ここから本文です
もちつ もたれつ。

【ちまたでまことしやかに語られる地名の由来を徹底検証し、そのウソをあばく】 地名の「通説の誤り」を指摘し、その成立過程を紐解けば知られざる日本の歴史も見えてくる。“問題な地名”を一刀両断する、意欲的な書! 地名の面白いところは、どんな専門分野でも首を突っ込むことができるところだと思う。歴史、地理、文学、地学、その他もろもろ。切り口によっては、いろんな解釈が可能で、個人的に楽しむ分には最高だ。 ただし、絶対的な正解がないのも事実。僕の住んでいる‘熊本’っていう地名の由来だって、いっぱい説があるし、それぞれが実に説得力がある。 そしてこの本。「なるほどこういった解釈もできるんだ」と実に納得いくのもあれば、「ちょっとそれには無理があるんじゃない」と賛成できかねるのもある。 いずすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 焼き鳥「陸蒸気」

    2017/6/23(金) 午前 10:16

    【アルコールは人間にとって最悪の敵かもしれないしかし聖書には敵を愛せよと書いてある。 (フランク・シナトラ)】 Alcohol may be man's worst enemy, but the bible says love your enemy. Frank Sinatra 職場の同僚と「ちょっと飲 ...すべて表示すべて表示

  • 青島太平洋マラソン・エントリー

    2017/6/22(木) 午前 10:38

    【フラットで走りやすいコース、穏やかな気候、沿道に溢れるたくさんの応援、2,500人を越える高校生ボランティアなど魅力たっぷり】 前半は沿道の応援が溢れる市内中心部のメインストリート、後半は太平洋を望む海岸コース。 青島太平洋マラソンは、今どきめずらしい早い者勝ちのエントリーだ。抽選なんて存在しない。今年はランニング ...すべて表示すべて表示

  • 金原千恵子 「WITH」

    2017/6/20(火) 午前 9:23

    【金原千恵子、8年振りのニュー・アルバムは、長年あたためていた「金原千恵子 with 〜 」をテーマにしたDUOアルバム】 金原千恵子のバイオリンと内田勘太郎、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、奇妙礼太郎、曽我部恵一、石井マサユキ、藤本一馬、大江慎也、塚本功、吾妻光良の最高の共演が聴ける名作! 博多の友達が ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事