherish』を聞きながら、改めて松田聖子のスゴさを実感した。
さらに10年後、わたしは松田聖子を聞き続けているだろうか?
ありえるな。夢物語でなく、そんな妄想がリアルさがあるのが、松田聖子だ。

ちなみに今回収録曲のなかでは、『春の陽ざしの中で』という曲が印象に残ったな。
まさに“聖子ちゃんワールド”な曲です!
東京電力の迷走が止まらない。
地震から2カ月以上たってから、炉心のメルトダウンを認めたと思ったら、地震当日の海水注入中断(いわゆる「空白の55分間」)はなかったと発表。

今、日本中から鬼っ子扱いの東電だが、わたしは少しあたたかい目でみていた。
発電事業を通じて、地方に雇用を生み、経済発展に寄与した側面もあるから。
知り合いで福島原発近くに住んでいて、一家の何人もが東電関係者という人もいる。

が、ひいき目に見ていたわたしにしても、今回の東電はひどいなあ。


【メルトダウン問題】
なぜ、この時期に地震発生何時間後にメルトダウン状態であることが分かったのか。
隠してたのか、まったく状況をコントロールできてないかどちらかだが、どちらかというと後者のほうが恐い気がする。

「原子炉内は比較的安定した状態にある」みたいなコメントがまったく意味をなさず、本当にヘタすれば再臨海なんてことがあり得るんじゃないかと思ってしまう。


【空白の55分間問題】
これもひどい話だ。現場の所長判断で海水注入は続けられていたとは。
現場判断で注入続行は理解できるが、この事実がなぜ今になって発表なのか?

「空白の55分間」問題は国会で取り上げられ、答弁が繰り返された。
中断がなかったとしたら、総理はじめ多数の国会議員は無駄な時間を使ったことになる。そして、それを報道したメディア関係者も…。

おいおい何考えているんだ。国会議員やメディア関係者など、極めて時給の高い人がこの問題に時間さいたんだぞ。


一連の東電の対応を見ていると、『誠実さ』や『謙虚さ』、『一生懸命さ』が足りない気がしてならない。
これは独占企業としての甘さに起因しているような気がする。

通常にマーケットには必ず競合がいて、顧客に対して、より大きな価値を提供した者が、顧客に選ばれ、生き残っていく。
マーケット研修でも「寝ても覚めても顧客価値」と言われ続けた。
競争の厳しい今の時代、どの業界もできる限りの『誠実さ』『謙虚さ』『一生懸命さ』を尽くして、仕事をしている。


東電は最終ユーザーである我々電気消費者にちゃんと向き合っているだろうか?
もしかすると、末端の現場では誠実に向き合っているかもしれない。
しかし、マネジメント側は最低だ。
正確な状況把握はマネジメントの基本だし、正確な情報開示はコンプライアンスの最低線。

今の東電を見ていると全然ダメだね。
基本と最低ができない東電に未来はないかもしれない。
一度上場廃止にして、会社を整理したほうがいいかも…。


じゃ冒頭言った実際東電に生活を頼っている人たちはどうするか?
大丈夫、電力というマーケットがなくなるわけではないし、自然エネルギーに向かうなら、そのインフラ構築中はさらにマーケットが大きくなる。

新電力マーケットに原発従事者等を向ける。
政治主導でキッチリやればできるはずだ。

まあ、その政治も今は頼りないのだが…。
最近、『もしドラ』のメディア露出が多いなあ…。
まあ、6月4日に映画が公開されるから、当然か。
 
『もしドラ』を知らない人のために一応説明すると、『もしドラ』の正式名称は「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という長〜いタイトルの書籍だ。
岩崎夏海著のこの原作本は250万部を超すベストセラーになっている。
 
ストーリーは弱小高校野球部の女子マネージャーが、勘違いからドラッカーの名著『マネジメント』を読み、そこに書かれていることを野球部のなかで実践していくという内容。
映画では主人公の女子マネージャー役を、AKB48の前田敦子が演じることもあって、話題になっている。
 

そんな『もしドラ』ブームのなか、ドラッカーとかマーケティングとという言葉をよく耳にする。
う〜ん、何年か前に受けたマーケティング研修を思い出すな〜。
そして、改めて考えたのが“ミッション”という言葉。
 
「ミッションとは」でググると、「ミッション(Mission)とは、「使命・任務」と訳す。会社などの組織の存在理由や存在目的をミッションという」とでてくる。
研修でも単なる仕事や業務命令ではなく、存在理由まで昇華したもの…。
 

あらためて自分の“ミッション”について考えた。
なんせ存在理由までだもんな、そんな簡単には言えないという人が多いだろう。
 
でも、わたしの場合は絞り込めてきたような気がする。
わたしがこだわってきた『メディアづくり』『女性をキレイに』『障がい者のアクション』。
この辺のキーワードがクロスしたところに、わたしのミッションがあるような気がする。
なる早で、具体的な活動に落とし込まなくちゃ。
 

ちなみに、『もしドラ』の試写を見た同僚によると、この映画を見てもマーケティングの勉強にはならないという(笑い)。
単純に、AKBの前田ちゃんを楽しもう!

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事