ここから本文です
おやじぇライフ
ツーリング行きましょう

琵琶湖畔に朝食に。

午前中 時間ができました。
天気もいいので琵琶湖畔に朝食でも・・という事で出発です。

7時前に大山崎から京都東まで時間短縮です。
イメージ 1
朝は本当に涼しくなりました。 メッシュジャケットでは寒いですね。
イメージ 2
琵琶湖大橋を超え蓬莱〜志賀町を抜けて湖岸に到着です。
イメージ 3
先週はよく雨が降りましたね。 久々の快晴の青い空が広がります。
イメージ 6
雲も秋の雲に様変わりですね。 穏やかな北湖の風景に癒されます。
イメージ 5
で・・わざわざ・・これだけのために走りました。
波の音・風の音・贅沢な朝食ですね。
イメージ 7
こんな湖岸に家が欲しいなぁ・・なんて徒歩でウロウロしました。
イメージ 4
太陽が登り湖面が輝きキレイでした。 琵琶湖はいいわぁ〜。
イメージ 8
気分もスッキリしました。 こんな小さなツーリングもいいもんですね。
イメージ 9
帰りも湖西道路で急がずノンビリ下道で帰宅しましょう。
イメージ 10
走行120kmの湖岸の朝食ですがいい気分転換になりました。

ほんとうはガッツリ走る予定でしたが山間部は通行止めも多いので自重しました。
10月は期末も終わり仕事も一段落しそうです。
それまで・・我慢ですね。  
御覧頂きありがとうございました。 季節の変わり目 体調に注意して下さいね。

この記事に

少年時代



朝夕も涼しくなり夏の終わりの一番寂しい季節です。

子供の頃 真っ黒に日焼けして蝉を追いかけクワガタ虫を探しに山に登り
母親に寝る時は蚊帳を張ってもらい夏祭りに連れてもらいました。

初めて乗せてもらった新幹線。食堂車で食べたカレーライス。
父に阪急ブレーブスのプロ野球のナイターを見に連れてもらい海水浴に連れてもらい
夏休みの宿題を後回しにして母に怒られた事。

そして元気だったお爺ちゃん・お婆ちゃん。
とても元気で若かった父と母。

そして無邪気な少年時代の自分。

今日はふとそんな事を思い出しながら会社からの帰りの道中でした。

間も無く彼岸を迎えますね。

最近はまた仕事の沼に入り込んでます・・

ふと少年時代に戻りたい・・そんな気分でした。

皆さんも素敵な少年時代があった事でしょうね。

戻りたくても戻れない。

間も無く10月 一年過ぎるのが本当に早いですね。

「夢はつまり想い出のあとさき」

この歳になりようやく解る気がします。

さぁ元気に働ける事に感謝しよ!

(独り言でした)

この記事に

今日も猛暑の予報です。 半日時間ができました。
家で寝ている場合ではないですね。 少し涼しい所に向けて散歩でもしましょう。

朝6:30 いつもの宇佐美で給油です。
イメージ 1
長岡京ICから大原野ICまで少しエンジンを回しておきましょう。
雨雲が広がり蒸し暑いですね。
イメージ 2
老の坂峠で亀岡方面に。 気温は28℃です。
イメージ 3
朝はコンビニで仕入れた朝食で済ませます。
家で食べるより美味しいですね。
イメージ 4
高槻市方面に向け山の中を抜けていきます。
気温は26℃。涼しくてほんと気持ちいいですね。
イメージ 5
お寺に行ったりノンビリと写真を撮りながら帰路につきます。
イメージ 6
次の週末はもう9月・・・夏ももう終わりですね。
でも向日葵がまだ咲き誇り過行く夏を楽しませてくれてます。
イメージ 11
川辺はヒンヤリとして、心地いい時間を過ごせます。
イメージ 7
朝10:00 開店と同時にオイル交換にジャパンタイヤ高槻店に到着です。
イメージ 8
間も無く、1000km 初回のオイル交換をしておきましょう。
イメージ 9
これで安心して秋のシーズンを迎えられますね。
イメージ 10
夜は地蔵盆で激安でかなり飲めました。
小さい子供が浴衣で喜んでる姿を見ると癒されました(笑)

明日もまだ残暑が厳しいようですが皆さんよい休日をお過ごしくださいね。

ツーリングに行かれる方は安全運転で。
海釣りに行かれる方は水分補給をお願いしますね。

この記事に

お盆休みも変則勤務・・飛び石の休みで今週は日曜日も仕事です・・
朝起きると快晴です。 せっかくなのでソロツーリングに小浜市へ向けて走りました。 暑さも落ち着きました。 汗も出ない位に涼しい朝となりました。

まず7:00 いつもの宇佐美で給油です。
イメージ 1
名神高速は大津まで渋滞してますね。 国道171号線でノンビリ行きましょう。
イメージ 2
琵琶湖方面は早朝から交通量が多いですね。まだお盆休みの方もおられるんですね。
イメージ 3
鯖街道に入りましたが・・寒い・・! メッシュの服では肌寒いです・・。 
イメージ 4
気温は19℃・・寒い位に冷えてます。この寒暖の差は凄いですね。
イメージ 5
一人なので色々停車して撮影です。 これもソロのいい所ですね。
イメージ 6
小浜市方面に向け進みましょう。 もう秋の気配ですね。
イメージ 7
日本の名水に選ばれた瓜割の水を頂きに来ました。
冷たくて美味しい!  今度は車で容器を持って水汲みに来ましょう。
イメージ 8
地元の方が沢山 名水を求めて来られてました。
空のペットボトルを持参していたので少し自分の分も汲みました。
イメージ 9
瓜割の滝が近くにあるようですので見に行きましょう。
イメージ 10
しかし水量が凄いですね。  
イメージ 11
もう歩いても涼しい位の気温ですね。 
イメージ 12
流れる水も透明で本当にキレイな水です。
イメージ 13
観光客の方も登られてます。 蝉の鳴く声も響きいい運動ですね。イメージ 14
杉林の中を歩くので太陽の光も届きません。 快適に登れます。
イメージ 15
ここ紅葉の季節もキレイでしょうね。 秋にもう一度 訪ねてみたいですね。
イメージ 16
到着です。 滝とはいえ小さな滝です。
イメージ 17
周囲もヒンヤリとしています。 水の流れる音だけが聞こえます。
イメージ 18
しかし湧く水量も凄いですね。  コンビニなどでも瓜割の水として販売してます。
イメージ 19
さぁそれでは海を見に進みましょう。
イメージ 20
今日は風も強く日本海も白波です。
イメージ 21
若狭和田の海岸に到着しました。 青い空が気持ちいいです。
イメージ 22
ここも強風ですね。 海水浴場も子供は危険な位でした。
イメージ 23
ここでコーヒーで休憩です。 海はいつ来ても癒されます。
イメージ 24
舞鶴方面に向けて進みましょう。海上自衛隊の前を通過して進みます。
イメージ 25
松尾寺駅でトイレ休憩を・・・
イメージ 26
最近 映画の撮影に使われたようですね。
イメージ 27
舞鶴港に立ち寄り再び海をノンビリ眺めて。
イメージ 28
五老岳に登り舞鶴湾を見に行きましょう。
イメージ 29
今日はモヤも少なく美しい舞鶴湾が望めますね。
イメージ 30
湾の中は穏やかな海が広がります。 周りは広東語ばかり・・・
イメージ 31
飛行機雲も鮮やかな青い空の一日となりました。なんとなく秋の気配を感じますね。
イメージ 32
それでは遅い昼食に向かいましょう。
イメージ 33
今日は舞鶴茶屋で昼食としましょう。もう2時前なので空いてました。
イメージ 34
ここは定番の牡蠣フライ定食です。サクサクでいつ食べても美味いです。
また秋に海鮮丼なんかもいいですね。
イメージ 35
お腹も満たされ27号線から日吉ダムを抜けて帰りましょう。
イメージ 36
午後4時 無事に自宅に到着です。 走行距離は280KMでした。
変則休暇の飛び石の休日もソロですが有効に使えましたね!

もう秋の気配を肌で感じられる気温となりました。
毎年ですが不思議なもんです・・・
夏の終わりを感じると寂しい気持ちになりますね。

季節は確実に移り変わろうとしてますね。

皆様よい週末をお過ごしくださいね。



この記事に

お盆休みですね! 今年は本当に厳しい暑さです。
友人とバイクに乗り出掛ける予定も中止となりました。

8月12日 日曜日。貴重な休みです。
家にいてはもったいないと言うことで静岡県掛川市に向かいました。

京都駅で、のぞみ号の指定席は完売でしたが、こだま号は自由席もガラガラです。
早朝からキオスクで缶ビールを購入して乗車です。
イメージ 1
掛川駅で下車して金谷駅に向かいました。
この頃には36℃・・ 厳しい暑さですが京都よりもマシですね。
イメージ 2
隣接する大井川鉄道の金谷駅に向かいます。懐かしい感じの表示板ですね。
イメージ 3
ここから一駅 新金谷まで電車で移動します。
これまた懐かしい感じの電車です。元々は南海電鉄で活躍していた車両だそうです。
イメージ 4
フェンスの向こうはJRのホームです。 
イメージ 5
そして新金谷駅に到着しました。 木造の駅舎がいいですね。
イメージ 6
旧型の客車も保存していますね。 子供の頃に山陰線でよく見ました。
イメージ 7
こちらも旧型の客車です。いい状態で保存して現役で活躍しています。
イメージ 8
そして乗車する機関車が入線してきますね。汽笛の音も懐かしいです。
イメージ 9
C11型蒸気機関車です。迫力ありますねぇ〜
イメージ 10
牽引する旧型客車です。昔の亀岡駅に戻ったみたい・・
子供の頃の思い出が蘇ります。イメージ 11
木製のデッキから乗ると当時のままの状態です。
イメージ 12
乗車した席です。 昭和16年製造の車両で当時のままで保存されているようです。
イメージ 13
当時のままで保存されてるので当然ですが空調もありません。
扇風機もありません。暑いですが、これがいいんでしょうね。
イメージ 14
乗務員さんも汗だく・・石炭の燃える熱も伝わります。
イメージ 15
汽笛が鳴り間も無く出発ですね。
イメージ 16
駅弁も調達しました。 いろんな味が楽しめますね。
これも楽しみにしていました。
イメージ 17
大井川を右手に進みます。 空調はありませんが走行中は快適ですね。
イメージ 18
通過する駅にも沢山の見学や撮影の方がおられます。 
イメージ 19
勾配を登る時にはモクモクと煙突から黒煙がでます。力強い走りですね。
イメージ 20
昔の石炭とは違い現在の石炭は黒煙の煙も無害に等しいようですね。
イメージ 21
切符の検札も当時の制服をイメージされてるようです。
イメージ 22
トンネルに入ると車内はこんな感じに。昔の夜汽車こんな感じやったなぁ。 
イメージ 23
この客車も東海道本線を現役で走ってたんでしょうね。 
イメージ 24
下泉を超えるともう少しで終着の千頭ですね。イメージ 25
山に汽笛の音が響きます。 これは乗車して値打ちがありますね。
イメージ 26
先頭車両に乗車したので常時 SLの迫力ある音が聞けました。
イメージ 27
この橋を渡れば終着の千頭駅です。  いい汽車旅でした。
イメージ 28
千頭駅には子供が大好きなトーマスが。
イメージ 29
これは子供は喜ぶわ〜 どうりで小さい子供が沢山いるはずでした。
イメージ 30
戻りは近鉄で活躍していた車両に乗りましょう。昭和40年頃の車両ですね。
イメージ 31
さすが特急型です。 中は豪華ですね。
イメージ 32
SLの乗車もできていい一日になりました。
昭和16年製造の車両なんて乗れる機会もないですしね。

そのまま帰るのも、もったいない・・と言う事で掛川駅近くの掛川花鳥園にも少し
立ち寄りました。
イメージ 33
沢山の鳥が園内に放し飼いされてます。 手や肩にも乗ってくれました。
イメージ 34
水性植物も沢山 見られます。 園内は空調もあり快適ですね。
イメージ 35
こんな感じで放し飼いされてるので、じっくり見る事ができます。
イメージ 36
木の下に入ると・・ウンチ攻撃にあうので危険ですね💩
イメージ 37
ここもまた訪ねたい場所になりました。 
イメージ 38
帰路も新幹線で京都に向けて帰宅しました。

SL乗車に花鳥園。いい一日になりました。
まだまだ厳しい暑さが続きます。熱中症に気をつけてくださいね。
そしていい、お盆休みをお過ごしくださいね。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事