全体表示

[ リスト ]

チェックアウトを済ませて、またこの船に乗って港のほうに戻ります。
南紀勝浦温泉の湯は硫黄の匂いが結構強いので、ホテルを出ても自分が硫黄の匂いに包まれ・・・
というか、船の中がプンプン香っていました。 みんな温泉を満喫したんですね。

イメージ 1


大雨の予報も出ていたのですが、なんとか曇り止まり。でも晴れていたらこのあたりの海は
エメラルドグリーンなので綺麗でしょうね。時間があれば港で海鮮物でも味わいたいところですが、
そそくさとバスに乗り込みます。 自然こそは自分の都合のいいようにはならないものです。

イメージ 2


この日はまず熊野三山の3社目、「熊野速玉大社」へ。 ここは縁結びで有名だそうです。

イメージ 3


熊野三山は 「熊野権現」 の称号があります。 いまいちその概念がよく分からなかったのですが、
ようやく3社目になって、なんとなく分かってきました。 権現とは 「仮に現れる」 と言う意味らしく、
人には見えない神様の姿を仮に仏の姿に変えて人の世に現れる・・・ ということらしいです。

イメージ 4


だから神社などに行っても神様が仏様の名前と同一視されることがあるのか・・・ と。 
これは少し間違っているかもしれませんが。 
この熊野速玉大社は熊野三山の中でもいち早く 「権現」 の称号を与えられたそうです。

イメージ 5


そしてここには 「梛(なぎ)の大樹」 という天然記念物にも指定されている木があります。
平重盛公お手植え・・・というので、平安時代から立ち続けている、ということになります。
この木から落ちた葉を持っていると、何かとご利益があるということで拾ってきました。

イメージ 6


有難くも熊野三山すべてを無事お参りすることができ、心はすでに満足感でいっぱいでもありますが、
この日もまだまだ行程が詰まっています。 熊野速玉大社に深々とお辞儀をしてまたバスに乗り込みました。
次の目的地は「鬼が城」という名勝天然記念物に指定されている景勝地です。ここからは三重県です。
しばし熊野灘の湾岸線を走ったのち到着しました。

イメージ 7


「鬼が城」は、打ち付ける波と海風、そして数回の地震でできた大岸壁。
もし晴れていれば海も空も青く澄んで、ただただ美しいのかも知れませんが、雨や曇りでは
少し恐ろしい感じもします。自然の怖さ・・・ とでも言うのでしょうか。まったくもって荒々しいのです。

イメージ 8


岸壁沿いに遊歩道が作られていて、時間あれば「千畳敷」から「蜂の巣」というところまで、洞窟や絶壁を
見ながら歩くことができるらしいのですが、やはりそれほどの時間はなく、打ち付ける波の音に脅かされながら
途中まで行って戻ってきました。

イメージ 9


それにしても、熊野川もそうでしたが、この熊野灘の海も曇り空でも分かるほど美しい色をしています。
晴れた日の色も見たいものだ・・・ と思いながら、伊勢へと向かったのでした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事