ここから本文です
My FootSteps
ご訪問ありがとうございます

書庫全体表示

記事検索
検索

鬼鎮神社

鬼鎮神社(きじんじんじゃ)
鎮座地:埼玉県嵐山町


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

明後日は節分。
今夜のNHKテレビでこの神社が紹介されていた。
鬼を祀る神社は全国的にも珍しいという。
この神社に参拝したのはもう6年以上前のことで、
このブログにも載せているのだが
懐かしくなって再掲させていただいた。
思い立って神社巡りを始めた頃で、
名前の珍しさから早期に参拝している。

あの頃は元気だった〜


イメージ 7


この記事に

寒すずめ

イメージ 1

大寒は過ぎたが
今頃が寒さの底だろうか。
北風が身を切るように冷たい。
スズメたちも餌が乏しいのだろう、
庭に撒いたパン屑に、時には十羽以上も群がってくる。
寒雀・・
冬の季語で、この季節の雀は脂がのって特に美味しいという。
僕にはスズメを食べるなんてとてもできないが、
以前、京都の伏見稲荷神社では
参道で丸焼きを売っていたし、
よく行った近所の焼鳥屋でも「中国産だから」と言って出していた。
頭の骨ごと食べるとうまい・・そうだ。
最近は洋風の家が増えて、巣を作る隙間がなくなって
スズメも数が少なくなっているそうだ。
今に絶滅危惧種に、なんてなる時が来るかしれない。

脇へ行くな 鬼がみるぞよ 寒すずめ  一茶

   寒雀 いくら美味くも 食っちゃダメ   とうきちろう

この記事に

絵手紙

今年、懐かしい方から年賀状が届いた。

イメージ 1

イメージ 2
いしまつママさんといって、
関西に住んでいる人なのだが
パソコンを始めたばかりのころ、
そのころ流行りだった「掲示板」を通じて知り合った人だった。
あちらは絵手紙、当方は花の写真。
ママさんの掲示板は
関西人らしく気さくで超人気。
ファンも多かった。
いつの間にか途絶えてしまったが、
あれからずいぶん経つのに
僕のことを覚えていてくれたらしい。
直接お会いしたことはないが、
メールのやり取りをしたり
季節の文通もしていた。

このところ体調がイマイチで
少々落ち込んでいたが
懐かしい絵手紙に元気が出た。
ママさん、ありがとう/

この記事に

寒中お見舞い




イメージ 1

わが周囲にもインフルエンザで寝込む人が増えています。
毎晩アルコールで喉を(念入りに)消毒しているので
私自身は
今のところ大丈夫のようです。

この記事に

草津♨

草津には今回二回目。
冬の時期は初めてだが
温泉街は道路下にお湯のパイプが通っていて
雪はなかった。
イメージ 1

イメージ 2
草津のシンボル湯畑。
湧き出る温泉が熱いのでここで温度を下げ、
各旅館に配られる。
又、溜まった湯の花(硫黄)を集めて、
お土産として売っている。
イメージ 10

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
ライトアップされた湯畑
イメージ 11

イメージ 6
このところ人気沸騰中の草津は
若い人や外国人が多かった。
イメージ 7
草津温泉マスコットキャラクター
「ゆもみちゃん」
イメージ 8

イメージ 12
イメージ 13
昼間は湯もみショーが行われる処で
落語が行われていた。
出演は春風亭昇羊さん。
未だ二つ目だが結構面白かった。
湯もみショーは前回来た時見ているのでパス。
イメージ 9
今回お世話になった奈良屋旅館さん

イメージ 14
湯もみショー(前回訪問時)

草津節
音量にご注意下さい





この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事