和み彩香セラピスト&ティーチャー AKIHO 〜こころのままに〜

色とアロマを暮らしに取り入れて、リフレッシュタイムを楽しみましょう♪

全体表示

[ リスト ]

 
今夜のスーパーニュースアンカー(関西テレビ)で、

チャイルド・ケモ・ハウス『夢の病院』」設立に向けて、

という特集番組を見ました。

小児がんで治療中の子どもと家族のための

我が家のような病院、それが『夢の病院』

現在、神戸市・ポートアイランドの神戸市民病院の横に、

『夢の病院』設立を目指して計画が進行しているそうです。

小児がんでお子さんを亡くされたご家族や医師たちが、

NPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」を設立し、

『夢の病院』設立を目指して活動をされています。


小児がんの子どもさんたちとそのご家族が幸せに生きるための
 
日本初の専門病院の設立には、莫大な資金が必要となるからです。



小児がんの子どもたちは、普通の子どもたちと同じように

遊んだり、出かけたり、学んだり、家族と暮らすことは

できません。

ケモ(=化学療法、抗がん剤治療)をおこなっているので、

兄弟との面会すらも制限されているという現状を知りました。

小児がんの子どもたちは、わずか2帖ほどの空間で

ベッドでの闘病生活をおくっています。

家族が付き添って寝泊まりできない子どもたちもいます。

「お母さんが帰ってから、家に帰りたくて泣いていたんよ。」

病院に来た母親に、そう伝えた子どもさんの思い。

付き添ってあげられかなった家族の思い。

計り知れないものがあると思います。



お子さんを小児がんで亡くされたご家族、患者のご家族、

「小児がんで亡くなった友達のことをいつも思っていたい。」、

「一緒に遊びたかった。」という小学生の子どもたちが集まり、

彼らが想像した『夢の病院』を手作りして体験していました。

そこには、「友達が行きたいと言っていた”焼き肉屋さん”」

というものもありました。

私たちが普通に外食することは、子どもたちとその家族に

とっては大きな夢のようなこと。

私たちにとってはごく普通のことを、子どもたちにもさせて

あげたいという思いを実現する『夢の病院』設立に向けて、

私のできるかぎりで応援したいと思います。


もしご関心のある方は、NPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」

ホームページをご覧になってくださいね。

きっと、私たちにもできる応援があります。

 
チャイルド・ケモ・ハウスのブログ

3月27日には、ポートアイランドの臨床研究情報センターで

キックオフシンポジウムが開催されるそうです。

この日は春田先生のセミナーと日程が重なっているのですが、

同じ神戸市に行きますので、このシンポジウムが有意義な

ものとなることを祈りたいと思います。
 
 
イメージ 1
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ワタシも見ました。
何かできることがあれば、させていただきたいです。 削除

2011/3/9(水) 午前 7:53 [ リコ ] 返信する

顔アイコン

リコさまもご覧になっていたのですね!
地元関西・神戸のこのニュース、人ごととは思えなくて
気持ちも体も動きだしています。
一人ひとりができることを少しずつ、させていただきたいですね!!

2011/3/9(水) 午後 11:14 [ akiho ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事