きむりんの備忘録

広く浅く、多趣味なきむりんの備忘録

全体表示

[ リスト ]

電力不足をどうするか?
実は以前車載PCを考えていたときに、こんなものを買っていました。
イメージ 1
車載PC用電源 M1-ATX です。([詳細はこちら])

カーバッテリーからの電気は基本DC12Vですが、
実際には、車の状態によってかなりの幅があります。
11.5V〜14.5Vくらいでしょうか。
M1-ATXは、この幅を吸収して安定したDC12Vを供給してくれます。
もちろんそれだけでは、「車載PC用電源」とは言えません。
M1-ATXは、車のキーに連動してPCの起動・終了処理をしてくれます。

このM1-ATXをDNRH-001にもとからついている電源と交換します。
<交換前>
イメージ 2

<交換後>
イメージ 3
(交換前と交換後で写真の上下が逆です)

残念ながらDNRH-001付属の電源基板と、M1-ATXの基板にある穴の位置は合いません。
そこで、塩ビ板をDNRH-001付属電源基板と同じ大きさで切り出し、
DNRH-001付属基板のねじ穴と同じ位置に穴を開け、
さらにM1-ATX基板固定用の穴も開けて固定しました。
M1-ATXは、電源コードとHDD、IDEケーブルができるだけ干渉しないようにしたのですが、
HDDを付けてみたら、当たっていました。
ねじ穴の関係でこれ以上動かせないし、当たると言っても問題になるほどではないと判断しました。

M1-ATXには、車と接続する配線が3本あります。
(1)バッテリー+
(2)アース
(3)イグニッション
メンテナンスの手間を考えて、3極カプラを使って接続することにしました。
M1-ATX側はこんな感じになりました。
イメージ 4
100V-200V切り替えスイッチを外して、そこから引き出しています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事