ここから本文です
おやじぇライフ
四万十川 旅しましょう!
CB400乗りの女性のブロ友さんが以前 築港G LIONに行かれてた記事を見て
自分も行きたいなぁと、思ってました。

休日の日曜 黒ニンジャさんに、お付き合いしてもらい行く事に。
道もよく解らないので案内をお願いしました。
近畿道で堺市のお宅に向かいます。
イメージ 1
重い雲が、立ち込め とにかく暑い・・これバイクムリです・・

そして黒ニンジャさんの車で築港に到着。
赤レンガ倉庫をクラシックカーの展示 販売に利用されてるようです。

しかし、いきなりフェラーリが・・何かイベントでしょうね。
イメージ 43
西ドイツの街に来てるような感じですね。
これだけの台数はなかなか見れないので圧倒されてます。
イメージ 40
どんな人がオーナーになるのかなぁ・・
全て京都・大阪のナンバーです。
イメージ 41
リアガラス超しにV12気筒のエンジンが見えますね。
イメージ 2
当然 自分には無縁ですが、夢やなぁ。 その前に運転できる腕ないですわ。
イメージ 42
マセラティですね。1000万超えの高級車ですが、若いご夫婦でした・・汗
美人の奥様と、お子さんで乗られてました。
イメージ 3
フェラーリと言えば僕の世代は512BBでした。
時代は変わりましたが基本は昔のデザインを継承してますね。
イメージ 4
排気音も、何とも言えんV12サウンドです。燃費が知りたいです・・
イメージ 5
身近な位置でモーターショーより見ごたえありましたよ。
オーナーの方 さりげないオシャレな服装でした。
イメージ 39
自分は短パンにゴム草履・・・ 場所に相応しくないか・・滝汗

こちらはトヨタパプリカですね。子供の頃に街で見た記憶があります。
イメージ 7
三菱 初代ミニカでしょうね。欧州の小型車みたいですね。
イメージ 8
スバル360 これも子供の頃に小学校の先生が乗ってました。
イメージ 9
お〜! 憧れのレパードですね! 当時 僕はソアラを買いましたがレパード
に憧れてました。 
イメージ 10
いすゞ117クーペ。こんな斬新な国産クーペもう登場しないやろなぁ。
イメージ 11
昔のコルベットですね。 子供の頃のアメ車といえばマスタングかコルベットでした
イメージ 12
旧車のバイクも展示販売していますね。
イメージ 13
カワサキ マッハ500  3気筒 2ストてどんな乗り味でしょう。
イメージ 14
カワサキZ1000 どれもピカピカにされて展示販売されてますね。
イメージ 15
サーキットの狼で大好きになったロータスヨーロッパ!
これたまらんなぁ〜 
イメージ 16
とにかく低い! 商談中の表示が。メンテナンス大変やろなぁ。
イメージ 6
ハコスカGTRですね! これも輝いてます。
イメージ 17
ボンネット逆向けにオープンするんやぁ。
赤のDOHCのエンジンフードに当時の日産の戦闘力を感じますね。
イメージ 18
エンブレムとオーバーフェンダーだけで派手なアピールもありませんが
当時はまさに国産スーパースポーツやったんやろなぁ。
イメージ 19
S800とトヨタ800でしょうか。 今 見ると最新のデザインのような気がします。
イメージ 20
亡くなった父も、これが欲しかったって言ってました。
親父 車好きやったもんなぁ(笑)
イメージ 21
セリカ! 小学生の頃 近くの家にリフトバックがあり写真を撮りに行きました。
イメージ 22
ハヤシストリートのホイールやろか。
イメージ 23
初代RX-7 国産でリトラライトは最先端でしたね。
イメージ 24
沢山 街で走ってた記憶があります。
イメージ 25
ホンダの旧車バイク。 
イメージ 26
コスモスポーツですね。ウルトラマンで見た記憶あるなぁ。
イメージ 27
ホンダ ベンリィ。今 発売してたら買うなぁ。
イメージ 28
そして日本の誇るトヨタ2000GTですね。
こんな優雅なプレスラインもう見る事できないなぁ。
イメージ 29
ウッドパネルに沢山のメーター 
イメージ 30
これが日本の車とは思えないくらいの美しいデザインですね。
イメージ 31
240Zですね。 Zはこの形が一番いいです。
イメージ 32
カローラ レビン! 牙をむけば凄い車です。
イメージ 33
レビンにトレノ 憧れたなぁ。 
イメージ 34
沢山の名車や憧れの車 スーパーカーを身近に見る事ができました。
これはいい思い出になりました。

そして帰路に最近発売されたVストローム250を見に行きました。
イメージ 35
展示されてますね。 いいデザインで二人とも欲しい! との感想です。
イメージ 36
これにフルバニアケースで完全 旅仕様ですね。
僕のとろい走りのペースなら250CCのこんなバイクが一番やなぁ。
イメージ 37
しかしスズキは斬新やわぁ。 こんなバイクをこの値段やもんなぁ。
イメージ 38
新型 Vストローム お店の人の話では初期ロットは完売だそうです。
そらこれは売れるわ。 コストダウンを感じさせない外観でした。

今日は子供の頃の憧れの車たちに沢山 会えました。
自分の青春時代は車のために働いてたのが普通の時代でした。
お金もないのに、いい車をローンで買い彼女を乗せて走る。
それだけで満足していた時代でした。

今の若者は車から離れて行きます。確かに昔のように魅力のあるデザイン・エンジン
の車もなくなり安全基準や燃費に変わりました。

この先 電気自動車が復旧しエンジン音が響かない時代もそう遠くないのかも知れませんね。

この記事に

開くトラックバック(3)

京都 京丹波町に廃校になった小学校が注目されてます。
昼食もあるようです。 時間もあるので覗いてみましょう。

5月の沖縄ツーリングで自分への土産に購入した沖縄音楽の中古CDを聞きながら
一人でノンビリとデリカD:5で行きましょう。
記事はこちらです。
イメージ 1
長岡京ICからスタートです。 雨雲レーダーでは雨の予報ですが車なら安心ですね。
イメージ 2
旧27号線から質美の集落に向けて進みます。
エアコンに音楽・・車は快適です。
イメージ 3
到着しました。 廃校になった質美小学校です。 笑楽講と表記されてますね。
イメージ 4
車は運動場に駐車します。 手前は満車なので奥の方に駐車しました。
イメージ 5
錆びたサッカーのゴールや野球のバックネットがありますね。
放課後は子供達が遊んでいた事でしょうね。
イメージ 6
すぐ裏にはヤギさんが、こちらを監視してますね。
イメージ 7
ここに校長先生が立って全校児童がグラウンドに集合してたんやろなぁ。
イメージ 10
廃校当時のままの入口です。ここは閉鎖されてましたので裏に回ります。
イメージ 8
学びの生徒の像。少し汚れて寂しそうですね・・
イメージ 9
入口には案内板もありますね。まず中庭に行きましょう。
イメージ 11
古びた赤ポストがありますね。実際に使われてたのかなぁ。
イメージ 12
街中では珍しくなったトノサマカエルも沢山 泳いでました。
イメージ 13
入り口には風鈴が吊るされて、いい音色でした。
イメージ 14
廊下ですね。 キレイな状態で保たれてますね。
イメージ 15
各教室の中には、お店が入ってるんですよ。
懐かしいブリキの玩具なんかも、見えましたね。
イメージ 16
お店の中では撮影はできますが、辞めておきましょう。
それより構内を見たいので。ここも児童で賑やかだった事でしょうね。
イメージ 17
低い手洗い場。ここで汚れた手を洗ってから。
イメージ 18
靴箱で上靴に履き替えて。
イメージ 19
それぞれの教室に向かってたんやろなぁ。
イメージ 20
懐かしいオルガンなんかも、ありますね。こんな木製の椅子でした。
イメージ 21
窓には簾とダルマが。微笑ましくなりますね。
イメージ 22
食堂は人が並んで待ち時間 40分・・また次回の楽しみにしましょう。
廃校とはいえ、子供の歓声が今にも響いてきそうな感じでした。

帰りは大雨に遭遇しました。身近な距離でもまだまだ、いい所あるなぁ。
ノンビリ一人のドライブもいいもんです。

この記事に

3連休のスタートですね。 皆さんお出かけされてる事でしょうね。

会社の同僚のIさんから岡山県備前市に廃線跡と小野市の向日葵畑を見に行こう!
とお誘いが。6:30長岡京ICからスタートですイメージ 1
国道372を姫路方面に向け進みます。青い空が広がりますね!
イメージ 2
子午線を抜けて滝野・社IC方面。9時で30度超えです。暑い・・
イメージ 3
中国道で時間短縮しましょう。 
イメージ 4
途中 渋滞もありましたが高速に乗ると受ける風が心地いいですね〜
イメージ 5
佐東ICで下車しましょう。 晴れの国、岡山県に到着しました。
イメージ 6
11時で34度・・休憩して水分補給です・・厳しい暑さになりました。
それでも! 家で過ごすより、よっぽどいいですね!
イメージ 7
そして目的地の片上鉄道の駅舎に到着しました。
1991年6月31日で廃線になった片上鉄道の駅舎です。
イメージ 8
有形文化財にも登録されてるようですね。 大切に保存されてます。
イメージ 9
駅舎の構内は地域の人の手でキレイにされてます。
この窓口で切符を買ってんでしょうね〜
イメージ 10
それではホームに入りましょう。
イメージ 11
この車両は動態保存されてるようです。月に一度 イベントとして動くようです。
手入れたいへんでしょうね。
イメージ 12
錆びた鉄路が寂しいですね。向かいは人の声が響いてたんでしょうね・・
イメージ 13
鳴る事のない遮断機ですが、今にも鳴りだしそうです。
イメージ 14
他にも旧型客車も保存されてるようです。せっかくなので見学しましょう。
イメージ 15
行先表示も残されて現役当時を偲べますね。
イメージ 18
車内はこんな感じです。懐かしいです。
イメージ 17
今にも発車のベルがホームに響きそうですね。
イメージ 16
この旧型客車も状態よく保存されてます。
子供の頃 山陰線 亀岡駅から母とよくこんな客車に乗りました。
前夜はワクワクして寝られなかったなぁ。
イメージ 19
あ〜こんな感じでした。扇風機が天井にありました。懐かしい〜!
イメージ 20
そうそう こんなオープンデッキで母と乗り込みました。
手を繋いでもらい乗り込んだ子供の頃が鮮明に蘇りますね(笑)
ここで景色を見て、怒られました・・今 思うと危険ですよねぇ。
イメージ 42
気動車も今にもエンジンの音が響きそうです。
イメージ 21
廃線を背景に記念に一枚。 
イメージ 22
家もビルも工場もない、のどかな風景の中を走ってたんですね。
イメージ 23
キロポストも傾いて落ちそうです。
イメージ 24
古き良き時代のお面影を少し覗けた気がします。
昼食は駅近くの食堂で卵かけご飯を食べました。
イメージ 43
黄身が鮮やかな黄色でした。 今朝 産みたてのようです。
さぁそれでは兵庫県小野市に向け移動しましょう。
イメージ 25
途中にこんなキロポストなんかもありました。
イメージ 26
国道の上に廃駅がありました。登って見に行きましょう。
苦木駅というようです。このホームにも人が乗り降りしてたんですよね。
イメージ 27
沢山の笑いも・涙も出会いも別れも刻んでた事でしょね・・
イメージ 28
赤穂方面に向け再び移動しましょ。14時を過ぎ34度・・・
厳しい暑さです・・
イメージ 29
貨車が一両国道沿いにありますね。記念に一枚。
イメージ 30
姫路バイパス方面に向けて進みます。
イメージ 44
そして小野市の向日葵畑に到着しました!
イメージ 31
これは見ごたえありますね〜 太陽の方向に向いて鮮やかな黄色が広がります。
イメージ 32
本格的な夏の到来ですね。一年で一番好きな季節の到来です。
イメージ 33
これぞ!と言わんばかりに咲き誇ってますね!鮮やかな黄色ですね〜
イメージ 34
背も高く畑の中に沢山 人がいるのに写りませんね(笑)
イメージ 35
バイクと記念に一枚! 
イメージ 36
とにかく畑一面が鮮やかな黄色です。見ごたえありますね〜
イメージ 37
夏の気分を一層 盛り上げてくれる向日葵。オヤジェ二人で堪能しました・・汗
イメージ 38
17:00を過ぎ帰路も372号線で進みます。
夕方は走ると風が心地よく走れますね! いいツーリングでした。
イメージ 39
篠山市のコンビニで最後の休憩です。今日はアイスクリーム沢山食べました(笑)
イメージ 40
この後 京都循環道 長岡京ICで下車し19:44分無事に自宅に到着です。
433kmの廃線&向日葵ツーリングも無事に終了です。
イメージ 41
廃線跡を見ると10分単位で電車が来る自分の街は幸せだなぁなんて気分になります。 そして夏の風物詩 向日葵! 一年で一番好きな季節の到来です。
暑くてもクーラーの効いた部屋で過ごすより、いい一日になりました!

これから夏本番!しかし・・これから本格的に仕事が忙しくなりますが僅かな時間でも走ります。 バイクはいいねぇ〜!



この記事に

開くトラックバック(3)

6月18日 日曜日 早朝に会社のⅠさんから兵庫県 神河町に水車があるので
見に行こうとの誘いが。昔ながらの水路も見られるようなので二人で出かけました。

朝7時 大山崎の宇佐美でまず給油です。 
イメージ 1
待ち合わせのローソンに30分前に到着すると、すでにIさんは到着してます。
おやじぇの朝は早いです・・
イメージ 2
国道9号線から372号線で篠山方面に向けスタートです。
イメージ 3
スッキリしない曇り空ですね・・篠山の市内を抜けて行きます。
イメージ 4
もう道は何処を走ってるのか解りません・・Iさんに追従するだけです。
イメージ 5
目的地の播但線 新野駅に到着しました。
この付近に昔ながらの水路などがあるようです。
イメージ 6
神河町は初めての訪問です。駅にバイクを置いて散策です。
すぐにベルが鳴り電車が入線してきました。 なんとも懐かしい電車です。
イメージ 7
こちらは、凄いスピードで通過して行きます。 はまかぜかなぁ。
イメージ 8
まず水路の水車と記念撮影です。イメージ 9
昔は色んな所でこんな水路が、ありましたねぇ。 
亀岡の、おばあちゃんの家の裏にも、こんな水路ありました。
子供の頃はよく遊びました。
イメージ 10
周辺を少し散策しましょう。バイカモと表示されてます。
イメージ 11小さな水路に梅花藻が咲いてますね。 それだけ水質がいいんでしょうね。

イメージ 12
もう少し暑くなれば、もっとキレイになるようです。
イメージ 13
小さな花ですが、頑張って咲き誇ってます。
イメージ 14
水路の水は、田んぼに流れてます。キレイな水で作られたお米は美味しい事でしょう
イメージ 15
水路を歩いて散策は続きます。 ホント水がキレイです。
イメージ 16
緑も鮮やかな田んぼが広がります。もう街中ではこんな風景もなくなりました。
イメージ 17
陽が登り汗が流れます。顔を洗うと冷たくて気持ちがいいです。
スイカなんか冷やしたらよく冷えるでしょうね。
イメージ 18
水車小屋もありますね。 お米を脱穀するのに水力も利用されてたんですね。
イメージ 20
こんな水車が合計7個ありました。 ギーィと音をたてて回り続けてます。
イメージ 19
水車と、田んぼに赤いローカル線が冴えますね。
イメージ 21
次は棚田を見に行こうという事になり移動します。
イメージ 22
途中で名水が湧き出てる場所がありました。
イメージ 23
皆さん沢山 汲まれてますね。 自分は顔を洗いました。
イメージ 24
農道を登って行きます。 夜は真っ暗やろなぁ。イメージ 25
バイクを置いて少し歩いて散策しましょう。
イメージ 26
小さな集落に沢山の棚田が見えますね。 これは素晴らしいです。
イメージ 27
石積の棚田は初めて見ました。 
イメージ 28
昔の日本の風景が残ります。 懐かしさすら感じますね。
イメージ 29
まだまだ、知らない土地には素晴らしい風景が残されてます。
でも村の人・・大変だろうなぁ。
イメージ 30
それでは昼食に向かいましょう。 西脇市に向け進みます。
イメージ 31
播州ラーメンの有名店のようです。午後2時を過ぎてますが並んでます。
イメージ 33
こちらが播州ラーメンです。あっさりして、ホント美味しかったです。
並ぶのも解ります。
イメージ 32
食べ終わり帰路につきます。 再び372号線で亀岡市方面に向けます。
イメージ 34
篠山市のコンビニで最後の休憩です。アイスコーヒーにアイスクリーム。
ホント真夏の陽気に恵まれましたね。
イメージ 35
夕方5時前に自宅に無事に到着です。走行は264km。
ほどよい距離のツーリングになりました。
イメージ 36
日本の古き良き時代の面影を少し覗けた気がします。
遠くに行かなくても、まだまだこんな風景が残る場所があるんですね。
もっと散策しないと。 ノンビリいいツーリングになりました。
バイクはいいねぇ〜!


この記事に

開くトラックバック(1)

土曜日も仕事となりました。休日ですので、いつもの6時30分に出社の必要も
ありません。9時に自宅を出発。
毎日の通勤道を走るとJR沿線に凄い人が並んでます。
パトカーまで出動して交通整理してます。
イメージ 1
老若男女が関係なく・・ 何が通るんですか・・?の問いかけにトワイライト瑞風
だよと。急いでカメラを自宅に取りに帰ります。
イメージ 2
人だかりの中 待つ事5分 周囲にシャッター音が響きます。
お〜これかぁ! 最新とはいえ少し懐かしい感じのデザインですね。
イメージ 3
大阪から下関まで27万円だそうです・・・退職金もらうまでムリですね・・汗
イメージ 4
上空にはヘリコプターが追従してます。 
イメージ 5
気動車の音を響かせて目の前を通過して行きます
イメージ 6
最後尾の展望デッキでは手を振る夫婦の姿がありますね。
こんな贅沢な旅がしたいです。

イメージ 7
定期運行はしないようですね。一人 27万・・どんな人が乗車してるのか
興味ありますわ。 僕なら、もう一台バイク買いますが(笑)
イメージ 8
京都駅方面に向けて旅の始まりです。 乗客は今頃ラウンジでワインでも飲んでるのかな・・・僕は今 金麦を飲んでる最中です・・。
イメージ 9
ここまで超豪華になるとサラリーマンでは厳しいですね。
以前のトワイライトは、なんとか手が届く価格設定でしたが瑞風は乗る事ないでしょうね。この後 会社に行きましたが、ほんの少し夢のおすそ分けをもらいました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事