草の根不動産鑑定士のブログ

エンドユーザーの役に立てる不動産鑑定を模索して。
少し前に、
「ハザードマップの信頼性」
という記事を書きましたが、実際には同じような高低差の土地なのに、何故、浸水可能性が5mだったり、0mだったりするのか、について新宿区危機管理課に話を聞いてきました。

神田川流域については、神田川の洪水が想定になりますが、曙橋周辺は『内水(氾濫)※』での浸水が想定され、下水道の排水能力により氾濫可能性を判断しており、メッシュごとのポイントでの判断であり、付近で氾濫が起きた場合の影響は加味されていないとのことです。

※内水(氾濫):市街地内を流れる下水道などから水が溢れる水害のこと。

また、この内水(氾濫)※』での浸水想定の基準となる雨量ですが、以前は時間当たり50㎜だったのが、トンネル工事を施工したことにより時間当たり75㎜になっているそうです。
別の言い方をすれば、現状でも、時間当たり75㎜を超えるゲリラ豪雨があれば、内水(氾濫)※』は起きうるということです。

この記事に

開く コメント(0)

曙橋停電

昨日の夕方、突然PCが消え、部屋の電気も消えて真っ暗に。
3秒くらい何が起きたかとフリーズしちゃいましたが、外を見たら、他のビルも停電していました。
商店街に降りると、停電している建物と停電を免れた建物がありました。
古い建物の停電が多い気がしましたが、古くても停電していないところもありました。
昨日は、17時に事務所を閉めて、家に帰りました。

今朝は、停電でPCがダウンした影響か、モニターの調子が悪くなっていて、マルチディスプレイにしている片方がしょっちゅうダウンするんです。。。ゲーブル等も調べましたが、原因は分からず、、、困りました。。。

東京電力の停電情報を見ると、結構、毎日どこかが停電しているんですね。
全然知りませんでした。。。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

餅つき大会

明日は、牛込仲之小学校で『餅つき大会』があります。
住吉町、薬王寺町、市谷仲之町、住吉町共栄町会の4町会と小学校PTAの合同で開催されます。

午前10時から昼の12時まで、です。

臼でついたお餅は本当においしいので、是非ぜひつきたてのお餅を食べに来てください。

この記事に

開く コメント(0)

「ダイヤモンド」で、中古マンションの資産性についての記事がありました。

東京中古マンション「一生モノ物件」ランキング【ベスト100完全版】

こういうのを見て、いつも思うのは「タワーや東京ゼロメートル地帯が多いな。」ということです。
以前から書いていますが、『資産性』を重視するなら、耐震性、つまり「良い地盤」や「建物の堅牢性」も必要だということです。

大きな地震が来て、建物に大きなヒビが入ったり、傾いたりしたら資産性』は半減です。マンションは、建替えが難しいので、建替えが必要なのに建替えができないなんていう状態に陥ったら、資産性』はゼロ以下と言っていいかもしれません。

過去のデータから導かれたランキングは、非常に参考になりますし、私も興味深く読ませてもらっています。
ただ、それは大地震がなかった時期のデータです。
大地震などという、いつ来るのか分からないもので恐怖を煽るのはよくないと思いますが、万が一、大地震が発生してしまっても問題の生じる可能性の低い物件を選んでいただきたいと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

外苑東通りの拡張工事が大分完成に近付いてきて、完成予定図が公開されました。

■環状3号線(薬王寺区間)

<ポイント>
防衛省の北側の道路から外苑東通りに接続するところにあった横断歩道がなくなりました。

この横断歩道、現在は小学校の通学路になっているので、子供たちは通学路を変更しないとなりません。
元々、この横断歩道のある「市谷仲之町交差点」は、事故の多い、子供にとって危険な交差点であると認識している場所なので、通学路に関して、どこの横断歩道を渡らせるのが安心か、ということを地域でも相談しないとならなくなりました。

外苑東通りが拡張し、歩道が広くなるのは嬉しいですが、いいことばかりじゃないですね。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事