ここから本文です

書庫全体表示



塚本幼稚園幼児教育学園 | 大阪市淀川区塚本|日本のみならず、世界を視野において

推薦の声


中山 成彬先生
衆議院議員(元文部科学大臣)

私も塚本幼稚園を訪問したときのことを鮮明に覚えています。園児の成長に合わせた、いろいろ画期的な取組に感銘をうけました。子供たちが暗唱した教育勅語やその他の名文は子供たちの成長につれ、人生の祈り節に子供たちの良き同伴者として励まし続けていくことでしょう。幼児の頃の頭の柔らかい時に、人生の道案内になるような漢詩、美しい詩歌等を覚えさせることは、とても良いことだと考えます。
(中略)
子供たちの一生が幸せなものでありますように、持って生まれた可能性を十分に開花させられる人生でありますように心からお祈り致します。

田母神 俊雄先生
軍事評論家 元航空自衛官 第29代航空幕僚長
私は昨年塚本幼稚園の父兄参観日に幼稚園の教育の様子を見せていただきました。教育勅語の暗唱や論語の授業、そろばん、ラグビーの練習などを見て、塚本幼稚園では真に日本人づくりの教育が実施されていることを実感いたしました。「三つ子の魂百まで」の諺があるとおり幼児教育は人格形成上極めて重要です。籠池園長の明確な教育方針のもと、伸び伸びと育った園児の皆さんは今後大きく成長してくれるでしょう。
国際化の時代にあって日本人のアイデンティティーを持っておくことは必要不可欠です。ご父兄の皆様は今後とも誇りある日本人を育てることを目指し、子供たちの無限の可能性を伸ばしてやって頂きたいと思います。


ここで過ごした三年間は、皆さんの生涯にとってまことに貴重です。何故なら、幼い頃の思い出こそ、一生を貫く「力」だからです。皆さんが、大きな声で読んだ論語の教え、また、教育勅語の尊い精神は、これから、楽しい時も、苦しい時も、悲しい時も、いつも生涯にわたって皆さんを支えるありがたい「心の力」です。
この尊い教えを身につけた皆さんは、ご家族の宝であると同時に日本の宝です。皆さん、祖国日本への愛と、ご恩ある先生への感謝、友達への友情を忘れず頑張ってください。


竹田 恒泰先生
慶應義塾大学 大学院法学研究科講師

塚本幼稚園は、日本で最も素晴らしい幼稚園の一つです。そのような素敵な幼稚園で学ぶことができた卒園生の皆様、きっと立派な日本人になられるでしょう。小学生になっても、これまで学んできた事を忘れず、しっかりと勉強してください。勉強すれば何かが変わるはずです。
皆さまが、将来の日本を支える、強くて優しい大人に成長するよう、期待します。






この記事に

  • 転載させていただきます。

    [ ブル小牧&丸木寿人 ]

    2017/2/20(月) 午前 0:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > ブル小牧&丸木寿人さん

    ありやとう、転載・拡散大歓迎!

    [ acalulia ]

    2017/2/20(月) 午前 0:55

    返信する
  • 顔アイコン

    此れも転載。
    アベチャン程論理性に敵対することを明確にしてないので、逃げ足は速そう。

    [ 櫻(N) ]

    2017/2/20(月) 午前 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    > 櫻(N)さん

    ヒドイですね。転載・拡散大歓迎!

    [ acalulia ]

    2017/2/20(月) 午前 6:55

    返信する
  • 顔アイコン

    ズルをして バレたら速攻で 逃亡する。これが「愛国」なんでしょうww

    [ 在尾張 ]

    2017/2/20(月) 午前 8:36

    返信する
  • 顔アイコン

    > 在尾張さん

    愛国という名のエゴイズムですな!

    [ acalulia ]

    2017/2/20(月) 午前 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきます

    *nya〜*

    2017/2/20(月) 午前 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > *nya〜*さん

    ありやとう、転載・拡散大歓迎!

    [ acalulia ]

    2017/2/20(月) 午前 9:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事