明石小五郎の昭和のプラモデル「模型探偵団」

本ブログにおける「真実のプラスチックモデルの歴史」に関する記事、画像を無断で引用、転載すると著作権法等に抵触します。

全体表示

[ リスト ]

サンダーバード7号

最近のプラモデルを作ってみた、まあ、古いプラモデルばかりでなくたまには新しいプラモデルでも作ってみよ

うと、

イメージ 1

これも僕からみればごく最近の新しいプラモデルとなる、旧イマイとは違って大したプラモデルではない、

今井科学の「サンダーバード7号」、ん、ん、ん、7号なんて物語には登場しない、

これは、今井科学が勝手に作り上げたものだろう、モーターで走るとあるので作ってみた、


イメージ 2

リモコンボックスにより単3電池2本で前後に走らせる、

イメージ 3

ウォームギアは金属製、

イメージ 4

モーターで一杯になるほど小さくて可愛らしい、

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ミサイル格納扉は開閉可能、手のひらに乗っかるので可愛らしい、


イメージ 9

発射台を起こしてミサイルをセットして手動で発射可能、しかし、ほとんど飛ばない、

リモコンで勢いよく前後に走ってくれる、

イメージ 10

遊んだあとはこのように箱の中に収まるので積んで保管することができる。

ついでに、ジェットモグラタンクも組み立ててしまった、

イメージ 11

そう、最近の同じくイマイのモーターライズの可愛いモグラタンク、先ほど完成させた、

それとずっと前に作ったモグラタンクで、

イメージ 12

左のバンダイのモグラタンクと右のイマイの初版のモグラタンク、

イメージ 13

ところが、バンダイのこのキャタピラは直ぐに劣化して切れてしまっている、

これも自作しなくては、

イメージ 14

もちろん、僕が自作したイマイのこのモグラタンクのは全然劣化せず、まあ、おそらく僕が生きている間は大丈

夫だろう。     <続く>


この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

明石さん、こんにちは。
イマイのサンダーバード7号とジェットモグラ、懐かしいですねぇ〜。リモコン版のジェットモグラは小学生の時に作りました。イマイ独特の、小さくて細長い青色のリモコンボックスも懐かしいです。
サンダーバード7号は過去に作った記憶が無いので、数年前にネットオークションで2個手に入れました。1つはストレートに組み、もう1つはオリジナルの改造を施すつもりです。

2016/12/9(金) 午後 7:15 [ mir*i*t ] 返信する

顔アイコン

> mir*i*tさん、はい、サンダーバードの動くプラモデルはいいですよね、いつの時代でも人気がありますよね、サンダーバードの人気の秘密は救助に向かういろいろなメカの登場と、人間と人間との争い事による血を流す場面が絶対にないことだと思います。

2016/12/10(土) 午前 5:23 [ 明石 小五郎 ] 返信する

顔アイコン

明石さん、こんにちは。
サンダーバードの魅力は、2号のコンテナから出てくる様々な救助メカと、ファイヤーフラッシュ号などの魅力的なゲストメカでした。最近までNHKで放送されていたリメイク版は、そのあたりがイマイチだったのが残念です。

2016/12/10(土) 午前 7:08 [ mir*i*t ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事