ここから本文です
My Footsteps
ご訪問、ありがとうございます

書庫全体表示

俳聖松尾芭蕉は
この地で暮らし多くの名句を残した。
また、ここから「奥の細道」へと旅立っている。
芭蕉庵はその後武家屋敷となり、
詳しく所在が知られていなかったが
大正6年の津波により
芭蕉遺愛の石蛙が偶然出土し、
芭蕉庵跡と比定され、稲荷神社が建立された。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
句碑
古池や 蛙とびこむ 水の音
イメージ 5
近くには芭蕉記念館がある。
イメージ 11

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
クリックで拡大します

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事