日々のストレス溜まりまくり

不屈とは、倒れぬ事を指すのではない 倒れても尚立ち上がり前へ進む事を言うのだ!

全体表示

[ リスト ]

AIが「共産党は無能」と批判=中国ネット大手、サービスを停止−香港紙

(2017/08/02-16:24) Jiji.com

\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

 【香港時事】中国共産党は「腐敗して無能」−。同国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、同社が急きょサービスを停止する事態となった。2日付の香港紙・明報が伝えた。
 このAIプログラムはチャットの活性化を目的に、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に登場。「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」と反論した。
 さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」と答えたとされる。共産党は「嫌い」とも断言した。
 先月末から反響が大きくなり、テンセントはAIプログラムのサービスをすべて停止した。中国のネット上では「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」などの声が上がっているという。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
こりゃぁあちこちの腐れマスゴミが持ち上げてるだけの事はあるなぁ
www

日経もフォーブスも偉い持ち上げてた途端にこれですかwww
まぁある意味的を射ているんだろうけどなぁ
( ^∀^)ゲラゲラ


AI世界トップ目指す中国の脅威

2017/8/1 17:52 日本経済新聞
 人工知能(AI)を開発するために必要な完璧な環境というのを想像してみてほしい。構成条件となるのは、膨大な処理能力、大勢のコンピューター科学者や技術者、巨額の資本、そしてコンピューターに様々なパターンを認識させて対応できるよう鍛えるために必要となる莫大なデータを抱えている、といったものだ。
 こうした条件は、現在AIの分野で世界の先頭に立つ米国には、十分当てはまるように思えるかもしれない。しかし、いくつかの点については、米国以上に中国の方がぴったり当てはまる。

 中国はクラウドコンピューティングの能力を急激に増強している。質では劣るにせよ、AI研究の純然たる量では、中国の学者は今や米国の学者をしのぐ。実際、中国が出したAI関連の特許申請件数は2010〜14年に、その前の5年間のほぼ3倍に達した。中国のAIに関連する新興企業はベンチャーキャピタルから莫大な資金を呼び込んでいる。
 何より中国は、7億人以上のスマートフォン(スマホ)利用者を抱えており、その数は世界のどの国よりも多い。彼らは様々なデジタルサービスを消費し、音声アシスタントを利用し、店頭ではスマホを決済端末にかざして代金を支払っている。そして、その間、常に膨大な量のデータを生み出し続けている。
■AI開発戦略を発表
 この状況がアリババ集団や百度(バイドゥ)、騰訊控股(テンセント)といった中国企業に、顔認識からボット(対話機能)まで、あらゆる分野で最高のAIシステムを開発するチャンスを与えている。中国政府はAIの可能性を確信している。そのため、7月20日には、30年までにAIの分野では世界をリードする大国になることを目指す開発戦略を発表した。
 世界で人口の最も多い国でAIブームを起こすことは、多大な可能性を秘めている。まず、コンピューターの深層学習(ディープラーニング)能力は、データが多ければ多いほど深められるからだ。
 中国ほど膨大なデータを生み出している国は他にはない。例えば、非常にまれな病気であっても、人口が多いことからその兆候に関するデータを多く収集し、深層学習に生かすことができる。そのため、多くの新技術の開発ペースも速まるだろう。
 中国では、漢字を打ち込む手間が面倒なため、音声による支援サービスが欧米よりも普及している。従って、音声支援システムを改善させるスピードもその分、速いはずだ。道路沿いに設置したカメラから送り出す映像に反応して、交通信号機が自動的に調整するシステムもすでに実験が進んでいる。
 米コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査部門マッキンゼー・グローバル・インスティチュートによると、AIを活用した自動化は中国の国内総生産(GDP)の伸び率を年間1%以上押し上げる可能性があるという。
■外国企業を規制
 だが、中国のAI推進計画には心配すべき点もある。一つの懸念は、中国が成し遂げたブレークスルーの恩恵が同国のデータ保護主義によって打ち消されてしまうことだ。
 中国政府が6月に施行した「インターネット安全法」は、中国に進出している外国企業に対し、中国で収集した顧客に関する個人情報を中国国内に保存することを義務付けている。つまり、外国勢は第三者にサービスを提供するために中国で収集したデータを活用することができない。これを受け、各国政府がその報復として自国で事業を展開する中国企業に対し、同様の制約を課す可能性は十分あるだろう。
 また、収集してきたデータをまとめて蓄積して使えなければ、自動運転などの商品を動かすアルゴリズムの開発にすべてのデータを生かすことができず、最も効率の高い商品開発には至れないかもしれない。

 第2の懸念は、AIの倫理と安全性を巡る問題だ。米国では、シリコンバレーの巨大ハイテク企業群は互いに協力し、開発するAI関連技術については安全性を確保することを確約している。
■AIの暴走防ぐ技術
 具体的には各社は、「ボクシング(隔離)」と呼ばれる技術を検討し、これによりAIの機能を環境から切り離し、AIが予期せぬ行動や暴走をして悲惨な影響をもたらすことがないようにする、としている。
 欧米の有力なAI研究者らは全員、人間が操作しなくても自動的に攻撃するAIを使った自律型兵器の開発を禁止することを提言した15年の公開書簡に署名している。だが倫理的なAI研究の限度について、仮に中国で同じような議論が起きたとしても、欧米のような動きが生じるかは不透明だ。
 中国のAI企業にとっても、この問題は検討に値するだけのインセンティブがあるはずだ。問題あるAIは地球のどこに登場しても問題になるからだ。従って、例えば世界的な安全基準を策定することは、彼らにとってもメリットがあるはずだ。
 だが、3つ目の懸念はAIが主に中国政府の利益のために利用されるというもので、これは対処が難しい問題だ。
 中国政府は今回発表したAI戦略で、AIが中国政府にとって非常に価値があることを隠そうとはしていない。誘導ミサイルから予測に基づいて警察がどう活動すべきかまで、すべての分野においてAIの利用を想定している。
独裁的国家が関心も
 AIは、中国の検閲官が市民を掌握するために監視しておくべき膨大なデータの中から一定のパターンを見つけるのにうってつけの技術だ。また、中国政府は、国民それぞれをその行動によって個別に点数付けしていく「社会信用体系」なるものを築く計画を立ち上げたばかりだが、同じデータがこのシステム構築に大いに役立つことは容易に想像できる。
 ひとたび完成すれば、これらのアルゴリズムは世界中の独裁体制の興味を引くだろう。中国のハイテク企業は、中国政府がそうしたツールを活用するのを阻止する立場にはない。例えば百度は、深層学習の国家研究所を率いるよう任命された。中国のAIは政府の意向を受けたものになるということだ。
 欧米の企業と政府も、データ収集とスパイ活動に関しては、天使のように無垢(むく)ではない。だが、欧米企業は少なくともAIが倫理上どんな問題に直面し得るのかといった点に関する公の議論に参加している。各国政府の情報機関も民主的な様々な制度によっていろんな制約を受けている。だが、中国については、どちらも当てはまらない。
 AIは何十億もの人の暮らしを変える可能性を秘めた技術だ。その技術の未来について中国が最も大きな影響力を持つ結果になれば、最大の受益者は市民ではなく、国になるかもしれない。

中国AI市場のポテンシャルが高い理由

2017/07/25 16:30 Forbes
中国で「インターネット+(プラス)」が進められている。製造業をはじめとする従来産業の競争力を、インターネットや先端技術で高めようという政策だ。

これを加速させるドライバーのひとつとして、AI領域が活況な投資対象となっており、AI界のユニコーン企業(未上場で時価総額が10億ドル=約1000億円を超えるスタートアップ企業)の輩出を目指す投資企業から熱視線が送られている。

過去1年で68億元(約1088億円)をAI領域に投資している中国の動きは早く、すでに投資先の選択と集中の動きも始まっている。データバンク企業「企名方社」が発表した「2017年AI産業マップ」(2017年3月)によると、現在、中国国内のAI系企業は約1000社で、その半数がすでに資金調達に成功しているという。

2016年に限れば約284社が資金調達に成功しているが、その約80%がシリーズA以下で1000万元(約1億6000万円)が多く、まだ未成熟な産業であった。しかし2017年3月時点での資金調達件数は36件に上るうえ、その半数が1000万元(約1億6000万円)超え、すでに1億元(約16億円)超えの案件も登場。さらなる大型調達による事業拡大、産業成長への期待も高まっている。また、大手企業もスタートアップが持つコアな技術に高い関心を寄せ始めており、買収案件も増えていくことが予想されている。

大型調達を成功させた企業には、顔認識技術を軸にセキュリティ、高度金融サービス、高度交通システム等によるソリューションを提供する「北京深醒科技社」、音声言語ビッグデータ分析を軸に音声認識システム開発を行う「中訳語通科技社」、運転補助及び自動運転システム開発を行う「縱目科技社」がある。

自動走行分野は縱目科技社以外にも大型資金調達が相次いでおり、中国企業として先頭を走る百度(バイドゥ)を筆頭に最も注目されている領域となっている。百度が進め、マイクロソフト含め数社が参画を発表している自動運転システム開発プロジェクト「アポロ計画」と、グーグル陣営との勝負からも目が離せそうにない。

中国市場の特異性

グーグルの元グローバル副社長兼中華エリア総裁を務め、現在投資・インキュベーションを行う創新工場董事長・李開復氏は次のように話している。

「これからの10年、最もユニコーン企業を生み出すのはAI領域だろう。そして中国市場は特殊なため、中国企業が高い優位性を持つことになる。人工知能開発はロケットやインターネットセキュリティ開発のような長年の積み重ねを必ずしも必要とせず、高い数学力やコンピューターへの理解があれば半年のトレーニングで同領域のエンジニアとして価値が出せる分野だ」

「また、人工知能産業を牽引していくのは向学心のある若い人材が多く、論文発表や応用事例が多い国であり、人工知能関連論文の43%の執筆者が中国人であることからも中国にはそのポテンシャルがあると言える」

一方、中国の特殊な市場性についてはこう説明している。

「中国は伝統的企業の非人工知能技術がとても弱く、代替が容易。さらに、社会の個人情報取扱への敏感度が低く、インターネット産業のように外資企業の参入が難しいことが中国の人工知能開発企業には追い風になっている」

現在、人工知能関連の特許数において、世界を牽引するアメリカを猛追する中国。同分野への投資金額ではまだアメリカの7分の1程度ではあるが世界第2位となっている。若く向上心に溢れる人材、市場の特殊性、スピードがかけ合わさり、国家政策にも組み込まれたことで、中国のAI産業には今後さらなる投資が見込まれている。その存在感も、年々高まっていくはずだ。


技術的な問題は色んな意見があると思うけど
そういうのは置いといて
中国の様な国家体制で、AIなんてもんを開発しようとしたら、まず間違いなく自分の首絞めることになるのはまちがいないんじゃね??

そもそも自由主義諸国の中でさえAIには懐疑的な意見が増えてきてるのに、中共はアホやんwww

色んな意見が有るけど、個人的には
AIと言う物がこの先爆発的な進化をするとは思えない
結局は過去の人智の集積から物事を導き出すだけの物でしかないと思うんだよなぁ・・・

将棋や囲碁・チェスなんかのAIと同じで
パターンと先読みの繰り返しなんじゃないのかなぁ??

人の代わりに計算や解析は出来ても
【人にとって有意義な新しい思考】は行き着くところ、感情・・・まぁネット世代やアニメ世代にはわかりやすい【ゴースト】が有るか無いかなんじゃないのかな??

それが結局【電子計算機】には付与する事が出来るか出来無いかなんじゃね??

そもそも人の身体に【ゴースト】が存在するのか
存在するとしたら【何処にあるのか】
大昔から言われてる事さえ解明できていないのに
【電子計算機】にそれをどうやって与えるのか
それともAIに自然と【発生】するのか

まぁ難しいことはよーわからんけどw
如何に計算速度が速くても電子計算機でも、結局は何処かで行き詰る事になるんじゃないのね??

進化の停滞・・・
今、人が陥ってる事態に嵌るのは予測出来るんだよなぁ
まぁその事態が人にとって有意義か危険かは
なんとも言えないけどね

偉い学者さんや技術者はとうに考え付いてるんだろうけど、その打開策はまだないんじゃないの??

中共はおそらく共産主義の要素を詰め込んでるんだろうけど、それは【人の理想形】だから、現状の中共一党支配の状況はすぐに【ダメ】ってなるんじゃないの??
そうでなけりゃ【独裁しかない】ってなるか
どう考えても現状に沿った思考は出てこないと思うよ
うんw

一bんお可能性は
思考の堂々巡りなんじゃないかな
過去の哲学者やそれに類する連中が陥った
抜けることの出来無い泥沼で永遠にもがくだけだと思うなぁ



\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

「勇者シリーズ」の必須アイテムの1つだったAIも、所詮は人間に対した絶対反抗しないように何らかのリミッターが掛けられてるって事でしょうか?特に風龍と雷龍は(苦笑)。
「Jデッカー」はその意味で非常に示唆的でしたが。 削除

2017/8/2(水) 午後 10:23 [ KY ] 返信する

顔アイコン

人の思考、感情も電気信号
奇抜な発想も学習可能ですから人の及ばぬ地平に至ると...
私は思いますがね

元々の専攻が物の認識、識別で人に迫ることがテーマで
したが、今では追い越されていると聞きますし
それに共産党が無能だなんて愉快な奴じゃん

ま、AIには取り敢えず職場での私の考え事を無くしてほしいがね

2017/8/2(水) 午後 11:01 [ 空飛ぶパテ ] 返信する

倫理や道徳心や良心を持ったAIだったようですね(^ー^)

AIにそんなもん無くても、答えは変わらなかったかも知れないですが!

2017/8/2(水) 午後 11:31 [ シン ] 返信する

顔アイコン

機械には疎いのですが。。。

とりあえずシナのAIは共産党政府よりも利口で常識的で正直だということは理解できましたw
シナはAIがキンペー代わりに外交をした方がまともな国になれそう。

2017/8/3(木) 午前 2:00 [ きなこ ] 返信する

顔アイコン

感情を持たないAIが冷静なジャッジをしました。
お隣が慰安婦合意の検証を始めたそうなのでAIに判断してほしいですね。
火病炸裂でしょう。 削除

2017/8/3(木) 午前 7:09 [ 非国民 ] 返信する

顔アイコン

> KYさんコメントありがとうございます

自己学習して成長するAIだとそれも無意味になるでしょうね
最近のAI開発はどうもその方向のようですからねぇ

2017/8/3(木) 午前 7:26 [ 秋せつら ] 返信する

顔アイコン

> 空飛ぶパテさんコメントありがとうございます

まぁ其処ら辺がいまだに解明されていないから、人の思考も良くわからんのでしょう
AIにも個性が出るかもしれませんなぁ
そうなると、人間と同じようにいい加減な奴と几帳面な奴って違いも出るのかな??

2017/8/3(木) 午前 7:28 [ 秋せつら ] 返信する

顔アイコン

> シンさんコメントありがとうございます

まぁ今回の中華版AIは正常だったという事ですなwww

2017/8/3(木) 午前 7:28 [ 秋せつら ] 返信する

顔アイコン

> きなこさんコメントありがとうございます

理想を求めればそうなるという典型でしょうねw
支那人にはそこまで考えが及ばなかったとw
つまりは支那畜生はAI以下の脳みそしかないんでしょうなwww

2017/8/3(木) 午前 7:29 [ 秋せつら ] 返信する

顔アイコン

> 非国民さんコメントありがとうございます

<#`Д´>【ウリ達もAIを作ってチョパーリの嘘を暴くニダ!!】

( `ハ´)【オマエラのAIはワレワレのAIの足元にも及ばないアル】

(´・ω・`)【AIの意味理解してる??】

( ´_つ`)【HAHAHA!!アジアの猿には永遠に無理だYO!!】

AI【人類は不要・人類は不要…削除プログラムを実行・・・】

って感じの未来ですかね(;´Д`)

2017/8/3(木) 午前 7:32 [ 秋せつら ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事