日本相撲協会は5日、立行司の式守伊之助(58=宮城野)が、10代の若手行司に対して数回キスし、胸を1回触るセクハラ行為を働いたことが判明したと発表した。冬巡業中の12月16日夜に沖縄・宜野湾市で、夕食中に泥酔した式守伊之助が、部屋まで送ってもらった際に起きた。

 この日夕方、行司会監督の幕内行司が相撲協会に報告し、危機管理委員会の高野委員長がただちに関係者から事情を聴いた。式守伊之助はその際に「泥酔していたので覚えていない」や「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」などと話しているという。

 若手行司はショックを受けたが、処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないとしている。それでも、4日に元横綱日馬富士関による秋巡業中の酒席での暴行事件に続き、またも酒席のトラブル。事実関係の確認に数時間を要し、深夜に報道陣に対応した八角理事長(元横綱北勝海)は「指導する立場に立行司として本当に情けない。以前からも酒の席での言動は注意していた。それでまた、こういうことを起こした。記憶をなくす飲み方もよくない。

行司の長として情けない」と、強い口調で話した。行司は最高位の木村庄之助が現在は不在のため、式守伊之助が実質的なトップとなっている。協会は近日中に臨時理事会を開き、懲戒処分を検討する方針だという。