ここから本文です
My Footsteps
ご訪問、ありがとうございます

手拭い

チャイムがピンポ〜ンと鳴って
出てみるとAさん。
「浅草に行ってきました。これ,おみやげです」と、
手拭いをいただいた。
手拭い好きはAさんと共通の趣味。
折に触れてAさんから頂戴する。
聞けば、ドイツから来た知人のお客さんを案内して、
浅草見物をしてきたそうだ。

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
竹の子の柄はこの店オリジナルだそうだ。
今の季節にピッタリの柄。
早速使わせていただいた。
イメージ 4
江戸小紋 角通し
イメージ 5

肉体労働者の僕は、
仕事の時はいつも手拭いを冠る。
手拭いは頭にキッチト巻く「喧嘩カムリ」。
弛んだ脳がグッと引き締まり、
「さあやるぞ!」という気持ちが湧いてくる。

ドイツからのお客さんは,
70代の老人夫婦で、
3週間も日本全国を回って
最後に浅草見物に来たという。
日本語も堪能で、
日本の文化にも詳しいそうだ。
何と、御朱印集めにハマっているそうだ。
最近は外人観光客も
日本のことをよく勉強してくるらしい。
日本人の端くれとして、
もっと日本を知らねば・・と思うが、
相変わらずの貧乏暮らしでは、
3週間もかけての旅行は、
とても出来そうもない


この記事に

コマチソウ


イメージ 1

別名ムシトリナデシコ
茎の上部に粘液が出て、虫を捉えるが
食虫植物ではない。
では何のために虫を捕まえるのか、謎。
花言葉は
「罠」「誘惑」「未練」「しつこさ」
きれいな花には要注意ということ・・かな?
人間世界でもいえるかもしれない

この記事に

オダマキ

私設無料モデルに
「あっち向いて」「こっち向いて〜」と、
あれこれ注文を付けると、
「うるさいわね!」「いい加減にしてよっ!」と
最後は怒鳴られる。
そこへゆくと、
鉢植えの花はゼッタイに文句を言わない。
だから・・I♡🌸
イメージ 1
こっち向いて〜
イメージ 2
上を向いて〜

この記事に

オダマキ

イメージ 1

小さな鉢植えなので
少し高い位置に持ち上げて、
下から見上げるように撮影。
「いやん、そんなに下から覗かないで」
花に叱られた
・・・ような気がした

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事