湘南情熱オヤジ血風録

熱いオヤジ遠藤久憲が、今感じていること、感動したことを、鎌倉からお伝えします。

最新

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今現在『Co-Co Life☆女子部』のハンドリングにリソースをさいているため、ブログもCo-Co Life公式ホームページ内のほうを主にやっています。
こちらからどうぞ!

http://co-co.sunnyday.jp/staff-blog/hisanori/

開く コメント(3)

入院の日々。

入院は手術の前日。
タクシーで長谷の鎌倉病院へ向かう。

前日は体温や血圧をまめに測定して、手術に対応できる体調か判断するという診療のようだ。
相変わらず、入院者・看護師・ヘルパーとも年配者が多く、病院内での恋などありそうもない感じだった。

前日、21時から手術に備えて絶食。
手術は13時からだから、この絶食はけっこうつらかった…。


そこに天使がいた!


手術当日の13時少し前、看護士が呼びに来た。
看護師は今まで見たことのない美人だった。
髪の毛をすべて収める手術用のビニールキャップをした看護師は色白で、吸い込まれるようなキレイな目をしていた。
他の看護師が着ていない薄浅葱色のナース服を来ていた。
手術前なのにドキドキした。

美人の看護師に車いすに乗せられ、手術室へ向かう。
医師はじめ5人くらいがスタンバイしている。
手術台に乗せられる。
階段3段分くらいあり、かなり高く感じられる。まさにまな板の鯉。

麻酔医が「これから麻酔をいれる」「すぐ意識がなくなるから」と言う。
確かにすぐ意識が怪しくなる。わたしは美人の看護師を見ていた。
そこに薄浅葱色の天使がいた…。


気がついたら、病室のベッドの上だった。
天使を探したが、ケアしてくれたのは、とても安心感のある年配の看護師だった。
手術後は痛いと医師から告げられていたが、ボーッとしているせいもあり、あまり痛みは感じなかった。
そして一晩、安心感たっぷりの看護師たちにケアされながら、あまり眠れない夜を過ごした。


「ゆうべ、眠れずに、痛みとたたかった〜」

手術翌日は点滴による抗生物質の投与等の治療。
食事も普通の食事に戻った。
手術した左は固定され、右は点滴なので、ほとんど自由はきかなかった。
することないので、寝るか、考えごとをするかみたいな…。

執刀医が術後のレントゲン写真を見せてくれた。
うわぁー、かなり存在感あるプレートが長いボルトで止められている。
う〜ん、こんなのがカラダの中に入っているのか。。

手術翌日の夜は、痛み止めが座薬から飲み薬に変わったせいか、手術日当日より痛みを感じた。
「ゆうべ、眠れずに、痛みとたたかった〜」と尾崎豊の『太陽の破片』を歌詞を変えて、リフレンした。
相変わらず、安心感たっぷりの看護師と、まるっくて愛嬌あるお母さんのようなヘルパーがケアしてくれた。


天使との再会

翌日朝、医師から退院日について相談を受けた。
具体的な治療としては、今日昼くらいまでの点滴で終わるという。
それ以降は退院可能だという。医師はわたしが一人暮らしであることを鑑みて、もう1日入院することをすすめた。

わたしは点滴終了後退院することを選択した。
病室で過ごすことがちょっとしんどく感じていた。
ひまというだけでなく、病室にいると8年前の、亡くなった妻との闘病生活を思い起こされて…。
病院は湘南鎌倉病院という違う病院だが、末期癌の妻が混濁した意識のなか、病室の天井を見ては虫がいるとか言っていたことが、同じように天井を見ると思い起こして、ちょっとしんどかった。


最後の点滴。
その処置にやって来たのは、あの薄浅葱色の天使だった。
もっとも、手術でないせいか、ナース服は純白だった。
手術日と同じようにキレイな目をしていた…。



今後わたしは何をやるべきか?

今回の入院によってさまざまな人にご迷惑をかけ反省している。
そして、入院前後にはたくさんの人から、あたたかい電話・メール・Facebookのコメント等いただいた。
改めて仲間や家族の大切を実感した次第です。
まだ、不自由なカラダがしばらく続くので、引き続きご迷惑おかけしたり、頼ったりするケースがあると思うので、よろしくお願いします。

今回のケガで半年は本格的な運動はできないという。
わたしが、空いている時間に行っている、ランニング・ゴルフ・被災地ボランティアができなくなり、時間の過ごし方が変わってくると思う。

入院中に当面何しようかと考えた。
わたしが関わっているなかで引き続きできそうなのが、Co-Co Lifeを中心とした障がい者ボランティア関連。
一時的とはいえ不自由なカラダになったのも暗示的だ。
『障がいをもっている人のアクションのためのきっかけづくり』
このこと中心に自分の時間をつかっていきたいと思っている。


今回のケガはまったくの自己責任。
今回のことを肯定的にとらえ、少しでも誰かのお役にたてればと考えている。
それが、今回お世話になった人たちの好意にむくいることになるのかなと…。

ありがとうございました。
今後もがんばります。よろしくお願いします。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事