美容外科「高須クリニック」のCMを「陳腐」と民進党議員に中傷され、名誉を傷つけられたとして、同クリニックの高須克弥院長は19日、同党の蓮舫代表、発言した大西健介衆院議員らに1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした
 訴状によると、大西議員は17日の衆院厚生労働委員会で、悪徳な美容外科の広告や勧誘の問題を追及。質問の中で、固有名詞と連絡先だけを連呼する業者のCMを陳腐だとし、例として「イエス!まるまるクリニック」と発言した。
 高須院長側は「発言が『イエス!高須クリニック』を指すことは明らか。陳腐なCMを行っているというレッテルを貼られた」と訴えている。
 民進党の話 状況が確認できていないのでコメントは控える。
 大西議員の話 不快な思いをされたとしたら、おわび申し上げたい。今後は弁護士と相談し対応する。