ここから本文です
読み処つれづれ日記
温泉、旅、グルメを書いています。

書庫全体表示


久部良バリ

与那国島には八重山、宮古の住民を苦しめた人頭税にまつわる話が多くある。

特に与那国島には、悲惨をを極めたものがある。

そのひとつが、久部良バリだ。


イメージ 1

久部良バリは、久部良小中学校のすぐ裏手にある。

上の画像の右手がちょうど久部良小中学校のプール。

ちょうど私が駐車場にバイクを止めるとそのプールでは、過去の悲劇なんか関係なく

元気に10数名の生徒達はにぎやかに梅雨明けの、プールを楽しんでいた。


イメージ 2

久部良バリとは幅3m、長さ15mの岩場の割れ目のことで深さは7mもある。

イメージ 3

この割れ目を、人頭税の重税を少しでも軽くするため、人口調節(人減らし)をする場所として活用したのだ。

妊婦をここに集め、画像の左右のいずれであろうか、強制的にこの岩の割れ目を飛び越えさせた。

この割れ目を無事飛び越えた妊婦だけが、母子とも生きながらえることができたのだ。

飛び越えられなかった妊婦は、転落死するか、流産をするしかなかった。

そんな悲劇の場所である。

イメージ 4


ちょうど数メートル離れた岩肌の上には、供養したのであろう。

直近であろうか賽銭と線香を焚いた跡があった。


人升田(とうんぐだ)

イメージ 5

与那国の集落は、現在、祖内、久部良、比川の三集落である。
かっては、大小10程度の集落があったそうである。
人升田(とうんぐだ)とは、祖内から比川集落へ行く中間地点で今は廃村になった旧島仲集落近くにあった100アール程度の田圃のことだ。
人升田(とうんぐだ)も同じく人口調節のための場所である。
そこに15〜50歳の男子を非常招集し、遅れて田に入れなかった者を容赦なく殺したと言うのである。
当然のことながら、病人や身体障害者がその対象にされた。
今回は、その跡地をみつけることができなかったが、その近くの田圃を撮影できたが、
雰囲気は、よくわかった。
今や観光地のDr.コトーの診療所の
オープンセットがある美しい比川集落にも
悲劇が・・・・・

イメージ 6
比川集落の竹山から間引きされ、捨てられた赤ちゃんの泣き声今も聞こえてくると言う。
祖内集落入り口にある
人頭税廃止100周年記念碑

イメージ 7

人頭税

人頭税とは、人口、戸籍調査にもとづいて頭割りに課税された税のことである。
課税対象になる男女は15歳〜50歳の男女であった。
それ以外の年齢や身体障害者などは免税対象となった。
人頭税は基本的に、毎年税額が決まっており定額であったらしい。
それを負担する人口が多ければ多いだけ負担額は少なくなるはずである。
にもかかわらず、与那国では人頭税にまつわる悲劇な伝説が多いのだ。
天災、すなわち、干ばつ、台風、虫害などで食料が枯渇したときでも尚、
問答無用に課税されたのであろうか?
また、時代劇に登場するような悪代官。
すなわち琉球王朝や島津の搾取の上にさらに
地方役人の搾取に耐えかねた末、生きながらえるため
この悲惨な人口調節をせざる終えなかったのかもしれない。
再度、この島には、それを明らかにするがため大変興味を持った。

この記事に

  • 顔アイコン

    その昔の取立ては非道だったらしいですねー

    あっちゃん

    2010/7/4(日) 午前 6:28

    返信する
  • あっちゃんさん。
    お互いにそんな昔に生まれてこなくてよかったですね。

    aki*a*823jp

    2010/7/4(日) 午後 3:38

    返信する
  • そんな悲しい歴史があったのですか、知りませんでした。

    おっちゃん&ばっちゃん

    2010/7/4(日) 午後 8:28

    返信する
  • かわしりさん。
    お久しぶりです。
    この島は、現在1600人程度の島ですが、
    かっては、30000人も住んでいたそうです。
    従って、小さな島が故、耕地は限られており、
    重税をしのぐには、人口調節もせざる終えなかったのでしょう。

    グルメの私にとって身につまされる思いでした。

    もっとご当地における人頭税の研究をしたくなりました。
    この与那国程の悲惨な話は、過酷なあまり聴いたことがありません。
    再度、行ってみたくなりましたよ。

    aki*a*823jp

    2010/7/4(日) 午後 10:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事