ここから本文です
つぶやき。。。
秋めいてきました♪

書庫全体表示

清水寺の後、9号線を走っていたら
黄泉比良坂の看板をみて、
旦那が行こうというので行ってみました。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3
私たちは後で行きましたが、
こちらの道祖神様で石を積んでから行くといいとか?
行くものだとか?
同じころ、ここに来た方に、教えてもらいました。

イメージ 4
駐車場からすぐに
神話の世界で投げた桃と同様のもも?が植わってました。

イメージ 5
駐車場から黄泉の入り口?を撮ったらこんな感じ。
写真左の木箱が置いてあるのが、天国への手紙の投函箱。



イメージ 6


イメージ 8


イメージ 9


私はよく知らずに来ましたが、
古事記を読んだらよくわかるみたいですね。
大きな岩(というか大きな石)があるんですが、
それをどかすと黄泉の国ならしい。。。
(これは、口コミの方から情報。)
大きな岩がいくつかあるので、
どの岩がそうなのか?よくわかりません。

石碑と岩との間に
ヤマモモの木が植わってました。

きっとどうやら、
駐車場からはすぐに、石碑の場所になるんですが、
昔は、道祖神さまのほうからの山道を歩くのだったのかな。




旦那は仕事でこのあたりに来たことがあるらしく、
前にも来たことがあるようだし、
そういうことには詳しいので、よく知ってるみたいでしたね。


古事記を読めと旦那に言われたけど、
う〜〜〜ん。。。
私は興味がないです。


イメージ 7

天国への手紙を投函することができます。
お賽銭箱の上の木箱に、
一筆箋とペンが入ってました。

毎年6月の第3日曜かに、お焚き上げされるそうです。
この前の6月には、1年間分で1000通もの手紙があったそう。
あとで、御朱印をいただいた地元の方にお話を聞きました。

私は母に。旦那は自分の母に手紙を書きました。
(旦那には、書かんのん?と、書かせた感じ。)


車で黄泉比良坂に来る少し手前に公民館があり、
そこに御朱印所の看板がありました。

イメージ 10
帰りに寄って、御朱印をいただきました。
この御朱印所は土日だけしているそうで、
この日は振り替え休日でラッキーでした。
地元の方がされているようで、
飲み物の接待がありましたよ。

そこで、揖夜神社には行かれた?と聞かれたので、
行ってないというと、
揖夜神社にお参りして、黄泉比良坂に来るのが
普通ならしい。。。いいらしい??

なので、順番が逆になりましたが、
黄泉比良坂のあと、揖夜神社にお参りしました。
それはまた今度。











こちら↓をぽちっとしてくださると嬉しいです(*^^)
更新の励みになっています♪

この記事に

  • こんにちは

    天国絵の手紙
    天国のご先祖やお母さんに届くと良いですね。
    良い試みですね。

    kik*****

    2018/10/1(月) 午前 9:25

    返信する
  • > 命人さん こんばんは。
    そうですね。すべてそろってあったので、書いて投函しました。
    よくわからずこの場所に行ってみましたが、
    これがあるのとないのとでは、訪問した印象が変わってくる気がします。

    peko

    2018/10/1(月) 午後 9:15

    返信する
  • アバター

    天国への手紙、私も書きたい〜。

    神秘的な感じのところですね。

    ねえね

    2018/10/2(火) 午前 11:13

    返信する
  • > ねえねさん ここで書いて投函したら、届きそうな気がします(*´ω`)

    peko

    2018/10/2(火) 午後 9:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事